古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

井出の手古墳群

矢掛中学から県道34号を北へ1kmほど上がった井出の手地区。
3基から成るが3号墳は埋没、1号墳は雪模様&山中腹&残存僅からしいので断念m(__)m

井出の手2号墳...これも状態はよくないですが(^ ^ゞ
P1280366.jpg
↑クリック別角度...手前に転がってるのは天井石

玄室内...といってもいきなり奥壁。 d=約2m w=1.4m h=1.7m 最奥なら立てる
P1280369s.jpg

平たく加工された1枚の奥壁

床には棺の枕石のようなものも
P1280370s.jpg

奥から~
P1280373.jpg
↑クリック縦画像...天井が落ち込んでも十分入れます

天井消失部も埋もれてるだけで残ってる模様
P1280375.jpg
↑クリック別角度...手前の石が本来の羨門なら全長は7mくらい

辺りに大きな石はゴロゴロいっぱいあるのに・・・・側壁石材は小さめ。
反面奥壁だけはえらい立派です。



追記:2011.Jan
2号墳の上、小さく迫り出た尾根の斜面、金比羅宮の境内ってことになってますが
その建物、もうありません(Google_Mapでは四角いのが残ってます、彼処)

井出の手1号墳...削平された墳丘。金比羅宮は古墳の上に建ってたようです
P1265741.jpg
↑クリック 金比羅宮の名残...瓦&まさかこの社がMapに載ってるはずもなく

西南西に開口 羨道はもう少しあったようだ
P1265742.jpg
↑クリック 縦画像...開口部の先は急斜面にて壊失羨道は長くても2m

玄室~ d=6m w=1.4m h=1.5m(最奥/現状)
P1265743.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 1つ抜け落ちてる
P1265744.jpg
↑クリック 逆サイド...割石も多いがやや雑

奥壁~ 鏡石+α、立地も含め2号よりは先行でしょう
P1265745.jpg
↑クリック 縦画像...右隅、妙な細工してる

片袖式ってことなのですが、土砂で曖昧
P1265746.jpg
↑クリック 逆サイドも若干迫り出てる。むしろ無袖とみるか両袖とみるか

奥から~ 本来持ち送りはあまり無かったと思う
P1265747.jpg
↑クリック 縦画像...with 高所にしては巨石天井

↓ポイントは2号墳。1号墳は東北東上方の四角いところにあります
■Point_Link by GoogleMap
2008.1.28
遺跡リストでは“井手の手”ですが矢掛町史では『井出の手』なので後者に準じました

荒神社手前の県道に駐車スペースあります。
山袖端に小さな墓地があるのでそのすぐ上に位置します。

折しも降り出した雪は積もり始めるし、雑木の葉は濡れてくるしで...
1号墳を目指せど20mくらい登ったところで挫折してしまいました(^ ^ゞ
それでもずぶ濡れ……


2011.1.26
地図上で水路のように描かれてますが車道です
荒神社から東に谷頭まで登ると合流はできます。

で、尾根をぐるりとやや南まで回ったところからさらに登る道が微かに・・・ただすぐ無くなります
雑木林ではなく、一旦開墾されたようなその一画の北の端に古墳&宮跡。
  1. 2008/01/28(月) 22:12:40|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小池古墳 | ホーム | 郷ノ上古墳群>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/124-5e31ec49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。