古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

赤坂山古墳群=東谷支群(仮)

赤坂山の東側、今回の領域の大半は赤坂山古墳群@GISの圏外です。
もちろん遺跡地図でも空白地帯ですが、フツーに考えると一番ありそうな場所(^ ^ゞ
むしろ15~18なんて場所にあるほうがどうかしてる!1~2は論外(笑)

赤坂山33号墳(仮)...谷の西側やや高台に12m*4m墳丘
P3306611z.jpg

石室はほとんど破壊され・・・石材の大半は持ち去られてるが玄室奥だけ残る
P3306612.jpg
↑クリック 縦画像...石室痕。本来は5m以上で南向き

なんとまぁ、最古ティックな奥壁(^^;
P3306613z.jpg

側壁+天井石<これも古風な細いもの
P3306614.jpg
↑クリック 逆サイド...僅かな側壁



赤坂山34号墳(仮)...谷を東側に渡りゴルフ場の端が見え始める頃に12m*2.5m墳丘
P3306661z.jpg

天井石が5枚露出
P3306662.jpg
↑クリック 縦画像...でも隙間ナシorz

墳丘を巡る石列に向けて広がる羨門付近 石室は南向き
P3306663z.jpg
石室自体の状態は良いのでしょうけど・・・(羨門天井が落ちてるだけのような)



赤坂山35号墳(仮)...34の斜め上方に隣接する13m*3m墳丘
P3306651z.jpg

南に開口~ 羨道は天井石が1枚だけ外されてる
P3306652z.jpg

内部から羨道 羨道長=2m w=1m h=1m(現状)
P3306653.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井はまぐさ石+1枚

玄室~ d=3.7m w=1.4m h=1.6m(現状)
P3306654.jpg
↑クリック 縦画像...with 玄室天井は3枚

側壁~ 若干持ち送りはあるものの落ち着いた造り
P3306655.jpg
↑クリック 逆サイド...片やアバウト。しかも奥に行くにつれ小ぶりになる

奥壁~ 鏡石+左寄せ+右寄せ+2等分と洒落っ気あり
P3306656.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門は・・・両袖式に見えるかもしれませんがおそらく左片袖式のつもりかと
P3306657.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 割石も多用してるが古いのは否めない
P3306658.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

↓ポイントは24号墳
■Point_Link by GoogleMap
[赤坂山古墳群=東谷支群(仮)]の続きを読む
  1. 2011/03/30(水) 14:37:00|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久米大池古墳群=追記

まだ数基出てきそうな雰囲気なので……登ってみる御灰山の尾根。

久米大池1号墳...山火事で出てきた全長54mの前方後円墳  ↓後円部
P3266521.jpg
↑クリック 墳頂中央...残念な盗掘坑

前方部~ 綺麗に焼けたゆえ、今は笹に覆われてます
P3266522z.jpg

後円部に見られる葺石
P3266523z.jpg



その8...もう場所は分布図参照(^^; 11m*2.5mほどの墳丘
P3286561z.jpg

墳頂付近で開口
P3286562.jpg
↑クリック 縦画像...破壊された石材が数点。残存長さは半分以下

中途半端な開口部は南向き
P3286563z.jpg

石室内部~ d=2m w=0.8m h=0.9m(現状)
P3286564.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 中途半端(汗
P3286565.jpg
↑クリック 逆サイド...何から何まで・・・

奥壁~ どこかしら中途半端(^^;
P3286566.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ やはり・・・
P3286567.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井石は2枚



その9...この付近は空白地帯のハズなのですが、13m*3m墳丘
P3286581.jpg
↑クリック 墳頂...with 露出天井石
しかしながら入れるような隙間は何処にも見当たらず

隙間から内部~ 奥壁側
P3286582z.jpg

側壁~
P3286583.jpg
↑クリック 逆サイド

羨道側~ おそらく無袖式
P3286584z.jpg
石室自体、破壊された形跡は殆ど無いです



その10...9の右後方に同規模墳丘
P3286586z.jpg

綺麗な墳頂
P3286586.jpg
↑クリック 散乱石材



その11...9の左後方にシダに覆われた同規模墳丘
P3286588z.jpg

巨大天井石1つ・・・・
P3286589.jpg
↑クリック 抜き取り痕・・・残して全壊



その12...御崎神社後方、東に張り出る舌状丘に13m*4m墳丘
P3296601z.jpg
墳丘形状、立地斜面の勾配からして、十中八九横穴式石室墳

どこにも掘られた形跡ナシ!!!
P3296602z.jpg
十中八九未盗掘

↓ポイントは13号墳
■Point_Link by GoogleMap
[久米大池古墳群=追記]の続きを読む
  1. 2011/03/29(火) 14:24:00|
  2. 追記・補足
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山根古墳群=追記

総社市秦、金子古墳群のあるサントピアから北に約1km近辺より出てきた
秦山頂古墳群(仮)山根古墳群と正式に命名されました。のち一丁ぐろ古墳群に改名
さらに・・・あの巨大1号墳は !!!前方後!!!~とのこと
Pp9103974.jpg
↑クリック Wide...1024*356

なのでちょっと確認・・・東側くびれ 言われてみれば確かに
P3276531.jpg
↑クリック 縦画像...with 前方部

西側くびれ  束ねた枝が邪魔(^^;
P3276532z.jpg
夏場はよく判らなかったのですが、2段目(最下段)の端の形では方墳っぽい

で、前方部の形状も下段を見ると微妙にバチ形
P3276533z.jpg
葺石なのか石列なのかが所々に残りなんとなく形は窺い知れます

いちおう後方部頂
P3276534z.jpg
奥の木の生えてる下が開けられてる竪穴石槨。手前の平石の下は不明

後方部の後方から
P3276535z.jpg

ということで、マジでかなり古いようです(^^;
しかももちろん備前車塚なんかよりも数段デカい。(県下で2番目くらいぢゃなかろうか?)



せっかくなので南尾根上を散策~♪……すると新たなる前方後円墳1+それに伴う円墳3基確認

10号墳...後円部25m*4m 前方部20mほどですが藪の中 ↓いちおう前方部画像
P3276541.jpg
↑クリック 東側くびれ付近

後円部中央~ 1号墳と同じパタン(^^; 先人はちゃんと認識?
P3276542z.jpg

竪穴石槨の蓋らしきが露出しておりますが、開けられてるかどうか?
P3276543.jpg
↑クリック 縦画像...拡大。1号や下の秦大グロ古墳とは異なり主軸に直交してる

11号墳...さらに南に15m*2mほどの墳墓
P3276544.jpg
↑クリック 別角度...でもやはり画像判別無理かも(^ ^ゞ

12号墳...さらに南に同規模墳墓が隣接
P3276551z.jpg

13号墳...ややズレて同規模墳墓
P3276552z.jpg
このズレ方は1号墳に対して5の位置と同じっぽい

↓ポイントは1号墳
■Point_Link by GoogleMap
[山根古墳群=追記]の続きを読む
  1. 2011/03/27(日) 15:00:00|
  2. 追記・補足
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒尾古墳群=追記

総社市黒尾、砂川公園の柿園北の池の奥から~今さらですけどもう1基出てきましたので

その3(黒尾5号墳?)...山寄せ墳丘は約12m*2m 後方から撮~背後のカットは甘い
P3236451.jpg
↑クリック 横から...まぐさ石付近露出

南に開口
P3236452.jpg
↑クリック 縦画像...with 羨道痕<元位置なら左片袖式

羨道付近は壊失なれど玄室はほぼ完存 d=4.8m w=1.5m(最奥1.3m) h=1.2m(現状)
P3236453z.jpg

この付近は新しいか古いか極端なのですが……新しいほうです。
P3236454.jpg
↑クリック 縦画像...with 玄室天井は巨石3枚

側壁~ 横目地も揃う丁寧な造り
P3236455.jpg
↑クリック 逆サイド...こちらは雑です(^^;

奥壁~ 2段 湾曲してるのに継ぎ目に隙間ナシ どうしてこんな仕事ができるのか!
P3236456.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門は不明ですが、やはり左片袖ぢゃないとまぐさ石は落ちてしまいそうだ
P3236457z.jpg

奥から~
P3236458.jpg
↑クリック 縦画像...with 巨石天井

の位置デス。
■Point_Link by GoogleMap
[黒尾古墳群=追記]の続きを読む
  1. 2011/03/23(水) 11:54:00|
  2. 追記・補足
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

造山古墳【現地説明会】

3/19に行われた岡山大学考古学研究室による現地説明会

過去の成果のパネル! 今年度で一旦は終わりです。
P3196361s.jpg

今回の出土品(埴輪片)も数点、受付のところで展示
P3196362s.jpg

報道腕章の新聞記者さん。見つけた埴輪片を鑑定してもらってます(*^.^*)
P3196384s.jpg
この記者さんが松尾大池北西6号墳(?)を見つけてくれたコフニスト君 教授にも取材(^o^)

前方部東の第4トレンチ
P3196363s.jpg
この場所でも周濠の痕跡が得られれば、周濠は楯形と考えられるわけですが

傾斜もあるので人為的な層。10層、11層に有機物が多く、底だったようです
P3196364.jpg
↑クリック 拡大...周堤らしき痕跡も覗えますがまだ未定

後円部北側の第3トレンチ こちらは周堤狙い
P3196381s.jpg

それっぽい層
P3196383s.jpg

↑は↓の東に回り込む畦道(周堤の名残?)の延長上とのこと
P3196383.jpg
ただ中世の改変が著しく、古墳時代の層がハッキリと出ないゆえ、判断は難しい……とのこと

[造山古墳【現地説明会】]の続きを読む
  1. 2011/03/19(土) 11:30:00|
  2. よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

造山古墳*Now2

造山古墳・・・今年も調査と伐採の季節です

P3046312z.jpg

ずいぶんサッパリした後円部
P3046311z.jpg

北側~ ごくろうさまです
P3056321z.jpg

北~ 遙か彼方からでも墳頂が拝める(*^.^*)
P3086340z.jpg



岡山大学考古学研究室による発掘調査も第3次で、周濠確認ちう

前方部横は今回ちょっと妙なところを掘ってます
P3056323z.jpg
↑左上に見えるのは駐車場のトイレ

掘り進んだトレンチ~
P3166344z.jpg
他にもう一箇所、後円部の北側も調査してます(一昨年の外側)

           現地説明会3月19日(土)13:00~16:00 の予定です
  1. 2011/03/17(木) 08:37:40|
  2. よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク