古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

三因・萬貫古墳群

峠古墳群と天神古墳群の中間に位置します。公称32基ですが札を確認できたのは
1.6.7.8.9.15.16.17.18.19.22.23.25.26.28.30.31の計17基程度。
しかし大半は石室はおろか墳丘すらもあまり残ってません。
1号墳
PA300304s.jpg

狭い開口部だが内部はそこそこ
P2180013s.jpg

30号墳、、、雑木林の中には墳丘が維持されてるものも
PA300306s.jpg

おそらく28号墳、、、羨道は流れてますが玄室はよく残ってる
PA300314s.jpg

入り口に盛り土があって入ることは出来ませんが・・・峠、天神に比べて石は小さい
PA300320s.jpg

不明号墳、、、28号墳の下方50mくらいの場所。隙間程度の開口部
PA300311s.jpg

おそらく31号墳、、、隙間もない
PA300331s.jpg

その他はこんな状態。札が立ってるだけ……
PA300337s.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[三因・萬貫古墳群]の続きを読む
  1. 2007/10/30(火) 19:36:59|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三因・天神古墳群=補足

通称、三因千塚の峠古墳群と天神古墳群の下草を刈って頂けました
まずは天神...前回見落としもかなり出てきて

奥までフラッシュが届かない15号墳
15PA290171s.jpg

内から外with蝙蝠
15PA290177s.jpg



やはり長~~~い44号墳 7Cでしょう
44PA290209s.jpg

内から外
44PA290210s.jpg

これは制覇するの大変そうです...ってことでまとめてみることにしました。
欠番もまだまだあるので、追々埋められたらなぁ……と。
で、ブログ上で並べるにはちと無理があるので独立して
http://kamadoneco.web.fc2.com/tenjin/index.htmlに置きました。

地図も描きたいところですが……って、、、描きました(^ ^ゞ
tenjinmap.gif

29と39が逆だと思うのですが...>総社市さん

■Point_Link by GoogleMap
[三因・天神古墳群=補足]の続きを読む
  1. 2007/10/29(月) 23:55:20|
  2. 追記・補足
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

醫王谷古墳

岡山市日近、老人ホームの駐車場奥の棚田畦道にあります。
2年前発掘調査で全長8m、幅1.8m、高2.1m規模の無袖式石室が確認されたけど
残念ながら埋め戻されています。
PA280098s.jpg

かろうじてソレとわかるかもしれない石が
PA280100s.jpg

隙間からカメラ挿入...垣間見える奥壁
PA280102s.jpg

2m越えの高さってことは、埋め戻さないと稲作はできない...
いや、できるけど石室が水没&ドロドロになってしまうわけで...仕方ないですにゃ
立派な石室ゆえ、この上なくもったいないんだけど。
PA280108s.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[醫王谷古墳]の続きを読む
  1. 2007/10/28(日) 23:58:42|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

林原古墳群=前編

岡山市林原という旭川沿いの小さな集落、道の川側にあります。
導札も立ってますので分かり易いです。
道路から見える後ろ姿

判別できる墳丘はすっかり小さくなってる
P2280871.jpg
↑クリック 裏から...車道から

南西向きに開口
P2281872.jpg
↑クリック 縦画像...羨道はもう少しあったハズ

羨道から奥
P2281873.jpg
↑クリック 内部から羨道...with 天井

玄室...少し水が溜まってる@雨上がり d=5m w=1.8m h=2.1m
P2281874.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 大きな石材を惜しみなく投入
P2281875.jpg
↑クリック 逆サイド

左右にバランスをとってるような奥壁
P2281876z.jpg

奥から外、、、左片袖式で大きな石がシンプルに並ぶ
P2281877.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

後編へ続く@2009.2.28

■Point_Link by GoogleMap
[林原古墳群=前編]の続きを読む
  1. 2007/10/28(日) 22:50:08|
  2. 岡山市内

塚 山 古 墳

名前のわりに小ネタ~(^_^)
岡山総合流通センター内、新屋敷古墳から東南東へ500m位の塚山公園にあります。
新屋敷古墳の折、早島町では唯一と触れましたが新屋敷古墳から数歩東に歩けば岡山市なのです(笑)

墳丘を利用した公園のようですが、古墳そのものの墳丘は不明です
PA270076s.jpg

羨道は天井もなく、殆ど埋もれてますが失ってはいないもよう。
PA270091s.jpg

南東向きの石室開口部
PA270081s.jpg

玄室長3mくらい。高さは……半分近く埋まってるかも
PA270085s.jpg

奥から外。埋もれてますが羨道の幅から無袖式かと思われます
PA270088s.jpg

上から...天井石は露出
PA270090s.jpg

説明板もないが、公式資料によると墳丘13.5m 石室全長5m以上(天井のない部分も含む) 玄室幅1.6mとのこと。
■Point_Link by GoogleMap
[塚 山 古 墳]の続きを読む
  1. 2007/10/27(土) 18:30:45|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

粟井大塚古墳群

岡山市の北の果て、粟井温泉の東0.5~1Km辺りに数基点在してます。
棚田の中にあるので目立つ粟井大塚1号墳。墳丘はほとんど無く石室を辛うじて覆っているだけ
PA250027s.jpg

東から...一部穴が開いてる
PA250014s.jpg

開口部正面。訪問は休耕時期にしましょう
PC240692.jpg
↑クリック 縦画像...入り口から内部

内部から羨道<6.5m
PC240693.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄室~d=5.5m、w=2m、右片袖式
PC240697.jpg

側壁~
PC240700.jpg
↑クリック 逆サイド

1枚鏡石の奥壁
PC240702.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 全長は12m
PC240712.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



粟井大塚2号墳
周辺の雑草もスッキリ刈り取られ田んぼの中の1号墳より大きく(25m)状態もいい墳丘の東側に開口
PC210052.jpg
↑クリック別角度

玄室よりも長い6.3mの羨道
PC210077.jpg
↑クリック内から外...贅沢な作りデス

そしてd=4.4m w=2.4m h=2.5mの玄室...奥壁は敢えてってものでもなく側壁と大差ない
PC210059.jpg
↑クリック縦画像...天井の高さひときわ!

奥から外、、、均等に積まれた両袖式。
PC210068.jpg
↑クリック縦画像...がっちり、どっしり、きっちり

1号墳は奥壁が圧巻ですが、ここ2号墳は奥壁よりも羨道側面の石の方が
大きく整っているんぢゃないかと...ちょっと珍しい。



粟井大塚3号墳(?)...2号墳南東、民家裏に東向き開口(1-2-3と等間隔&一直線に並ぶ)
P5120156ss.jpg
巨大な石室ですが、ほとんど残ってません。天井は1枚

東側から...(敷地内なので近づけず)
P5120157ss.jpg



粟井大塚10号墳...1号墳から150mほど西の道路際にありますが雑木と下草で目立ちません。
大塚古墳って札も立ってますがこれも目立たず
PA250042.jpg
↑クリック 背後から墳丘...13m*4m

開口部は狭いですが、這う必要もない羨道 d=4.1m w=1.6m h=1.5m
PA250043s.jpg

石棺の一部と思われる石が散乱してる玄室 d=4.9m w=1.9m h=2m
PA250047s.jpg

内部から現世...袖石が美しい
PA250054s.jpg



粟井大塚11号墳...10号墳東の道を100mほど登ると東に開口
P5120186.jpg
↑クリック やや接近...墳丘は10m程度

羨道はおろか玄室もかなり消失。天井は2枚残すのみ
P5120166.jpg
↑クリック 縦画像

奥壁は1枚の玄室~ d=3m w=1.6m(奥壁幅=1.2m) h=1.5m 元全長は7mほどか?
P5120168.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁...この古墳群内では比較的古いか
P5120180.jpg
↑クリック 逆サイド

奥から...といっても殆ど天井(^ ^ゞ
P5120179.jpg
↑クリック 縦画像



<号外A>10号墳からさらに150m程先の道路北斜面
PA250065s.jpg

石室内部...入室できます
PA250062s.jpg

その他<号外B>
10号墳から100mほど西の道路脇にありますが崩壊/埋没してるもよう
PA250031s.jpg

<号外C>...道路沿いの川を挟んで北側の畑にも小石室が存在。but.殆ど埋まってます
Pz250038.jpg




追記:2010.Jul
<号外D>...1号墳の東300mほどの尾根端に破壊された石室
PC240723z.jpg

最奥天井石が残ってはいますがほぼ埋没 玄室幅は1.1mほど
PC240722.jpg
↑クリック 微かな奥壁

↓1号墳は目立つ(てか、250m東に写ってます)ので、あえて10号墳の場所にマーキング
■Point_Link by GoogleMap
[粟井大塚古墳群]の続きを読む
  1. 2007/10/25(木) 20:40:11|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原津古墳群

倉敷市といっても吉備路に近く旧山手村の少し南、
生坂ハイツという山を削って造られた住宅地の中に公園として残ってます。
古墳群と云えど、残ってるのは2基、確かなのは8号墳のみ
PA250090s.jpg

さすがに公園では柵&施錠は仕方ないか...天井の角も鋭いし<子供の頭直撃の高さ
PA250081s.jpg

石室...割石の面が素晴らしい!
PA250080s.jpg

奥壁~
P9080118s.jpg

案内板
PA250076s.jpg

すぐ上の丘にも石室らしき露出があります。これが残るもう1基?
PA250088s.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[原津古墳群]の続きを読む
  1. 2007/10/25(木) 18:43:08|
  2. 倉敷市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新屋敷古墳

移築ものですが、おそらく我が家から一番近い古墳。
倉敷市内ではないのですが、この1基のためにカテゴリーが増えるので勝手に統合m(__)m
早島町の総合流通センター内、Convex岡山の向かい駐車場の東端(扇谷公園)にあります。
早島町にはコレ1基しか確認されてないそうですが、
吉備路一帯では最南端かもしれません...といっても当時ここは島だったのでしょうが。
PA230027s.jpg

末期でこの規模だと標準的なつくり
PA230030s.jpg

ほぼ一枚の奥壁...移築しかも周りは近代的建物が犇めくもカマドウマ健在!
PA230031s.jpg

内側から南を望む
PA230033s.jpg

案内板
PA230025s.jpg

なお、元の場所は200m西の現メイン道路上のようです(Convexとグンゼの間)。
■Point_Link by GoogleMap
[新屋敷古墳]の続きを読む
  1. 2007/10/23(火) 03:46:55|
  2. 倉敷市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

緑山古墳群=後篇

緑山7号墳...6号墳のさらに先。【径23m、高5m】
ここの古墳群の墳丘はどれも状態も良いのですが雑木で写しにくい
P2130941z.jpg

南西向き開口部、これまた狭い(^ ^ゞ
P2130942z.jpg

羨道……這って進みます。 まぐさ石は大きく1段低い
P2130943.jpg
↑クリック 縦画像...内部から羨道

玄室到着、広い~♪【石室:全長10.4m、玄室長5.4m、幅2.5m、高3m、羨道長5m、幅1.5m 左片袖式】
P2130944.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~
P2130945.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 下部に鏡石の芽生え
P2130946.jpg
↑クリック 縦画像...with 高い天井

左片袖式の玄門。まぐさ石は両袖向きの端っこみたい
P2130947.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~
P2130948.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



緑山8号墳...7号墳のすぐ隣にあります。【径33m、高10m】
P2130991z.jpg

開口部も似ています。やや広め(^_^)
P2130992z.jpg

7号墳よりさらに長い羨道【石室:全長15m、玄室長7.1m、幅2.8m、高4.1m、右片袖式】
P2130993.jpg
↑クリック 内部から羨道

県下5位と言われる玄室(4位はどこ?)……壮大なり
P2130994.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 緑山最新版だけあって大きな石材で整ってます
P2130995.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 3段積み
P2130996.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

7号墳とは逆の右片袖式
P2130997.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から微かに見える外、、、
P2130998.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

↓駐車ポイント
■Point_Link by GoogleMap

追記:後日、もうひとつ石室をみつけました→続編
[緑山古墳群=後篇]の続きを読む
  1. 2007/10/22(月) 23:46:59|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緑山古墳群=前篇

江崎古墳の北側に位置する緑山、その頂上部の墓地の周りに点在しています。
大小合わすと20基くらいあるらしいのですが、至る所にそれらしき丘や石があって
実際のところよく判りません。案内板等はいっさい無し。1号墳の手前に駐車スペースがあります。

緑山1号墳...採土のためか削られたようで破壊、もう殆ど残ってないのですが...。
PB230040s.jpg

奥壁
PB230043s.jpg
もうハシゴは架けられてません。登りはまだいいが降りるときはかなり危うい。


続いて1号墳裏の墓地へ向かう道を登ります
PA220197s.jpg



緑山4号墳...墓地のすぐ脇にあります墳丘【径24m、高さ5m】
PA220146s.jpg

南西向きで開口部は狭い(^ ^ゞ 
P2130892.jpg
↑クリック 接近拡大

羨道...歩腹前進で暗闇へ向かいます(^o^)/
P2130893.jpg
↑クリック 内部から羨道...with 天井

壮大なる玄室【石室:全長11.4m、玄室長6.1m、幅2.2m、高さ3.3m、羨道幅1.6m、両袖式】
P2130894.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~
P2130895.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁...鏡石はまだ無い
P2130896.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

両袖式の玄門部 まぐさ石は1段低いが僅か
P2130897.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

内部から外...天井はそれなりだが奥壁も側壁も規模の割りに巨石ではない。
P2130898.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



緑山6号墳...4号から墓地脇をさらに尾根伝いに北西へ<道なり
【石室:全長6.1m、玄室長さ3.6m、幅2.5m、羨道長2.5m、幅1.05m 両袖式】
玄室の天井が一枚ありません。羨道はまぐさ石1枚を残すのみ
P2130911.jpg
↑クリック 縦画像...with 羨道痕

開口部...まぐさ石だけなので1段下がっていたのか不明
P2130912.jpg
↑クリック 縦画像

明るい玄室...やはり奥壁の石に拘りはないようだ
P2130913.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 古いらしいが整然
P2130914.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁...これは古さが目立つ(中~大規模石室では吉備路最古とされる)
P2130915.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~
P2130916.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

そして誰もが懐く疑問...5号墳は????
頂上の現在墓地(4号墳の裏)の場所にかつてあったらしいということで欠番みたいです。
破壊・消失したのか墓地の下に眠るのか、、、知る人もすでに墓の中。

↓Mapポイントは1号墳(駐車スペース)の位置です。
■Point_Link by GoogleMap
[緑山古墳群=前篇]の続きを読む
  1. 2007/10/22(月) 19:24:29|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

鼻ぐり塚古墳

福田海という宗教施設内、牛の供養塚ですが本来は横穴式石室の円墳。
おそらく日本一カラフルな墳丘
PA200039s.jpg

元の墳丘の形は判りません
PA200027s.jpg

開口部...やたらと後光が射します(笑)
PA200035s.jpg

明王さんの脇を失礼して...全長約5m、幅1.5、高1.5m 無袖式
PA200031s.jpg

奥壁といい、造りはかなりアバウト
PA200032s.jpg

内部から外……というか、明王さんの後ろ姿
PA200033s.jpg
玄門もちゃんと残ってる無袖式

■Point_Link by GoogleMap
[鼻ぐり塚古墳]の続きを読む
  1. 2007/10/20(土) 20:50:53|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成親供養塔下古墳

吉備津彦神社の少し上に位置し、こちらものちに藤原成親供養塔が乗ってます。
PA200094s.jpg

墳丘もあまり残ってませんし、巨木が迫ってきてます
PA200106s.jpg

開口部正面...そうでなくとも頭でっかちなのに、、、
PA200097s.jpg

外ツラに比べ、内部の状態はすこぶる良さげ。カマドウマも多い(^ ^ゞ
一番奥の天井が落ちかけてるように見えるが、たぶん最初からこーゆー仕様。
この近辺にはこの仕様が他にも数基あります。
PA200099s.jpg

内部から外。。。長さは5mくらい、幅1.2m、高さ1m 無袖式
PA200102s.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[成親供養塔下古墳]の続きを読む
  1. 2007/10/20(土) 20:03:25|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

如法経塔下古墳

吉備津神社の境内、あじさい園のほとりに位置し、
のちに妙法経塔が墳丘上に立てられてます。
PA200115s.jpg

長さは3m程度、入れないことはないですが...(^ ^ゞ
PA200118s.jpg

案内板ですが古墳については触れてません
PA200123s.jpg

下に季節はずれの『あじさい園』
PA200124s.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[如法経塔下古墳]の続きを読む
  1. 2007/10/20(土) 19:46:23|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石舟塚古墳

吉備中山の東斜面、石舟古墳群の下50mくらい。
ココに至る道も先月よりは整備されていて随分楽である。径は15mで高さは2mほど
PA200070s.jpg

開口部
PA200087s.jpg

石室の幅は広いが高さはさほどない d=5.9m w=1.5m h=1.1m(現状)
PA200073s.jpg

石棺の身のみ残る。埋まり具合からこの石室もかなり埋まってると思われます
PA200075s.jpg

奥壁の石は小さめ...礫石が散乱
PA200078s.jpg

水を湛えた石棺...水量の増減があまり無いようだが...蒸発分は如何に供給されてるのか?
PA200079s.jpg

水面...周りにいっぱい居るのに、カマドウマが転落してる形跡はない(笑)
PA200082s.jpg

石棺越しに望む現世...天井以外の石は大きくないデス
PA200084s.jpg



石棺の蓋はJR吉備線「備前一宮駅」のホームにあります

石舟塚古墳石棺...縦に真っ二つ
PC030071.jpg
↑クリック 別角度

ツッコミどころの多い説明板
PC030072z.jpg
読みにくいので↓

吉備の中山に石棺あり俗に石舟と称す。この水は海潮の干満に関係あり。
此処に在るはその蓋石の一部にして長さ六尺八寸巾一尺七寸厚さ一尺二寸 あり。 この石棺は御津郡誌によれば仏教伝来以前のものとせるもその作成の精巧 なると棺身の縁に「大友之棺」と刻せる等により推して寧ろ仏教伝来後即ち 一千三百年位前のものならんか

いや、“刻せる”のは後世でひょ。

後ろ側から~  裏は彫り込まれてないようで厚い
PC030074z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[石舟塚古墳]の続きを読む
  1. 2007/10/20(土) 17:45:55|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

牛文茶臼山古墳

瀬戸内市(旧、長船町)、隣は某公立中学です
PA160216s.jpg

典型的茶臼山ルック
P4124962z.jpg

案内板
PA160220s.jpg

頂部~
P4124963.jpg
↑クリック 接近

中央は竪穴式ゆえ、ごっそりエグられてしまってます
P4124964.jpg
↑クリック 逆サイドから

帆立の前方部~
P4124965z.jpg

出土した画文帯四神獣鏡@須恵古代館パネル
PA188960z.jpg



北隣の小茶臼山古墳...陪塚らしい
4124966z.jpg

登って~
4124967z.jpg

こちらも頂部はグッサリ・・
4124968z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[牛文茶臼山古墳]の続きを読む
  1. 2007/10/16(火) 03:37:19|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク