古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西高月古墳群=後編

前回:両宮山古墳を中心とする西高月古墳群の残り

小山古墳...廻り山古墳から新道をこえ南に300mほどにある前方後円墳
P5296651.jpg
↑クリック 西から

東から 全長55m
P5296652.jpg
↑クリック パノラマ

前方部から後円方向...わりと綺麗に残ってる
P5296653.jpg
↑クリック 鳥居をくぐって...後円部

後円部から前方部
P5296654.jpg
↑クリック 鳥居をくぐって...前方部も盗掘痕?

説明板
P5296654z.jpg

神社裏に散乱する刳抜式家形石棺片(阿蘇凝灰岩)
P5296655.jpg
↑クリック 別角度...放置状態

巨大縄掛突起が2つ
P5296656.jpg
↑クリック 別角度...奥にどこかの隅片

蓋の中央か?なにか刻ってるような(これのみ固定されてるので貴重なのでしょう)
P5296657.jpg
↑クリック 木の下...竪穴らしき空間が少し



朱千駄古墳...小山古墳の西900mほどですが池の堰きと化し竹藪
P5296661z.jpg

南側~ 墳長は65mほどだが、、、どれだけ残ってるのかも不明
P5296662.jpg
↑クリック パノラマ

説明板...これがなければわからない。
P5296660z.jpg

県立博物館にある組合式長持形石棺。こちらは竜山石 w2.1m*w0.9m*h0.7m
P5296665.jpg
↑クリック 縦画像...大きな縄掛突起

説明板
P5296664z.jpg

裏側~
P5296666.jpg
↑クリック 小口にも縄掛けが

内部~
P5296667z.jpg




オマケ~ 県立博物館前に並んでるもう一つの石棺
P5296671z.jpg

今は亡き八幡大塚2号墳出土だからここで取りあげるしかない
P5296672z.jpg

斜めから~ 家形になってない組合家形石棺 これも竜山石
P5296674.jpg
↑クリック 横から...突起は小さい

説明板 書かれてないが横穴式石室は右片袖式で羨道長4m 玄室d=6m w=1.5mだったそうな
P5296673z.jpg
場所はコチラ(Google_Map)
北側の八幡大塚古墳(1号)は消滅したことになってないが・・・行ってみたけど無い

↓ポイントは朱千駄古墳
■Point_Link by GoogleMap
[西高月古墳群=後編]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/05/29(金) 22:05:19|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

八つ塚古墳群=後編

ひきつづき八つ塚古墳群~ハッキリ言ってターゲットは9号墳。これがなければココまで登ったりしない!
前編の如く尾根ラインにはちょこちょこ小規模なのはあるのですが・・・
2時間かけて2往復すれど径20mなんて墳丘は見当たらず。
西側からやや南に外れると別口の八つ塚A~D墳墓に出会しもう圏外だろうなぁと1度は引き返すも
その後もう探す場所もなくなったのでその別口墳墓群を越えるとそこに巨大墳丘の群れがっ!

八つ塚9号墳...ややイビツながら20m*4mほどの墳丘<大きすぎて撮せない(^ ^ゞ
P5236501z.jpg

西向きに開口
P5236502.jpg
↑クリック 縦画像...羨道天井は楣石以外消失 羨道長3.5m w=1m

開口部は玄門で分厚い天井まぐさ石
P5236503s.jpg

内部~ 手前が埋もれ気味&深いので奥まで写らない
P5236503.jpg

やや入って玄室 d=6.2m w=1.7m(最奥1.5m) h=1.7m(最奥)
P5236504z.jpg

側壁~ 几帳面
P5236505.jpg
↑クリック 逆サイド...綺麗に割った石が多い

奥壁~ 鏡石+α
P5236506.jpg
↑クリック 縦画像...with 堂々たる天井

玄門は外からも判ったが右片袖式
P5236507z.jpg

奥から~ 前半は埋もれてるのでピンとこないが長い玄室
P5236508.jpg
↑クリック 縦画像...with レベルも揃った天井



八つ塚8号墳...9号の南、この一画では隅に10m*1.5m墳丘で南西に開口
P5236571z.jpg

羨道破壊埋没、玄室は開いてる
P5236572z.jpg

玄室内部~ 最奥の天井も消失。d=3.5m w=1.2m h=1m(現状)
P5236573z.jpg

側壁~ 上部しか見えませんがいい仕事してます
P5236574.jpg
↑クリック 逆サイド

微かに見える奥壁
P5236575.jpg
↑クリック 後方から



八つ塚7号墳...8号北西に隣接の10m墳丘は石材抜取
7P5236538z.jpg



八つ塚6号墳...9号の西に12m墳丘で天井が外され開口(西向き)
P5236541.jpg
↑クリック 縦画像...それほど残ってる風にないけど

覗き込むと意外に深い 開いてるのは羨道みたい
P5236542.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄室~ d=4m w=1.2m h=1.4m(現状)
P5236543z.jpg

側壁~ 自然石が多いので9号以前かと
P5236544.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 拘りはあるけど鏡石は無し
P5236545.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門ははっきりせず・・・徐々に狭くなってるみたい
P5236546.jpg
↑クリック 羨道内部...羨道長は4mほど

奥から~ 
P5236547.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



八つ塚2号墳...さらに西に15m*3mの大型墳丘but石材抜取
2P5236571z.jpg

巨大な溝がザックリ。天井石らしきがポツリと残る
2P5236572z.jpg

下に若干残ってはいるものの・・・無惨
2P5236573z.jpg

↓Pointは9号墳
■Point_Link by GoogleMap
[八つ塚古墳群=後編]の続きを読む
  1. 2009/05/23(土) 14:00:56|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

八つ塚古墳群=前編

赤磐市可真上西谷、畑古墳の北東方の山~尾根頂あたりに分布する謎の古墳群。
なんせ名前は八つ塚なのに14基からなるというナメたやつ(笑)
おまけに当初この古墳群、何処にあるのかさえも不明でした<資料に位置が示されてない。
消去法で残ったところは土井谷3~5号墳と同じ尾根線上・・・またあの山を登るのか。。。

八つ塚10号墳...頂部で東西に伸びる道沿いに天井石2が露出
P5236461z.jpg

道とは逆の南に開口 墳丘は8m*1mほど残る
P5236462z.jpg

石室内部~ d=4m w=0.9m h=0.6m(現状)
P5236463z.jpg

側壁~ この規模ですからこんなもの
P5236464.jpg
↑クリック 逆サイド

最奥天井は失われ・・・奥壁~ 上部しか見えませんが小さい
P5236465.jpg
↑クリック 横から...玄室奥



八つ塚11号墳...10号の東20mほどに並んで位置。天井石無し
P5236471.jpg
↑クリック 別角度...埋まって基部がわずかに見えるだけ



八つ塚12号墳...さらに東の尾根頂筋に8m*1m墳丘で南向き石室
P5236491.jpg
↑クリック 逆サイドから...残存天井は最奥1枚のみ

正面から~ w=0.8m h=0.6m(現状)
P5236492.jpg
↑クリック 縦画像...全長は3m以上

側壁~
P5236493.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 幅いっぱいですが側壁材と大差ない
P5236494.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



八つ塚13号墳...11号の北上に破壊埋没石室
P5236497z.jpg

外護列石残存。曲がってないので方墳だったかも
P5236498z.jpg



八つ塚14号墳...12号のやや下に石材抜取墳丘
P5236499z.jpg



八つ塚?号墳...14号の下にもう1基あるけどやはり抜取
P5236478z.jpg

羨道は少し残存。左片袖式だったか?
P5236479z.jpg



西の平坦部にある積石塚状墳墓のひとつ。
BP5236500.jpg
全部で4基あり古墳群ではなく八つ塚A号墓~八つ塚D号墓という固有名が付いてる

八つ塚古墳群=後編へつづく <もう少しマトモ

↓Pointは9号墳
■Point_Link by GoogleMap
[八つ塚古墳群=前編]の続きを読む
  1. 2009/05/23(土) 12:00:44|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

畑古墳

赤磐市弥上高下庄、見上神社古墳~小丸山古墳の北100m弱
民家裏に墳丘が残りそこだけ“森”になってます。
P5236431.jpg
↑クリック 全景...with 民家<敷地内にあるので声をしないと無理

南西向きに開口
P5236432.jpg
↑クリック 斜めから

羨道から石室内部~ 広いです…が……
P5236433.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

内部から羨道 高さがあるのでかなり後期みたい 羨道長=4.3m w=1.6m h=1.9m
P5236434.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井&楣石

玄室~ d=5m w=2m h=2.4m と立派……
P5236435.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 石材は大きくないが丁寧に積まれてる
P5236436.jpg
↑クリック 逆サイド・・・は見えないので羨道側壁

奥壁~ やや丸っこい巨大鏡石+α 
P5236437.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門~ 立派な柱を持つ左片袖式
P5236438z.jpg

奥から~ 
P5236439.jpg
↑クリック 縦画像...with 巨石天井

陶棺2基出土。立派&綺麗な石室…なんですけど…………

■Point_Link by GoogleMap
[畑古墳]の続きを読む
  1. 2009/05/23(土) 10:41:05|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

八木山古墳群

瀬戸内市邑久町山手、桂山の亀ヶ原古墳群の西隣の山の上。
八木山は高砂山の北支尾根なのですが、その高砂山にも古墳群があり境界線が曖昧

その1...唯一確認できた残存石室
P5045951.jpg
↑クリック 縦画像...天井石はかなり失われています

西向きの開口部
P5045952z.jpg

側壁~ このサイズだと標準的
P5045953.jpg
↑クリック 逆サイド

玄室奥 d=3m(+痕跡3m) w=0.9m h=0.9m(現状)
P5045954.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



その2...蓋を外された箱式石棺。ココはおそらく高砂山古墳群内
P5045959z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[八木山古墳群]の続きを読む
  1. 2009/05/18(月) 07:33:20|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

久米大池古墳群=後編

前回は墓地の中の13号1基のみに終わりましたのでもう少し探索。
追記で済ませるか微妙なトコですがネタ不足の折~後編ってことで(^^;

久米大池の北側湖畔を西へ向かい池も終わる頃道の南に接して雑草が墳丘の形

その2...現状で10m*3mほどの墳丘 ↓裏側です
P5146371z.jpg

南に回り込むと僅かな隙間
P5146372z.jpg

カメラ挿入で玄室 w=1mくらいか 奥壁を上手く組んでる
P5146373.jpg
↑クリック 縦画像...with 微かに天井



その3...さらに西へ20mほど、道の北側に13m*4mほどの墳丘。
P5146374z.jpg
すぐ西隣に石材を抜かれた墳丘があるし、これも下から見ると抜かれてるように見えるが、
登ってみると墳頂より北側が残っており抜かれたのは羨道のみのもよう

枯葉を掻き分けて出てきた開口部
P5146375z.jpg

カメラ挿入...この辺りにしてはかなり後期仕様の玄室 w=1.2m d=3mほど(現状)
P5146376z.jpg

さらに西に3基確認できましたが石材抜取
P5146377z.jpg




オマケ~ 前編の13号墳
Q4155069z.jpg

いつかロープ持参で入ってやろうと企てたのですが、、、天井になにやら丸いモノが
Q4155068z.jpg

・・・・・
Q4155067z.jpg

↓ポイントは前編の13号墳
■Point_Link by GoogleMap
[久米大池古墳群=後編]の続きを読む
  1. 2009/05/14(木) 20:13:37|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

中山古墳群

総社市黒尾、砂川公園と高速道の間にある山で全9基から成る古墳群。
各尾根ごとに大きな墳墓が割と良好に残ってるけど石室墳は1基・・・8つ目でやっと当たった(^^;

中山3号墳...能満寺の裏、墓地経由で登ればすぐデス。10m*1.5mほどの墳丘↓北西からは良好
P5136281z.jpg

南半分は墳丘が・・・無い
P5136282z.jpg

社の裏に僅かに残る石室
P5136283.jpg
↑クリック 逆サイド

向きは南で最奥天井のみ
P5136284z.jpg

現状 d=1m w=1.5m h=0.5m おまけに半分閉鎖
P5136285z.jpg

側壁~ 小粒な石材
P5136286.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 玄室サイズからして鏡石が埋もれてるかもしれない?
P5136287.jpg
↑クリック 自然光...どの角度でも岩鬼の葉っぱ(古っ!)

■Point_Link by GoogleMap
[中山古墳群]の続きを読む
  1. 2009/05/13(水) 23:48:29|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

赤坂山古墳群

総社市久米、久米東谷地区の集落北の斜面に分布。
全25基から成りますが残存石室は2基。石室墳は他に2基あったようだが石材抜取

赤坂山25号墳...8m*1.5mほどの微かな墳丘@カオスな雑木林
P5136301z.jpg

南に開口なれど極狭! 通れないことはないけど・・・
P5136302z.jpg

カメラ挿入で石室内部 d=4m w=0.7m程度 中でUターンできないと出られなくなるので断念
P5136303.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 限りなく乱積み
P5136304.jpg
↑クリック 逆サイド...やや膨らんでる



赤坂山24号墳...東寄りにある墓地の上方緩斜面で石材露出
P5136341.jpg
↑クリック 後方から...墳丘は10m*3mほど

羨道は消失で残ってるのは楣石以降 玄門は殆ど埋もれてます
P5136342.jpg
↑クリック 縦画像...with 玄室露出天井

玄室~ d=5m w=1.4m h=1.9m 極度の持ち送り
P5136343.jpg
↑クリック 縦画像...with 玄室天井は5枚

奥から側壁 こちら面はやや圧されて膨らんでる
P5136344.jpg
↑クリック 逆サイド...石室規模のわりに石材は小さい

奥壁~ 側壁よりさらに小さく乱積み。近所の久米大池13号墳と同傾向。こちらがやや古いか
P5136345.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門は左が強い両袖式。やはり古いようで柱は無い
P5136346.jpg
↑クリック 縦画像...with 楣石&天井。羨道幅0.9m

奥から~ 天井幅は床幅の半分程度
P5136347.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



追記:2010.May

赤坂山26号墳(仮)...登山道から少し見える墳丘&開口部  墳丘は18m*3m級
P5013061z.jpg
黄色いペン入れが開口部で左に墳丘が延びる↑

南に開口
P5013062z.jpg

開口部正面~ 封土は少ないけど墳頂に露出はナシ
P5013063.jpg
↑クリック 斜めから...with 天井

羨道内部~ 天井石破断で殆ど埋まってる
P5013064.jpg
↑クリック 内部から羨道...L=3m w=1.1m h=0.7m(現状)

奥壁が抜かれ開口
P5013065.jpg
↑クリック 奥側墳丘...墳丘の規模が覗える

玄室~ d=5m w=1.7m h=1.3m (現状)
P5013066.jpg
↑クリック 縦画像...with 巨石天井は3枚で5m

側壁~ 持ち送りもなく石材もやや整う。麓の24号墳や久米大池13号墳よりは後発かと
P5013067.jpg
↑クリック 奥から逆サイド

玄門は左片袖式 羨道-玄室天井差は並。
P5013068z.jpg

奥から~ 6割くらい埋もれてるか
P5013069.jpg
↑クリック 縦画像...with 加工された天井面

↓ポイントは24号墳
■Point_Link by GoogleMap
[赤坂山古墳群]の続きを読む
  1. 2009/05/13(水) 22:02:13|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

矢藤治山古墳

岡山市北区東花尻、尾上車山古墳の西400m位のところにある古い前方後円墳。
ただ正式な名は『矢藤治山弥生墳丘墓』、出土品に古墳時代のものは無いそうだ。

黒住教の第一駐車場西脇に案内あり
P5126251z.jpg

460m歩くと辿り着きます
P5126252z.jpg

といっても説明板だけ(^ ^ゞ...形状はほとんど判りません
P5126253z.jpg
いろいろ妙なモノが出土してるので価値はあるのでしょうが“抜け殻”は放置状態

おそらく後円部墳頂
P5126254.jpg
↑クリック 脇にある三角点...いや、他に撮るものがないから(^^;

東側から~ フェンスは中電の送電鉄塔
P5126255z.jpg

■Point_Link by GoogleMap




オマケ~ 近所にある>三𡉕古墳群(𡉕=土偏に丸<指定フォントによっては表示)
尾上車山と矢藤治山の中間辺りから黒住教本部に向けて細い山道がありそれを登ると脇に見えてきます

三𡉕1号墳...墳丘流失で安山岩の巨石が露出
1P1130061z.jpg

埋没でほとんど隙間なし
1P1130064.jpg


三𡉕2号墳...1号地点で北上をやめ西の脇道に入って30mほど
2P1130067.jpg
↑クリック 南に開口...でも埋もれてます

カメラ挿入。この中山の石室は安山岩が多い
2P1130068.jpg
↑クリック やや奥...奥壁までは見えずorz


三𡉕3号墳...さらに西へ40mほど、道の上側に天井石の羅列
3P1130080.jpg
↑クリック 縦画像...動いてはないようだから石室は残ってるんでしょうけど

斜めから~ 完全に埋没
3P1130081z.jpg

3基ともd=5m w=1.2m ほどの無袖式みたいです

↓1号墳@没Map
■Point_Link by GoogleMap
[矢藤治山古墳]の続きを読む
  1. 2009/05/12(火) 23:15:53|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

行部古墳

矢掛町東三成行部(ひがしみなり・ゆくべ)、井原鉄道のトンネル入り口の南60mの丘陵上。
南側は大きく削られ墳丘不明。切削中石室が出てきたからSTOPした感じで残ってます

P5106171.jpg
↑クリック 頂部には祀社があり平坦

南も東も開いてたと思われるが殆ど西向き
P5106172z.jpg

かなり危うい開口部
P5106173.jpg
↑クリック 拡大...もう時間の問題で落下します(汗

石室内部 d=3m w=0.9m h=0.6m(現状)
P5106174z.jpg

石槨風な小口積みの側壁
P5106175.jpg
↑クリック 逆サイド

しかし奥壁は1枚のようです
P5106176z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[行部古墳]の続きを読む
  1. 2009/05/10(日) 20:06:19|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

経塚古墳群

瀬戸内市牛窓町、天神山古墳の北側丘陵ほぼ頂部で2基から成りますが
例によって牛窓地区の荒れた山は侵入がままなりません(^ ^ゞ
1号墳のみ墓地の合間に位置するのでどうにか到達

経塚1号墳...ほぼ南に開口
P5096151z.jpg

斜めから~ 羨道は比較的良く残ってる
P5096152z.jpg

羨道から内部~ 羨道長=3m w=1.1m h=0.5m(現状)
P5096153z.jpg

玄室~ 奥壁が抜かれ土砂流入 近所のスクモ塚古墳と同じ運命
P5096154z.jpg
d=3m w=1.7m h=1.5(現状・玄門付近)

側壁~ まるっこい石材が多い
P5096155.jpg
↑クリック 逆サイド

奥から~ スクモ塚同様右片袖式の玄門。こちらは柱石仕様のようです(埋もれて下までは見えないけど)
P5096157.jpg
↑クリック やや下方

外から奥壁側
P5096158.jpg

2016.12追記
経塚2号墳
1号墳の右奥20mに位置!そびえ立つ墳丘は20m*5mと立派なもの。現状4割は削られてますが(^ ^ゞ
PC194039z.jpg

1号墳同様、奥壁が抜かれて開口
PC194076z.jpg

羨道側は埋没!まぐさ石のしっかりした無袖式の玄門
PC194044ss.jpg
↑クリック 羨道側から...羨道天井より一段下がってる

玄室!d=5m w=1.6m h=1.6m(現状) +羨道長=1.5m
PC194055.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁 若干の持ち送り
PC194052.jpg
↑クリック 逆サイド...こちらはさほど揃ってない

上半分は抜かれた奥壁。下は埋もれてる(汗)。鏡石らしきも無かったもよう
PC194057z.jpg

奥から~
PC194070.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

■Point_Link by GoogleMap
[経塚古墳群]の続きを読む
  1. 2009/05/09(土) 19:50:37|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安居寺谷古墳群

矢掛町中、前記時:青谷古墳の南東上方の尾根ですが東側に廻って畑~荒神社経由で登ります。
奥の古びた社から西方向にに微かな道らしきアリ。

一番上にある1号墳女郎塚という名前も付いてるけど石材抜取。<東向きだったもよう
中央が掘られて谷になってる20m*6mほどの大型墳丘が虚しい&雑木で写真も撮れず。


安居寺谷2号墳...1号のすぐ下(北)で13m*4mほどの墳丘
羨道は消失、玄室は残ってるようですけど玄門あたりが崩れて隙間も皆無。東向き
P5056001z.jpg



安居寺谷3号墳...2号のすぐ下(北)で10m*3mほどの墳丘
P5055981.jpg
↑クリック 背後から墳丘

開口部正面~ 羨道消失で痕は2m程あり
P5055982z.jpg

残存玄室~ d=3m w=1m h=1.4m
P5055983.jpg
↑クリック 縦画像...with 意外と高い天井

側壁~
P5055954.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 2段+α
P5055985z.jpg

奥から~ 北向き斜面で東向きゆえ上側(南側壁)が圧されるパタン
P5055986.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



安居寺谷4号墳...尾根線から外れ東側斜面で墳丘不明瞭。どうしても南に向けたかったみたい。
P5056021z.jpg
結局これも横向き。斜面に造るときは下に向けなきゃダメだってば(^ ^ゞ

残存は僅か。天井石は最奥のみ
P5056022z.jpg

奥壁は立派で1枚のようです w=1.6m h=1.3m(現状)
P5056023.jpg
↑クリック 側壁基部...d=3mほど



神社の後ろに5号墳6号墳がありますが開口せず。形からして直葬墳墓か?
P5056029z.jpg
左(手前)が5号<9m*1.5m  右奥が6号<12m*2m

■Point_Link by GoogleMap
[安居寺谷古墳群]の続きを読む
  1. 2009/05/05(火) 22:35:53|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

青谷古墳

矢掛町中、芋岡山集落の外れにある墓地直前に位置。
県教委リストだと名称未設定ですが矢掛町史に準じて“青谷古墳”。
でも読みはおそらく『あおだに』と濁るとおもわれます。東隣は『よこだに(横谷)』

ほとんど露出状態の石室
P5056031.jpg
↑クリック やや接近

横(南)から~ 天井石は2枚残すのみ<分厚い
P5056032z.jpg

背後から 最奥天井も消失
P5056033z.jpg

頂部よりやや西にズレてるゆえ西向きの石室~ d=4m w=1.3m h=1.3m(現状)
P5056034.jpg
↑クリック 内部のみ...with 平たい天井

側壁~
P5056035.jpg
↑クリック 逆サイド

玄室奥~ ただし祠の背後の石は奥壁にあらず
P5056036.jpg
↑クリック 奥壁はこちら...埋もれてますが(^ ^ゞ

■Point_Link by GoogleMap
[青谷古墳]の続きを読む
  1. 2009/05/05(火) 21:37:24|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。