古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

上名口古墳

浅口市鴨方町本庄上名口、上名口荒神古墳の東約150m~木野山神社の参道に位置。

麓からでも見えます。(公園がありP可)
PC280761z.jpg

西向きに開口(荒神古墳向き) 羨道は畑で壊失
PC280762.jpg
↑クリック 横から...墳丘流失で側壁石材も少し見える

天井石3枚の玄室は良好 d=5.8m(天井は4.5m) w=1.6m h=1.7m
PC280764.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 割りと大きめ
PC280765.jpg
↑クリック 逆サイド

側壁~ 鏡石でほぼ1枚 経らしきが書かれてる(^^;
PC280766.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井@自然光

奥から~ 右が傾いてますが入り口だけです
PC280767.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井<そこそこ巨石

■Point_Link by GoogleMap
[上名口古墳]の続きを読む
  1. 2009/12/28(月) 17:58:14|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

上名口荒神塚古墳

浅口市鴨方町本庄上名口、鴨方ICの西600m付近。
荒神社境内・・・というか真後ろに位置。

本来の姿でもないのでしょうけど、それっぽく墳丘は残る 径10m程
PC280791z.jpg

頂部に天井石露出。先の瓦は社
PC280792z.jpg

南向きに開口。前半分くらい神社が浸食
PC280793.jpg
↑クリック 神社裏...破壊した石材で石垣か(^ ^ゞ

残存部~d=2.5m  右側に積まれた石材は側壁にあらず。本来の玄室幅は1.7m
PC280795.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

いちおう奥から(^^;
PC280796z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[上名口荒神塚古墳]の続きを読む
  1. 2009/12/28(月) 14:01:10|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上川古墳群

里庄町、金比羅古墳の北に分布・・・といっても2基のみで1号は壊滅。
金比羅古墳の説明板によるとこの一帯は大原古墳群となってるのですがハテ?
実際この上川1-2号以外は固有名が付いてる。

上川2号墳...観音塚古墳の西のお宅の裏(^ ^ゞ
PC280841z.jpg
墳丘は削平、原形を留めず

南向きの石室は奥部を残すのみ
PC280842z.jpg

残存天井石は1枚のみ。 d=3m(天井1.3m) w=1.4m h=1.2m(現状)
PC280843z.jpg

側壁~
PC280844.jpg
↑クリック 逆サイド...最奥は1段のみか

奥壁~ ほぼ1枚のようです
PC280845.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

■Point_Link by GoogleMap
[上川古墳群]の続きを読む
  1. 2009/12/28(月) 12:40:27|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂場襄越古墳(仮)

総社市八代、先の下向大塚古墳(仮)のある山の南側でもちろん遺跡地図にも載ってません。
でも、、、墓地の一部と化してますので地元ではみなさんご存じのハズ。

封土流失で天井石と側壁材の一部露出
PC130451z.jpg

石室は手前~南向きですけど、羨道は通路の下で埋没
PC130452z.jpg

玄室2枚目付近に隙間アリ
PC260453z.jpg

玄室内部~ d=3.3m 奥は広くw=1.7m h=1.8m (目測)
PC260736.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井
近年、どなたかお住まいだったのか? でも不思議と入室できません(^ ^ゞ 子どもの基地か???

側壁~ かなり高所に位置するし古いようです
PC130459.jpg
↑クリック 逆サイド...with 奥壁

羨道側~ 奥壁に比べ玄門付近の幅は1m程しかない。羨道幅は0.8mくらい
PC260745z.jpg



D:尾根上にある綺麗な墳墓 15m*3mほど。高さはあるけど形状からして直葬か石槨か?
PC260733z.jpg

墳頂に祀りものなので、古いお墓という認識はあるんでしょうね。でも届け出無し(^ ^ゞ
PC260734z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[砂場襄越古墳(仮)]の続きを読む
  1. 2009/12/26(土) 22:07:17|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

法蓮古墳群=追記

総社市下林、法蓮にも未踏尾根が1つ残ってたので探索。
なぜ未踏だったかというと採土場が迫り近づくのも気まずい現状。おまけに倒木だらけ(汗)

その5...採土場より20mくらい奥に16m*4mほどの墳丘 ↓墳頂辺り
PC200601.jpg
↑クリック 全景...やや左寄りですが...画像だとほとんど判別できない

西向きに開口なれど、羨道埋没。羨道幅は1m。残ってるのは1枚+まぐさ石
PC200602.jpg
↑クリック 縦画像...<羨道跡2m以上。あと2枚くらいは天井があったようです

まぐさ石と羨道の間に隙間あり
PC200603.jpg
↑クリック 内部から埋没羨道

玄室~ 目測 d=4m w=1.6m h=1.8m
PC200604z.jpg
隙間は通過できますが・・・出られそうにないので入室断念(^^;

側壁~ 近くのその1よりも古いかと
PC200605.jpg
↑クリック 奥から逆サイド

奥から~ 左片袖式みたいですけど、まぐさ石は乗ってない?。中央あたりにはかなり土砂堆積
PC200606.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄室奥の天井に隙間。ココから撮影
PC200607.jpg
↑クリック 縦画像...露出天井石

立地場所といい規模といい、ソレなりの大物だったのでしょうけど
その後、この地には大物が多すぎて文字通り埋没か(^^;

↓ポイントはその3@写真モード
■Point_Link by GoogleMap
[法蓮古墳群=追記]の続きを読む
  1. 2009/12/20(日) 23:00:44|
  2. 追記・補足
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉谷古墳

井原市高屋町吉谷、山手古墳の北200m。川を挟んで隣の尾根の南東麓に位置

民家裏、一段上に山寄せ墳丘~大きさは不明ですが列石らしきが覘く
PC140561.jpg
↑クリック 上から...上周がハッキリしませんけど10m*2.5m程か

南西(斜面に対して横向き)に開口...羨道は壊失のもよう
PC140562.jpg
↑クリック 拡大...ここもALL割石

なぜか丸い玄室~ d=2.5m w=1.7m h=1.3m
PC140563.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井も丸い

側壁~ 斜面上側なのでやや圧されてます
PC140564.jpg
↑クリック 逆サイド...石材はどれも小さな割石

奥壁~ といっても側壁との境界が曖昧
PC140565.jpg
↑クリック 床も丸い

奥から~ 
PC140566.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は3枚

■Point_Link by GoogleMap
[吉谷古墳]の続きを読む
  1. 2009/12/14(月) 16:36:40|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

山手古墳

井原市高屋町山手、R313から県道103へ折れ2.5kmほど。北に延びる尾根の東側裾に位置
擁壁の内側で羨道は工事の際に破壊されたもよう。天井石露出(枯葉で隠れてますが)

上から~ 墳丘は不明
PC140541z.jpg

南東に開口
PC140542.jpg
↑クリック 別角度...左に羨道基部石材が残る

開口部~ 玄門辺りかな?
PC140543z.jpg

玄室内部~ d=3.9m w=1.5m h=1.6m 荒れてるけどALL割石
PC140544.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井1枚欠損もしくはズレてる

側壁~ 花崗岩は全くない
PC140545.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 埋もれてh=0.8m 幅もやや狭まりw=1.3m
PC140546.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ これだけ下がってるとまぐさ石か@入り口
PC140547.jpg
↑クリック 縦画像...with 残存天井は4枚

■Point_Link by GoogleMap
[山手古墳]の続きを読む
  1. 2009/12/14(月) 13:53:46|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

後山古墳

井原市七日市町後山、権現平古墳より東に登った山頂手前ですけど
北側からアクセスしたほうが車も停めやすい<踏切南側にP可

果樹園に向かう道すがら見えてくる絵図。
PC140471.jpg
↑クリック 逆サイドから...墳丘は果樹園背後の段と化す

南に大きく開口・・・ですが物置(^^;
PC140472.jpg
↑クリック 斜めから...内部が写らなければ凄い(^ ^ゞ

無袖式で持ち送りのない真四角石室 d=5.8m w=1.5m h=1.6m
PC140473.jpg
↑クリック やや内部から...権現平古墳よりは先行でしょうけど、同様にかなり後期な様相

側壁~入り口は一段。このあたりで蓋をしたのかな
PC140474.jpg
↑クリック 逆サイド

側壁~奥 権現平よりやや甘い
PC140475.jpg
↑クリック 逆サイド...こちら面はフツー

奥壁は鏡石1枚!
PC140476.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~
PC140477.jpg
↑クリック 縦画像...天井も写らない(汗 天井石は4枚

麓の権現平古墳と大差ないのですが、片や市史跡でこちらは・・・
こんなところに開口してれば使うなっていうほうが無理な話かもしれませんが(T_T)

■Point_Link by GoogleMap
[後山古墳]の続きを読む
  1. 2009/12/14(月) 12:17:08|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

刈山古墳群

井原市下出部町、いずえ駅の南120mほどの谷裾に位置

刈山1号墳...墳丘は不明で斜面に開口した状態
PC140501z.jpg

西向きの石室は羨道も不明
PC140502z.jpg

開口部から内部 d=4m、w=1.4m、h=1.3m、天井石4
PC140503.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 面はいまいち揃ってない
PC140504.jpg
↑クリック 逆サイド

玄室中程
PC140505.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥壁は1枚+
PC140506.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 左のは袖か?ズレか? 天井高は変わらず
PC140507.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



刈山2号墳...1号の20mほど北、墓地の片隅に石材露出(隠れてるけど)
PC140521.jpg
↑クリック 正面?から...北向き

奥部あたりに隙間。内部に空間は少しアリ 石室残存長1m、w=1.4m、h=0.6m、天井石1とのこと
PC140522.jpg
↑クリック 拡大...内部は草だらけで撮れませんorz

↓ポイントは1号墳
■Point_Link by GoogleMap
[刈山古墳群]の続きを読む
  1. 2009/12/14(月) 11:42:56|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

下向大塚古墳(仮)

総社市久代下向、久代大塚古墳から東へ約250m、遺跡地図ではまったくのノーマーク地帯ですけど
久代大塚古墳の西の3基も見落としてるくらいだから東側にもあるのではないかと・・・探索~

下向大塚古墳(仮)...勝手に命名で初めての‘大塚’付き(^^; 墳丘は約18m*5mと巨大にて
PC120401.jpg
↑クリック 別角度...巨大!でもちゃんと撮れないorz~藪の中

西向きに開口
PC120402.jpg
↑クリック 斜めから...悩むほど狭くはない(私的には)

羨道→内部 まぐさ石は1段下がる。久代一帯はこのパタンを継承している
PC120403.jpg
↑クリック 内部から羨道...羨道長=2m w=1.2m h=0.7m(現状)

玄室~ 完存してますが中程左上より土砂流入 d=6m w=1.6m h=1.5m(現状)
PC120404.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

長い玄室なのでその奥だけでも見応えあり
PC120405.jpg
↑クリック 縦画像...with フラットな天井

側壁@奥~ すばらしい仕事してます!
PC120406.jpg
↑クリック 逆サイド...@全体~

奥壁~ 鏡石+1 最奥はやや狭く幅1.4m
PC120407.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門~ 右片袖式。下部は埋もれて不明だけど柱は無さそう~側壁が回り込む
PC120408.jpg
↑クリック 斜めから...まぐさ石が一風変わってる

奥から~ 土砂で長大さはイマイチ写りませんけど 石室全長8m
PC120409.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井
こうしてみるとかなり後期みたいだけど・・・玄門部がミスマッチのような



C:ひとつ小さな丘を越えたところに10m*2mほどの墳丘
PC120444z.jpg

墳丘形状は横穴式石室墳と思われますが墳頂に凹み、石材1露出。
PC120445z.jpg

分布図 B:8m*1.5mでやはり墳頂に凹み。直葬or石槨だったかも

■Point_Link by GoogleMap
[下向大塚古墳(仮)]の続きを読む
  1. 2009/12/12(土) 15:04:39|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

操山古墳群=22

猫も木から落ちたまま・・・・・

先日伝授頂いた石室を見つけられなかったので、さらなる情報を…しかも画像付きで頂きました。

操山?号墳(S5)...むしろコチラが119号墳かもしれませんが、しばらく保留。
14号(旗振台)から東へ下りると農場試験場、その手前の梅畑の奥に潜んでました(^ ^ゞ ↓道から見えてる
PC070311.jpg
↑クリック やや接近...これが見えないなんて(^^;

墳丘は流失、封土に代わり雑草が覆う。南向きに開口
PC070312.jpg
↑クリック 縦画像

羨道から内部...羨道L=3.8m w=1.3m h=1.2m
PC070313.jpg
↑クリック 縦画像...with 羨道天井石2

玄室~ 陽は射し込んでるが状態は良い d=4m w=2.1m(最奥1.6m) h=2.1m
PC070314.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井石は2枚だけ!

側壁~ 整然ではないが大きな石材で豪快に積む
PC070315.jpg
↑クリック 逆サイド...同様

奥壁~ 鏡石+1だけど一体感があります
PC070316.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ ダイナミックな両袖式
PC070317.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。高所にある石室よりは後発みたいです



号外(S4)...S2の下方に僅かな残存石室
PC070331.jpg
↑クリック 正面から...露出天井石2

横から~
PC070332.jpg
↑クリック 拡大...隙間アリ

カメラ挿入で奥壁~ ほとんど埋もれてますが玄室幅は1.5mほど
PC070333.jpg
↑クリック 左側壁
この斜面は対象外なんだろうか?(笑)



操山?号墳(S6)...24号(二股)の南東下方の緩斜面地帯に荒れた墳丘。高さはあるのですが乱掘
PC070321z.jpg
天井石一部が露出した状態で内部は埋没orz

Map_Pointは奥の塚古墳(S1)=里山センター
■Point_Link by GoogleMap
[操山古墳群=22]の続きを読む
  1. 2009/12/08(火) 22:03:20|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

黒尾古墳群

総社市黒尾、砂川公園の北側~赤坂山に分布する古墳群で全16基(実際はもっとアリ)
以前一度探索すれど殆ど壊滅状態で取りあげてなかったのですが、再トライ。
辛うじて現在も“石室”として残ってる1基を‘確保’

その1(黒尾8号墳?)...メイン尾根とは筋違いの西側尾根の先端付近に10m位の墳丘
PC060291z.jpg

南西向きに開口
PC060292z.jpg

羨道から内部...内部が明るい。通過できるかどうかの開口部だったのでそれはそれで(^ ^ゞ
PC060293.jpg
↑クリック 内から羨道...羨道長=1.6m w=1.3m h=0.7m(現状)

玄門は右片袖式。まぐさ石は巨大!片や袖は小さい
PC060294.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄室~ 最奥の天井石のみ欠損。 d=4m w=1.7m(極度の胴張り) h=1.4m(現状)
PC060295.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井<かなりの巨石、しかも分厚い(後述)

奥から側壁~ 胴張りで湾曲。おそらくもう一段下に埋もれてる
PC060296.jpg
↑クリック 逆サイド...こちら側は真っ直ぐ

奥壁~ 中央に鏡石。最奥はなんとw=1mしかない
PC060297.jpg
↑クリック 上から...いかに奥壁が小さいか(^ ^ゞ

奥から~ 残存全長は6.6m
PC060298.jpg
↑クリック 縦画像...with 巨石天井

奥の開口部
PC060299.jpg
↑クリック 墳頂露出天井石...さすがにコレでは破壊、持ち去りを断念したか



その2...60mほど上に登ると笹の中に露出天井石が(2011.Apr Up Date)
P3236491.jpg
↑クリック 縦画像...いちばん手前は後世のモノかと

説明板・・・をぃをぃっ(^^; しかも読めない
P3236492z.jpg

石室内部 ↓玄室奥(左側が奥壁デス)
P3236495.jpg
↑クリック 縦画像...奥から羨道側 with 天井





東側尾根はそこら中墳丘だらけ<7Cの谷の如く、これほど群れてる尾根も珍しいのですが

A:10m*2.5m級墳丘
PC060251.jpg
↑クリック 墳頂...石材抜取

B:綺麗に残っていてもやはり石材抜取
PC060252z.jpg

C:これは玄室が半分くらい残ってそうですが埋まってます。見えてるのは天井石の断面
PC060254z.jpg

D:天井石5が露出しつつも残存。でも内部埋没
PC060255z.jpg

以上、ほんの一部。こんな状態で倍以上あります。
いつの時代か、競って石材を抜いたような(^ ^ゞ





追記:2010.Nov
黒尾16号墳(砂川公園1号墳)...柿園の約150m西方に山寄せ気味に墳丘 14m*4m
PC060254z.jpg

無袖式がほぼ完存みたいだが土嚢で封鎖
PC060254z.jpg

石室内部 d=7.5m w=1.3mとのこと
PC060254z.jpg

の位置デス。
■Point_Link by GoogleMap
[黒尾古墳群]の続きを読む
  1. 2009/12/06(日) 23:08:30|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

大崎古墳群=続編2

久々の大崎古墳群、唯一未踏な尾根が残ってるのを思い出し・・・
何度も行こうとしたのですがその都度西の谷に向かってしまい辿り着けなかった尾根端

その34...15m*3mほどの墳丘は良好 周溝あり
PC050201.jpg
↑クリック 別角度...墳丘のみ

南に開口...木が邪魔だけど開口部はさほど狭くもない
PC050202.jpg
↑クリック 広角...with 墳頂

開口部から石室内~ 玄門が下がる
PC050203.jpg
↑クリック 内部から羨道...羨道長=2m w=1.1 h=1m

玄室~ コース外の石室ではいちばん良い状態かも d=4.8m w=1.6m h=1.8m(現状)
PC050204.jpg
↑クリック 縦画像...with 玄室天井石は5枚

側壁~ 4~5段できちんと積まれてる
PC050205.jpg
↑クリック 逆サイド...同様

玄門~ 玄室よりかなり狭くなってはいますがハッキリした袖はありません
PC050207.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥壁~ 1枚onlyの鏡石
PC050206.jpg
↑クリック 縦画像...with 玄室奥

奥から~ 全長は6.8m 若干の持ち送り
PC050208.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井
こんな僻地になければ羨道も掘られて石仏が入れられてるのだろうけど(^^;



その35...三上山山頂付近に斜面に見覚えのない小型石室が!
PC050241z.jpg

墳丘削平...これでは見えなかったかも。南に開口
PC050242z.jpg

残存は玄室奥1.5mほど。w=0.8m h=0.8m(現状)
PC050243.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。奥壁は特上~四角い1枚

   -------C:15mほど西に低い墳丘------
PC050244z.jpg

箱式石棺のようです。それにしても小さい w=0.3m L=1.1m
PC050245.jpg
↑クリック 真上から

Map_Pointは駐車スペース。
■Point_Link by GoogleMap
[大崎古墳群=続編2]の続きを読む
  1. 2009/12/05(土) 22:55:18|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

操山古墳群=21

先日、操山マイスターなお方にお会いしましたら
『簡単なところにまだ1基いいのがあるのに…』と伝授頂いた。感謝感謝♪
やはり、、、ときおり猫は木から落ちてるらしい(^^;・・・それはよじ登らねばっ

里山センター経由で順当に登る。目的の地はまだ先なのだが、何故か道の脇に1基。

号外(S3)...あれぇ~?この石室いつの間に出来たんでしょ?(笑)
登り切る直前、丸見え!夏場は見えないのかな? ↓道はメインルート(上の道からも見える!)
PC020061.jpg
↑クリック 縦画像...道から
そもそもどの分布図にもこの地点に古墳マークは無い。
(やや下方にて確認し119号墳としてた古墳もマークないので号外(S2)に改めましたm(__)m
 ~このあと119号墳出てきます<汗)


羨道天井は外れ玄門まで埋没
PC020062z.jpg

玄室奥は開いてます d=3m w=2m h=2m 羨道含む全長は7m以上ありそう
PC020063z.jpg

側壁~ 規模のわりに石材は小さめ(埋もれて見えない下部は不明ですけど)
PC020064.jpg
↑クリック 逆サイド...やや大きい

奥壁~ 段積みが2列 鏡石は無さそうです
PC020065.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 幅広なので・・・・
PC020066.jpg
↑クリック 縦画像...天井しか写りません

後方から露出天井石
PC020067s.jpg

棚ボタ~と思いきや、目的地でお目当ての石室が見つからない…あれぇ? 猫、木に登れず(^^;



序でだからその先の去年夏苦闘~敗退した小さな丘陵に登ってみる

操山118号墳...冬場でも相変わらず細いツツジ系がクネクネしてる中に小さな6m*1mほどの墳丘
PC020071z.jpg
ほとんどわかりませんけど(汗

天井石が2枚露出した小型石室
PC020072z.jpg

辛うじて隙間アリ。
PC020073z.jpg

内部~ すぐ奥壁  w=0.5m h=0.6m d=2m
PC020074z.jpg
超小型ですけど、これでも当時は悲しみに暮れながら造ったんでしょうねぇ。



操山119号墳...118の南西20mほどに10m*2.5mほどの墳丘。撮影不能@藪orz
半分露出した石室は南向きに大きく開口 これ以上離れて撮れません
PC020081.jpg
↑クリック 斜めから
羨道消失、まぐさ石も無いけど両袖の柱は残る 羨道幅は1.3mか

石室内部 前の118号とは大違い(^^;
PC020082z.jpg

側壁~ 規模相応 持ち送りナシ
PC020083.jpg
↑クリック 逆サイド...こちらの方が大きめ

玄室~ d=4.2m w=2m w=1.5m
PC020084.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は3枚

奥壁~ 鏡石で一枚(最奥は幅1.8m)
PC020085.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 袖石が高いので羨道との天井高はあまり違わなかったようです
PC020086.jpg
↑クリック 縦画像...<やはり幅が広いので殆ど天井のみ

この丘にはもう1基、117号があるはずなのですが・・・なかなかシブい(^ ^ゞ視界悪すぎ




ところ変わり操山の東の端、今谷~中川地区。

操山98号墳...真新しい墓地の西側斜面、竹藪の中に天井石0の石室。墳丘はほとんど無し
PC020141z.jpg
こんなのはひたすら歩き回り当たるのを待つしかないデス(3m手前でやっと気付く)

石室~ d=4m以上 w=0.9m h=1m(現状)
PC020142z.jpg

天井石が無いだけで側壁はよく残ってます 無袖式っぽい
PC020143z.jpg

奥壁は1枚
PC020144z.jpg



操山101号墳...同じ山の南側。住宅地裏の果樹園の端に露出石室
PC020121.jpg
↑クリック 逆サイドから...完全露出

南に開口~ 羨道は消失というか地山がなく絶壁に近い
PC020122z.jpg

正面から~ 残存は短いですけど何気に巨大です。d=4.5m w=2.6m(奥は2.3m) h=1.8m(現状)
PC020123.jpg
↑クリック 縦画像...with 無駄に分厚い天井石

側壁は並みかも
PC020125.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 埋もれてる鏡石は巨大かと
PC020126.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は2枚

奥から~ 先には何もない
PC020127.jpg
↑クリック 縦画像...これも天井のみ(^ ^ゞ

頂部の2基はやはり見つからずorz

Map_Pointは奥の塚古墳(S1)=里山センター
■Point_Link by GoogleMap
[操山古墳群=21]の続きを読む
  1. 2009/12/02(水) 17:44:32|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク