古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

松井古墳群=前編

久々に吉備路風土記の丘に戻ってきました。
こうもり塚古墳のすぐ北側の山、数度チャレンジしたのですが密林&倒木でなかなか進めないうえ
メインの尾根上は箱式石棺や木棺と思しき低い墳丘が並んでるだけ。
今回は郷土館から法蓮広堂山へ向かう道の東側の丘を探索。やっと6基の石室確認

その1...下トビオ池の北端あたり、道側壁に石材が露出してます
P3070496.jpg
↑クリック拡大...どうして今まで見えなかったんだろ?(笑)

開口部...というか、隙間(^ ^ゞ
P3070494.jpg
↑クリック内部...カメラ挿入すれど限界



その2...その1の右上。その1の墳丘上から見えます
開口してるのは玄室の中央あたりの天井。極狭!
P3070490.jpg
↑クリック墳丘...この円墳、ちょっと変わってます
フツーに中央が高いのですが石室があるのは西の端で南に羨道
つまり東側7割くらいは???もう1室あっても不思議じゃない

玄室内部...d=3m w=1.3m h=1mほどで、かなり古そうです
P3070481.jpg
↑クリック奥壁...何のこだわりもない

埋もれてる羨道側。玄門はしっかりあるが無袖か
P3070486.jpg
↑クリック縦画像...with天井。羨門付近の石材は露出にて羨道は2m程と窺える



その3...上下トビオ池の間の東側。10mほど奥まってるが道から見えます
やはり羨道側は埋もれたままで天井脇に微かな隙間
P3070499.jpg
↑クリック別画像...道から見える全景

隙間から玄室へ。d=3.5m w=1.3m h=1.3mほど。
P3070502.jpg
↑クリック縦画像...造りはまだまだ粗い

奥壁こそフラットなのだが
P3070509.jpg
↑クリック縦画像

奥から羨道側...埋もれてるので玄門はよくわかりません
P3070511.jpg
↑クリック縦画像...with天井。

ちなみに侵入口。ギリギリ(^ ^ゞ
P3070522ss.jpg



その4(4号墳)...東側へ回って新池にさしかかった辺りの西斜面でコレも道から見えます。
P3070527.jpg
↑クリック拡大...やっとすんなり入れる開口部<東向き

羨道は消失で残存寸 d=2.5m w=1.2m h=1.5mほど
P3070531.jpg
↑クリック縦画像...with天井。奥壁に拘りはあるが側壁は粗い

奥から~持ち送りというより、全体的に傾いてる?
P3070535.jpg
↑クリック縦画像...with天井。無造作に積みあげただけ...みたいな



その5...新池を過ぎたあたりで奥まってるけど露出天井が道から見えないことはない。南に開口
P3070544.jpg
↑クリック露出天井石...残存は2枚。

半分くらい埋もれてる玄室。d=2m w=1.2m h=1mほど、、、持ち送りはまとまってる
P3070545.jpg
↑クリック縦画像...with天井。

奥から~
P3070553.jpg
↑クリック縦画像...with天井。



その6...5より西に奥まった林中。これのみ道から見えず
墳頂から盗掘されたようで深いところに穴orz
P3070557.jpg
↑クリック内部...カメラ挿入するも埋もれてます

どれも状態は良くないですが、造りもよくない(笑)
いや、笑い事ぢゃなく、、、この地もいきなり優れた技術が伝わってきたのじゃないってことを物語ってます


7号墳後編


その8...トビオ池の西側斜面に位置
以前『鳶尾塚古墳(?)』と載せてましたが、やはり違うようなのでこちらに移動

墳丘は15m*5m 天井石は露出
PC310088.jpg
↑クリック縦画像...見づらいですが実際には長いことが伺える

羨道は片面を残すのみで、玄室は・・・・・埋まってマス
PC310094.jpg

なお、この松井古墳群、、、これらを除けば他は頂上尾根に並んでることになってるがかなりの難所(汗
藪の中に低い墳丘がそういえばあるかな?!って程度の前期っぽいのが殆ど。
全42基ですけど、あっても石室はあと2基か?

■Point_Link by GoogleMap

周辺の石室墳と比べると、驚くほど幼い印象。

分布図↓
matsui.gif
西尾根の墳墓は適当...とにかくずら~と並んでる


7号墳後編
  1. 2008/03/07(金) 23:34:02|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<古屋谷古墳(仮) | ホーム | 真神古墳群>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/175-336458ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク