古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

最上稲荷奥の院古墳群(仮)=後篇

ひきつづき・・・・・・

その9...のすぐ上で墳丘も明確、開口部も広い
P5030303.jpg
↑クリック 縦画像

やはり持ち送り無き玄室。d=2.7m(+痕跡2.6m) w=1m h=1.4m(現状)
P5030304.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

不揃いだが面はきっちりしてる側壁。目地塗りアリ
P5030315.jpg
↑クリック 腰石下部... h=1.4m(現状)と敢えて記したのは後世に掘り下げられた形跡あり

奥壁あたり~ ここもほぼ1枚
P5030309.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ やはり無袖式のよう
P5030312.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



その10...墳丘も高く状態もそこそこ(^_^)
P5040283.jpg
↑クリック 縦画像

羨道天井消失だが玄室は完存 d=3.3m(+羨道痕2m) w=1.2m h=1.4m(現状)
P5030288.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

粗いが安定感はある側壁
P5030291.jpg
↑クリック 逆サイド像

奥壁あたり~ 2段
P5030293.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。ここも床を掘り下げてる

奥から~ 玄門も明確な無袖式
P5030297.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



その11...手前に天井石らしきが転がる
P5030237ss.jpg

雑木が生える羨道痕は1.5mほど
P5030238.jpg
↑クリック 縦画像

玄室 d=3m W=1.4m h=1.5m(元は1.4mか?)
P5030240.jpg
↑クリック 縦画像...with 群中最高天井。蝙蝠もそれを知ってか(^ ^ゞ

側壁...粘土塗りはいいが、蜂の巣窟(汗
P5030256.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁あたり~ 塗りたくられてよく判りませんが ほぼ1枚
P5030247.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 右片袖かもしれないが、まぁ無袖式でしょう
P5030251.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



その12...ほとんど露出&崩壊
P5040399ss.jpg

重ねて埋没orz w=0.7m 全長は4mほど
P5040401.jpg
↑クリック 露出天井...残ってはいるのだが

奥壁も埋没で確認できず
P5040404.jpg
↑クリック 後方より...露出天井



その13...参道に近い位置。奥以外は崩壊
P5040408.jpg
↑クリック 縦画像...全長は4mほど

奥壁はお決まりのパタン。玄室 w=1.0m h=1.0m
P5040415.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



その14...半分くらいは天井を失う石室
P5030257ss.jpg

正面から w=0.6mと狭い
P5030261s.jpg

h=1mなので入れないこともないが……すでに疲れてます(^^; 天井があるのは1.7mほどだし
P5040360.jpg
↑クリック 縦画像...大きく見えますが誤解なきよう(^ ^ゞ



その15...この1基のみ少し離れた位置にあります
P5030230.jpg
↑クリック 縦画像...手前は東に向かう広い道

天井は1枚を残すのみ d=3.5m w=0.9m h=0.9mほど
P5030231ss.jpg

玄室内に立つ天井石
P5030229ss.jpg

奥壁~ 詳細不明
P5030232.jpg
↑クリック 別角度...後方は道路

...とまぁ
15基が密集する大(?)古墳群です。その15を除けば範囲は60m四方程度
まるで清音の峠古墳群のごとく!ってか石室の規模も似てるし特徴も似てますから 
ほぼ同時期=小型石室墳が乱立した末期でしょう。
この山の北側、下足守方面にはここよりも古そうな中規模石室が多いが、これほど密集はしていない。

しかし何故これだけのものが見ても見ぬふりされてるのか...恐るべし吉備の國(^^;

分布図は続きを読む
■Point_Link by GoogleMap

分布図
okunoin_w.gif
↑クリック 拡大


地図を見てると、これで終わりって気がしません(^^;

ps : Special Thanks to Mr.nenashi
  1. 2008/05/03(土) 21:00:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<最上稲荷奥の院古墳群(仮)=前篇 | ホーム | 和井元上古墳群(仮)=前編>>

コメント

恐るべし吉備の国2。
峠しかり緑山周辺しかり、群集墳はめぼしいところを行った後にしようと思っているところへこれだもんな。
ど、どうしよう(^^;)
でもまだ大崎も操山もあるだろうし、二重の意味でため息がでそう(^^;)
  1. 2008/05/05(月) 09:01:39 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

常に次なる隣の古墳が見えてるようなところなので、淡々とクリアしていくだけ(笑)
その都度、ため息ひとつ(^^;

またしても終わりなき旅路であることを思い知る

  1. 2008/05/05(月) 17:16:20 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/247-373acb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク