古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

槌ヶ谷古墳群

瀬戸内市牛窓町、二塚山古墳の北西の山で二塚山古墳方向に伸びる尾根上。
南斜面はなだらかな丘ですが笹が密生しておりかなりの難所となっております

槌ヶ谷1号墳...麓から200mくらい。もうココでヘトヘト(^ ^ゞ
15mほどの墳丘と思われるが藪に覆われて目立ちません。
南東向きの開口部も直前に至らないとわかりません。。。
P3170267.jpg
↑クリック Zoom

羨道長は3.6mほど。w=1.3m h=0.6m
P3170268.jpg
↑クリック 内部から羨道

玄室 d=4.8m w=2.2m h=1.8m やや埋もれ気味なれどじゅうぶん広い
P3170270.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

平たく仕上がってはいるがあまり拘りのない奥壁。1つ破断してる
P3170273.jpg

奥から~ 側壁の丸さが目立つ
P3170276.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

キレイにまとまってる玄門。右片袖式
P3170281.jpg

天井に一カ所小さな穴があり、そこから土砂が流入してるが、その他の状態は良いです。



槌ヶ谷2号墳...1号墳からさらに100m、ほぼ頂上なのでこちらのほうが見つけやすい
墳丘もしっかり残ってるし南西向き開口部も大きい
P3170296.jpg
↑クリック 縦画像...羨道痕はさらに在る

痕も含めると3.5mの羨道、天井を有するは2.5mほど。w=1.2m h=1.1m
P3170299.jpg
↑クリック 内部から羨道

玄室 d=3.6m w=1.7m h=1.8m 1号墳よりは後に見えます
P3170312.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

タラコが3本の奥壁(^ ^ゞ
P3170302.jpg
↑クリック 縦画像

奥から~ 1号墳とは逆の左片袖だが同様にまとまりは良い
P3170311.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

床面は少し埋もれてますがフラット。ほぼ完存で良好な石室

■Point_Link by GoogleMap

久々のアドベンチャーわ~るど(笑)
地図上では南側から登る道があるのですが、最初から背丈以上の笹まみれ。
モグラの如く突き進むも何処にいるのか全く不明で....
嫌気が差して笹地帯を脱するとイバラの群生地帯……笹のほうがまだいいやで戻る。
1号墳まではずっとそんな状態ですから.、、、たっのしぃぞぉ~~~♪

実際1号墳に当たったのはちょっとラッキーって感じ。
なんせ探せる状況じゃないので少しでもズレると通過してしまう。

さすがに1号墳を後にして悩みました....100m先の2号墳に向かうか帰るか
まぁ、せっかくですし2度と来る気にもなれないでしょうから(笑)
tuchigatani.gif
幸い頂上付近になると雑木林になり少しは歩きやすくなる
2号墳直前はもう地形も平坦ですし墳丘も目立ちますので見逃すことはないかと。

で、、、、さすがにもう南へは帰れない。
車を山の東側に停めていたので絶壁覚悟で東へ降りる...いや落ちる(笑)
落ちてもシダの海でフワフワ~。地面に足がつくこともない(爆)
どうにか無事降りられたけど、もちろん上れるルートぢゃない!!!

南西から登っても急勾配そうなので北西のループしてる道から頂上伝いがまだいいかも????
  1. 2008/03/17(月) 21:05:00|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<亀山古墳群 | ホーム | 二塚山古墳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/193-0c0e971a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク