古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聟田古墳

笠岡市尾坂、亀居古墳から北北東に約200m~畑の奥の果樹園端に位置

墳丘は削られ石室は半分露出
P3314421.jpg
↑クリック 別角度

南南西に開口~ 羨道天井石が片方外れて落ち込む
P3314422.jpg
↑クリック 上から開口部

玄室の状態は良い d=5m(+羨道1.4m) w=1.6m(最奥1.3m) h=1.5m(現状)
P3314423.jpg
↑クリック 縦画像...with 整った天井

側壁~ 横長多し
P3314424.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 下部は見えないが1枚っぽい
P3314425.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門~ 崩れてよく判らないけど左片袖式だったか?
P3314426z.jpg

奥から~ 持ち送りナシ。近所の亀居古墳もこれくらい長かったんだろうなぁ
P3314427.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は4枚

■Point_Link by GoogleMap
[聟田古墳]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/03/31(火) 18:17:26|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小三宅古墳群

浅口市金光町地頭下、県道60号沿い北側の溜池北東隅に駐車可。
その池に向いて迫り出してる丘陵裾に1号墳はあります

小三宅1号墳...南向きですがほとんど山道に削られ玄室奥のみ
P3314401z.jpg

d=1.1m w=1.3m h=1.3(現状は0.4mほど)
P3314402z.jpg

横から露出側壁...なんと一段
P3314403s.jpg

奥壁~ 埋もれてるけど側壁から察するにおそらく1枚の鏡石
P3314404z.jpg



小三宅2号墳(?)...丘陵東斜面の上方
P3314409x.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[小三宅古墳群]の続きを読む
  1. 2009/03/31(火) 16:54:59|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加賀谷古墳群

未踏だった浅口市金光町、古墳は少ないうえ内訳不明なので敬遠してましたが便があったので。
JR金光駅の北約600mに溜池がありそこが遙照山経由でなんと矢掛までのハイキングコースの入り口。
池の西側経由で登り急勾配になる手前、道際に天井露出石室が見えます

加賀谷3号墳...現状8m*1.5mほどの墳丘
P3314391z.jpg

天井石1枚だけだけど大きいので奥行きは2m
P3314392z.jpg

玄室奥~ w=1.5m
P3314393.jpg
↑クリック 縦画像...h=2m(現状)<掘りすぎだってば

側壁~ なぜか天井は直接乗ってない
P3314394.jpg
↑クリック 逆サイド...同様

背後、上から~
P3314395.jpg
↑クリック 拡大

全4基で1号、2号、4号も残ってるらしいけど入れそうにない藪の中で断念。

■Point_Link by GoogleMap
[加賀谷古墳群]の続きを読む
  1. 2009/03/31(火) 14:19:34|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おやまのひら古墳

倉敷市玉島黒崎、市内随一(?)の沙美海水浴場の西の端、
県道47を挟んで北側の丘陵竹林の外れに位置します。

竹が疎らになりイバラが蔓延り出す境目あたりに露出石室
P3314341.jpg
↑クリック 拡大...流失とかぢゃなく故意に剥ぎ取った感じ

横から~ 何故か天井上に“猫草”がビッシリ
P3314342.jpg
↑クリック 側壁拡大

南に開口
P3314343z.jpg

外見に似つかず内部はマトモ。恐らく流入土砂は何度か掻き出されたのでしょう d=6m w=1.6m h=1.3m(現状)
P3314344.jpg
↑クリック 縦画像...with 巨石天井

側壁~ 奥に行くほど小ぶりになる
P3314345.jpg
↑クリック 逆サイド...2~3段(もう1段埋もれてるかも)

奥壁~ 加工中に割れたような鏡石+1
P3314346.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 無袖式で持ち送りナシ。かなり後期風
P3314347.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井の精度は優秀

■Point_Link by GoogleMap
[おやまのひら古墳]の続きを読む
  1. 2009/03/31(火) 11:24:10|
  2. 倉敷市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水溜古墳群

倉敷市玉島乙島・・・“島”が2つも付くように当時ココは島だったと思われ古墳は少ない地域。
R429(旧R2)警察署南交差点を南に折れ約300m地点の信号を左に逸れてすぐにPスペース。
東に登ってしまうと停められません。あとは徒歩5分程度・・・道なりに登れば神社に着きます

水溜1号墳...神社境内側面にシブく開口
P3314321.jpg
↑クリック 逆サイドから

正面から...年季が入ってるから馴染んでるけど移築だそうです
P3314322.jpg
↑クリック 縦画像...フツーなら前面の散乱具合はあり得ないパタン

内部~ d=2.5m w=1.3m h=1.7m
P3314323.jpg
↑クリック 奥から...前は竹藪~しか写らない(^^;

側壁~ 整った石材
P3314324.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ まぁるい鏡石+α
P3314325.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は他に比べ小粒

隣に石室ではない巨石空間がありこちらがメインみたい(^^;
P3314326z.jpg



神社に至る道中、右脇にある2号墳らしき
P3314327z.jpg

石材は覘いてるけど開口部は見当たらず
P3314328z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[水溜古墳群]の続きを読む
  1. 2009/03/31(火) 10:24:56|
  2. 倉敷市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黒宮大塚

先月の瀬戸古墳群の折、リサーチ不足にて車を停めただけで立ち寄らず後にしたので再び(^^;
真備町尾崎、R486のバイパスと旧道との合流地点の北側丘陵上で熊野神社&八幡神社境内

美しいけど、、、丘陵をそのまま利用してるようで墳丘はよく判らない
P3314451.jpg
↑クリック 斜めから

説明板...“古墳”を消してるようですが正式名は『黒宮大塚』or『黒宮大塚弥生墳丘墓』
P3314452.jpg
↑クリック 碑...せっかく彫ったプレートはそのまま(^^;

屋根付きで保存されてる竪穴式石槨
P3314453z.jpg

石槨内面...石材はそのあたりに転がってそうなものばかり
P3314454.jpg
↑クリック 横口

東側斜面にある陪塚もどきの18m*2m墳墓@名無し&詳細不明
P3314455z.jpg

出土品も弥生土器+特殊器台etcなので先古墳時代か。ってことで“古墳”が消えたのでしょう




出土品@倉敷考古館~ 大きな特殊器台+勾玉 確かに埴輪以前
PB240322x.jpg

特殊器台+壷
PB240323x.jpg

発掘当時の模様
PB240321x.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[黒宮大塚]の続きを読む
  1. 2009/03/31(火) 09:54:01|
  2. 倉敷市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

和井元上古墳群(仮)=後編

去年の前編では下からアクセスして散々迷子になった名称未設定古墳群
その後大崎古墳群を探索し北からの経路もなんとなく把握してたので再度。
でもやはり一帯に入っちゃうと何処だか判らなくなるのは同じ(笑)

その5...13よりひとつ西の緩やかな尾根筋に15m*3mほどの墳丘<良好ですが撮せない(汗
P3274181.jpg
↑クリック 墳頂...まぁ、こんな雑木林ってことで(^ ^ゞ

南南東に開口... 木が邪魔でビミョ~
P3274182z.jpg

羨道から内部...玄室天井は覗えないので入るしかない
P3274183.jpg
↑クリック 内部から羨道...残存羨道長=3m w=1.1m

玄室~ d=4.2m w=1.5m h=1.7m(最奥)(現状)
P3274184.jpg
↑クリック 縦画像...with 長い天井石は3.3m

側壁~ 横ラインはそこそこの4~5段
P3274185.jpg
↑クリック 逆サイド...こちら面は埋もれ気味

奥壁~ 鏡石の隙間を+αで埋める
P3274186.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門は古いタイプながら両袖式
P3274187.jpg
↑クリック 縦画像...なんか複雑(^ ^ゞ

奥から~ 左側は持ち送りに加え迫り出してる 全長7.3m
P3274188.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は殆ど1枚と云ってもいいほど。<実際は2枚+1



その6...5より30mほど上方で南向き
P3274221z.jpg
墳丘は山寄せながら20m*3m。でも撮せない<大きすぎ

狭いので先ずカメラ挿入...内部は広いし色々ありそうなので入りましょっか(^ ^ゞ
P3274222z.jpg

玄室 d=4.5m(+羨道2.5m) w=1.6m h=1.7m(現状)
P3274223.jpg
↑クリック 縦画像...5と似た石室ですか天井はフツー

側壁~ 石材は不揃いですが丁寧に積んである
P3274224.jpg
↑クリック 逆サイド

側壁に立て掛けてあるのは組合式石棺の蓋ないし横口板。←どうしてそこまで判るかというと・・・
P3274225z.jpg

すぐ横にその石棺があるから(^ ^ゞ 0.8mX1.5m(露出現状)
P3274226.jpg
↑クリック 縦画像...埋もれてるがほぼ原形っぽい

奥壁~ 前のその5と同じパタンでユニークな+α
P3274227.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門~ 左は埋もれてるけど右片袖式かと 袖部は粗い
P3274228.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 露出石棺は追葬の位置かな。奥にもう1基あるかも?<埋もれてるスペース
P3274229.jpg
↑クリック 縦画像...with 揃った天井

↓ポイントは前編のその1
■Point_Link by GoogleMap
[和井元上古墳群(仮)=後編]の続きを読む
  1. 2009/03/27(金) 21:30:04|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妙見古墳群

真備町岡田、こうもり塚(仙人塚)の南下方にある妙見池の西端あたりに3基・・・ですが1基しか確認できず。

妙見3号墳...道の脇にあるのですぐに判る(^_^)
P3254101z.jpg

道から~ 墳丘南側は道で削られ羨道消失
P3254102.jpg
↑クリック 裏から...北側は周渠も残り良好 12m*3mほど

開口部はまぐさ石~ 広くはない(^^;
P3254103z.jpg

カメラ挿入 ほぼ全部見えちゃってますが広そうなので・・・
P3254104z.jpg

潜入~玄室 d=4.5m(+羨道1.5m) w=1.2m h=1.6m(最奥)
P3254105.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 礫石ナシで天井面が揃ってる
P3254106.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 鏡石+1 見栄えはイマイチ
P3254107.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

無袖式にしては大きなまぐさ石の玄門
P3254108z.jpg

奥から~ 左の上段だけ異様に綺麗(^ ^ゞ
P3254109.jpg
↑クリック 縦画像...with 斜め接ぎの天井

■Point_Link by GoogleMap
[妙見古墳群]の続きを読む
  1. 2009/03/25(水) 13:09:00|
  2. 倉敷市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

室奥古墳群

真備町岡田・・・大池の北~疫神社あたりから遊歩道(車も通れる)が延々延びてるので北上、全3基。

途中「八代」(@総社)方面に枝分かれし、なおも登っていると妙な札が!

室奥2号墳...道の脇に僅かな墳丘 12m*1m程度
P3254011z.jpg

奥壁の石ですがソレっぽくないです
P3254012.jpg
↑クリック やや横から...石材は殆ど抜取

奥壁と側壁が一部残るのみ d=3m w=1m程か
P3254013z.jpg



室奥3号墳...のハズですが、岡田1号古墳って札が立ってます
P3254014.jpg
↑クリック 墳丘...10m*2.5mほど

南に開口~ 残存石室は半分くらい?
P3254015.jpg
↑クリック 斜めから...側壁はなおも延びる

石室内部~ 玄室奥の天井2枚分 d=4.5m(天井有=3.3m) w=1.4m h=1.6m(最奥)(現状)
P3254016z.jpg

側壁~
P3254017.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 幅はいっぱいの2段
P3254018z.jpg

奥から~
P3254019.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

2016.Jan 追記
室奥1号墳
遊歩道の東側、この季節で藪が払われればギリギリ見えます。墳丘は13m*3m程度の山寄せ
P1183168.jpg
                             右の端が墳丘です↑

南に開口
P1183236.jpg

石室内部 現存d=3.5m w=1.3m h=1.4m(現状)
P1183344.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁...規模のわりに大柄の石材で簡素に積む
P1183465.jpg
↑クリック 逆サイド...割石率高い

奥壁...2段+α~側壁にもっと使えそうな石があるのに(^ ^ゞ
P1183552.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~
P1183655.jpg



また少し北上すると分岐点に岡田2号墳の案内<コレを曲がらず直進すると神神社へ至ると思われる
P3254020s.jpg
↑クリック 到達...ただしこの間100mくらい

室奥4号墳(岡田古墳)...横穴式か箱式石棺か微妙
P3254021.jpg
↑クリック 別角度...お掃除するほどでもないので(^^;

3+3=5になるという不思議(^ ^ゞ
実は県教委の公式リストに【岡田古墳群】なんてものは見当たりません。
どうやら真備町限定ローカル古墳群のようです。
それぞれが勝手に付けたが為、1基がダブってしまったのでしょう。


後記:室奥古墳群~全4基ということで処理されました。

なお岡田3号墳をさらに先へ進むとこうもり塚(仙人塚)古墳に辿り着きます@一本道

以前、間違って室奥1号墳のところに立っていたクレヨンしんちゃん岩の札 ↓ホンモノはこちらデス(^^;
shinchan.jpg
横顔~♪

↓ポイントは3号墳
■Point_Link by GoogleMap
[室奥古墳群]の続きを読む
  1. 2009/03/25(水) 11:27:53|
  2. 倉敷市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

板畑古墳群

総社市奥坂、前記事畑古墳群の南側丘陵尾根上に7基。
but...大半はゴルフ場で消滅。分断された上側に1基残ってるかもですが有刺鉄線でアクセス叶わず。
群中最下部の1基は金比羅神社と化してるので無事

板畑1号墳...13m*4mほどの墳丘 ↓後方から
P3233871.jpg
↑クリック 道から墳丘...どうにか見える程度

南向きで石室自体が社となってる(^ ^ゞ
P3233872.jpg
↑クリック 縦画像...墳頂まで

開口部はかなり改変されてるもよう。ココの天井はおそらく乗せ替え
P3233873.jpg
↑クリック 縦画像...牛さん絡みの神社らしい

玄室~ 端整でかなり後期っぽい d=6.5m w=1.6m h=1.8m(現状)
P3233874.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。素晴らし~

側壁~ ほぼ3段、処により2段 持ち送りほぼナシ
P3233875.jpg
↑クリック 逆サイド...逸品デス

奥から側壁~ やや傾いてるのは圧されてるから?<斜面上方向
PA064323.jpg
↑クリック 逆サイド...この近辺では群を抜いてダイナミック

後世、祀壇が設けられて奥壁は隠れ気味
PA064325.jpg
↑クリック 縦画像...組合石棺パーツか羨道天井石か?当時の石ではある

奥壁~ 僅かに見える鏡石+綺麗な割石
PA064326.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門~ 扉の外のは袖石のようです<右片袖式 そしてまぐさ石は欠損
PA064327.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥(奥壁1m手前)から~ 真っ平らな天井が印象的! 玄室天井石は5枚
PA064328.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

■Point_Link by GoogleMap
[板畑古墳群]の続きを読む
  1. 2009/03/23(月) 22:51:32|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑古墳群

総社市奥坂、全3基から成りますがマトモそうなのは1基のみ。
穴観音古墳から南へ約0.5km~北西に延びる谷の一本道を300mほど・・・
登ってると南西向き斜面に開口してる姿が見えてきます

畑2号墳...探し甲斐ないですけど、たまにはこーゆーのもいっか(^_^)
P3233841.jpg
↑クリック 横から墳丘...この立地にしては良く残る 約10m*2m

南向きに開口
P3233842z.jpg

開口部拡大~
P3233843z.jpg

石室内部~ d=4.8m w=1.4m(最奥1.1m) h=1.3m(現状)
P3233844.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥壁~ 粗いが割石も見られる
P3233845.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 下部は埋もれて不明だが綺麗な面の鏡石+1
P3233846.jpg

奥から~ 入り口が広くなる無袖式
P3233847.jpg
↑クリック 縦画像...with 予想外の巨石天井

■Point_Link by GoogleMap
[畑古墳群]の続きを読む
  1. 2009/03/23(月) 15:33:58|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阿弥陀原古墳群=後編

前回は6号墳のみ。割と近場だしもう1基6号墳より大きな石室が残ってるらしいので幾度となく足を運べど
1基たりとも見つからず(全10基ほどですが半分ほどは壊滅?)
今回も一旦玉砕……隣の穴観音古墳群とかを巡り疲れ果てトボトボ奥坂駐車場への帰路

阿弥陀原4号墳...なぁ~~んと道際に開口してるぢゃないっ!どうして今まで見えなかったか(^ ^ゞ
P3233911.jpg
↑クリック 墳丘裏側...エグられて奥壁の一部が露出

大きな開口部は東向き
P3233912z.jpg

羨道から~ やっと出会えた(^o^)
P3233913.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。羨道長=1.8m w=1.5m h=1.6m

スケールのわりに玄室は短い d=3.8m w=2.3m(最奥2.1m) h=2.2m
P3233914.jpg
↑クリック 縦画像...with 巨石天井

側壁~ 巨石の羅列
P3233915.jpg
↑クリック 逆サイド...ほぼ2段でこの高さ!

奥壁~ 巨大鏡石+α
P3233916.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

1本の袖柱による左片袖式
P3233917.jpg
↑クリック 玄門縦画像...斜めに架けられたまぐさ石

奥から~ 幅広なのであまり写らない(^ ^ゞ
P3233918.jpg
↑クリック 縦画像...with 巨石天井



阿弥陀原2号墳...4号から車道を挟んで東下。これも道から墳丘見えてます(^^; 15m*3mほど
P3233941z.jpg
ココ10回以上通ってるハズなんだけど(汗

南東側に開口(手前は水田)
P4135030.jpg
↑クリック 水田から

掻き分けると開口部は広い
P3233943.jpg
↑クリック 内部から羨道...L=3m w=1.3m h=1.5m

玄室も完存! d=4.6m w=1.7m h=1.9m
P4135033.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 小粒(あくまでも4号に比べ)で持ち送り
P3233945.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ ちょっと変則で左は側壁材が回り込む
P3233946.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。右は鏡石の角度に沿って持ち送る

玄門は左片袖式。この一帯の袖はキレイ♪
P3233947.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。スッキリ!

奥から~ 全長7.6m
P3233948.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



追記:2009.Apr
阿弥陀原3号墳...4号の奥20mほど南。13m*2.5mほどの墳丘
P4135024z.jpg

石材抜取で残ってるのは奥壁と隣の側壁各1のみ
P4135025z.jpg

↓ポイントは前編の6号墳
■Point_Link by GoogleMap
[阿弥陀原古墳群=後編]の続きを読む
  1. 2009/03/23(月) 12:31:25|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

過去記事~更新案内

09.03.23--穴観音古墳群<総社・・・5号墳追加~ 3号&4号画像差し替え
09.03.23--阿弥陀原古墳群=前編<総社・・・6号墳画像差し替え&分布図追加
09.03.14--ハザ古墳群=後編<総社・・・殆ど埋没2基追加~ やはりメイン通りは消滅してるもようで打ち止め
09.03.13--下林古墳群<総社・・・謎だらけのX号墳追加~ 埋没というか開いてないケド
09.03.09--矢部古墳群=後編<倉敷・・・さらに1基追加~ でも埋没orz
09.03.08--高鳥居山南麓古墳<倉敷・・・こうべ塚古墳(二子高鳥居山23号墳:箱式石棺)追加
09.03.07--矢部古墳群=後編<倉敷・・・2基追加~ 車で走行中偶然発見
09.02.25--勝負谷古墳群=後編<岡山・・・10&11追加~ 遠い&高いわりにはトホホorz
09.02.20--雲上山古墳群=続編<総社・・・5号墳(?)追加~ 大型&石舞台状態、しかし狭い(汗

09.01.17--打越塚古墳群<岡山・・・号外1基追加~ 破壊されてるけど(汗・・・肝心の残る3基は見つからず
09.01.13--浦越古墳群=後編<総社・・・1基追加~ w=2.1ですけど・・・追加扱い(^^;
09.01.08--矢津古墳群<岡山・・・新たに4基追加~で済ませられる程度。残っててもあと2基か

     ☆リスト一覧:http://kamadoneco.blog122.fc2.com/blog-category-2.html
  1. 2009/03/23(月) 09:26:00|
  2. 追記・補足
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二ツ塚古墳

備前市伊部、大ヶ池南1号墳から池を挟んで北側斜面に位置。
突き当たりの稲荷社の後方にあり西側墓地経由のほうがアクセスしやすい。

10m*3mほどの墳丘
P3223611z.jpg

開口部は墳頂に近く残存石室は玄室奥だけ
P3223612z.jpg

正面~
P3223613.jpg
↑クリック 拡大...もう奥まで見えてる

側壁~ 石材は小さいけどキレイに積んである
P3223615.jpg
↑クリック 逆サイド

玄室奥~ 奥壁の石材も同様 現状d=1.8m w=1.2m h=1.1m
P3223614z.jpg

奥から~ いちおう入れますってことで
P3223616z.jpg

1基だけで二ツ塚ってことはあり得なく、これは二つ塚1号墳
(“つ”が平仮名になるのが例によって微謎なトコ)



2号墳はおそらくこれ。1号の西15mほど
P3223618z.jpg

斜めから~ w=1mくらいの僅かな石室痕。高0.5m程の墳丘痕も在り
P3223619z.jpg
もう無かったことになってて(?) “古墳群”とは付けられてません。

■Point_Link by GoogleMap
[二ツ塚古墳]の続きを読む
  1. 2009/03/22(日) 22:41:48|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大内古墳群=後編

池灘古墳を含め全16基から成るらしい古墳群で10基は確認済み。
前回、水路沿いの1基を見落としてたしその上の山腹も探しきれなかったので再度。

その11...前回見落としたやつ。事情があって何号墳か割り当て一旦放棄(^^;
P3193341z.jpg

僅かな開口部(中央)
P3193342z.jpg

カメラしか入りません。残存d=2m w=1m h=1.3m(目測)
P3193343z.jpg



その12...11の北なのですが神社裏から西寄りに登った方が辿り着きやすい
P3193331z.jpg

極狭の開口部・・・どう転んでも入れない
P3193332z.jpg

カメラ挿入。よく残ってるけど水が溜まってます・・・何故か安堵(^^;
P3193333z.jpg
山腹斜面なのになぜ水没? 目測d=4.5m w=1m h=1.3m



その13...神社裏から東へ。密集地帯の一番西側で10m*3mほどの墳丘
P3193241z.jpg

ここもすべて南に開口 羨道痕は2mほど認められる
P3193242z.jpg

玄室~ d=4m w=1.3m h=1.3m
P3193243.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は4枚

側壁~ ほぼ4段
P3193244.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ ほぼ1枚
P3193245.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 
P3193246.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



その14...13の北東に隣接 墳丘は10m*2m程で小さく開口
P3193251z.jpg

内部もずっと狭いまま d=2.5m(+痕2m) w=0.7m h=1m
P3193252.jpg
↑クリック 縦画像...残存天井は4枚

奥壁~ 3段か?拘りないみたい
P3193253.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

中から外~ 入れるのですがUターン出来ず。バックで入っても中程で限界
P3193254z.jpg



その15...さらに東に隣接 12m*2m程の墳丘
P3193261.jpg
↑クリック 開口部拡大...羨道痕は2mほど

玄室はトンネル状態 d=3m w=1m h=1m(現状)
P3193262.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

細かすぎる側壁材
P3193263.jpg
↑クリック 逆サイド

奥から~
P3193264z.jpg



その16...15の上方15mほどに10m*1.5mほどの墳丘
P3193271z.jpg

墳頂陥没で数個の石材が残る
P3193272z.jpg



その17...16の北東に隣接。羨道痕らしきは2m程アリ
P3193301z.jpg
全16基ぢゃなかったの?ココ

小型ですが立派な石室 d=3m w=0.9m h=1m
P3193302.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 粒ぞろい(正しくない日本語)
P3193303.jpg
↑クリック 逆サイド

側壁と大差ない奥壁は3段
P3193304.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 
P3193305.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



その18...17の下方20mほどに10m*1.5m墳丘
P3193321z.jpg
やはり羨道消失痕は2mほどあります

残存玄室~ d=3m(うち天井は2m) w=1m h=1m
P3193322z.jpg

埋もれ気味の奥壁 側壁も土砂まみれなので割愛
P3193324.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~
P3193325.jpg
↑クリック 縦画像...天井は規模の割りに大きな石材



その19(8号墳)...一帯を抜けひたすら登るとシダの墳丘12m*3mほど
P3193281z.jpg

南に開口
P3193282.jpg
↑クリック お掃除前...さすがにココまでは誰も来ないか(^^;

離れてる&高所だけあってちょっと別格 d=4.7m w=1.4m h=1.6m 羨道痕はシダで不明
P3193283.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

きっちり持ち送ってる側壁
P3193284.jpg
↑クリック 逆サイド

床には石棺材と思しき石材が散乱
P3193285.jpg
↑クリック 縦画像...複数あったのかも

奥壁~ 珍しく横2列
P3193286.jpg
↑クリック 縦画像...備前の持ち送り技は優秀

奥から~ 
P3193287.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井@そこそこ巨石




追記:2009.Oct

その20...13の上方15mほどに中央が凹んだ墳丘
PA319222z.jpg

大半の石材は抜かれてるが最奥は残る d=1.5m w=0.9m h=1.2m(現状)
PA319223z.jpg

奥壁~ 2段積み
PA319224z.jpg



その21...さらに斜め上、15mほどに低い墳丘で小さく開口
PA319225z.jpg

内部・・・やはり残ってるのは奥だけ1mほど
PA319226.jpg
↑クリック 側壁

■Point_Link by GoogleMap
[大内古墳群=後編]の続きを読む
  1. 2009/03/19(木) 23:51:13|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。