古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

燒寺古墳群

美咲町打穴下、美咲中央小学校が乗ってる尾根の東端、周回道の外側~一段低いところに位置
全2基ですが1号墳は開いてないみたいなので探してませんm(__)m

燒寺2号墳...藪で撮りきれませんが17m*4m墳丘も良好
P2281721.jpg
↑クリック 道の脇にある整地...←この先に隠れています

南東に開口~ 正面に木があるので斜めから(^ ^ゞ
P2281722.jpg
↑クリック 縦画像...with 墳頂

石室内部~ d=6.5m(+羨道痕?=1m) w=2.1m w=1.5m(現状) 袖不明
P2281723.jpg
↑クリック 縦画像...with フラット天井

側壁~ 面が揃ってないのは後世迫り出た為かも
P2281724.jpg
↑クリック 逆サイド...こちらは綺麗に収まってる

奥壁~ 面は平らに仕上がってるものの石材自体は側壁と大差ない
P2281725.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 天井の精度はいいのになぁ
P2281726.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

■Point_Link by GoogleMap
[燒寺古墳群]の続きを読む
  1. 2010/02/28(日) 18:00:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

下山田上古墳

津山市高尾塚の前、弁慶岩古墳正京茶畠古墳の上方約300m~道なりに西に登り行き止まりになる直前
植林された小さな杉林の後方絶壁上に開口しているのが道からも見えます
P2281681.jpg
↑クリック 縦画像...手前に小川が流れてるので回り込む必要アリ

墳頂より~ 天井石露出気味
P2281682.jpg
↑クリック 縦画像...横から

南向きに開口~ 羨道は不明
P2281683.jpg
↑クリック 縦画像...with 絶壁

玄室~ d=4.5m w=1.7m h=1.4m(現状)
P2281684.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 持ち送り強い
P2281685.jpg
↑クリック 逆サイド...礫石も多く

奥壁~ 鏡石は無いがそこそこの拘り
P2281686.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~
P2281687.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

■Point_Link by GoogleMap
[下山田上古墳]の続きを読む
  1. 2010/02/28(日) 14:05:01|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

煙硝庫跡群

な・ぜ・か・・・「古墳」と名前が付いてませんけど~~~
津山市平福~剣戸古墳群等がある佐良山からR53を北へ約2km
県道449に一瞬入り老人福祉センター側に折れたのち500mほど丘陵を登ると案内札があります。

2号煙硝庫跡...これが正式な名前なのでしょうがない(^^; 県遺跡地図での能書きは……
「石造物。長22m、高3.5m、長方形の盛土に石室(南東に開口)古墳の石室を再利用した可能性
つまりは江戸時代、津山藩が火薬庫として使ってたのでこんな名称(^^;
その22m*3.5mの墳丘……確かに形状は後世加えて盛ってる可能性あり<円墳にしてはふくよかでややイビツ
P2281630z.jpg

南東に開口...わりと整備されてます(^_^)
P2281631.jpg
↑クリック 斜めから

高い開口部はそのまま立って通過可
P2281632.jpg
↑クリック 逆斜めから...こうしてみると羨門は補修されてる疑念も

羨道から内部~ 羨道長=6.5m w=1.3m h=1.8m
P2281633.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

内部から羨道
P2281634.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井<1枚極端に煤けてる

玄室~ d=5.3m w=1.7m h=2.1m
P2281636.jpg
↑クリック 縦画像...with 巨石天井

側壁~ 剣戸の中規模2基や小屋谷よりはやや古そうな感じ
P2281637.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 見事な三角鏡石
P2281638.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門は柱を立てた左片袖式ですけど、まぐさ石不明確
P2281639.jpg
↑クリック 羨道床...しきみ石ではなく後世のモノ。扉が付けられていたようです

奥から~ 全長は11.8m
P2281635.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

可能性……って。。。紛れもなく後期古墳の石室デス!



3号煙硝庫跡...2号の開口部の先に隣接。これも石造物扱い
墳丘は30m*5m級で2号より一回り大きい
P2281590z.jpg

南に開口・・・この開き方は閉塞石が残ってるパタンですが・・・ハテ?
P2281591z.jpg

開口部~ 別に苦にはなりません(^^;
P2281592z.jpg

内部~ 深くて殆ど見えません(汗
P2281593z.jpg

内部から羨道&玄門<右片袖式
P2281594.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄室~ なんと d=12.5m w=2m h=2.1m 奥までストロボ届かずフラッシュ補正UP
P2281595.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

少し入って~
P2281596.jpg
↑クリック 縦画像...with 玄室天井石は9枚(+羨道2枚)

側壁~ 持ち送りはナシ……ただただ長い(^^;
P2281597.jpg
↑クリック 逆サイド...不揃い石材ですが隙間無し

奥壁... 真四角1枚鏡石! 三角~四角と洒落てる(^_^)
P2281598.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 石室全長は15m
P2281599.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

県下の石室順位を入れ替えなきゃ!!!どうして蚊帳の外???



1号煙硝庫跡...2-3号の丘陵東側の斜面に位置で市指定史跡 40m~25m*5mの墳丘(笑)で南に開口
P2281671z.jpg

羨道から内部~ 増して長い!
P2281672s.jpg

内部から羨道+袖部
P2281673z.jpg
そろそろ怪しくなってきました(^^; 残念ながらコレは津山藩製みたいですorz

石材をタガネで割った形跡もあるし、天井石の掛け方が梯子状でその上に平石を乗せてる。
P2281674s.jpg
2-3号に習って造ろうとしたのでしょうが、巨石を直に乗せる技術はもう忘れ去られていたんですね。

側壁はさほど変わりませんけど、つっかい棒が要るほど軟弱?
P2281675z.jpg

奥から~
P2281676z.jpg
同じ位置で右側を撮ると↓
P2281677z.jpg
L字型で通路状態

西の開口部 碑は『煙硝蔵跡』(えんしょうぐらあと)
P2281678z.jpg


古墳時代のモノでないのは残念ですが、かえって2-3号が江戸時代のモノでないことを立証出来ます!
そもそも倉庫に鏡石は必要ないですから。<築造時苦労するだけ

↓ポイントは2号
■Point_Link by GoogleMap
[煙硝庫跡群]の続きを読む
  1. 2010/02/28(日) 11:29:08|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

上原塚古墳

浅口市鴨方町六条院、総称(?)四条原古墳群~最大の天神山塚古墳より南西に約400m、
墓地の一画に半露出状態で玄室部のみ残っています

盛土は流失だけど草木に覆われ墳丘っぽい
P2231421.jpg
↑クリック 羨道痕...基部のみで3mほど

南東方向に大きく開口
P2231422.jpg
↑クリック 縦画像

開口部~ 玄門は不明ですが羨道痕も同じ幅のようなので無袖式かと
P2231423.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄室~ d=5m w=1.5m(最奥1.2m) h=1.8m(現状)
P2231424.jpg
↑クリック 縦画像...天井石は3枚、手前が特に長い

側壁~ 面は比較的揃ってる
P2231425.jpg
↑クリック 内部から逆サイド...一部、割石もあり

奥壁~ 樹根と土砂でよく見えず
P2231426.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 元は8m以上なので1km南東の向ヶ市塚古墳並みだったのでしょうが……
P2231427.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

■Point_Link by GoogleMap
[上原塚古墳]の続きを読む
  1. 2010/02/23(火) 23:30:54|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福井古墳

浅口市寄島町福井、県道64~龍城院の北約100mに位置。
その龍城院の西にある小丘陵の端に説明板がありその裏に駐車可。龍城院にもPあり
P2231381.jpg
↑クリック 地図拡大

墓地脇に天井石2枚露出~ 墳丘はもはや不明
P2231382z.jpg

埋もれつつも南に開口
P2231383z.jpg

残存は玄室奥~ 少なくとももう1枚は天井があったはず。 d=2.6m w=1.45m h=0.7m(現状)
P2231384z.jpg

側壁~ 上部しか分かりませんが石材は大きい
P2231385.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 幅いっぱいですけど、この雰囲気だと2段以上
P2231386z.jpg

いちおう奥から~
P2231387z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[福井古墳]の続きを読む
  1. 2010/02/23(火) 16:49:29|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大岩塚古墳

里庄町里見上川、梅山古墳の下方30m……だたし民家の敷地内、それもかなり奥(^ ^ゞ

墳丘は石室を覆ってるだけしか残らず径は8m*2m程度で南に開口
P2231461.jpg
↑クリック より斜めから

開口部正面~ 玄室のみのようで玄門・羨道不明
P2231462.jpg
↑クリック 内部を明るく...この一帯では最大規模!

玄室~ d=5.8m w=1.6m h=1.7m(現状)
P2231463.jpg
↑クリック 縦画像...with フラットな天井

側壁~ 石材も大きく貫禄
P2231464.jpg
↑クリック 逆サイド...さらに大きく!でも積み方はアバウト(^ ^ゞ

玄室奥から1mに後世、不思議なものが並べられてるけど至って良好
P2231465z.jpg

奥壁~ 幅いっぱいで同等の2段
P2231466.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~
P2231467.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

↓拡大でグレーの濃い四角が門です。大邸宅(^^;
■Point_Link by GoogleMap
[大岩塚古墳]の続きを読む
  1. 2010/02/23(火) 13:34:56|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

梅山古墳

里庄町、金比羅古墳の西僅か60m、見事に隠れています。ここも3度目(^ ^ゞ

道の脇なのですが雑草で遮断された隣の畑側なので知らないと見えません。
畑側に入り、しかも古墳より下からでないと判らないかも。墳丘削平で不明~南に開口
P2231442z.jpg
↑クリック 開口部

袖部不明な石室 d=4.6m w=1.7m(最奥1.5m) h=1.5m(現状)
P2231443.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井
金比羅古墳があの場所で西向きなのはこの古墳のせいかも。こちらのほうが立派(^^;

側壁~ 整然と積んでます
P2231444.jpg
↑クリック 逆サイド...もあべたー

奥壁~ 曲がってるけど1枚鏡石。形状に釣られてやや持ち送り
P2231445.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ やはり無袖だろうなぁ
P2231446.jpg
↑クリック 縦画像...with そこそこ巨石天井

■Point_Link by GoogleMap
[梅山古墳]の続きを読む
  1. 2010/02/23(火) 12:13:13|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四御神奥池奥古墳群

龍ノ口山の南登山ルート、四御神谷口古墳群~四御神奥池下古墳群と続き、さらにその上に位置。
文字通り奥池の奥ですが……平坦部は笹とイバラが生い茂り、斜面は倒木(間伐?)だらけ(汗)
3度目の挑戦でどうにか群中最大墳らしきは確認できましたけど残り4基は不明

四御神奥池奥7号墳...平地から斜面に差しかかった場所に10m*2.5mの墳丘
P2181261.jpg
↑クリック 横から開口部...20分間笹刈りの末やっと開きました(^^;

南に開口~ 羨道壊失でまぐさ石以降残存
P2181262.jpg
↑クリック 縦画像...羨道痕は曖昧

開口部より石室内部~ この山の石室としては珍しくAll花崗岩!!!
P2181263.jpg
↑クリック 縦画像...まぐさ石の長さは1.2m

玄室~ d=4.6m w=1.3m h=1.4m(現状)奥に行くほど埋もれ気味 天井石は4枚
P2181264.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 不揃いの石材を上手く組む
P2181265.jpg

奥壁~ ほぼ1枚…であろう鏡石。最奥はやや狭くw=1.1m
P2181266.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門~ 左片袖式にも見えますがこれもズレてるだけかもしれません
P2181267.jpg
↑クリック 縦画像...with まぐさ石

奥から~ 全長5.8m
P2181268.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



四御神奥池奥5号墳(?)...7号墳のすぐ北西に同規模の墳丘
P2181271z.jpg

南向きの石室は頂部より破壊で天井石は2枚(?)残る w=0.7m
P2181272.jpg
↑クリック 内部...奥は埋没。ここも花崗岩



四御神奥池奥4号墳(?)...そのまた北西隣に同規模墳丘
P2181281z.jpg
墳丘の形は良いのですが……開口部見当たらず

↓ポイントは7号墳
■Point_Link by GoogleMap
[四御神奥池奥古墳群]の続きを読む
  1. 2010/02/18(木) 22:27:36|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竜ノ口山頂古墳群=追記

龍ノ口山 :東寄りの本家山頂~前回サラっと流したので、群中最大&最良らしきを見逃していました

竜ノ口山頂38号墳...南へ延びる尾根の付け根辺りの植林地帯に10m*2.5mの墳丘
P2181301z.jpg
古墳と解っていながら杉植えますか……@国有林

南に開口~ 羨道天井石1が外れていますがさらに羨道は続きます
P2181302.jpg
↑クリック 縦画像

羨道~内部 状態は良好!でも床には長年水が溜まっているようです L=3m w=1m h=1m(現状)
P2181303.jpg
↑クリック 縦画像...with 残存天井石3

玄室~ d=4m w=1.3m h=1.4m(現状目測) 造りが良すぎて水も抜けない(^^;
P2181304.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 綺麗な割石もアリ
P2181305.jpg
↑クリック 逆サイド

玄門は右片袖式 柱ではなく2段積み
P2181306z.jpg

奥壁~ 真四角そうな鏡石仕様なれど幅も高さも足らず。
P2181307.jpg

↓ポイントはこの38号墳
■Point_Link by GoogleMap
[竜ノ口山頂古墳群=追記]の続きを読む
  1. 2010/02/18(木) 12:13:20|
  2. 追記・補足
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

龍ノ口西山頂古墳(仮)

龍ノ口山の遙か西尾根にも石室が開いてるとの情報を頂き、久々の登山モード。
本来の山頂より西へ1.2kmほどにあるピークの南寄りにすんなりあるのですが
何故か遺跡地図では空白地域でもちろん名前も無い!

背後から~墳丘はほとんど不明でまぐさ石(?)が聳えてます
P2181331.jpg
↑クリック 上から羨道痕

羨道消失で南に大きく開口
P2181332.jpg
↑クリック 縦画像...厳つい天井

斜めから~ 羨道痕は2mほど
P2181333.jpg
↑クリック 逆サイドから...with 分厚い天井

石室内部~ d=3m w=1.3m h=1.5m(現状)
P2181334.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ わりと横目地でてます
P2181335.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 最奥はやや狭くほぼ1枚鏡石の幅は1m。
P2181336.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 
P2181337.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



下方20mくらいにある最奥部のみ残す小型石室 w=0.7m
P2181339s.jpg

他にも列石のある8mくらいの墳丘が3基ほど見受けられます
P2181340z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[龍ノ口西山頂古墳(仮)]の続きを読む
  1. 2010/02/18(木) 08:14:16|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

矢部古墳群=追記

倉敷市庄地区、矢部古墳群矢部大山谷古墳群に若干の見落としがあるはずなので再三・四・五・・・
大ぐろ古墳から高速道を挟んで東側の小尾根先端付近の竹藪の中

その15...15m級の楕円墳丘
P2131201z.jpg

墳頂に天井石露出 石室は南東向き
P2131202z.jpg

逆方向(玄室奥)から~ 約8mと長い石室ですが埋没
P2131203z.jpg

玄門あたりに隙間はありますけど・・・
P2131204.jpg
↑クリック 内部...カメラ入れても写らずorz



その16...15よりやや南。一段低い斜面に13m*4m良好墳丘 ↓北西から
P2131231.jpg
↑クリック 別角度...東側から

南東に開口
P2131232z.jpg

分厚い羨道天井石
P2131233.jpg
↑クリック 縦画像...これ以上羨道があった風にもない

羨道~ まぐさ石が低いパタン 羨道長=2.5m
P2131234.jpg
↑クリック 内部から羨道...w=0.9m h=1m(現状)

玄室~ d=3m w=1.2m h=1.3m(現状) 埋もれ気味ですけどこの群中では良いほう
P2131235.jpg
↑クリック 縦画像

側壁~ その1同様丸っこく大きい石材。
P2131236.jpg
↑クリック 逆サイド...やや傾く

奥壁~ 下まで見えないが1枚か?
P2131237.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門~ 左片袖?おそらく無袖でズレてるだけかと
P2131238.jpg
↑クリック 縦画像...巨大まぐさ

奥から~ 中央天井石が丸く圧迫感
P2131239.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

↓ポイントはその1@前編
■Point_Link by GoogleMap



おまけ~ お隣の矢部大山谷古墳群

その9...小さな溜池の北側に良好墳丘 10m*3m
P2071181z.jpg

ですが・・・墳頂から盗掘・破壊 d=3m w=0.8m規模の石室
P2071182z.jpg

ここまでして何故天井石1枚だけ残ってるのか???不思議(^^;
P2071183z.jpg



その10...妙見池側の斜面にも破壊石室 墳丘もなんとなく判る程度
P2091191z.jpg

残る基部から察するに d=4m w=1m 以上の石室で南向き
P2091192.jpg
↑クリック 縦画像

僅かに覗える奥壁
P2091193.jpg
↑クリック 後方斜めから
[矢部古墳群=追記]の続きを読む
  1. 2010/02/13(土) 12:42:32|
  2. 追記・補足
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク