FC2ブログ

古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

大門古墳群

赤磐市多賀、西光寺参道の登りはじめに位置する2基ですが実質1号墳だけ

大門1号墳...最初の緩やかなカーブが本来20mだった墳丘を含む尾根先
1_DSCN9728.jpg

削られた絶壁状に羨道の断面が残る
2_DSCN9726.jpg

上の墓地経由で石室にアクセス。最奥のみだが巨大デス!d=5m(東側壁) w=2.4m h=2.1m(現状)
3_DSCN9716.jpg

側壁~ 石材は並の大きさ
4a_DSCN9720.jpg

逆サイド こちら側は羨道あたりまで遺存
4b_DSCN9721.jpg

奥壁~ 鏡石だけで並の石室なのに、さらに追加。
5_DSCN9722.jpg
その余波で天井石が届かなく角を斜めに架けてる

記録によると亀甲形陶棺片とか出てるそうなので タダモノではないもよう

■Point_Link by GoogleMap
[大門古墳群]の続きを読む
  1. 2021/02/03(水) 15:49:33|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大石古墳

浅口市金光町、城山の裏~広域農道を挟んで畑の奥に位置

古墳的に安直な名前ですが、、、大石は地名で古墳固有ではありません(^^;

全景~ もちろん!すべてが墳丘にあらず&本来の墳丘は不明
DSCN2143.jpg
↑↓蒼々とした画像は2019年6月23日  その他は2018年10月17日撮影

南東に開口
DSCN2141.jpg

秋にはスッキリしてます
DSCN1411.jpg

残ってるのは玄室の奥部のみ。天井石は2枚 d=2.5m w=1.6m h=1.2m(現状)
DSCN1416.jpg

僅かな側壁
DSCN1418.jpg

逆サイド
DSCN1417.jpg

手前の天井石が落ちてるので奥壁もよく見えません。

■Point_Link by GoogleMap
[大石古墳]の続きを読む
  1. 2021/01/31(日) 01:46:51|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上笠加古墳群=後編

瀬戸内市邑久町上笠加、甲山の南斜面に広がる古墳群、以前10基ほどでしたので続き。

なお尾根頂ラインは甲山古墳群(全5基とのこと)なのですが、
境界が踏査時期によって交叉してるようなので まとめて紹介します。

その11...入江ぶどう園の上“その9”のすぐ西に位置
1z_DSCN9320.jpg
12年前は藪状態だった域。その時、お願いしたら「そのうち刈っとくわ~」と入江さん。。。ありがとう(^^;

幅は0.5m程度。いちおう横穴
2z_DSCN9318.jpg



その12...11のさらに西。封土は流失
1z_DSCN9326.jpg

ブドウ園あるある~ よく見る光景...ちょうどいいらしい
2z_DSCN9321.jpg

南に開口
3z_DSCN9323.jpg

玄室奥はちゃんと残してくれてる d=2.79m w=1.22m h=0.92m(現状)
4z_DSCN9330.jpg



その13...12の北(上)やや西15mほどに露出
1a_DSCN9339.jpg
↑クリック 逆方向...上から。d=3m w=0.5m 程度

奥壁~
2z_DSCN9338.jpg



その14...13の東、12の真上くらいに 同様に封土流失
1z_DSCN9340.jpg

d=2.23m w=0.75m 石室
2z_DSCN9341.jpg

天井石が重いためか、やや残存率がいい
3z_DSCN9346.jpg

側壁~ ほぼ そのあたりに転がってたであろう石をそのまま積んでる
4a_DSCN9347.jpg
↑クリック 逆サイド...同様

奥壁は割石で面をキッチリ
5z_DSCN9349.jpg



その15...上笠加24号墳
1z_DSCN9293.jpg
ブドウ園上の平坦な丘から西に下りはじめに一辺12m*1.5mな双室方墳 石室は西南西向き

南側の小さい石室A。石槨というより盗掘跡からみても横穴式石室かと
2a_DSCN9289.jpg
↑クリック 覗き込んだ程度...サイズ的には竪穴でも先の11や13もこの程度

キッチリ内部~ 横デス❕
3a_DSCN9285.jpg
↑クリック 側壁...いかにも(^^;

北側の石室Bも、、、d=7.85m w=1.14m h=1.33m(現状)
5z_DSCN9291.jpg
コチラのほうがむしろ横穴っぽくない石積み

天井を失った玄室
6z_DSCN9295.jpg

中途半端な奥壁
7z_DSCN9297.jpg

側壁~
8a_DSCN9298.jpg
↑クリック 逆サイド...ここまでイレギュラーされると全然わからないw

奥から~ 天井石ないので圧されて寄ってる
9z_DSCN9300.jpg

羨道あたりに唯一掛かってる天井石
99a_DSCN9301.jpg
↑クリック 上から...先は急斜面だし7世紀なんだろうけど...手抜きなのかな?



その16...明らかに隠しにかかった立地。13m*3,5mの良好墳丘 ↓西側
1a_DSCN9273.jpg
↑クリック 東サイド...現状で丸に近いので、元はかなり楕円だったはず

南に開口するも、南側は丘陵で景色は開けてない
2z_DSCN9241.jpg

羨道壊失で石室全長は半分以下になってるのだろうけど 重厚な玄室は健在
3a_DSCN9243.jpg
↑クリック 斜めから...開口部

玄室 d=4.14m w=1.46m h=1.75m(現状)
4a_DSCN9245.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

ほぼ割石で横目地も揃う美しき側壁
6a_DSCN9252.jpg
↑クリック 逆サイド...やや揃ってない(^^;

奥壁~ 積む直前で割れたっぽい2段目
7a_DSCN9255.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井 3段目は“ねこ石”(=^・^=)

奥から~ 
9a_DSCN9262.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



その17...下に降りて現役の畑と道の間のスペースに10m*2.5m墳丘
1z_DSCN9152.jpg

羨道は壊され 南南西に大きく開口
2z_DSCN9226.jpg

玄室 d=5.06m w=1.33m h=1.74m(現状)
4a_DSCN9221.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 基部をしっかりのパタン
5a_DSCN9128.jpg
↑クリック 逆サイド...こちらのほうが石材は大きい

奥壁~ 割石2段。。。その後亀裂
6zDSCN9146.jpg

奥壁だけではなく後世の亀裂多し。乾燥しすぎなのかも
8z_DSCN9131.jpg
かなり危うい(汗

奥から~
9a_DSCN9135.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。あと100年は保てない



その18...畑を北上した檜植林地帯。谷頭斜面に12m*3mの墳丘 ↓西側から
1z_DSCN9215.jpg

かつて、短い羨道があったもよう
2z_DSCN9212.jpg

玄門のところで南南東に開口
3z_DSCN9184.jpg

石材の景色が違う玄室~ d=3.67m w=1.31m h=1.45m(現状)
4a_DSCN9187.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 斜めってるが故意な持ち送りではない
5a_DSCN9193.jpg
↑クリック 逆サイド...こちらは歪みナシ

奥壁~ 右の側壁材を下に置いてほしかった!シマシマ
6a_DSCN9196.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門!ウソっぽいけど袖はオリジナルかな。しきみは違うかと。
8z_DSCN9210.jpg

奥から~
9a_DSCN9209.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



その19...ブドウ園への車道の脇に小円墳。
1z_DSCN9354.jpg
ビミョーだが、横穴だったかな?@立地



その20...畑西側の斜面に11クラスの小石室
1z_DSCN9121.jpg

最奥天井は遺存
2z_DSCN9122.jpg

奥壁~ w=0.5m程度
3z_DSCN9123.jpg



その21...前編4の真上20m程度に露出石室
1z_DSCN9092.jpg

巨石をも強引に破壊
2a_DSCN9093.jpg
↑クリック 後方から...奥壁上も開いてる

内部から羨道方向 袖不明
3z_DSCN9097.jpg

玄室~ d=5.45m w=1.62m h=1.13m(現状)
5a_DSCN9098.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 天井石のわりに小粒で支え切れてない感(^^;
6a_DSCN9100.jpg
↑クリック 逆サイド...同様

奥壁~ 原型留めず(汗
7z_DSCN9101.jpg

奥から~ 
9z_DSCN9110.jpg



その22...車道を登り上の駐車ポイントに停めると南に墳丘が見えてます
1z_DSC_1888.jpg

未盗掘かも?凹んでないキレイな墳丘は8m*1.5m
2z_DSC_1890.jpg



その23...駐車ポイントから道なりに登り突き当たる墳丘
1z_DSC_1892.jpg

盗掘してゴメンナサイな祠。これだけなのにGoogleMapだと甲山権現神社とな。
2z_DSC_1893.jpg



ここから甲山古墳群の域に入ります





その24...甲山1号墳
18より東の尾根ピークライン。一辺18m角*5m 大きすぎて最初は尾根の一部にしか見えない
1z_DSC_1918.jpg

墳頂も四角でまたしても双室仕様。共に竪穴系
2z_DSC_1913.jpg

逆(東)から~
3z_DSCN9153.jpg

南から
4z_DSCN9154.jpg

蓋石の立ってる南側石室
5z_DSCN9162.jpg

内部 大きめの箱式石棺のような朱い石槨 
6z_DSCN9161.jpg

北側石室の開口部
7z_DSCN9155.jpg

内部~ なぜこんなに異なる?小口積式竪穴石室
8z_DSCN9166.jpg



その25...甲山2号墳 
24に隣接ですが、やはり大きすぎる墳丘 15m*3.5m
1z_DSCN9230.jpg

墳丘はキレイだが頂部の箱式石棺の痕跡凹
2z_DSC_1911.jpg



その26...甲山3号墳
やや距離を於いて同規模の墳丘なれど藪中にて撮れず。墳頂には四角で深い盗掘跡
1z_DSCN9232.jpg
暴かれたのはわりと最近か?そんなに古くない

石室サイズ無視で露天掘りしてるから 竪穴壁が残ってる
2z_DSCN9234.jpg



その27...甲山4号墳
26からさらに東のほぼピーク。立石大師の斜め後方に一辺15m*3mほどの方墳
2a_DSCN9236.jpg
↑クリック わかりにくいので加筆...ここでは方墳=ツインです

東側凹痕跡...箱式石棺かな?
8z_DSCN9237.jpg

西側凹痕跡は墳丘端まで伸びるので横穴式石室か?
9z_DSCN9238.jpg
ここの人たち、、、意見が合わなくて双室にするのか?

↓ポイントは前編の4
■Point_Link by GoogleMap
  [上笠加古墳群=後編]の続きを読む
  1. 2021/01/29(金) 20:50:50|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大崎古墳群:追記

岡山市北区大崎~ かの大古墳群『大崎古墳群』中、南の外れにもう1基、、、変わり種がありました

その36...大崎28号墳 小尾根の突端南側に位置する忘れられた神社
1a_DSC_0654.jpg
↑クリック 鳥居下から

鳥居をくぐると階段が~
2z_DSCN9625.jpg

その先に朽ち果てた社 その背後に横穴式石室の羨門 幅はなんと1.7m
3a_DSCN9627.jpg
↑クリック 社正面

羨道は羨道2枚目天井石のところで埋もれてる
4Z_DSCN9631.jpg

その2枚目、厚いので段になってる(まぐさ石はもっと奥)
5Z_DSCN9634.jpg

奥壁側がわずかに開いてる(人が通れたサイズではない) 石室全長は9mほど
6a_DSCN9640.jpg
↑クリック 墳丘サイドから...墳丘はなんとなく10m角の方墳

玄室内部 d=4.65m w=2.1m h=0.9m(現状) 玄門はオーソドックスな右片袖式
7z_DSCN2512.jpg

最上部にも関わらず異様に長い側壁材
8z_DSC_0721.jpg

墳頂から南(鳥居)
9a_DSCN9648.jpg
↑クリック 南西下から見上げる

次元が異なる階段の石垣 おそらく160年前
99z_DSC_0734.jpg

↓ポイントは当28号墳
■Point_Link by GoogleMap
  [大崎古墳群:追記]の続きを読む
  1. 2021/01/29(金) 05:10:17|
  2. 追記・補足
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

堂法山古墳群(仮)

瀬戸内市長船町飯井~裏の油杉にかけての堂法山。主にその高所で未周知、未確認だった名無し古墳たち

堂法山1号墳(仮)...瀬波戸池2号墳より北に150mくらいの開けた緩斜面に位置(標高=196m地点)
1a_DSCN9519.jpg
↑クリック 石列群...現状で12m*3m程度の墳丘

ほぼ元位置をキープしている石列。円墳だがあまり弧を描いてない=まん丸にする気はない
2a_DSCN9521.jpg
↑クリック やや後方...浅いが背後も切ってるし、角は丸いので方墳にあらず。

石室は南に開口
3z_DSCN9524.jpg

開口部は玄室。羨道は壊失
4a_DSC_2028.jpg
↑クリック 斜めから

袖石は元位置かも。右片袖ないし両袖でまぐさ石と天井石1枚相当が無くなってる
8a_DSCN9508.jpg
↑クリック 正面から...袖石

玄室~ d=4.56m w=1.31m h=1.61m(現状)
5a_DSCN9491.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 奥がピカピカの割石で精度も好い
6a_DSCN9496.jpg
↑クリック 逆サイド...明らかに故意に揃えてる

奥壁~ ほぼ1枚
7a_DSCN9499.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 羨道跡も含めると8mを超える
9a_DSCN9502.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



堂法山2号墳(仮)...1号の西やや上の斜面に破壊石室(小型) サイドから
DSCN9589.jpg

前から~ 幅は0.5m程度
DSCN9591.jpg



堂法山3号墳(仮)...2号よりさらに西、浅い谷の下方に山寄せ(墳丘8m*1m)
1z_DSCN9592.jpg

後方から~ 最奥天井石のみ元位置
2z_DSCN9593.jpg

石室は南南東向き 現状サイズはd=1.58m w=0.98m
3z_DSCN9597.jpg

小さいながら1枚仕様な奥壁
5z_DSCN9601.jpg

↓ポイントは1号墳(仮)
■Point_Link by GoogleMap
  [堂法山古墳群(仮)]の続きを読む
  1. 2021/01/24(日) 02:16:52|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク