古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

松尾大池北東古墳群:追記

また『もう1基出てきました』復活。岡山市北区松尾、松尾大池北東古墳群
以前訪れたときは9月でしたので、おそらく茫々としてた???
いまや堂々と露出している石室1基

松尾大池北東5号墳
墳丘は流失。元は径15m級と察する
1P1134256z.jpg

後方から露出天井
2P1134282.jpg
↑クリック ~サイドから

南に開口。羨道は壊失で天井はまぐさ石以降
3P1134257z.jpg

玄室 d=4.5m+残存羨道1.7m w=1.8m h=1.4m(現状)
4P1134258a.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁
5P1134263a.jpg
↑クリック 逆サイド...こちら側のほうが7Cテイスト

右片袖式な玄門はまぐさ石手前に柱を添える
6P1134268z.jpg

無理のない奥壁はやや破壊。
7P1134269z.jpg

奥から~ 現状全長は6m強
8P1134272.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

↓ポイントは7号墳。
■Point_Link by GoogleMap
[松尾大池北東古墳群:追記]の続きを読む
  1. 2017/06/22(木) 02:22:06|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大窪天神古墳(仮)

岡山市北区大窪、一宮天神集会所からまっすぐ西に登り、尾根頂を越えた山腹に位置
※追記=近くにもう1基ありましたので大窪天神古墳群の1号墳とします

大窪天神1号墳
緩斜面に築造された16m*2m墳丘(本来はもっと高い)
P2227641.jpg
↑クリック 斜め後方から墳頂

墳丘周囲に残る石列
P2227642z.jpg

南南西に開口
P2227643.jpg
↑クリック 斜めから...羨道は崩失

玄室~ d=4.8m w=1.5m h=1.6m(現状)
P2227644.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井石は4枚

側壁~ ほぼ割石で面も揃う
P2227645.jpg
↑クリック 逆サイド...積み方は、ハッキリ云って雑(^^;

奥壁~ こちらは見事な鏡石!
P2227646.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ もちろん持ち送りはない
P2227647.jpg
↑クリック 縦画像...with 精度のいい天井

2号墳大窪天神古墳群(追記)

■Point_Link by GoogleMap
[大窪天神古墳(仮)]の続きを読む
  1. 2013/02/22(金) 14:45:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

頭高山古墳(仮)

岡山市中区土田、判りやすく云うと『備前車塚古墳』の南東約1km
公園化してる頭高山頂部よりやや西に降りた山腹に位置

公園駐車場にある案内板
P2137570.jpg
↑クリック 古墳>拡大...こんな地図があってはね・・・(^ ^ゞ

案内通りに登って下れば辿り着けます・・・が(^^;
P2137571z.jpg

逆サイドから~ 墳丘削平、石室全長5m以上です・・・が(^ ^ゞ
P2137572z.jpg

石室は西向きです・・・が(^ ^ゞ
P2137574z.jpg

後方から~ 完全に埋没(^^;
P2137573z.jpg
石材質から矢津系ではなく龍ノ口の後期一族と同じで、しかも比較的新しいってことは判りますが・・・それだけ!

■Point_Link by GoogleMap
[頭高山古墳(仮)]の続きを読む
  1. 2013/02/13(水) 16:42:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

宍甘山王山古墳

岡山市東区宍甘、支脈尾根端ピークに位置する全長70mの前方後円墳
ほぼ原型を留めてはいるのですけど、、、雑木の中

パノラマっても写りません(肉眼ではちゃんと楽しめます)
P2137580p.jpg

くびれ付近から30mの前方部
P2137581z.jpg

後円部~ 径40m h=7m
P2137582z.jpg

後円部頂~
P2137583z.jpg

後円部から前方部 古式バチ型なのは今でも覗えます
P2137584z.jpg



実はココ、7基からなる山王山古墳群でして・・・

前方部の先にある10m程度の円墳
P2137588x.jpg

さらにその南にある15m程度の円墳
P2137587x.jpg

他は敢えて探さず(^^;・・・ですが、群圏外~北西側のピークにある名無し古墳20m*1.5m
P2137589x.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[宍甘山王山古墳]の続きを読む
  1. 2013/02/13(水) 14:34:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

箱崎古墳

児島半島側、岡山市南区飽浦…独立丘陵に猿田彦神社+足玉神社+北浦天満宮+・・・
なんだかいっぱいありますが、、、おそらくメインであろう↓箱崎八幡宮
P2127551z.jpg

社の東側に誘導札(^_^)
P2127552.jpg
↑クリック さらに!...ここまでしなくても(^ ^ゞ

現在、墳丘は石積式(ウソ)↓左下微かに見えるのが開口部の石材
P2127553z.jpg

その石材がコレ!
P2127554.jpg
↑クリック 逆サイド

東向きの開口部正面
P2127555z.jpg

側壁~ 持ち送りはない
P2127556.jpg
↑クリック 逆サイド...かなり根っこが這ってます

残存玄室~ d=3m w=1.8m h=1.6m(現状)
P2127557z.jpg
奥壁あるのですが、土砂がこびりついて判りません。

天井石3枚
P2127558z.jpg
そんなに古い石室ではなさそうなのに、天井石が異様に細い

■Point_Link by GoogleMap
[箱崎古墳]の続きを読む
  1. 2013/02/12(火) 13:08:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

岡古墳

瀬戸町塩納山の池、先の勘定口1号墳より北西800mほど奥まった雑木林の中

緩斜面を切ってつくられた墳丘は背後からだと殆ど判らないが11m*3mほど
P1167361z.jpg
↑見えてる石、石室には直接関係ないデス。残り物を墳丘に仕込んでた???

南南東に開口 墳頂は流れ天井石は露出気味
P1167362.jpg
↑クリック 初期値(^^;...例によって辿り着いたときはこんなもの。

最初の天井石は入り口に落下
P1167363.jpg
↑クリック 石室端...キレイに揃ってるのでココで終わり。とすれば石室全長6.2m

玄室~ d=4.7m(天井アリ) w=1.3m h=1.5m(現状)
P1167364.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は残存4枚

側壁~ ここも腰石が顕著 しかも2段目の上が一直線(^o^)
P1167365.jpg
↑クリック 逆サイド...こちらは横目地、うねりながらもちゃんと揃う

奥壁~ 一枚な鏡石+高さ合わせ1
P1167366.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 持ち送りもなく、6C末期の完成形♪
P1167367.jpg
↑クリック 縦画像...with 何気にスゴイ天井。細やかに過重分散&高さ調整してるし。

■Point_Link by GoogleMap
[岡古墳]の続きを読む
  1. 2013/01/16(水) 16:30:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

勘定口古墳群

岡山市東区瀬戸町塩納勘定口、かつて畑の堺に少し覗いてた石材。
昨2012年、発掘調査を施すと立派な石室が出てきましたとさ。傍らには3号墳も。
調査後、放置されてる現地(^^;          右上の集石っぽいのが3号墳
P1167331.jpg
↑クリック 車道から見える風景

勘定口1号墳...墳丘12m*3mほど。天井石はすでに無く
P1167332.jpg
↑クリック 横から

全長7mの無袖式石室。w=1.8m h=2.2m と堂々スペック
P1167333.jpg
↑クリック 縦画像

側壁~ 腰石のしっかりした仕様。割石はごく僅か
P1167334.jpg
↑クリック 逆サイド...なにか手慣れた感じ

奥壁~ 四角い1枚ではもの足りなかった被葬者とは・・・?
P1167335.jpg
↑クリック 縦画像...完掘すればh=2.2mってのはフツーな数値

奥から~・・・無袖だが入り口はやや狭い。
P1167336.jpg
↑クリック 縦画像...空(^^; ちなみに2号墳はあの道の直撃で消滅

背後から~ 墳丘内に仕込まれてた石列と周溝
P1167337.jpg
↑クリック 真後



勘定口3号墳...極小な横穴式石室 w=0.8m
P1167351z.jpg

側壁~ 積んではいますが、この小ささなら感覚的には限りなく箱式石棺
P1167352z.jpg

奥壁~ かわいい鏡石。このサイズでもわざわざ横にプラス(^ ^ゞ
P1167353z.jpg

背後から~ 
P1167354z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[勘定口古墳群]の続きを読む
  1. 2013/01/16(水) 15:10:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

殿谷古墳群

岡山市北区御津伊田殿谷といっても赤磐市との境界
(境界は往々にして山頂~尾根頂稜線なのです)

殿谷1号墳...10m*1mほどの墳丘。境界標に頼ると赤磐市なのだが・・・
P1117301.jpg
↑クリック 別角度

頂部流失で西向きの石室が露出 
P1117302z.jpg

玄室 d=4m w=1.7m h=1m(現状)
P1117303.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は1枚しか残ってない

側壁 上段だけしか見えませんが自然のままの石材 しかも大きい
P1117304.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁 何段かは不明ですが、幅は目一杯の鏡石仕様のようです
P1117305z.jpg

奥側から~
P1117306z.jpg



殿谷2号墳...1号墳の北50mほど=2つ先のピークに12m*3m墳丘
P1117311z.jpg

天井石3枚露出
P1117312z.jpg

幅は1m程度で内部は埋没
P1117313z.jpg



殿谷3号墳...さらに北のピークに20m*2.5m墳丘。この大きさなら墳墓(^^;
P1117315z.jpg

僅かに凹む頂部センター
P1117316z.jpg

↓ポイントは1号墳(稜線を北に行けば順にあります。4号墳も(^^;)
■Point_Link by GoogleMap
[殿谷古墳群]の続きを読む
  1. 2013/01/11(金) 14:15:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

西庄古墳(仮)

岡山市東区西庄、雨乞山頂の東方約600m=79番鉄塔の南約100mに何故かポツンとある後期古墳。
操山の東隣の山なのですが、こちらは一転古墳は疎ら。おまけに一部を除き、尽く名無し!

山寄せ12m*3m墳丘は背後をカット、墳頂は流失してるが比較的良好
PA057021z.jpg

南向き石室は羨道壊失……右片袖とのことですがこの石、高すぎるので疑問アリ
PA057022.jpg
↑クリック 縦画像...with 羨道痕?

現・開口部 この最初の天井が玄室1枚目なのかまぐさ石なのか、ハッキリしません(前者っぽい)
PA057023.jpg
↑クリック 上から羨道痕
羨道らしき側壁は1枚目の天井の下まで至っておりません。となると・・・
まぐさ石は手前にあって消失?でも高さが(笑)
羨道より玄室天井が低い石室構造となってしまいます。
導かれる答えは、一見~羨道側壁上部(袖?)に見える石は元位置ではない(^^;

玄室内部 d=5.1m(+羨道痕跡らしき=1.7m) w=1m h=0.5m(現状最大値)
PA057024z.jpg
いちおう奥まで開いてはいます・・・が、狭い(^ ^ゞ

側壁~ ほぼ割石
PA057026.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 上段しか見えません。おそらくこの下に鏡石が・・・
PA057027z.jpg

内部から・・・入り口は見えない(^^;
PA057025z.jpg

実は入ってはいません・・・天井隙間から撮影  で、その隙間ですが!!直線割り
PA057028.jpg
↑クリック 後方から露出天井

残存率はそれほど悪くはないのですが・・・これだけ埋もれてると名前…付かないか(^^;

■Point_Link by GoogleMap
[西庄古墳(仮)]の続きを読む
  1. 2012/10/05(金) 18:02:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

塩見塚古墳

塩見塚古墳群と同じ山ですが、別途頂上あたりに独立して1基のみあります。
おそらく古墳群のほうからも登れますけど、反対東側から登った方が道は“安定”
ただし・・・かなりの距離ですよ~~~(^^;

鉄塔の西50mくらいのところで10m*2.5m墳丘。背後にはカットによる周渠かすかにアリ
P7256861.jpg
↑クリック 別角度...with 西から開口部

南南西に開口
P7256862.jpg
↑クリック 別角度...with 東から開口部

羨道壊失で破断した天井石が入り口を半分塞ぐ
P7256863.jpg
↑クリック 縦画像...墳丘比率から壊失部分は3mほどか

玄室 d=4m w=1.6m h=2m(最奥)状態はそこそこ
P7256864.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井石3枚、中央破断(ストロボ撮)

側壁 4~5段で持ち送り皆無
P7256865.jpg
↑クリック 逆サイド...ほぼ割石

奥壁~ 3段<鏡石+1,さらに隙間埋めって感じ。上の2つは左右に振ってます
P7256866.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井(ストロボ撮)。水はもっと溜まることもあるもよう

奥から~ 7C初頭なんだろうけど、何故こんなとこに造ったんでしょ?
P7256867.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

■Point_Link by GoogleMap
[塩見塚古墳]の続きを読む
  1. 2012/07/25(水) 15:31:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

狐ヶ谷古墳群

岡山市東区草ヶ部狐ヶ谷、小廻山の南麓~くさかべ大池公園の北斜面で5基からなります

狐ヶ谷1号墳...群中最下方に位置する妙な墳丘 20m*2.5m
P4146301.jpg
↑クリック 裏側...with斜面カットな周渠。
20mといっても円形ではなく楕円で石室は西半分。つまりちょっとクビレさせば東が前方部な前方後円墳になる

南に開口
P4146302.jpg
↑クリック 縦画像...あたりは竹林

開口部~ 完存っぽい天井石
P4146303.jpg
↑クリック 別角度...となると、手前に転がってるのは閉塞の名残り?

細長い玄室 d=5.2m w=1.1m h=1.3m(現状)
P4146304.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 石材は小さめなれど丁寧な仕事
P4146305.jpg
↑クリック 逆サイド...小粒で持ち送りナシ

玄室後半、、、手前はやや埋まるも奥は広い。But,水が溜まってる(前日は雨)
P4146306.jpg
↑クリック 縦画像...with 美的天井

奥壁~ 均等2段な割石
P4146307.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ これはこれで完結の無袖式でしょう
P4146308.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



狐ヶ谷3号墳...山腹を横断する道から上方に辛うじて見えます
P4146311z.jpg
墳丘15m*2.5mですが封土は流れ天井石露出

流れた土は内部に入ってしまったもようで・・・埋没
P4146312z_20120417003927.jpg



狐ヶ谷4号墳...3号の上方やや西に15m*2.5m墳丘……↓のハズ。
P4146251z.jpg
荒廃元果樹園なので一帯はこんな状態です(汗)

南に開口する石室 延々掃除してやっとこれくらいデス(^^;
P4146252.jpg
↑クリック 縦画像...with 墳頂

埋まりつつも玄室の状態はそこそこ。d=4.5m w=1.5m h=0.7m(現状)
P4146253.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄室後半~
P4146254z.jpg

側壁~ 大小織り交ぜ
P4146255.jpg
↑クリック 逆サイド...下部が見えないのでなんとも(^^;

奥壁~ これも上部のみ。鏡石っぽいのはあるようです
P4146256z.jpg

右に袖らしきがありますが・・・後世の乱れやも?
P4146257.jpg
↑クリック 内部から...羨道痕の気配もないので無袖式かな

奥から~ 
P4146258.jpg



狐ヶ谷5号墳...4号からかなり西。“草原”を過ぎ植林地帯を抜けきった場所に10m*2m墳丘
P4146271z.jpg

同じく南に開口
P4146272.jpg
↑クリック 縦画像...with 破壊羨道痕

玄室~ d=4.5m w=1.2m(最奥0.8m) h=1.2m(現状)
P4146273.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 乱雑にみえるが実はいい仕事してるので狂いがあまり生じてません
P4146274.jpg
↑クリック 逆サイド...場違いな割石が1枚(^^;

奥壁~ よくあるパタンで鏡石+α
P4146275.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 総じて花崗岩率50%くらい
P4146276.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

↓ポイントは1号墳
■Point_Link by GoogleMap
[狐ヶ谷古墳群]の続きを読む
  1. 2012/04/14(土) 14:25:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東谷古墳

岡山市東区谷尻、大廻山の東の谷部(名前のまんま)の道沿いに開口する小型石室

墳丘と石室を切り裂いて道路ができてしまったようです。
P4146311.jpg
↑クリック 逆サイドから...石室は南向き

正面から~ 10m*2mの墳丘は断面図
P4146312z.jpg

開口部 排水溝ではありません(^^;
P4146313.jpg
↑クリック 縦画像...意図不明。どうして水が溜まるのかも不明

石室はちゃんと残ってます d=3m w=0.8m h=0.7m(現状)
P4146314.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井石は意外と大きい

側壁は石室サイズなりに小粒
P4146315.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 側壁石材よりは大きいが大した凝りもない
P4146316z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[東谷古墳]の続きを読む
  1. 2012/04/14(土) 12:36:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小造山古墳(再)

岡山市北区新庄上(一部総社市)、造山古墳の北西500mに位置する墳長約142mの大型前方後円墳。
以前は鬱蒼としていて何がなんだか判らなかったのですが3月いっぱい岡大考古学研究室の測量にて一部伐採
墳丘形状も窺い知れるようになったので再び

なんと工業団地(折敷山古墳の一画)の道からも後円部が見えてます
P3306181z.jpg

後円部墳丘 画像ではピンときませんがけっこう巨大です 85m*12m
P3306182.jpg
↑クリック 天井後円部の端...3段築造

後円部墳頂
P3306183z.jpg

ザックリ盗掘坑  例によって浅い!造山もこの手だとすでに無いかも(汗
P3306184.jpg
↑クリック 縦画像...竪穴式石槨は主軸に沿ってたようです

後円部から見る前方部 -3m以上に低く見えます。ホントに作山古墳より後発なの???
P3306185.jpg
↑クリック 縦画像

東側くびれ
P3306186.jpg
↑クリック 西側...謎の造り出しアリ<まさかの3段目

平たい前方部頂 72m*9m
P3306187z.jpg

前方部から後円部
P3306188.jpg
↑クリック 縦画像

前方部先端角から~
P3306189.jpg
↑クリック 逆サイド...西側

■Point_Link by GoogleMap
[小造山古墳(再)]の続きを読む
  1. 2012/03/30(金) 13:51:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

八塚古墳

----------+別館、更新しました(^^;+----------

岡山市東区沼八塚、小字が八塚なので8基くらいあったのでしょうけど現在は単独。
少なくとも近辺に存在したという記録はないもよう(^^;

民家裏~竹林の中にひっそり佇む墳丘 見た目8m*1.5mなれど↓は上部のみ
Q2105851.jpg
↑クリック 横(南)から...山寄せで背後のカットが甘い(or 埋もれてる)

石室は一段下で東南東に開口
Q2105852z.jpg

羨道は L=1.5m w=1.1m h=1.2m なれど変わりモノ
Q2105853z.jpg

内部から玄門→羨道 両袖式ですが出っ張ってるだけ。立柱でもなく下部が空いてたり左右揃ってなかったり(^^;
Q2105853.jpg
↑クリック 縦画像...with 若干下がってるだけのまぐさ石

玄室! d=6m w=1.6m h=1.9m
Q2105854.jpg
↑クリック 縦画像...with 精度のいい天井

側壁~ 腰石はしっかりしているが上にいくほど小粒
Q2105855.jpg
↑クリック 逆サイド...奥にいくほど粗いのもアブノーマル

奥壁~ 鏡石はよくある形!足らなかった箇所は割石で埋める
Q2105856.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井 隅はRを描く粋な仕上げ

奥から~ やや胴張り
Q2105857.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。側壁上部が細かいゆえ、天井石の巨大さが際立つ

■Point_Link by GoogleMap
[八塚古墳]の続きを読む
  1. 2012/02/10(金) 17:21:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

茶ノ子山古墳

岡山市東区寺山、角山西塚古墳の北のピークに位置する墳長25mの前方後円墳

以前イバラに阻止されましたが藪払いされてます
P2105820z.jpg
↑コレを登った頂部にあります

14m*1.5mほどの後円部
P2105821z.jpg

墳頂 径5mとのこと
P2105821z.jpg

長10mの前方部は北北西に延びる
P2105823z.jpg

後円部中央で僅かに伺える竪穴式石槨
P2105824.jpg
↑クリック 斜めから

主に流紋岩による石槨内部 L=2.7m・w=0.8m・h=0.6m程度らしいが・・・もはや隙間(^^;
P2105825z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[茶ノ子山古墳]の続きを読む
  1. 2012/02/10(金) 16:43:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク