古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

大内古墳群=前編

備前市大内、最東部 池灘古墳(9号)を含む16基からなるが大半は天神社西の山裾周辺
ちなみに大内はオオウチでもオウチでもなくオオチと読みます
※(?)付き古墳No.は推測の域を出ません

大内7号墳...天神社境内、保育園の隣で開口してない15mほどの墳丘
P4120124.jpg
↑クリック 別角度...石材を抜かれた羨道らしきが微かに...



大内3号墳...この一帯で最大の墳丘は有刺鉄線と網で囲まれる
P4120146ss.jpg

南に開口...傾きつつも羨道も残存
P4120125.jpg
↑クリック 縦画像

3.5mほどの羨道から内部
P4120144.jpg
↑クリック 内部から羨道

玄室 d=5m w=1.6m(胴張り) h=1.7ほど
P4120127.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥壁周辺...2枚+1だが綺麗に組まれてます
P4120132.jpg
↑クリック 縦画像...最奥天井は真っ二つ(汗

右片袖の玄門部。倒れてる石材が左の袖にも見えるが、全体像は片袖っぽい
P4120138.jpg
↑クリック 縦画像

奥から~ こうしてみると床は均一に数十センチ埋もれてるのが判る
P4120135.jpg
↑クリック 縦画像...with 巨石天井



大内12号墳(?)...3号墳の南東隣に8mほどの墳丘
P4120206ss.jpg

南に開口してますが狭い&手前の竹が邪魔で入室断念(入れないことはない)
P4120198.jpg
↑クリック 縦画像

目測 d=3m w=1m h=1mほどの玄室。
P4120200.jpg
↑クリック 縦画像...状態は悪くないのだが、如何せん狭い

石室自体が小さいけど1枚石の奥壁
P4120203.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



大内10号墳(?)...3号墳の北西隣。天井らしきが崩落
P4120147.jpg
↑クリック 内部画像...即、奥壁!<1枚のようです



大内5号墳(?)...さらに北西に並ぶ。墳丘は12mと大きめだが玄室は半分ほど
P4120150.jpg
↑クリック 縦画像...手前に落ち込んでるのは天井か?

幅は1.7mほどの奥壁~ 
P4120152.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。水没して不明だが高さは2m越えか?



大内2号墳...さらに北西に隣接。南に大きく開口
P4120155.jpg
↑クリック 縦画像...盛土は殆ど流失

玄室~ d=8.6m w=1.7(胴張り) h=1.9m
P4120157.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

細かいがぎっしり積まれた側壁
P4120169.jpg
↑クリック 逆サイド...朱らしきがかすかに残る

1枚+1の奥壁
P4120161.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。奥は側壁材も大きめ

奥から~
P4120163.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



大内1号墳(?)...2号墳の北西、道+水路より山側に開口
P4120188ss.jpg

開口部も広くw=1.3m d=3.5m h=1.5mほど...
P4120189ss.jpg

2段積みの奥壁。側壁の面も素晴らしい出来
P4120196.jpg
↑クリック 縦画像...but 水が溜まってて入れませんorz




大内14号墳(?)...同じく水路沿いに北西に30m程、やや奥に開口
P4120172.jpg
↑クリック 10m程の墳丘

羨道部は埋もれてるが玄室の状態はよい w=1.1m h=1.3m d=4mほど
P4120175.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

開口部は狭いが通過できないこともない...ただし直滑降。脱出する自信がなく断念
P4120184ss.jpg
これ1基なら意地でも入るけど、そろそろ疲れてます(汗)



大内13号墳(?)...14号の西20mほど。もう大滝道の墓地が見える位置
巨大だったであろう墳丘は真っ二つで石材が微かに残る
P4120185.jpg
↑クリック 縦画像

と並べてみたものの、相変わらず資料が曖昧で特定不能。

後日新たに9基確認大内古墳群=後編

Map_Pointは3号墳あたりですが“続きを読む”に推定(独断)分布図掲載
■Point_Link by GoogleMap

Oochi2.jpg

マゼンダ白抜きは未発見なので参考位置。
6号(1号?)は完全に見落とし(汗)<コレを見ておけばもう少し確実だったかも
4号は潰れて曖昧だったので撮ってません(^ ^ゞ
8号はハナからパス。11号雑草で断念。
15-16号墳は登ってるうちに、どこに居るのか見失ってしまった<延々似たような谷が続く

大内古墳群~奥谷古墳群の分布図は古代吉備文化センターの閲覧室内、
No.155船山遺跡に掲載されており見てくれは正確そうなのに、ちょーアバウト!
ズレ方に規則性も何もない...エライ目に合いました(笑)

※黄色は大滝道古墳群



後日新たに9基確認大内古墳群=後編
ってことで計19基・・・え?全16基ぢゃないのか?
  1. 2008/04/12(土) 23:55:55|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<青陵古墳 | ホーム | 大滝道古墳群>>

コメント

一応神社に近い2,5,3,12,6号は見たけれどHP古墳とあれを見たときは横方向の移動があんなに大変だとは思わなかったけどね(^^;)
1,14号は再訪するには微妙な石室の残り具合(笑)
どうせ奥谷も行かなくちゃいけないからやはり再訪だな。

事前に地図で確認した時は神社までの道は住宅地が密集した中の細い道のように見えたので大池側の公民館に車をおいて歩いていったら私でも行けるような割と広い道じゃん(^^;)
手前に車を止めやすい場所があると残り数百mでも歩いていくσ(~~)
後悔することもよくあるけどね。
  1. 2008/04/15(火) 20:42:45 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

資料なんかもそうですが、あの一連は東西の様に記載されてるけど
実際北西に延びてるので余計に紛らわしい。

最近雨が多かったので、1は水没してない時期があるのかも。
14もその気になれば入れます(こののち近所で仕事だったので服を汚したくなかった(^^;)
その気になれるかどうかは、確かにびみょ~

たいてい手前に停めちゃうと後悔しますよね(笑)
でも突き進んでどうにもならなくなり後悔するよりマシですから(^ ^ゞ

私は神社の手前の道に堂々と停めてしまいました。
広かったし、そこに至るまでの道が狭いので どうせ大きな車は来ないだろうと。
7号墳の南の公園もほとんど駐車場化してたし、、、てか
大滝道から歩いても往復なので結局同じのような気も。
谷川がありますが渡れるように中央に石を置いておきました<1年後にまだあるのか?(笑)
13側からみると墳丘らしきが見えたので一度渡った次第。空振りでしたけどorz
  1. 2008/04/15(火) 21:13:06 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/226-a2178aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク