古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

龍王池東古墳群(仮)

岡山市高松稲荷、奥の院のある龍王山頂上より南西に延びる尾根の先端。
名称未設定古墳が3基密集してるので勝手にまとめて古墳群を命名。
去年末、一度南側から試みたが谷に阻まれ断念、今回は逆からアクセス。
北側から小さな池経由で等高線上を西に回り込むあたりに位置します

その1...10mほどの墳丘もしっかり残る。周渠も鮮明
P4300596.jpg
↑クリック 逆側から

羨道は消失で大きく南に開口
P4300569.jpg
↑クリック 正面から...墳丘のわりに石室は大きい

羨道から内部。無袖式で持ち送りナシ...かなり後期仕様で終末期風
P4300573.jpg
↑クリック 縦画像

石室全長4.6m(玄室3.3m) w=1.5m h=1.8m でも名無し(^ ^ゞ
P4300576.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

異様に長い石材を含む側壁。玄室と羨道の区別も明確
P4300578.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁は見事に四角い1枚 1.5*1.8m でも名無し<クドい(^ ^ゞ
P4300581.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。奥壁も天井も加工面

奥から~ 玄門は一段低い
P4300585.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



その2...より20m西、やや下に8mの墳丘←から見えます
P4300598.jpg
↑クリック 後方から...ココより下は急斜面

やはり南に開口。羨道の天井は消失
P4300599.jpg
↑クリック 縦画像...羨道痕は2mほど

同様、無袖式の石室 d=2.3m w=1.1m h=1.3m
P4300604.jpg
↑クリック 縦画像

側壁...やはり丹塗りか。石材不揃いだがこれもかなり後期な香り
P4300610.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 上段が斜めなのは長すぎて横に収まらなかったから(笑)
P4300612.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 玄門は明確に1段下がる。先に転がるは羨道天井のようです
P4300615.jpg
↑クリック 縦画像...美しい玄門まぐさ



その3...の上30m程ですが、これはちょっと探さないと見つかりません
墳丘も残ってないし藪の中だし開口方向もやや東寄りで予想を裏切る
P4300624.jpg
↑クリック 露出天井...隙間はない

石室内部...d=2.5m(+羨道痕1m以上) w=1.1m h=0.9m
P4300629.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。これはちょっと古そう

側壁...なにも塗り込まれてない
P4300652.jpg
↑クリック 逆サイド

均等2段の奥壁
P4300635ss.jpg

奥から~ 無袖式だろうが玄門天井は気持ち下がってるかって程度
P4300641.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

この場所に関しては周りに適した石材がゴロゴロ、
平たく割れてる天井向け石材もいっぱいあるので、
逆にどうしてもっと大きいのを使わなかったんだろうかと思えるほど。
なら10日もあれば出来そうな(笑)

Map_Point↓はその1ですが、続きを読むに分布図
■Point_Link by GoogleMap

分布図 ↓クリックで別窓広域
ryuoh_w.gif

南の佐太郎塚古墳群もそうですが、車で奥の院に上がって下ったほうが楽です
(佐太郎塚より南は急勾配で登るのシンドイ)

すくなくともはここまで来た甲斐がある石室@それほど難所でもない
なぜ名無しのままなのか不・思・議
  1. 2008/04/30(水) 23:55:25|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<和井元上古墳群(仮)=前編 | ホーム | 稲荷霊園古墳群=前篇>>

コメント

これ程の石室が無名だなんて担当者の怠慢でないかいヾ(^^;)
その2のように急斜面にまん丸い墳丘があって石室が開口している、なんてのは好きなんだよね(^^ゞ
是非行かなくては。
  1. 2008/05/02(金) 19:14:56 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

これに味をしめて、期待しつつ名無し古墳巡りをしてしまいそうです。
ドジョウはそんなに居ないでしょうが(笑)
旧倉敷区域のデータナシ古墳にもドジョウ多いし(^_^)

その1も後ろから見るとカワイイですよ♪
  1. 2008/05/02(金) 22:42:25 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

はじめまして、nenashiと申します。
県外の大学の考古学研究会というサークルで、この山の古墳の石室の踏査をしています。
確認している石室の場所は、龍王池東古墳群(仮)の参道をはさんだ東側にあります。この古墳も名無しです。
もしかすると、すでにご存知かも知れませんが、よろしければご案内できると思います。
  1. 2008/05/02(金) 23:51:38 |
  2. URL |
  3. nenashi #-
  4. [ 編集]

■ nenashiさん
情報有り難うございます。
もうこの山もお終いかなぁと思ってたところへ、、、東側にもまだありますか...知りませんデス。
東側だと丘陵地でしょうか? 1基ですか?
もしよろしければ
http://spice.gotdns.org/kofun/ryuoh_sw.gif
↑地図上A.B.Cからの方角、時計の何時程度で結構ですのでお教え下さると嬉しいですm(__)m

踏査内容も気になりますが...
なんか妙ですよね、ここの石室たち(^ ^ゞ
  1. 2008/05/03(土) 01:03:50 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

全部で15基あります。
1つはAとBをつないだ真ん中あたりで東に伸びてる道の側なんですが。
他の古墳は、そこから北の方角です。
言葉だけでは説明しにくいので、画像で教えたいんですが、メールで送りましょうか?
石室の規模なども計測しているので、それも同時に伝えられば、と思っています。
  1. 2008/05/03(土) 16:03:13 |
  2. URL |
  3. nenashi #-
  4. [ 編集]

とりあえず4基は確認@現地
  1. 2008/05/03(土) 16:06:05 |
  2. URL |
  3. かまどねこ@携帯 #YZygDJcY
  4. [ 編集]

あ、ありがとうございます。今、現地なので帰宅後お願いします。15基ですか(ΘoΘ;)頑張ります
  1. 2008/05/03(土) 16:19:06 |
  2. URL |
  3. かまどねこ@携帯 #-
  4. [ 編集]

■ nenashiさん

帰宅しました...な、なんですか あそこはっ!(笑) 大古墳群v-237
10基確認したところで飽きました<をぃをぃ。
休む間無く並んでると疲労困憊。←清音の峠古墳群なみの疲れかた
どれがどれだかわかんなくなるし。。。
陽も傾いたし残りは後日ってことで下山(^ ^ゞ

道もあるし、どうして名無しなんでしょう? 謎は深まるばかりなり

ジグザグと見えるがまま上に見ていったので
頭の中で分布図がまったく描けてません(ほぼ方向音痴状態)し、あと5基もまだ不明。

よろしければ
soundspice@gmail.com
のほうへお送りいただけると有り難いです
  1. 2008/05/03(土) 19:10:35 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

メール送りました。
本当になんで確認されてなかったんでしょう。(汗)
調査内容は機関紙に載せるつもりなのですが、かまどねこさんが確認したこの龍王池東古墳群(仮)を無視するわけにはいきません。どうまとめていくか悩みどころです。
  1. 2008/05/03(土) 20:41:30 |
  2. URL |
  3. nenashi #-
  4. [ 編集]

■ nenashiさん

ありがとうございます。
あと5基、がんばります
but...撮った写真の整理も大変。どれがどれやら(笑)
龍王池東古墳群(仮)は県の資料にも載ってますよね、確か。
手持ちの資料(岡山埋文センターでもらった地図)でも3つの赤テンありですが、ここはな~んにもない!
さて、なんと名付けましょう?
  1. 2008/05/03(土) 22:07:19 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

なんという名称にするか仲間内でも悩んで、「奥の院の何番」と仮に呼んでます。
最上稲荷奥の院古墳とでも呼びますかね、長いような…。特に小字(こあざ)も無いようですし。
  1. 2008/05/03(土) 23:14:25 |
  2. URL |
  3. nenashi #-
  4. [ 編集]

いいですねぇ...なにからなにまで頂いちゃいますm(__)m
ご存じとは思いますが昔この手前までケーブルカーが上がってたので当時は開けてただろう一画だけに不思議。
(丘陵で道が三角になってるあたりに駅があったもよう)

当ブログ内で割と大きいのに資料に全く載ってないと思われるのは
総社、久代大塚古墳の下にある2基。
どちらも開口部が狭く入れませんが、片方は内部の朱が良く残って真っ赤な珍石室です。
  1. 2008/05/04(日) 00:41:36 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/244-2e388ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク