古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

塚ヶ塔古墳群

加賀郡吉備中央町三谷、不思議な場所にポツンとある古墳群

意外(?)にも指定史跡
P3207731z.jpg
ただ三叉路付近に↑これが立ってるだけで、実際どこに古墳があるのかは謎。

その1...標柱より西に50mほど入り込むと10m*3mほどの墳丘
P3207741.jpg
↑クリック 全景...with 天井

天井石壊失で側壁&奥壁のみ、しかも大半埋没。d=5m w=0.8mほど
P3207742.jpg

玄門あたり(?)の側壁材
P3207743z.jpg



その2(塚ヶ塔4号墳)...1の西側に隣接で12m*3m墳丘
P3207751z.jpg

南に開口 この群中では最良(らしい)ただし羨道は破壊
P3207752z.jpg

残存石室! d=5m w=1.1m h=1.5m
P3207753.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁も面を揃える丁寧な造り
P3207754.jpg
↑クリック 逆サイド...特に基部はキレイ

奥壁~ 鏡石+2 まるで切り石のごとく
P3207755.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。吉備中央町に古い古墳はない(?)

奥から~ 全体的にシンプルな構成
P3207756.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井石は5枚
 


その3...2の西方10mほどに破壊&埋没石室
P3207761z.jpg



その4...1~3がある裾部の尾根頂に15m*1.5mほどの墳丘
P3207771z.jpg
墳丘は美しいのですけど・・・

石室は殆ど壊滅・埋没。 向きからして露出天井石はまぐさ石で、手前が奥壁側
P3207772.jpg
↑クリック 縦画像...with 側壁は残ってるのでしょうが埋没で見えません

かすかに内部。左片袖式でしょうか
P3207773z.jpg

↓ポイントはその2(4号墳)
■Point_Link by GoogleMap
[塚ヶ塔古墳群]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/03/20(水) 13:00:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

森迫古墳

高梁市備中町東油野森迫~前記事『笹屋1号墳』と同じ山、東へ400mほど。

高密度竹林の一画に辛うじて面影を残す山寄せ墳丘は10m*2mほどで地味
PC317270.jpg
↑クリック 別角度...放置竹林でグシャグシャ(汗)

東に開口...単独固有名が付いていても訪れる人はいないもよう
PC317271z.jpg

開口部 w=1m h=1m ちゃんと開いてます(^_^)
PC317272.jpg
↑クリック 縦画像...with 羨道痕やや覗えます

玄!室!! d=6m w=1.7m h=1.8m なんともまぁ・・・♪
PC317273.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。竹の進入も一切ナシ!

この側壁はいったい・・・4段までは一様に判る
PC317274.jpg
↑クリック 逆サイド...石材が大きめゆえ、あまり揃ってない

奥壁~ 笹屋1号同様横に2枚立てた鏡石。この地のトレンドだったようだ。ただ上部は足らず+2段
PC317275.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。手前の石積みもトレンド?(^^;

奥から~ 袖は無しで徐々に狭くなる。まぐさ石らしきはあるので無袖式
PC317276.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井石は6枚、玄室完存(^o^)

■Point_Link by GoogleMap
[森迫古墳]の続きを読む
  1. 2013/01/02(水) 23:59:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

笹屋古墳群

あけましておめでとうございます
          ことしも細々とできたらいいなぁ・・・と。 
                    よろしくお願いします(__)


高梁市備中町・・・それも山の上の盆地に、しかも数基ある(あった?)らしい

笹屋1号墳...周囲は開墾、墳丘だけ見事に残ってます(^o^)
PC317241.jpg
↑クリック with周囲
現状の墳丘は16m*4mとのことですが、元はひとまわり小さいと思われます。
開墾で丘陵自体が1mほど低くなってるようだし、現状~石室規模のバランスが悪い(^^;

なので・・・開口も横ではなく上!南向き
PC317242z.jpg
羨道天井が外されてます

クリーニング後♪開口部幅0.9m h=1m(現状)
PC317243.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井を失う羨道痕(?)は約2m 先は埋没

玄室 d=4m w=1.2m(最奥) h=1.4m
PC317244.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は4枚 ※白い棒は雪m(__)m

側壁~ 一見乱積みですが、いい仕事してます
PC317245.jpg
↑クリック 逆サイド...こちらはベター

奥壁~ 縦長2枚を横に並べた鏡石
PC317246.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 明確な袖はないが羨道は狭くなる。元の全長は6m+α
PC317247.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



笹屋2号墳...? 径5m、高0.8mとのことなので、おそらく(^^;
PC317225.jpg
1号墳の丘陵の南側、植林の中

3~5号墳は不明(^ ^ゞ

↓1号墳・・・必見(^^;
■Point_Link by GoogleMap
[笹屋古墳群]の続きを読む
  1. 2013/01/01(火) 00:00:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

土居火釜古墳

津山市福井津田、中国道を潜り県道415を北上、412と合流する200mほど手前の脇に位置

415から撮。13m*3mの墳丘は古墳オーラ全開してます
P3096041.jpg
↑クリック 横(東)から...with 天井

南に開口 この手のシチュエーションだと綺麗にあいてることが多い(^_^)
P3096042.jpg
↑クリック やや斜め...正式名称は「火釜」、読みは“ひのかま”なれど何故か『の』も無い

羨道部は天井石を失う
P3096043.jpg
↑クリック 内部から

玄室は良好 d=5m(+羨道2.5m) w=1.5m h=1.8m
P3096044.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。ALL割石

側壁~ しっかりと輿石仕様
P3096045.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 整いは悪いが同等2段。北部でもこの流れがアリ?
P3096046.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 無袖式でまぐさ石までは残っています
P3096047.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。この成熟度はおそらく7C

■Point_Link by GoogleMap
[土居火釜古墳]の続きを読む
  1. 2012/03/09(金) 16:30:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

唐臼墳墓群

美咲町打穴西、3基の横穴式石室墳に奈良時代の火葬墓1基を加えて県指定
「唐臼墳墓群」となっていますがいまでも古墳群自体は釜ヤ谷古墳群のようです。しかも全4基。

尾根筋の一画が切り開かれ整備
P3096101z.jpg

説明板
P3096102z.jpg
1号墳がどれか判らないオチ(^^; ……なので釜ヤ谷で通します


釜ヤ谷1号墳...3基中一番高所(西)で墳丘は15m*2.5mとのこと
P3096103.jpg
↑クリック 後方から墳頂...天井石露出

東向きの石室 d=4.5m w=1.7m(最奥1.4m) h=1.5m(現状)
P3096104.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ かなり斬新な積み方
P3096105.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 3段というか、のちに割れて3枚になった感じです
P3096106.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 袖は不明
P3096107.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



釜ヤ谷2号墳...下方やや南寄りに天井を失う石室
P3096121.jpg
↑クリック 縦画像...d=3m w=0.6m 程度

奥壁~  規模相応(^^;
P3096122.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 少しは意識してます
P3096123z.jpg



釜ヤ谷3号墳...最下方に同様の石室
P3096131.jpg
↑クリック 縦画像...d=4m w=0.6m 程度

側壁~ 2号墳よりはマトモ
P3096132.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 鏡石っ(^o^)
P3096133z.jpg

4号墳は道を挟んで東側の尾根上(現在も採土現場にておそらくもう無い)




いちおう・・・いちばん上のお墓=唐臼墳墓
P3096091z.jpg

上方から~ 2段築造 下段は辺6m 上段は辺5m
P3096092z.jpg

横から~ 中央に外容器
P3096093z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[唐臼墳墓群]の続きを読む
  1. 2012/03/09(金) 14:21:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

別所古墳群

美作市朽木別所上、R374からR179(出雲街道)に折れ1km少々。
南東に延びる尾根の西側斜面全体が古墳群で全18基から成る(おそらくもっと多い)
が、石室が残ってるらしいのは3基。魅惑的なのは1基のみ(^^;

別所1号墳...朽木集落の最奥やや東の高台に位置
P3096000z.jpg
広範囲なので気が重かったが、なんとR179から見えてます※↑望遠なのでこんなに見えてるわけではない

資料上の墳丘は 6.5m*2.5m そんなバカな(^ ^ゞ
P3096001.jpg
↑クリック 横から...旧町と市、2本の碑が!そう、市史跡(知らなかった)

南南西に開口 羨道手前は絶壁なので登れません
P3096002z.jpg
手前ならびに東側は果樹園

羨道~ 入り口はちと狭い
P3096003.jpg
↑クリック 堆積土砂を抜けて羨道~玄室

内部から羨道 L=3.5m w=1.1m h=1.5m(現状)
P3096004.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井まぐさ石、一段下がる

玄室~ d=4m w=1.6m h=2.3m(現状)
P3096005.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。h=2.3mでもかなり埋もれてます

側壁~ 北部のイメージに沿わない大型石材
P3096006.jpg
↑クリック 逆サイド...

奥壁~ 2段で下のは半分くらい埋もれてるようです
P3096007.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。奥壁が3段に見えるが天井石を斜めに懸けてます

玄門は・・・片袖式ということになってるけど、どうみても両袖式。ズレとかいうレベルではない
P3096008.jpg
↑クリック 羨道側...羨道側壁も揃ってズレるはずもなく(^^;

奥から~ 規模のわりに玄室が短いのであまり写りません
P3096009.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

ほとんど割石ですが、組み方はけっこう粗い。でも7Cかな



その2...1号墳の東側に10m*2mくらいの墳丘
P3096011.jpg
↑クリック 逆サイドから...←1号墳の墳頂から撮

頂部は荒らされ凹んでる(汗
P3096012z.jpg



その3...さらにその上方15mに低い墳丘 6m*1m程度 墳墓か
P3096013z.jpg


その4...さらにその西方20mにも8m*1.5m 山寄せ墳丘
P3096014z.jpg
元は横穴式っぽい墳丘形状だが開口せず。盗掘坑もあり


その・・・...東の雑木林に無数の墳墓というか盗掘坑あと
P3096015z.jpg

これも
P3096016z.jpg
こんなだと探す気になれません。雨だし(^^;

↓ポイントは1号墳
■Point_Link by GoogleMap

[別所古墳群]の続きを読む
  1. 2012/03/09(金) 14:00:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大塚古墳群

美作市北坂大塚、湯郷石橋GCの南麓付近にある5基から成った古墳群ですが
多くは破壊され石室が確認できたのは1基のみ

大塚2号墳...阿津田神社へ向かう三叉路に位置する墳丘
P3095931.jpg
↑クリック 背後から...←奥の道を進む(南下)すると向古墳群に至る

南側から全景~ 羨道部の石材も散乱
P3095932.jpg
↑クリック 別角度...改変され現状は双方中円墳(^^;

石室は南に開口
P3095933s.jpg
↑クリック 斜めから...天井石、一部露出

石室~ d=6m w=1.5m h=1.9m しかも良好
P3095934.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。成熟期のスタンダード

側壁~ やや乱れはあるが石材は大きめです
P3095935.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 二人埋葬されていたようです<冗談(^^;
P3095936.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。見事な鏡石で側壁も天井も奥部は完璧

奥から~ 入口天井が明らかに低いので玄門でしょう。よって無袖式
P3095937.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井<これくらい巨石だと破壊を免れる

■Point_Link by GoogleMap ※航空写真にするとズレます
[大塚古墳群]の続きを読む
  1. 2012/03/09(金) 11:58:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

向古墳群

美作市殿所向、……場所の説明をしようがないのですが(^^;<GoogleMap参照
三叉路のところがちょっと広いのでP可。で、車を降りると1号墳の墳丘は見えてます

向1号墳...墳丘は10m*2m程度
P3095981.jpg
↑クリック 逆サイド(西から)

南南西に開口
P3095982.jpg
↑クリック 開口部上...1つだけ露出

石室はおそらく無袖式 d=5.5m w=1.3m h=1.4m(現状)
P3095983z.jpg
竹が邪魔です(^ ^ゞ

側壁~ 北部仕様で石材は小粒だが几帳面に積まれる
P3095984.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 形の良い1枚で側壁が手前に回り込む
P3095985.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 向かって右側が歪んで傾いてます
P3095986.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。本来持ち送りは無いもよう



向2号墳...1号墳の西40m@雑木林 墳丘は11m*2.5m程
P3095971.jpg
↑クリック 背後から...前背面に道はあります

南に開口
P3095972.jpg
↑クリック 上部...封土は若干流れ天井石露出

石室~ d=6.5m w=1.4m h=1.8m
P3095973.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。一部隙間もあるが内部は良好

お気づきでしょうが……陶棺片みごとに放置。さすが美作!
P3095974.jpg
↑クリック 手前にも大きなのが埋まってる...足としては完存ですよ(笑)

こちらにも多数。ちゃんと掘ればかなり復元できそうなのに
P3095975.jpg
↑クリック 別角度...こちらの足は破損、でも底に付いたまま

側壁~ 割り石多用で目地も比較的揃う
P3095976.jpg
↑クリック 逆サイド...やや雑&礫石もあり

奥壁~ 鏡石+ちょっと足らなかったようです
P3095977.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。これだけ積んでも持ち送りはない側壁

奥から~ 袖は曖昧で後世の乱れかと。よっておそらく無袖式
P3095978.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。1号同様右側が若干傾く。工法に起因?

↓ポイントは1号墳。2号墳は40m西
■Point_Link by GoogleMap
[向古墳群]の続きを読む
  1. 2012/03/09(金) 11:00:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

下市大塚古墳

吉備中央町豊野、豊野小学校の北約100mくらいのところに何故か堂々とあります(^ ^ゞ
P8155081z.jpg
墳丘があるように見えますが封土は実は総流れで石室は剥き出し

なんと町指定で説明板もあり
P8155083.jpg
↑クリック 東から...すぐ隣に民家建つ

石室は約半分になり南に大きく開口
P8155082.jpg
↑クリック 西から

右側が胴張ってる石室 d=4.8m w=2m h=1.9m(現状)
P8155084.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 腰石はしっかりしてるが割といい加減(^^;
P8155085.jpg
↑クリック 逆サイド...やたら礫石が詰まってる

奥壁~ 妙な鏡石……築造中に割れちゃったんでしょうか???ここにも礫石挿入
P8155086.jpg
↑クリック 縦画像...上部隅は弧を描く

奥から~ 持ち送りナシ この規模でホントに無袖だったのでしょうか???
P8155087.jpg

築造場所は今でもここの盆地が見渡せる一等地。
石室規模といい当時イチバンの一族に間違いない

↓なんと載ってます
■Point_Link by GoogleMap
[下市大塚古墳]の続きを読む
  1. 2011/08/15(月) 12:22:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

湯本火の釜古墳

真庭市湯原温泉、R313を挟んで「松の屋花泉」の東上方の谷北側斜面、杉林に位置します

墳丘径は10m程度でしょうけど山寄せ&雑草で“斜面に開口”状態。背後にカット濠は認められますが
PA194921z.jpg

羨道壊失で南西向きに開口
PA194922.jpg
↑クリック 天井石?...手前に羨道の石材が転がってる

開口部斜めから やや内寄りなので袖っぽい
PA194923.jpg
↑クリック 逆サイド

玄室~ d=4.8m w=1.7m h=1.5m(現状) スッキリしてるわりに持ち送り
PA194924.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 横長の石材でシンプル
PA194925.jpg
↑クリック 逆サイド...やや多め

奥壁~ 鏡石+1 上下とも少し難があるがそれなりの仕上がり
PA194926.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門と思しき・・・控え目な左片袖式だった?
PA194928z.jpg

奥から~ 割石を多用しての持ち送りはちょっと異色
PA194927.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井の加工も素晴らしい!

この地なんて今も昔も温泉しか手立てがない気がするのですが…まさかね(^^;

■Point_Link by GoogleMap
[湯本火の釜古墳]の続きを読む
  1. 2010/10/19(火) 16:54:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釜穴古墳

真庭市蒜山東茅部、四ツ塚古墳群より南西約3kmにある経塚山の南側低尾根
点在する別荘を繋ぐ道路の果て……いちおうその道の脇にある18m*3m墳丘

こんな状態ですし、大きすぎて逆に自然の地形と判別しにくい
PA194881z.jpg

南西(尾根線に対して90度)に開口。道路とは反対側
PA194882z.jpg

羨道から内部~ 入り口は狭いけど躊躇するほどでもない……たぶん(ここまで来て辿り着いたからには!(^^; )
PA194883.jpg
↑クリック 内部から羨道...羨道長=2.3m w=1m h=0.5m(現状)

玄室~ 水別1号墳とほぼ同じ構成。d=2.5m w=2m h=1.5m(現状) ↓天井基準で見てたから左に寄ってます(^ ^ゞ
PA194884.jpg
↑クリック 縦画像...with ドーム天井。軸がズレてるので目眩がしてくる(汗)

側壁~ Rには拘るけど積み方はどうでもいいみたい
PA194885.jpg
↑クリック 逆サイド

いちおうコレ↓が奥壁鏡石<突起あり
PA194886.jpg
↑クリック 縦画像...with ズレてるドームの端天井

玄門は両袖式~ 袖は水別1号同様柱を立てただけで羨道は沿ってません
PA194887.jpg
↑クリック 逆サイド

奥から~ ほぼ真ん丸なので写る範囲が限られます。まぐさ石には鮮明に朱が!!!
PA194888.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井はほぼ1枚+α

■Point_Link by GoogleMap
[釜穴古墳]の続きを読む
  1. 2010/10/19(火) 14:06:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

四ツ塚古墳群

真庭市蒜山上長田、全19基からなる古墳群で郷土博物館の北東に隣接し国史跡として整備されています
PA194780.jpg
↑クリック 拡大...1027*768

四ツ塚1号墳...群中最西端に位置する27m*4mの円墳(説明板の径は24m)
PA194781.jpg
↑クリック 横から...墳丘のみ

説明板
PA194782z.jpg

開口部~ 正午に北向き石室は辛いものがあります。そもそもどうしてこの地で北向きなんでしょう?
PA194783.jpg
↑クリック 縦画像...羨道はもう少しあったかも?

羨道から石室内部 羨道長1.8m w=0.9m h=1.8m
PA194784.jpg
↑クリック 内部から...with しきみ石

玄室~ d=4.9m w=1.9m h=2.3m
PA194785.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。湾曲した持ち送り

側壁~ いわゆる乱積み、計画性まったくナシ
PA194786.jpg
↑クリック 逆サイド...それでもちゃんと保ってるんだから大したものです

奥壁~ 基部のみ大きいが他は側壁材よりも細かく、向かって左が奥まってます=玄室に対して斜め(適当すぎる(^^;)
PA194787.jpg
↑クリック 縦画像...with ドームな天井

玄門は半分以上を占める右片袖式
PA194788.jpg
↑クリック 縦画像...with ドームな天井

奥から~ 全長は6.6m 朱の痕跡は僅か
PA194789.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井幅は1m強くらい

※普段は施錠されてますので石室には入れません



四ツ塚2号墳...30m*4m程度の墳丘。乱掘成し遂げられず(^ ^ゞ
2PA194817.jpg
↑クリック 別角度



四ツ塚3号墳...2号墳に少し掛かりながら32m*4m墳丘
3PA194818.jpg
↑クリック 墳頂



四ツ塚4号墳...26m*3mほどの墳丘
4PA194822z.jpg



四ツ塚5号墳...20m*2mと平たい墳丘
5PA194825z.jpg



四ツ塚6号墳...墳丘は15m*2mで周溝あり。
6PA194827.jpg
↑クリック 頂部...盗掘坑



四ツ塚17号墳...11m*1m、わずかな墳丘
17PA19483z.jpg



四ツ塚18号墳...11m*1.5m
18PA19483z.jpg



四ツ塚19号墳...10m*1m程度
19PA19482z.jpg

これくらいで・・・・あとは↓で(^^; 位置関係参照
aPA194835.jpg
↑クリック 拡大...1280*960

13号墳=木棺直葬の主体復元@郷土博物館
PA194853x.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[四ツ塚古墳群]の続きを読む
  1. 2010/10/19(火) 12:46:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

水別古墳群

真庭市蒜山下長田水別、R482から県道325へ入って400mくらいの場所にあった古墳群(3基)ですが
その県道工事に際して調査、のち蒜山郷土博物館の前庭に移築・保存されています
PA194731z.jpg

説明板
PA194732z.jpg

水別1号墳...径7mの円墳。例によって原形を逸脱した墳丘(^ ^ゞ
PA194733.jpg
↑クリック 逆サイド...何故か小さめに再製されてますし

正面~ 現在東向きですが元は南東に開口
PA194734z.jpg
玄門→羨門、極度に広がる

羨道は袖に沿ってない
PA194735.jpg
↑クリック しきみ石は袖の内側

玄室~ d=2.3m w=2.3m h=1.7m つまり正方形というか真ん丸
PA194736.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。ドーム状

側壁~ 基部には角があります
PA194737.jpg
↑クリック 逆サイド

いちおう奥壁の一画~ 移築の折にでも割れたかな?
PA194738.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井石はほぼ1枚!+α

奥から~ 必然的に両袖式
PA194739.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。袖の上には乗ってない



水別2号墳...径7mの円墳で1号より後発とのこと
PA194761.jpg
↑クリック 縦画像...やはり羨道は広がり外護列へ続く

斜めから~ 
PA194762.jpg
↑クリック 逆サイド

側壁~ 1号よりはシンプルになったようだ
PA194763.jpg
↑クリック 逆サイド

玄室~ ドーム型継承……d=2.1mで1号と大差ないが w=1.1mと狭い
PA194764.jpg
↑クリック 縦画像...強いて云えば程度に両袖式。しきみ石らしきは×

奥壁~ 石材ひとつで角をRにするには限界があります
PA194765.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井?

奥・・というか、後方から
PA194766z.jpg

↓移築後,現在の場所
■Point_Link by GoogleMap
[水別古墳群]の続きを読む
  1. 2010/10/19(火) 11:00:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

二宮塚古墳(仮)

新見市哲西町上神代、芸備線「市岡駅」の南にある丘陵の北西裾に位置。

墳丘は15m級規模だったと思われますが削平。なだらかに残ってるだけ
PA164711.jpg
↑クリック 横から...僅かな膨らみ

この立地ゆえ仕方なく北北西に開口
PA164712.jpg
↑クリック 縦画像...with 羨道痕は2mほどアリ

羨道~ L=2m(+痕2m) w=1.2m h=1.4m(現状)
PA164713.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は2枚

玄室~ 奥部は土砂が流れ込んでますが d=5m w=1.7m h=1.5m(現状)
PA164714.jpg
↑クリック 縦画像@掃除前...with 天井は5枚

側壁~ 不揃いナリにも丁寧な印象
PA164715.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁は微かに見えます。割石みたいだけど……詳細不明
PA164716z.jpg

玄門は柱+1の右片袖式
PA164717.jpg
↑クリック 縦画像...羨道-まぐさ石-玄室天井、故意の段差は無いもよう

奥から~ 現存全長は7mほど
PA164718.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井<側壁同様、石材は不揃い

奥壁こそ埋もれてるけど、この近辺では状態はかなり良いハズ。なのに何故か名無し(^^;

■Point_Link by GoogleMap
[二宮塚古墳(仮)]の続きを読む
  1. 2010/10/16(土) 15:21:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山形屋古墳

別名:松本塚古墳。新見市哲西町上神代、芸備線市岡駅の西方約1km
R182を北に折れ日長寺へは向かわず中自道を潜ると右に・・・・

如何にも素敵な墳丘が見えてきます (※コレにあらず)
PA164681z.jpg

棚田を駆け上って接近 20m*4mくらいでしょうか (※コレにあらず)
PA164682z.jpg

どこから登ればいいのか?とりあえず東側の道に迂回したら、その先の民家の庭に露出石室(^^;
PA164683z.jpg
あらら、こっちかいな(汗)・・・しかも草茫々

正面から~ 目測 d=5m w=1.2m h=1.2m
PA164684.jpg
↑クリック 縦画像...南向きで天井は5枚

後方から~ 綺麗に残ってるし内部は広いのですが如何せん・・・orz
PA164685z.jpg

↓敷地内の絵図は建て替え以前だと思われます
■Point_Link by GoogleMap
[山形屋古墳]の続きを読む
  1. 2010/10/16(土) 14:14:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。