古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

松尾大池北東古墳群:追記

また『もう1基出てきました』復活。岡山市北区松尾、松尾大池北東古墳群
以前訪れたときは9月でしたので、おそらく茫々としてた???
いまや堂々と露出している石室1基

松尾大池北東5号墳
墳丘は流失。元は径15m級と察する
1P1134256z.jpg

後方から露出天井
2P1134282.jpg
↑クリック ~サイドから

南に開口。羨道は壊失で天井はまぐさ石以降
3P1134257z.jpg

玄室 d=4.5m+残存羨道1.7m w=1.8m h=1.4m(現状)
4P1134258a.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁
5P1134263a.jpg
↑クリック 逆サイド...こちら側のほうが7Cテイスト

右片袖式な玄門はまぐさ石手前に柱を添える
6P1134268z.jpg

無理のない奥壁はやや破壊。
7P1134269z.jpg

奥から~ 現状全長は6m強
8P1134272.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

↓ポイントは7号墳。
■Point_Link by GoogleMap
[松尾大池北東古墳群:追記]の続きを読む
  1. 2017/05/23(火) 02:22:06|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

阿弥陀山古墳群=7

瀬戸内市牛窓町、オリーブ園の阿弥陀山古墳群へ久々(^^;
メインの丘陵から元テニスコートを挟んで西側の丘。かつて四ツ塚と呼ばれていた地区

阿弥陀山5号墳
9m*2.5mの墳丘は残れど撮影無理な笹藪の中(汗)で天井石露出
PC244185z.jpg
牛窓名物!笹薮〜♪

石室は西向き 
PC244187z.jpg

ほとんどトンネル状 d=3.5m w=1.0m h=1.2m(現状)
PC194174L.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

天井石は3枚ですが最奥は落下
PC194181z.jpg

おかげで奥壁も見えない
PC194183z.jpg

側壁
PC244191.jpg
↑クリック 逆サイド...押されて土が覆ってる

奥から~
PC244193z.jpg
四ツ塚といいつつ、この丘陵には7つあるので、実はこれは蚊帳の外。次からが・・・・



阿弥陀山6号墳
丘陵ピークより、やや西寄りに12m*4mの綺麗な墳丘
PC244205.jpg
↑クリック 南サイド...この一帯は植林され開けてる

2mほどの羨道跡を残して西に開口
PC244204z.jpg

土砂は多いが予想外の石室 d=6.5m w=1.3m h=1.2m(現状)
PC244203.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井石は5枚

側壁~基部は不明だがわりといい加減(^^;
PC244202.jpg
↑クリック 逆サイド...いろいろ悩んだ努力は認める(*^^*)

奥壁~ 面の綺麗な割石は使っているのだが...
PC194087.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 埋まってるから余計に長く見える(^ ^ゞ
PC194091.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



阿弥陀山7号墳
ほぼ頂上の11m*3m墳丘ですが雑木が多くて撮影不能。頂部はお掃除(^^;
PC244207z.jpg

羨道部は破壊を受け大きく西に開口 d=4m(+羨道跡2m) w=1.4m h=1.6m(現状)
PC244209.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井 

持ち送り皆無で面の揃った側壁
PC244211.jpg
↑クリック 逆サイド...積み方自体はアバウトなんだけど(^ ^ゞ

奥壁~ こちらも美しきアバウト(笑。 確かに阿弥陀山的ではある
PC244212.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~
PC194116.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



阿弥陀山8号墳
7号の隣というか、気分的には裏側に12m*3mの墳丘が隣接 but 撮れません(汗)
5号同様で破壊&天井石露出
PC194130z.jpg

5-6-7号は順当に西向きでしたが、こちらはまさかの北向き
PC194131z.jpg

天井石の下に辛うじて空間はありますが・・・d=3.6m w=1.3m h=1.1m
PC194125z.jpg

南側(奥)の天井石は壊失 ↓手前が奥
PC194137z.jpg

奥壁上部
PC244241z.jpg



阿弥陀山9号墳
ピークより東側に15m*4mの地名になるに相応しい墳丘(^_^)
DSC_0737z.jpg
スマホのほうが広角な昨今(^^;

ピーク越えてるので東向きに開口
PC244219.jpg
↑クリック 西側...奥壁上部も若干(^ ^ゞ通過は不能

羨道 L=3m w=1.2m
PC194143.jpg
↑クリック 中から羨道...羨門、わざと下げてる?

玄室~ d=4.5m w=1.5m(胴張り) h=1.4m(現状)
PC244223.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

左片袖な玄門
PC244236.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

胴張り側壁~ 石材はかなり大きめ
PC244225.jpg
↑クリック 逆サイド...こちらはストレート

奥壁...やはり牛窓は鏡石にこだわりが少ないようだ(^ ^ゞ 奥壁幅は1.1mにまで狭まってる
PC244228z.jpg

奥から~ そんな胴張りがよくわかる
PC244230.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井





オマケにテニスコート東の壊滅3基(位置は分布図参照)
阿弥陀山24号墳
24PC244250z.jpg

この斜面はすべて7Cであろう西向き
24PC244252z.jpg



阿弥陀山25号墳
10m*2.5m墳丘はそれなりに残ってるのですが、如何せん掃除もままならない状況で...現状保存(^ ^ゞ
25PC244248s.jpg



阿弥陀山36号墳
24と25の間にどおして36なのか?はさておき?...どうにもならない(^ ^ゞ
36PC244246z.jpg

↓ポイントはオリーブ園
■Point_Link by GoogleMap [阿弥陀山古墳群=7]の続きを読む
  1. 2016/12/24(土) 12:34:10|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

経塚古墳群:追記

『古墳群もう1基出てきました~』継続(^^;

瀬戸内市牛窓町、天神山古墳の北側丘陵~青々としてた前回、1号墳のみで断念してたのでリベンジ。
ほぼ丘陵頂部の竹林地帯なのですが周りを笹藪が覆って入れそうにもなく北側まで回り込んで進入路を確保。
でも古墳の在処は竹林南の端。実は・・・・・・・

経塚2号墳
そびえ立つ墳丘は20m*5mと立派なもの。現状4割は削られてますが(^ ^ゞ
PC194039z.jpg

1号墳同様、奥壁が抜かれて開口
PC194076z.jpg

羨道側は埋没!まぐさ石のしっかりした無袖式の玄門
PC194044ss.jpg
↑クリック 羨道側から...羨道天井より一段下がってる

玄室!d=5m w=1.6m h=1.6m(現状) +羨道長=1.5m
PC194055.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁 若干の持ち送り
PC194052.jpg
↑クリック 逆サイド...こちらはさほど揃ってない

上半分は抜かれた奥壁。下は埋もれてる(汗)。鏡石らしきも無かったもよう
PC194057z.jpg

奥から~
PC194070.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

■Point_Link by GoogleMap
ポイントは1号墳ですが・・・・ [経塚古墳群:追記]の続きを読む
  1. 2016/12/19(月) 11:24:40|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

惣田奥古墳群:追記

『古墳群もう1基出てきました~』のラスト第5弾は備前市:惣田奥古墳群
かの12号墳には石棚もあるっていう、彼処です(^_^)

12号の上方に10号がありまして、その10号のさらに上方、古墳群中最高所にあるという11号墳。
むか~し、2度ほど探しまくったんですけどね(^^;

さらに上方、古墳群中最高所”?...たしかに間違いではないけど

惣田奥11号墳
現場的に云えば10号墳の横、隣接と云っても過言ではない場所に15m*15m*1.5m墳丘
P4293951.jpg
近辺の12や10と比べても、のっぺり低い

資料では径10mと記されてますが、方墳でしょう
P4293952.jpg
直線な石列も残ってるし、角もちゃんと出てます

いかにも終末期な風貌で南南東に開口
P4293953.jpg
↑クリック 別角度...羨門完備の正面

驚異(!)の石室内部 d= 4.5m w=1.2m h=1.3m(現状)
P4293954.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 終末期らしくはないけどほぼ割石。これもローカル色か?
P4293955.jpg
↑クリック 逆サイド...かなり粗い(^^;

奥壁はちゃんと四角い1枚(^_^)
P4293956.jpg
↑クリック 縦画像

奥から~ “突起”が邪魔で判りにくいですが袖はありませんというか、
羨門=まぐさ石!いきなり玄室仕様ですな(^ ^ゞ
P4293958.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井石は5枚...が6枚に(^^;
割れてるのはさておき、完存です(^o^)

↓ポイントは1号墳 続きに分布図
■Point_Link by GoogleMap [惣田奥古墳群:追記]の続きを読む
  1. 2016/05/01(日) 13:06:00|
  2. 追記・補足
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大窪天神古墳群(仮):追記

『古墳群~もう1基出てきました』シリーズ、といっても古墳群ぢゃなく
大窪天神古墳(仮)の近所にもう1基ありましたので大窪天神古墳群(仮)とします。
近場に古墳群あるのですが、それも名無しなので大目にみてください(^^;

岡山市北区大窪、大平山へのアクセス道から少し入り込んだ西向き斜面

大窪天神2号墳
墳丘はほぼ流失で不明、南西に開口
P3203890s.jpg

たまたまなんでしょうけど、露出した屋根型天井石が洒落てる(*^^*)
P3203890.jpg

前部は壊失で残存石室は d=3m w=1.2m h=1.3m(現状)
P3203891.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁...1号墳よりも小さめで如何にも粗い(^^;
P3203892.jpg
↑クリック 逆サイド...同様

奥壁~ 割石3段。もしかして最下と中は同じ石を開いた断面?
P3203893.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ さほど奥行きがないので(^ ^ゞ
P3203900.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

場所は1号墳の北後方、つまり斜め上50m程です。稜線上よりはやや下

■Point_Link by GoogleMap←ポイントは1号墳 [大窪天神古墳群(仮):追記]の続きを読む
  1. 2016/04/20(水) 02:48:53|
  2. 追記・補足
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク