古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

一丁ぐろ15号墳(仮)

密かにBig Newsです(^o^)

一丁ぐろ古墳群・・・東支脈6~8号墳の先に15号墳が出現しました。
いまさら『またかよ(^^;』 この期に及んで1基2基増えたところで……かもしれませんが
ところがコレ・・・おそらくある意味、1号墳をも凌ぐビックリマーク付き!!!

一丁ぐろ15号墳(仮)...8号から南東に降るとすぐ低い墳丘
PA247051z.jpg
↑北から撮ですが、一辺20m弱の方墳・・・に見え~

表、南東側から~ 斜面を切って築造されています→前中期ではない
PA247052z.jpg

方墳特有の平たい墳頂ライン
PA247053z.jpg

南側に“2段”の石列というか・・・<2列ではなく2段です(^_^)
PA247054.jpg
↑クリック 別画像...周囲にも段差

上段一辺13m、下段一辺18mの方墳、さらに前面に二段の前面壇なので南側は計4段
つまり北房の大谷1号墳のような構成。

墳丘下段の隅!如何にも石列が巡らされた終末期方墳。右上に見えるのが上段
PA247055.jpg
↑クリック 縦画像...拡大

墳頂~玄門辺りか、明らかに前辺と平行する石材が僅かに見える
PA247056.jpg
↑クリック 縦画像...先(南東)はそこそこの斜面

羨道・羨門は、この辺りだと思われ・・・明らかな盗掘痕は無いような♪
PA247057z.jpg

↓ポイントは1号墳
■Point_Link by GoogleMap

[一丁ぐろ15号墳(仮)]の続きを読む
  1. 2012/10/24(水) 13:30:00|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

西庄古墳(仮)

岡山市東区西庄、雨乞山頂の東方約600m=79番鉄塔の南約100mに何故かポツンとある後期古墳。
操山の東隣の山なのですが、こちらは一転古墳は疎ら。おまけに一部を除き、尽く名無し!

山寄せ12m*3m墳丘は背後をカット、墳頂は流失してるが比較的良好
PA057021z.jpg

南向き石室は羨道壊失……右片袖とのことですがこの石、高すぎるので疑問アリ
PA057022.jpg
↑クリック 縦画像...with 羨道痕?

現・開口部 この最初の天井が玄室1枚目なのかまぐさ石なのか、ハッキリしません(前者っぽい)
PA057023.jpg
↑クリック 上から羨道痕
羨道らしき側壁は1枚目の天井の下まで至っておりません。となると・・・
まぐさ石は手前にあって消失?でも高さが(笑)
羨道より玄室天井が低い石室構造となってしまいます。
導かれる答えは、一見~羨道側壁上部(袖?)に見える石は元位置ではない(^^;

玄室内部 d=5.1m(+羨道痕跡らしき=1.7m) w=1m h=0.5m(現状最大値)
PA057024z.jpg
いちおう奥まで開いてはいます・・・が、狭い(^ ^ゞ

側壁~ ほぼ割石
PA057026.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 上段しか見えません。おそらくこの下に鏡石が・・・
PA057027z.jpg

内部から・・・入り口は見えない(^^;
PA057025z.jpg

実は入ってはいません・・・天井隙間から撮影  で、その隙間ですが!!直線割り
PA057028.jpg
↑クリック 後方から露出天井

残存率はそれほど悪くはないのですが・・・これだけ埋もれてると名前…付かないか(^^;

■Point_Link by GoogleMap
[西庄古墳(仮)]の続きを読む
  1. 2012/10/05(金) 18:02:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク