古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤坂山古墳群=続篇

前回でどうやらココの大半は後期古墳と判明したので未踏だった東尾根へ。
例によって嶮しい山火事跡をひたすら登る・・・幸い古墳のありそうな緩斜面部は焼けてない!古墳パワー?(笑)
もちろん焼けた区域にもあるのでしょうけど、探すの無理です(T_T) ※番号適当

赤坂山15号墳(仮)...焼け残ってる際に12m*2m墳丘<ほとんど流れてる
P6243501z.jpg

横穴式石室は天井石露出
P6243502.jpg
↑クリック 上から...隙間はあれど内部は埋没



赤坂山16号墳(仮)...18m級墳丘は大きすぎて撮れず。南に開口
P6243511z.jpg

開口部から内部
P6243512z.jpg

内部から羨道  L=3m w=1m
P6243513.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄室~ この山の石室のパタン d=4.5m w=1.7m h=1.7m(現状)
P6243514.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井<やや朱い

側壁~ 横目地揃ってるので麓のよりも後発か?
P6243515.jpg
↑クリック逆サイド...よく揃ってる

奥壁~ やはり乱積み
P6243516.jpg

玄門~ やはり左片袖式でまぐさ石は厚い
P6243517.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 持ち送り強
P6243518.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



赤坂山17号墳(仮)...同様に15m級の大きな墳丘ですが流失 露出羨道
P6243531z.jpg

南に開口
P6243532.jpg
↑クリック 内部から羨道...L=3m w=1m

玄室は最初の天井石のみ残し破壊
P6243533.jpg
↑クリック 縦画像...正面 w=1.7m 16号と同じ規格っぽい

側壁~ これも16号並み
P6243534.jpg
↑クリック 逆サイド

玄門も同様
P6243535.jpg
↑クリック 縦画像...with 分厚いまぐさ石



赤坂山18号墳(仮)...12m*2mとやや小さい墳丘で南に開口
P6243541z.jpg

石室内部 
P6243542z.jpg

玄室~ d=4m (+羨道1m) w=1.1m h=1.2m(現状)
P6243543.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ やや粗い
P6243544.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 珍しく鏡石モドキが・・・ 最奥は狭くw=0.8m
P6243545.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門は無袖式
P6243546z.jpg

奥から~
P6243547.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



赤坂山19号墳(仮)...山火事域に小さく開口
P6243551.jpg
↑クリック 墳丘...(^^;

内部~ 向きから察して先は玄門のハズですが・・・埋もれてます
P6243552z.jpg



赤坂山20号墳(仮)...中腹やや下方に僅かな残存石室 最奥天井石1
P6243561z.jpg

奥壁はココらしくない w=1m h=1.2m(現状)
P6243562.jpg
↑クリック 縦画像...with天井

↓ポイントは24号墳
■Point_Link by GoogleMap
[赤坂山古墳群=続篇]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/06/24(木) 17:48:00|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

王墓山古墳群=続篇

夏期向きに史跡公園と化してる王墓山……いまさらですけど(^^;
といっても場所は寧ろ楯築遺跡側で公園外。
P6203452zz.jpg
案内も説明もなぁ~にもありません。何なのか不明!

その1...西の端、ここになければ石室と気付かないかも
1P6203450z.jpg

正面から
1P6203407z.jpg



その2...箱式石棺?・・・にしては石材が大きい
2P6203447z.jpg

斜めから w=0.8m L=2m
2P6203449z.jpg



その3...これも閉じてるので石棺?・・・のつもり?
3P6203444z.jpg

横から~ w=0.7m l=1.5m
3P6203446z.jpg



その4...郡中(!)最大で石室長7m 玄室 d=4.5m w=1.8m 奥壁高=1.3m(現状)
P6203441.jpg
↑クリック 縦画像

側壁基部~ 小さすぎ!信憑性→?
P6203442.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ いちおう大きな鏡石
P6203443z.jpg

奥から~
P6203444.jpg
↑クリック 右片袖部



その5...ちゃんと移築って謳わないとコレでは双室墳、いやトリプルかって位置関係(汗
P6203431.jpg
↑クリック 縦画像 d=4.3m w=1.1m

側壁基部~ やはり最低でもこれくらいの石材でないと
P6203432.jpg
↑クリック 逆サイド...奥に見えるのが

奥壁鏡石
P6203433z.jpg

奥から~
P6203434z.jpg



その6...唯一天井石2枚を残す
P6203421z.jpg

開口部
P6203422z.jpg

石室内部 d=2.5m(天井有=2m) w=1.1m h=1m
P6203423.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~
P6203424.jpg
↑クリック 逆サイド

奥から~
P6203425.jpg
↑クリック 左片袖部?...玄室短かすぎます!

場所は楯築の駐車場方面に登らず直前を直進50mほど。
つまり駐車場のすぐ真下あたりにあります。

↓ポイントは楯築←ここより西北西120m
■Point_Link by GoogleMap
[王墓山古墳群=続篇]の続きを読む
  1. 2010/06/20(日) 10:58:00|
  2. 倉敷市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂子山古墳群=後編

前回1号墳のみでしたが、新しく13号墳が出来た……出てきたそうなので再び

砂子山13号墳...頂部かと思いきや限りなく麓、しかも墳長45mほどの前方後円墳 
後円部↓は20m*4mくらいでしょうか、、、斜面に沿ってあるのでよく判らず。下からだと8mほどある(笑)
P6083321.jpg
↑クリック 前方部...画像だとハッキリ判りませんが高めの前方部頂

南南東にちょこんと開口。墳丘の軸は北北西<前方部
P6083322.jpg
↑クリック 拡大...入れないことはない(^^;

“横穴式石室”の玄室 d=4m w=1.5m h=0.7m(現状)
P6083323.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 上部しか見えないが古めかな
P6083324.jpg
↑クリック 逆サイド...埋もれてる手前、面白い。

奥壁~ 竪穴風
P6083325z.jpg

奥から~玄門はおそらく左片袖式。まぐさ石が側壁まで届いてません
P6083326z.jpg
そのまぐさ石の左端が開口部。よって石室はほぼ南向き



砂子山10号墳...13号から西へ100mほど登ると15m*3mほどの墳丘あり
P6103331z.jpg
形状からして直葬か竪穴式か?開口無し



砂子山11号墳(山田大塚古墳)...10号の尾根線上30mほど西に18m*5m以上の後円部
P6083341.jpg
↑クリック 前方部の端から後円方向...前方部13号よりはフラット&短く15mほど

開口は後円頂部で天井
P6083342.jpg
↑クリック 拡大...直下で深い(汗

高所前方後円墳に似つかない巨石玄室 d=4.3m w=1.8m h=1.5m(現状)
P6083343.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥壁~ 幅いっぱいの鏡石ですが果たしてコレのみか?下部は??
P6083345.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ えっ?(^^; 現状は巨石仕様の竪穴式石室状態
P6083346.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から側壁~ 最上段ですら大きい
P6083347.jpg
↑クリック 逆サイド

玄門まぐさ石…のハズ 袖はバランスからおそらく左片袖式
P6083348.jpg
↑クリック 下部...枯葉を除けると辛うじて切れてます
しばらくどちらが奥壁なのか悩みました。
主軸は西向きで40度くらいの石室~反対向きだと北西方向に開口ってなるし。
しかしこれ、埋もれてなければ玄室高3mほどあるんでしょうね

↓ポイントは前編の1号墳
■Point_Link by GoogleMap
[砂子山古墳群=後編]の続きを読む
  1. 2010/06/08(火) 15:00:00|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

宇山古墳群

矢掛町西川面宇山、古墳群の名はありますけど内容は無し。
かつて存在したが開墾に際して幾つかを破壊……ってよくあるパタンなのですが
地元の知人より1基見つけましたとの報を受けたので早速Go!

宇山1号墳(仮)...蓮華寺の南方約150m、溜池の上方~緩斜面に位置し墳丘は現状で10m*2.5mほど
P5213216z.jpg

羨道部は破壊&埋没しつつも痕跡あり
P5213216z.jpg

南東向きに開口するは玄室の途中から
P5213216z.jpg
↑クリック 縦画像...with 手前に崩落した天井石材

玄室~ d=4m(天井アリ=3m) w=1.6m h=1.6m
P5213216z.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は3枚

側壁~ 平たい石材で比較的揃う
P5213216z.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 鏡石+上にα  奥は土砂堆積が多い
P5213216z.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 痕跡から左片袖式っぽいけど定かでもなく
P5213216z.jpg
↑クリック 縦画像...with 割石天井

これ、、、GIS上の古墳群域から少し外れてるのですが、
そもそも1基たりとも確認してないようなので適当に囲ってると思われ(^^;



宇山2号墳(仮)...南から蓮華寺に登る道中の石垣に穴が・・・
P5213216z.jpg
↑クリック 正面...この手のニセモノはよくあるのですが(笑)

覗き込むと1mほど奥から右に折れ、その奥は石室のようです。
P5213216z.jpg
石垣は北向きで開口してますが内部石室は東向き d=2m w=1m (目測)

↓ポイントは1号(仮)
■Point_Link by GoogleMap
[宇山古墳群]の続きを読む
  1. 2010/06/01(火) 11:13:00|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。