古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

殿砂古墳群(仮)

砂子山古墳群の西方1kmほどの谷部、なんとなく存在は知られてるようですが名も無き古墳群

殿砂1号墳(仮)...小川沿いに登ると左手奥に良好な墳丘が見えます 13m*4m
PB185051z.jpg

かなり上部で東に開口
PB185052z.jpg

開口部正面~ なかなかユニークな羨門天井石……つまり完存
PB185053z.jpg

羨道から内部
PB185054.jpg
↑クリック 内部から羨道...with 天井は2枚で羨道長=2m w=1.2m h=0.9m(現状)

玄室~ 土砂流入は若干あれど良好 d=5.2m w=1.7m h=1.6m(現状)
PB185055.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は4枚

側壁~ 奥には割石も多用
PB185056.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 見事な鏡石1枚! 砂子山11号墳(山田大塚)似
PB185057.jpg
↑クリック 縦画像...奥は異様に端整

そのわりに古風な右片袖式 
PB185058.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~  全長は7.2m
PB185059.jpg
↑クリック 縦画像...with 精度の良い天井



殿砂2号墳(仮)...1号の上(北)50mほどに14m*7mの巨大墳丘
PB185111z.jpg
実際に盛ったのは3.5m程度かとは思われますが(^^; 加えて前方後円墳の疑いもあり

羨道を2.5mほど失うも南東向きに開口
PB185112z.jpg

羨道から内部 玄室は完存♪
PB185113.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄室に入って~ やや胴張り d=3.5m w=1.4m h=1.3m(現状)
PB185114.jpg
↑クリック 縦画像...with 玄室3.5mなのに天井石は6枚

側壁~ あらゆる面で1号より古い印象 持ち送りも顕著
PB185115.jpg
↑クリック 奥から逆サイド

奥壁~ いちおう下部に鏡石らしき
PB185116.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門はいちおう左片袖式。袖の手前ですでに玄室幅は1mしかないのですが(^ ^ゞ
PB185117.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井 そして羨道幅は0.8m h=0.8m 長さ1.5m(現状)

奥から~   残存石室全長は5mほど
PB185118.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井


2016:Mar

殿砂4号墳(仮)
斜面に対して横向きな山寄せ墳丘は8m*2m程度
P3123851.jpg

南向き斜面で東に開口 現存サイズd=2m w=1m h=0.8m
P3123852.jpg
↑クリック 別角度

前方の壊失部に天井石崩落
P3123853.jpg

側壁~ 短いし埋まり気味でよくわかりませんが割石
P3123854.jpg
↑クリック 逆サイド...同様

奥壁も埋まっていて最上部しか覗えませんが・・・(^^;
P3123855.jpg


↓1号ですけど2号もほぼ同じ位置。車は道路の行き止まり地点にP可
■Point_Link by GoogleMap
[殿砂古墳群(仮)]の続きを読む
  1. 2010/11/18(木) 15:14:00|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

千足古墳*Now

あれから1年、墳丘等の構造調査ってことで今月からトレンチ入ってます


現地説明会
発掘調査もとりあえず終了
PB245157.jpg
不思議と埴輪や葺石の形跡は見つからず。
丘陵利用説もあったが後円部の2段目より上は盛り土…とのこと <画像は24日の先行内見会(?)>

まだ浸かってるわけですが(^ ^ゞ
PB245146.jpg

新たなる埋葬施設 箱式石棺の蓋の上にさらに重り(?)を乗せてる感じ。開けず終い(^^;
PB245166.jpg
横穴式石室を含め墳頂3つ目(2つ目は羨道の上で消失か)
一段下にさらにもう1つあるのですが今回トレンチには掛からず

図面
PC015240.jpg
↑クリック 中央拡大...天井も最奥以外は1度外されたみたい……とのこと。


11/12
東側(羨道の先)トレンチ
PB125026.jpg
↑クリック 拡大...土留め程度の意味しかないのでしょうけど(もしくは後世)

墳頂表面より玄室天井石は0.8m弱下方
PB125027z.jpg

玄室の最奥かな?
PB125028.jpg
↑クリック 拡大...表面は白い!これだと朱も映える


11/09
かなり掘り進む。
PB095011z.jpg


11/02
そういえば墳頂にあった桜の木も伐採<樹齢は30年ほど
PB024961z.jpg

明確になったトレンチ
PB024962.jpg
↑クリック 別角度...手前の赤いライン及び羨道方向にも延びます。つまり十文字



11/01
まずは撤去、横たえられた国史跡石碑
PB014951z.jpg
意外と土台部が小さいが20Cなので計算の上でしょう…そんなことはどうでもいいですけど(笑)

石室上に後世積まれた石材も……撤去なのでツルハシです
PB014952.jpg
↑クリック 羨道方向から

綺麗になった墳頂
PB014953.jpg
↑クリック 縦画像...南試掘予定ライン

紛れて出てきた石室材、玄室玄門付近の天井あたりか?
PB014954.jpg
↑クリック 土器片現時点では思われるモノ

↓今さらですし、載ってるのでマーク無し
■Point_Link by GoogleMap
  1. 2010/11/12(金) 10:11:00|
  2. よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク