古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小造山古墳(再)

岡山市北区新庄上(一部総社市)、造山古墳の北西500mに位置する墳長約142mの大型前方後円墳。
以前は鬱蒼としていて何がなんだか判らなかったのですが3月いっぱい岡大考古学研究室の測量にて一部伐採
墳丘形状も窺い知れるようになったので再び

なんと工業団地(折敷山古墳の一画)の道からも後円部が見えてます
P3306181z.jpg

後円部墳丘 画像ではピンときませんがけっこう巨大です 85m*12m
P3306182.jpg
↑クリック 天井後円部の端...3段築造

後円部墳頂
P3306183z.jpg

ザックリ盗掘坑  例によって浅い!造山もこの手だとすでに無いかも(汗
P3306184.jpg
↑クリック 縦画像...竪穴式石槨は主軸に沿ってたようです

後円部から見る前方部 -3m以上に低く見えます。ホントに作山古墳より後発なの???
P3306185.jpg
↑クリック 縦画像

東側くびれ
P3306186.jpg
↑クリック 西側...謎の造り出しアリ<まさかの3段目

平たい前方部頂 72m*9m
P3306187z.jpg

前方部から後円部
P3306188.jpg
↑クリック 縦画像

前方部先端角から~
P3306189.jpg
↑クリック 逆サイド...西側

■Point_Link by GoogleMap
[小造山古墳(再)]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/03/30(金) 13:51:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

天神山古墳

前記事:花光寺山古墳のオマケに載せようかと思ったのですが如何せんこちらは備前市(^^;
備前市新庄、道路が分断した花光寺山古墳の丘陵北部分に位置する前方・・・
いや、たぶん円墳です。。。

花光寺山古墳の1枚目画像とは逆方向(東から)で撮影。右側頂部にあります
P3196151z.jpg

こちらは市指定
P3196152z.jpg

説明板 伝説タッチです(^^;
P3196152z.jpg

墳頂@パノラマ 中央は若干凹む
P3196154p.jpg
墳丘は40mと花光寺山古墳より小さい

他に撮れるポイントはない(汗

■Point_Link by GoogleMap
[天神山古墳]の続きを読む
  1. 2012/03/19(月) 18:00:00|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

花光寺山古墳

瀬戸内市長船町服部丸山、備前市と瀬戸内市の境界というか後円の一部は備前市

丘陵を分断する道路の南側(画像右)に位置する墳長約90mの前方後円墳
P3196131z.jpg

立派な石碑 いろいろ出土してるゆえ県指定  (現在はです)
P3196132z.jpg

50m*8.5mの後円部。↓側面(西から)
P3196133.jpg
↑クリック 北から

説明板
P3196134z.jpg

墳頂部径は20mほどあります@↓パノラマ
P3196135p.jpg

南南東に延びる前方部は40m(幅は26m)
P3196136z.jpg
画像だと判りづらいですが、前方部は殆ど広がってません

前方部から後円部 後円部は5mも高い
P3196137z.jpg
形状から察してもかなり古いデス

■Point_Link by GoogleMap
[花光寺山古墳]の続きを読む
  1. 2012/03/19(月) 17:00:00|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

土居火釜古墳

津山市福井津田、中国道を潜り県道415を北上、412と合流する200mほど手前の脇に位置

415から撮。13m*3mの墳丘は古墳オーラ全開してます
P3096041.jpg
↑クリック 横(東)から...with 天井

南に開口 この手のシチュエーションだと綺麗にあいてることが多い(^_^)
P3096042.jpg
↑クリック やや斜め...正式名称は「火釜」、読みは“ひのかま”なれど何故か『の』も無い

羨道部は天井石を失う
P3096043.jpg
↑クリック 内部から

玄室は良好 d=5m(+羨道2.5m) w=1.5m h=1.8m
P3096044.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。ALL割石

側壁~ しっかりと輿石仕様
P3096045.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 整いは悪いが同等2段。北部でもこの流れがアリ?
P3096046.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 無袖式でまぐさ石までは残っています
P3096047.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。この成熟度はおそらく7C

■Point_Link by GoogleMap
[土居火釜古墳]の続きを読む
  1. 2012/03/09(金) 16:30:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

唐臼墳墓群

美咲町打穴西、3基の横穴式石室墳に奈良時代の火葬墓1基を加えて県指定
「唐臼墳墓群」となっていますがいまでも古墳群自体は釜ヤ谷古墳群のようです。しかも全4基。

尾根筋の一画が切り開かれ整備
P3096101z.jpg

説明板
P3096102z.jpg
1号墳がどれか判らないオチ(^^; ……なので釜ヤ谷で通します


釜ヤ谷1号墳...3基中一番高所(西)で墳丘は15m*2.5mとのこと
P3096103.jpg
↑クリック 後方から墳頂...天井石露出

東向きの石室 d=4.5m w=1.7m(最奥1.4m) h=1.5m(現状)
P3096104.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ かなり斬新な積み方
P3096105.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 3段というか、のちに割れて3枚になった感じです
P3096106.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 袖は不明
P3096107.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



釜ヤ谷2号墳...下方やや南寄りに天井を失う石室
P3096121.jpg
↑クリック 縦画像...d=3m w=0.6m 程度

奥壁~  規模相応(^^;
P3096122.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 少しは意識してます
P3096123z.jpg



釜ヤ谷3号墳...最下方に同様の石室
P3096131.jpg
↑クリック 縦画像...d=4m w=0.6m 程度

側壁~ 2号墳よりはマトモ
P3096132.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 鏡石っ(^o^)
P3096133z.jpg

4号墳は道を挟んで東側の尾根上(現在も採土現場にておそらくもう無い)




いちおう・・・いちばん上のお墓=唐臼墳墓
P3096091z.jpg

上方から~ 2段築造 下段は辺6m 上段は辺5m
P3096092z.jpg

横から~ 中央に外容器
P3096093z.jpg

■Point_Link by GoogleMap
[唐臼墳墓群]の続きを読む
  1. 2012/03/09(金) 14:21:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

別所古墳群

美作市朽木別所上、R374からR179(出雲街道)に折れ1km少々。
南東に延びる尾根の西側斜面全体が古墳群で全18基から成る(おそらくもっと多い)
が、石室が残ってるらしいのは3基。魅惑的なのは1基のみ(^^;

別所1号墳...朽木集落の最奥やや東の高台に位置
P3096000z.jpg
広範囲なので気が重かったが、なんとR179から見えてます※↑望遠なのでこんなに見えてるわけではない

資料上の墳丘は 6.5m*2.5m そんなバカな(^ ^ゞ
P3096001.jpg
↑クリック 横から...旧町と市、2本の碑が!そう、市史跡(知らなかった)

南南西に開口 羨道手前は絶壁なので登れません
P3096002z.jpg
手前ならびに東側は果樹園

羨道~ 入り口はちと狭い
P3096003.jpg
↑クリック 堆積土砂を抜けて羨道~玄室

内部から羨道 L=3.5m w=1.1m h=1.5m(現状)
P3096004.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井まぐさ石、一段下がる

玄室~ d=4m w=1.6m h=2.3m(現状)
P3096005.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。h=2.3mでもかなり埋もれてます

側壁~ 北部のイメージに沿わない大型石材
P3096006.jpg
↑クリック 逆サイド...

奥壁~ 2段で下のは半分くらい埋もれてるようです
P3096007.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。奥壁が3段に見えるが天井石を斜めに懸けてます

玄門は・・・片袖式ということになってるけど、どうみても両袖式。ズレとかいうレベルではない
P3096008.jpg
↑クリック 羨道側...羨道側壁も揃ってズレるはずもなく(^^;

奥から~ 規模のわりに玄室が短いのであまり写りません
P3096009.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

ほとんど割石ですが、組み方はけっこう粗い。でも7Cかな



その2...1号墳の東側に10m*2mくらいの墳丘
P3096011.jpg
↑クリック 逆サイドから...←1号墳の墳頂から撮

頂部は荒らされ凹んでる(汗
P3096012z.jpg



その3...さらにその上方15mに低い墳丘 6m*1m程度 墳墓か
P3096013z.jpg


その4...さらにその西方20mにも8m*1.5m 山寄せ墳丘
P3096014z.jpg
元は横穴式っぽい墳丘形状だが開口せず。盗掘坑もあり


その・・・...東の雑木林に無数の墳墓というか盗掘坑あと
P3096015z.jpg

これも
P3096016z.jpg
こんなだと探す気になれません。雨だし(^^;

↓ポイントは1号墳
■Point_Link by GoogleMap

[別所古墳群]の続きを読む
  1. 2012/03/09(金) 14:00:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高田古墳群

赤磐市高田廻り、R484沿い吉井川手前約1km付近にある集落で一番南のお宅の敷地内に位置

高田1号墳...池寄りの一段低い畑の外れに露出石室
P3095911.jpg
↑クリック 拡大...これでは「まさか!」です

奥部のみ残った石室は東に開口
P3095912.jpg
↑クリック 斜めから...後方に地権者さん宅

内部~ d=2m w=0.8m h=1.1m(現状)
P3095913.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



高田2号墳...同じお宅の庭先 ↓北側の道路からでも見えます
P3095921.jpg
↑クリック 別角度...お邪魔して庭先から

石室は北東向き d=2m w=1.5m h=0.9m(現状)
P3095922.jpg
↑クリック 斜めから...袖風に立ってるのは改変です

側壁~ 
P3095923.jpg
↑クリック 逆サイド...上部でコレだと元はかなり立派な石室

奥…壁~ 埋もれてほとんど見えません(左上に詰めた礫石っぽいのが少し見えるのでさらに奥行きがあるわけではない)
P3095924z.jpg



高田3号墳(仮)...全2基なれど鬼子母神堂の北25m地点に石室基部らしきあり
P3095931z.jpg
d=2.5m w=0.7m 一帯は屋敷跡扱いされてるんですけど…奥壁らしきもあるし(^ ^ゞ

↓ポイントは1号墳。2号の位置は…最初の画像で察しがつくかと(^_^)
■Point_Link by GoogleMap
[高田古墳群]の続きを読む
  1. 2012/03/09(金) 13:01:00|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大塚古墳群

美作市北坂大塚、湯郷石橋GCの南麓付近にある5基から成った古墳群ですが
多くは破壊され石室が確認できたのは1基のみ

大塚2号墳...阿津田神社へ向かう三叉路に位置する墳丘
P3095931.jpg
↑クリック 背後から...←奥の道を進む(南下)すると向古墳群に至る

南側から全景~ 羨道部の石材も散乱
P3095932.jpg
↑クリック 別角度...改変され現状は双方中円墳(^^;

石室は南に開口
P3095933s.jpg
↑クリック 斜めから...天井石、一部露出

石室~ d=6m w=1.5m h=1.9m しかも良好
P3095934.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。成熟期のスタンダード

側壁~ やや乱れはあるが石材は大きめです
P3095935.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 二人埋葬されていたようです<冗談(^^;
P3095936.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。見事な鏡石で側壁も天井も奥部は完璧

奥から~ 入口天井が明らかに低いので玄門でしょう。よって無袖式
P3095937.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井<これくらい巨石だと破壊を免れる

■Point_Link by GoogleMap ※航空写真にするとズレます
[大塚古墳群]の続きを読む
  1. 2012/03/09(金) 11:58:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

向古墳群

美作市殿所向、……場所の説明をしようがないのですが(^^;<GoogleMap参照
三叉路のところがちょっと広いのでP可。で、車を降りると1号墳の墳丘は見えてます

向1号墳...墳丘は10m*2m程度
P3095981.jpg
↑クリック 逆サイド(西から)

南南西に開口
P3095982.jpg
↑クリック 開口部上...1つだけ露出

石室はおそらく無袖式 d=5.5m w=1.3m h=1.4m(現状)
P3095983z.jpg
竹が邪魔です(^ ^ゞ

側壁~ 北部仕様で石材は小粒だが几帳面に積まれる
P3095984.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 形の良い1枚で側壁が手前に回り込む
P3095985.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 向かって右側が歪んで傾いてます
P3095986.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。本来持ち送りは無いもよう



向2号墳...1号墳の西40m@雑木林 墳丘は11m*2.5m程
P3095971.jpg
↑クリック 背後から...前背面に道はあります

南に開口
P3095972.jpg
↑クリック 上部...封土は若干流れ天井石露出

石室~ d=6.5m w=1.4m h=1.8m
P3095973.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。一部隙間もあるが内部は良好

お気づきでしょうが……陶棺片みごとに放置。さすが美作!
P3095974.jpg
↑クリック 手前にも大きなのが埋まってる...足としては完存ですよ(笑)

こちらにも多数。ちゃんと掘ればかなり復元できそうなのに
P3095975.jpg
↑クリック 別角度...こちらの足は破損、でも底に付いたまま

側壁~ 割り石多用で目地も比較的揃う
P3095976.jpg
↑クリック 逆サイド...やや雑&礫石もあり

奥壁~ 鏡石+ちょっと足らなかったようです
P3095977.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。これだけ積んでも持ち送りはない側壁

奥から~ 袖は曖昧で後世の乱れかと。よっておそらく無袖式
P3095978.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。1号同様右側が若干傾く。工法に起因?

↓ポイントは1号墳。2号墳は40m西
■Point_Link by GoogleMap
[向古墳群]の続きを読む
  1. 2012/03/09(金) 11:00:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。