古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

西の岡古墳群

津山市高尾西の岡、佐良山駅からほぼ北~皿川の対岸、植林帯の端に位置する3基

西の岡1号墳 13m*3mの墳丘は3基並ぶ真ん中
DSC_6429.jpg
↑クリック 墳丘上...with 転がる陶棺片。奥に羨道

南に開口
DSCN1041.jpg

天井石のある部分は d=3.5m w=1.1m h=1.7m(現状) +破壊部で全長5.5mくらい
DSCN1045.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から側壁
DSCN1047.jpg
↑クリック 逆サイド..共に面は揃ってる

奥壁~ 綺麗に割った鏡石+α
DSCN1050.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井 αが大小2つの三角形から成る

奥から~
DSCN1053.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井


西の岡2号墳 1号墳の東側にさらに大きな16m*4m
DSC_6435.jpg
背後を大きくカットし斜面から切り離された墳丘

南に開口。最近手前がすこし雨で流れたもよう
DSCN1006.jpg

入るには、なんら影響ない
DSCN1008.jpg

羨道は失うも玄室内部は良好。d=7m w=1.7m h=1.7m +羨道跡2mほど
DSCN1013.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

これまた見事に面の揃った側壁
DSCN1018.jpg
↑クリック 逆サイド..いい仕事するもんだ!

床には当然(?)、陶棺片。亀甲形でしょうな
DSCN1024.jpg
↑クリック 縦画像...床一面!おそらく元は複数の陶棺片。

奥壁~ 変形鏡石を上手く埋め合わせている
DSCN1027.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。側壁&奥壁最上部、弧を描く

奥から~ 川の西岸も侮れないw
DSCN1036.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井


西の岡3号墳 
1号墳の西側やや上に8m*2mほどの墳丘ですが、頂部はやや凹み、石材が転がる
DSC_6433.jpg
抜かれてても天井石だけで、あとはそのまま埋もれてるんだろうけど

■Point_Link by GoogleMap
[西の岡古墳群]の続きを読む
  1. 2018/06/27(水) 16:32:25|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桑山南古墳群

津山市高尾、弁慶岩古墳よりふたつ北側の尾根上に4基

国道が南北をぶち抜くらしく発掘調査中~で、現地説明会

桑山南1号墳
尾根先端に14m*3m墳丘 背面のカットは浅い
DSCN1087.jpg
奥のブルーシートは隣の尾根=細畝古墳群

南東に開口  (調査以前は埋没で僅かに天井石露出程度だったらしい)
DSCN1089.jpg

天井石失うも、羨道(3m)も程良く残ってます。 玄室d=3.5m w=1.7m h=2m
DSCN1093.jpg
↑クリック 縦画像...with この地で、この時期なら、フツーに陶棺が出ます

側壁~ ほぼ100%割石
DSCN1101.jpg
↑クリック 逆サイド..腰石以外は玄室より羨道のほうが石材が大きい

綺麗な柱をもつ右片袖式
DSCN1103.jpg
天井石1枚失った頃はすでに陶棺は埋もれてたんだろうな

奥壁も割石。左が少々足らず
DSCN1104.jpg

追葬陶棺は羨道部
DSCN1111.jpg

天井石も割石で薄め
DSCN1113.jpg


桑山南2号墳
1号墳のすぐ上方に8m*2m墳丘
ESCN1094.jpg

小型の横穴っぽいけど、竪穴とのこと
ESCN1125.jpg
2体の埋葬跡検出とな、、、同時か? 追葬完了で閉ざされた初期横穴って香りもする

床は河原石。
ESCN1126.jpg
須恵器の編年は6世紀中頃

蓋石も竪穴式石室らしくない
ESCN1127.jpg
下に見えてるのが1号墳


桑山南3号墳
2号墳の北側に、なんとなく墳丘
FSCN1114.jpg

天井石露出、下部には微かに空洞あり
FSCN1115.jpg
ここも工事領域なので、のちに調査。
1号もずっとこんな感じだったのだろう。陶棺出るかな~?


桑山南4号墳
2号墳のすぐ上に平たい墳丘。
GSCN1128.jpg
ここは圏外なので存命=発掘調査しない

■Point_Link by GoogleMap
[桑山南古墳群]の続きを読む
  1. 2018/06/27(水) 14:00:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三つ塚古墳群

津山市平福、佐良山の対岸の嵯峨山頂から東に延びる尾根上
やや平坦な場所に位置する3基
名前からわかるとおり、東西に並ぶ

三つ塚東古墳
径15mほどの平たい高まりがあるだけ
DSC_e6439.jpg
ほとんど判らない(^^;


三つ塚中古墳
12m*4.5mとスペック的には魅惑の墳丘
DSC_n6443.jpg
↑クリック 隣の西古墳から

南南東に開口。。。極狭(汗。。。しかも夏
DSC_6441.jpg
 
とりあえずカメラ挿入
DSCN1064.jpg
カマドウマの触角がステキ

まぁ、、、2度と来ることもなかろうから  d=4.5m w=1.5m h=1.6m(現状)
DSCN1068.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井 いっぱい居ます(^^;

側壁~ かなり適当
DSCN1070.jpg
↑クリック 逆サイド..これはこれでアリか

奥壁~ 気持ち鏡石(左右)ですが、上は側壁同様。でも面はしっかり揃ってる
DSCN1073.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~
DSCN1077.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井


三つ塚西古墳
中古墳の上方に18m*4m
DSC_w444.jpg

墳頂部は抉られてる
DSC_w442.jpg
こんな高所からも石を持ち去る後世のパワーも凄い

3基並んでます↓
■Point_Link by GoogleMap
[三つ塚古墳群]の続きを読む
  1. 2018/06/27(水) 12:24:51|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蛇谷古墳

津山市油木辻、R429から倭文神社経由で1kmほど北西に上った集落の最後方

畑の東、植林された一画に12m*2m
DSCN1146.jpg
標柱も立つが、これは奥壁側

何故か逆の斜面に向かって開口
DSCN1147.jpg
羨道は破壊、まぐさ石も片方の支えが外れて傾く

内部は良好 d=5.5m w=2.1m h=1.9m(現状)と想定外
DSCN1153.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

危うい玄門~左片袖式
DSCN1154.jpg

側壁~ 最上部均一に大き目を連ねる変則パタン
DSCN1155.jpg
↑クリック 逆サイド..片や!こちらは黒い石

奥壁~ ツイン鏡石? やたら2倍仕様
DSCN1157.jpg

奥から~
DSCN1161.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

■Point_Link by GoogleMap
[蛇谷古墳]の続きを読む
  1. 2018/06/27(水) 09:30:19|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大峠古墳

笠岡市園井、当時としてはかなり山奥だったハズの謎集落。

民家の間に位置。右は勝手口という珍しいシチュエーション
xDSCN0856.jpg

墳丘も流れてはないが、かなり改変されてるので規模不明
xDSCN0857.jpg

諸々考察すると西向きが順当なれど南に開口
xDSCN0859.jpg

石室内部。d=3.2m w=1.7m h=1.6m(現状)
xDSCN0861.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。20Cの土師質土器多数(汗

側壁~ かなり気合入ってます
xDSCN0942.jpg
↑クリック 逆サイド..V溝に詰め込む手法を早くも導入

奥壁~ 微妙な斜めを上下で相殺して水平を出す
xDSCN0947.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ この場所、塀がなくともそんなに開けてはなかったと思う
xDSCN0955.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

■Point_Link by GoogleMap
[大峠古墳]の続きを読む
  1. 2018/06/16(土) 15:36:07|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク