古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

正伝名池上古墳

瀬戸内市長船町磯上、長船から県道381を北上、県道425に折れる直前の細い道を東に入り
池の奥の鋭角カーブのところに駐車スペースあり(1台オンリーですが僻地なので…)
池の北岸を道なりに東へ150mくらい~平地に15mくらいの墳丘あります<道中笹多し(^ ^ゞ
P3250200.jpg
↑クリック 別角度...側面から

ほぼ西向きに開口
P3250202.jpg
↑クリック Zoom...羨道側壁は続く

羨道から内部...ん?この玄門は吉備の國ではちょっと珍しいかも
P3250204.jpg
↑クリック 縦画像...天井真っ赤デス!側壁にも朱の残存

まぐさ石に何か描かれてるような、ないような・・・。羨道長=4.3m(天井有2.8m) w=1.5m h=1.3m
P3250205.jpg
↑クリック Zoom...ヒトに見えないこともない。真ん中だし

両袖式玄門、内部から~ やはりちょっと変則気味<表側ほどぢゃないけど
P3250206.jpg
↑クリック 縦画像
羨道側が変わって見えるのは羨道と玄室の幅が同じだから

奥壁上部欠損の玄室 d=4.2m w=1.5m h=1.9m
P3250208.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。玄室にも朱がチラホラ

奥壁側、外から...こちらから入る方が楽
P3250210.jpg
↑クリック 墳丘後方部...天井もやや露出

残存奥壁...割られたのではなく上に積まれていたようです。羨道に転がってる石かも
P3250211.jpg
↑クリック 下部表面...削り残しか?側壁にも削ってる石材あり

奥側から~ 側壁、大きめの石材は不揃いだが均一に持ち送られてる
P3250215.jpg
↑クリック 縦画像
...with 天井

かなり後期にも思えますが、定かでもなし。
他所の國から技術陣が立ち寄ったのか、戻ってきた使者の見よう見真似か?

■Point_Link by GoogleMap

奥壁が健在ならお薦め墳だと思うのですが、、、残念。
雰囲気もな~んか特異な石室でございます。
立地場所ゆえか、ちょっと湿気が多い(湿気が多いと朱が長持ちしてる気が。因果関係は如何に?)

******************************************

早いもので、記事数も200に達してしまい、通算460基ほど訪れたようデス。
いつまで続くやら(^^;.....ネタは尽きないのか?
  1. 2008/03/25(火) 20:00:00|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<上笠加古墳群=前編 | ホーム | 行願院裏山古墳>>

コメント

奥壁がこの程度なら普通なら十分お勧め品なんだけどな(笑)

太く短くか細く長くか、それが問題だヾ(^^;)
半年で460基ですか、凄いな~。
この調子で行くと数年で終わっちゃうんじゃない(^^;)
ちなみに私の方は細く長く傾向気味(^^;)
  1. 2008/03/26(水) 20:12:54 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

奥壁が残って密閉されてれば反面、かなり苦しい玄室かもですが(笑)
風通しのいい今でさえ特有(ご存じとは思いますが)のカビっぽい臭いで溢れてる。

やはり太く長くは無理ですか~(笑)
確かに折り返し地点はそろそろかなって気はしてる今日この頃(^ ^ゞ
460と云っても大票田(使い方違うっ!)の三因で90基、緑山+稲荷山で40基ほど稼いでますから。
操山も大崎も温存してるし……
いちおう目標は千塚(^^;
  1. 2008/03/26(水) 21:19:36 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/200-a3b819e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。