古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

立石南古墳(仮)

岡山市東区百枝月、宮山西塚古墳背後の新道を西に登り短いトンネルの手前の葡萄畑を北に登る。
道なりに山頂を越えた頃“立石遺跡”と呼ばれてる巨石が立った祀りモノがあるのでそこから南へ40mほど下った地点

横から見ると綺麗な墳丘 12m*2.5m
P4285531z.jpg

南東向きの石室・・・天井露出で内部はほぼ埋まってるorz
P4285532.jpg
↑クリック 縦画像...with 羨道痕L=2.7m w=1m

玄室 d=5m w=1.5m h=0.4m(現状) なのですが・・・
P4285533.jpg
↑クリック 逆サイドから

横にやや大きな隙間アリ
P4285534z.jpg

カメラ挿入で奥壁・・・といっても僅かに見えるだけ
P4285535z.jpg

玄門側~ 右片袖式
P4285536z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[立石南古墳(仮)]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/04/28(火) 23:25:06|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

高雄山古墳群

岡山市東区宿毛(しゅくも)にある高雄山山頂付近の古墳群。
弘法寺があるので車で登れます・・・で、駐車場に予想外の説明板!
P4285601.jpg
↑クリック 分布図拡大

魅惑的な図解もあり(^ ^ゞ
P4285602s.jpg

ここまで書かれててもその後のフォローまったくナシ。
野仏が点在してるのでクネクネ道はあり一通り巡回してみるが何も見つからず(汗
仕方なくアバウトな分布図を元に藪に突入<南東に迫り出た尾根

その1...この中にありますが天井消失で写真を撮るには1時間くらい掃除しなければならない
P4285604z.jpg


その2...若干の墳丘の上に石室奥あたりが残るだけ
P4285603z.jpg


その3...d=3.5m w=0.7m 基部のみ、しかも埋もれてる
P4285602z.jpg


その4...10m*2mほどの墳丘で南に開口
P4285606.jpg
↑クリック 逆サイドから...唯一石室らしい・・・が

天井があるのは最初だけで奥は他と同様
P4285607z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[高雄山古墳群]の続きを読む
  1. 2009/04/28(火) 21:46:53|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

尻無1号墳

瀬戸内市長船町西須恵、亀ヶ原大塚古墳金鶏塚古墳と同様に亀ヶ原古墳群に属しながら号外。
しかも尻無古墳群というのは無いのに、亀ヶ原古墳群の尻無1号墳という妙な立場。無論2号なんて無い。
とまぁ・・・“無”がやたら並ぶわけですが、ここも3度目でやっと“有”。でも道沿い(^ ^ゞ

東向き斜面の竹林の中(↓山道から撮影) 墳丘は約12m*3m。西側は墓地
P4285491.jpg
↑クリック 墳頂から

東ではなく逆らって南向きに開口
P4285492.jpg
↑クリック 斜めから

内部~ 羨道消失でまぐさ石も袖石から外れて傾いてる
P4285493.jpg
↑クリック 露出まぐさ石 羨道痕跡3m w=1.3m h=1.2m

玄室の状態は◎。群中では亀ヶ原大塚に次ぐ幅かも d=4.3m w=1.7m h=1.8m
P4285494.jpg
↑クリック 縦画像...玄室天井は3枚

側壁~ 横目地はそろってないけど隙間なく綺麗に積まれる
P4285495.jpg
↑クリック 逆サイド

側壁は鏡石+α 想定よりも玄室が大きくなったか
P4285496.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門は左片袖式
P4285497.jpg
↑クリック 袖石...↑竹で見にくいので

奥から~ 右側が斜面上方なのでやや圧されてるのかも
P4285498.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井<加工面

■Point_Link by GoogleMap
[尻無1号墳]の続きを読む
  1. 2009/04/28(火) 19:07:20|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

狸岩山古墳群=後編

一昨年=前編、石積塚古墳を1基のみ確認しておりましたがもう少しありそうなので再度。

その1...前回確認した石積塚古墳(再掲) 
P4265401z.jpg

P4265402z.jpg



その2...鉄塔を越え山頂手前
P4265411z.jpg

ドーナツ状の積み石 中央石槨は不明
P4265412p.jpg
↑クリック パノラマ



その3...山頂直前にも同様の石積塚
P4265416z.jpg

P4265417z.jpg

脇に小さいのがもう一つある
P4265419z.jpg

手前にある説明板・・・山手のまんま。総社市もココまでは面倒見切れないか(^ ^ゞ
P4265415z.jpg



その4...山頂を越え北尾根の端に20m級の墳丘<でも低い
P4265421s.jpg

中央に箱式石棺
P4265422z.jpg

P4265423.jpg
↑クリック 別画像...内部に落ちた蓋



その5...南の緩斜面には横穴式石室もあり。封土流失で天井露出
P4265431.jpg
↑クリック 縦画像

羨道方向~徐々に狭くなる無袖式
P4265432.jpg
↑クリック 逆から...基部は先端まで残存

玄室奥~ w=1.1m h=1.2m(現状)
P4265433.jpg
↑クリック 斜めから...with 側壁

端整な奥壁
P4265434.jpg
↑クリック 縦画像...奥側から~ 全長は6.8m

↓ポイントはその3
■Point_Link by GoogleMap
[狸岩山古墳群=後編]の続きを読む
  1. 2009/04/26(日) 19:55:33|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

法事古墳

岡山市北区大安寺、吉備の中山の東側に位置する矢坂山。
若宮古墳のオマケに載せた矢坂山東古墳群の西側に20基から成る矢坂山西古墳群があるのですが、、、
殆どは東同様小型&壊滅状態なれど1基だけ石室が残ってそうなので探してみました(矢坂山西14号墳)

他のは尾根頂沿いなれどコレだけは谷に近い山腹で山寄せ
P4225301.jpg
↑クリック 逆サイドから...墳丘現状は10m*2mくらいで、かなり流れてる

古いけど説明板もアリ。
P4225302z.jpg
転記↓

法事古墳(ほうじこふん)
 この古墳は横穴式石室墳といい六世紀後半(今から約千四百年前)に築造された墳墓で、石室に出入りができるようになっていて古墳を築造した家の人々が次々に葬られた代々の家族墓です。墳丘は流失していますが十数メートルの円墳で遺骸を葬る石室は長さが約八メートルあります。この古墳は、東正野田から大安寺にかけての山や谷に築造されている多くの横穴式石室墳のうちでは大形のもので、当時この地域を支配していた有力者の墓です。従ってこの地域の歴史を考えるうえからもかけがえのないものです。また、この地の先祖が残した私たち共通の文化遺産として大切にしなくてはならないものです。このような古墳をはじめ遺跡をかってに掘ったり壊すことは、法律で固く禁じられており、もしこれを犯すと罰せられます。
               昭和四十七年十月二十九日
               地主 井上○○○
               岡山市教育委員会


羨道天井は消失、玄門で南に開口
P4225303.jpg
↑クリック 全体...with 墳丘

石室内部~ 玄門以降はほぼ完存 残存羨道長は2.4m w=1.3m h=1.3m
P4225304.jpg
↑クリック 縦画像...with まぐさ石

玄室~ d=4.5m w=1.9m h=2m
P4225305.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁 やや粗い。中山の香りはあまり無い
P4225306.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ ほぼ1枚の鏡石
P4225307.jpg
↑クリック 縦画像...with 高い天井

玄門~ 3段積みの左片袖式
P4225308.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 持ち送りナシ。全長約7m
P4225309.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

他は蓋のない箱式石棺状態の元横穴式なのに、、、格差ありすぎ(^^;


分岐手前にある1基(A)。東古墳群ほどぢゃないけどこの程度は幾つもある
PP4225330.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[法事古墳]の続きを読む
  1. 2009/04/22(水) 20:42:33|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尾上車山古墳

引き続き優雅(?)に国史巡り・・・(^^;
岡山市北区花尻、吉備の中山の南東の端でまたの名をギリギリ山古墳
この先は当時海だったのでギリギリと名付けられたという専らの俗説ですが
時代考証をちゃんとすればそんなことはないでしょう(笑)<いつ名付けられたんだ???

説明板~ 墳長は130m
P4225331z.jpg

前方部の先~ 段が多すぎるが畑の名残り
P4225332z.jpg

前方部から後円部
P4225333z.jpg

くびれ部
P4225334.jpg
↑クリック 上から

後円部から前方部~ ほとんど長方形で広がってない
P4225335.jpg
↑クリック 後円部頂~パノラマ

■Point_Link by GoogleMap
[尾上車山古墳]の続きを読む
  1. 2009/04/22(水) 18:52:43|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

西高月古墳群=前編

暑いので史跡巡り<いつもは違うのか?!
あまり聞き慣れないけど、つまりはその“両宮山古墳群”みたいなもの。

両宮山古墳...主墳で墳長192m(現行データは206m)、県下で唯一今も水を湛える濠
P4195231.jpg
↑クリック パノラマ...前方側

和田茶臼山から望む後円部...森と化してるので形は判りません
P4195232.jpg
↑クリック 全景...西側から。保存というか放置というか(^ ^ゞ

前方部にある神社・・・別に何もない(^ ^ゞ
P4195233.jpg
↑クリック 古い説明板...神社の手前にあります

図解・・・&周辺分布図 まだ正免東古墳は未確認
P4195234z.jpg
↑これを見ると何処から登っていいのか判るんだけど如何せんコレが在るのは中(汗
実際、知らないと申し訳なさそうに民家の敷地を通過しないといけない。

表(駐車場)にある新しい説明板
P4195235.jpg
↑クリック with 石碑
この古墳の謎は埴輪が一切見つかってないこと。
埋葬予定者がいなくなって“完結”してないのでは?...との説も。
濠もねぇ・・・戦国時代の“お堀”やも知れぬ(^^;
凹んではいたのでしょうが堤は???北側は見事に無いし<やや高い



和田茶臼山古墳...後円部の先(こちら側にあるのは珍しい?)にある径30mの陪塚
P4195223s.jpg

墳頂...真っ平ら
P4195224s.jpg

説明板
P4195224z.jpg



森山古墳...前方部から県道27を挟んで南側に位置 ↓西側
P4195251z.jpg

東から (向かって左に低い前方部が延びる<見切れてるけど)
P4195252z.jpg

説明板
P4195253z.jpg



正免東古墳...森山の北東70mですが、、、どこに残ってるのか判りません(^ ^ゞ
P4195258z.jpg
この公民館を造る折に出てきたらしい

説明板
P4195259z.jpg



廻り山古墳...森山の東約250m。形はハッキリしない ↓西側から
P4195261z.jpg

北から~
P4195262z.jpg

説明板
P4195263z.jpg

西高月古墳群=後編(小山古墳・朱千駄古墳)へ続く

↓ポイントは敢えて森山古墳(両宮山は国史跡なので載ってるし)
■Point_Link by GoogleMap
[西高月古墳群=前編]の続きを読む
  1. 2009/04/19(日) 22:29:33|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

龍光寺古墳

赤磐郡瀬戸町菊山、尾根端やや南寄りの畑の奥に位置します。
尾根頂は竹藪なので入る覚悟をして入り口を探してたら石碑が・・・
P4195201.jpg
↑クリック 碑...瀬戸町仕様です(^_^)→大明神古墳とかと設置時期も同じ

墳丘は小竹に覆われ不明~ 元は10m強ってとこか
P4195200z.jpg

玄室半ばで南に開口
P4195202.jpg
↑クリック 縦画像...右側壁は+3mほど残存

現状玄室~ d=3m w=1.6m(最奥1.3m) h=1.9m
P4195203.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井石は3枚

側壁~ あまり計画性はない
P4195204.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 2段・・・下の鏡石はのちに割れたようです
P4195205.jpg
↑クリック 縦画像...幅の割りに高い

奥から~ 入り口はw=1.6 埋もれ気味
P4195206.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

■Point_Link by GoogleMap
[龍光寺古墳]の続きを読む
  1. 2009/04/19(日) 19:37:31|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中組古墳群=前編

※この中組古墳群は八紘古墳群の支群となりました

前記事のP=善福寺から西に歩いてみると途中墓地に上がる道があります(入り口にチェーン)
墓地には行かず道なりに北上すると墳丘が3基+α見えてきます

その1(八紘28号墳...10m*1.5mほどの墳丘
P4175151z.jpg

南向きに僅かに開口
P4175152z.jpg

通過できないことはないのですが…カメラ挿入
P4175153z.jpg
目測~ d=3m w=1.2m 入るほどでもないか(^ ^ゞ



その2(八紘26号墳...1の隣にある8m*1mほどの墳丘。開口ナシ
P4175155k.jpg


その3(八紘23号墳...2の上方。15m*3m級墳丘なれど石材抜取
P4175152p.jpg




おまけ~ 県道の南側に福砂古墳(?)と思われる20m*5mほどの巨大墳丘があります。
P4175159y.jpg
2基並んでるのではなく中央の“谷”は石室石材抜取痕!
P4175157y.jpg
さぞかし大きな石室だったと思われます。しかしまぁよくも壊したもんだ
※のちに(砂子山15号墳)となりました

もう1基確認中組古墳群=後編

↓ポイントは
■Point_Link by GoogleMap
[中組古墳群=前編]の続きを読む
  1. 2009/04/17(金) 23:51:07|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松木古墳群

総社市山田、砂子山古墳群(未踏)から県道54を挟んで北側の山でひとつ奥側の東向き谷に位置。
善福寺に10台、賀茂神社に2台ほど駐車可で神社脇を西へ、突き当たると北へ。
谷に沿って畑が広がるので一番奥まで登ります

松木1号墳...最奥蜜柑畑面の15mほど上(南向き斜面)↓これは行き過ぎて竹林の中から撮影
P4175081.jpg
↑クリック 逆(東)から墳丘...約8m*1.5mの山寄せ

南向き開口部正面から...羨道部分は消失 痕は2m程あり
P4175082.jpg
↑クリック 拡大

玄室~ 現状d=3.5m w=1.3m h=1.6m
P4175083.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 面取りも多く端整
P4175084.jpg
↑クリック 逆サイド...横長多し

奥壁~ ほぼ2段
P4175085.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 
P4175086.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



松木2号墳...1号の背後上30mほど。15m*4m級墳丘ですが雑木で撮れず(^ ^ゞ 南西に開口
P4175111.jpg
↑クリック 縦画像...正面から。羨道は一部消失

羨道~ 明らかに意識して一段下がってるまぐさ石
P4175112.jpg
↑クリック 内部から羨道...L=2.5m w=1m h=1m(現状)

想定外の玄室~ d=4m w=1.7m h=2.2m
P4175113.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 石材も大きくかなり後期風
P4175114.jpg
↑クリック 逆サイド...面も揃っていい仕事してます

奥壁~ 1号同様2段基調なれど天井が高くなりすぎたか
P4175115.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

巨大まぐさ石の玄門は右片袖式。直角の袖柱も見事
P4175116.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ やや持ち送りがあるのはらしくない 現状全長6.5m
P4175117.jpg
↑クリック 縦画像...with 凝った掛け方の天井。でも見栄えは悪い(^^;



おまけ~ 畑の中程にある埋没墳 (11号)
P4175119z.jpg
石室は残ってるようですが開いてない
全12基ですけど現存且つ開口してるのは2基のみのようです。

↓ポイントは2号墳
■Point_Link by GoogleMap
[松木古墳群]の続きを読む
  1. 2009/04/17(金) 19:11:50|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

法華寺北山古墳(仮)

岡山市中区下、笠井山から百間川を挟んで東側~城東高校に向かって延びる尾根上に位置。
操山が脚光を浴びすぎるせいか全くの名称未設定。現地で尋ねても名前はない(^ ^ゞ

尾根の端(これより西は急斜面)に13m*2mほどの墳丘。周囲は残るが封土は少ない
P4124991z.jpg

西向きに開口
P4124992.jpg
↑クリック 後方から...玄室最奥天井も大きく露出

羨道から内部 全長7.5mほど
P4124993.jpg
↑クリック 内部から羨道...L=3.4m w=0.8~1.3m

羨道部は狭いが玄室はそこそこ広い~ d=4.2m w=1.6m h=1.7m
P4124994.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 石材は大きいが若干粗い積み方
P4124995.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁だけは纏まってる~ 幅いっぱいの鏡石+2段
P4124996.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井 僅かに隙間

右片袖式のようですが袖上にまぐさ石はない
P4124997.jpg
↑クリック 縦画像...むしろ入り口にあるのがまぐさ石か

奥から~ 玄室1枚目も少し低いので玄門候補が3ヵ所(^^;
P4124998.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井はノーマル&立派

■Point_Link by GoogleMap
[法華寺北山古墳(仮)]の続きを読む
  1. 2009/04/12(日) 21:42:35|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

郷木古墳群

倉敷市真備町妹、真備の西の端で前場古墳(仮)から小川を挟んで300mくらいの東向き斜面。
全5基でしたが2号墳は畑開墾で消滅。竹下神社の下に3基、上に1基残っています

郷木1号墳...山道の下側脇に位置。天井石1枚残すのみ
P4094841z.jpg
↑こちらが羨道側で南向き

玄室側~ 奥壁もナシ
P4094842z.jpg

d=2.4m w=1.2m
P4094843z.jpg



郷木3号墳...1号→5号→3号と並んで位置。東側4割ほど墳丘が削られてる
P4094851z.jpg

東向きの開口部は玄門あたり
P4094852z.jpg

玄室奥の状態は良い d=3.3m(+羨道痕1.5m程) w=1.3m h=1.4m(現状)
P4094853.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 1号もそうですが花崗岩がまったくない
P4094854.jpg
↑クリック 奥から逆サイド...ほとんど面取りされてます

奥壁~ 同等2段+α
P4094855.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 巨石すぎて破壊もままならなかったか?<天井
P4094856.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



郷木4号墳...これのみ神社の上方。8m*2m墳丘で微かに周溝も残る
P4094861z.jpg

墳丘は一部削られる
P4094862z.jpg

羨道はおそらく消失で玄門あたりの石材露出
P4094863z.jpg

玄室は残ってるのでしょうが開いてません
P4094864z.jpg



郷木5号墳...8m*2m程の墳丘 開口せず
P4094869z.jpg
不思議と盗掘痕も何もない。埋め戻されたか?

■Point_Link by GoogleMap
[郷木古墳群]の続きを読む
  1. 2009/04/09(木) 17:22:52|
  2. 倉敷市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酒津山相生坂古墳群=続編

前回(後編)にて群中最大の3号墳は確認できたが、あと2基くらいは残ってるらしいので再度。

13号墳(仮)...3号墳から緩やかに西に40mほど登ると南南東に開口
P4094741.jpg
↑クリック 正面

石室内部~ d=3m(+痕1.5m) w=1m h=1m(現状)
P4094742.jpg
↑クリック 縦画像...with 加工しきれなかった天井

側壁~ 割と大きめ
P4094743.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 鏡石+1のもよう
P4094744.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ おそらく無袖でかなり後期と思われる
P4094745.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井も大きい



14号墳(仮)...13(仮)よりさらに20m西 崩壊&埋没
P4094758z.jpg



15号墳(仮)...14(仮)よりさらに30mほど西方。立ってるのは奥壁ではなく羨道パーツ
P4094771z.jpg

玄室後方から~ 玄室はそのまま残ってる
P4094772z.jpg

羨道側から~ 
P4094773z.jpg

玄門らしきが微かに開口
P4094774.jpg
↑クリック 内部...奥壁まで見えるけどh=0.2m(現状) 



16号墳(仮)...15(仮)の西隣に12m*2.5m墳丘 南東向き羨道は破壊&埋没
P4094761z.jpg

玄室天井石5枚は露出 
P4094762z.jpg

埋没気味の玄室内部~ d=3.5m w=1m h=0.4m(現状)
P4094763.jpg
↑クリック 奥あたり

奥壁は上からも見えるが1枚っぽい
P4094764z.jpg

↓ポイントは前編の1号墳
■Point_Link by GoogleMap
[酒津山相生坂古墳群=続編]の続きを読む
  1. 2009/04/09(木) 12:19:00|
  2. 倉敷市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山上山古墳

倉敷市船穂町柳井原、二万から船穂に抜ける県道470のバイパス的真新しい道路脇に整備(?)
資料には“道路沿いに露出”となってますがもう誰も通らない旧道沿いなので手間取った(^ ^ゞ

判りにくいですが↓中央にあります
P4094731z.jpg

碑が立ってるのでいちおう取りあげなくては・・・って感じ
P4094732z.jpg

西向きに羨道。動いてないなら羨道高と玄室高の差が1mほどある
P4094733z.jpg

後方から~ ほとんど露出
P4094734z.jpg

サイドから~ 
P4094735.jpg
↑クリック やや大きな隙間...<カメラは入る

9割り方埋没 w=1.1m d=3m(+羨道2m)
P4094736.jpg
↑クリック 側壁...最上部しか見えないが小さな石材

■Point_Link by GoogleMap
[山上山古墳]の続きを読む
  1. 2009/04/09(木) 11:14:45|
  2. 倉敷市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森林公園古墳群(仮)=後編

総社市黒尾、砂川公園の上流地域で前回1基未報告古墳を確認してましたが
近くにもう1基ありましたので古墳群に昇格(?)することになりました(^ ^ゞ

2号墳(仮)...塔坂古墳群側に分岐して30mほどの左側。この時期だと道からどうにか見える
P4074671z.jpg

背後から墳丘 10m*2m規模ですが西側は削られる
P4074672z.jpg

東北東向きの開口部は玄室途中 残存部は半分以下かも
P4074673z.jpg

残存玄室はわりと大きめ d=2.5m w=1.6m h=1.3m(現状)
P4074674.jpg
↑クリック 天井寄り...天井は2枚。少なくとももう1枚はあったハズ

側壁~ 極めてフツー 持ち送りナシ
P4074675.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 天井まで届く鏡石+α
P4074676.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から 短く広いので殆ど写りませんが(^ ^ゞ
P4074678z.jpg

後記:2009.Nov 3~7号墳(仮)




おまけ~ 以前より不明で探しまくってた黒尾16号墳旧・砂川公園1号墳
PA098807z.jpg
墳丘は14m*2mほど

限りなく隠蔽されてる開口部
PA098805z.jpg

無袖式で=7.5m w=1.3m 天井石5という石室が残ってるのですが・・・入り口に土嚢
PA098799z.jpg
公園内だから仕方ないかorz

↓ポイントは1号墳(仮) 続きに分布図
■Point_Link by GoogleMap
[森林公園古墳群(仮)=後編]の続きを読む
  1. 2009/04/07(火) 22:14:38|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。