古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

操山古墳群=4

二日目は里山センター北300mから池の畔を通って南へ登る。

37号墳...登り始めて100mくらいで南側柿畑の中に石室が露出
P8090007.jpg
↑クリック 縦画像...天井は奥部2枚しか残ってません

側壁~ 天井部の2倍くらい残存
P8090012.jpg
↑クリック 逆サイド

玄室~ d=3.5m(天井有=1.8m) w=1.8m h=1.4m(現状) 奥壁は巨大で1枚っぽい
P8090009.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 短いのでほとんど景色(^ ^ゞ
P8090013ss.jpg



操山36号墳...さらに登り尾根筋直前、谷部に畑が広がるが明らかに無駄な竹藪地帯<これが墳丘
P8090014ss.jpg

反対(東)に回り込むと一段下がって開口
P8090016.jpg
↑クリック 縦画像

羨道 d=2.3m w=1.1m h=1.1m
P8090020.jpg
↑クリック やや奥から内部

状態の良い玄室 d=4m w=1.8m h=2m
P8090024.jpg
↑クリック 縦画像...with 揃った天井

側壁~ 丸っこい石材が多いが、きっちり4段で積まれてる
P8090027.jpg
↑クリック 逆サイド...こちら側も同様

奥壁~ 幅いっぱいの鏡石(埋もれてなければ半分くらいあるか)の上に丸粒多数。
P8090033.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門~ スッキリしてる左片袖式
P8090040.jpg

奥から~ 床は均一に土砂が堆積してるようだがこの高さ
P8090041.jpg
↑クリック 縦画像...with 巨石天井たち
古墳群のほぼド真ん中、しかも道沿いにこの規模の石室が潜んでるなんて……恐るべし(^^;



操山35号墳...前36号墳より道を挟んで南西20m。つまり古墳の間を道が貫いてる
P8090043ss.jpg

頂部付近に小さく開口してるだけ。羨道側は埋没
P8090044ss.jpg

玄室奥はよく残ってるもよう。石積みは36号墳そっくりで同規模か
P8090048s.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井+蝙蝠



金蔵山古墳(操山30号墳)...前2基の東側丘陵頂部に位置する墳長165mの前方後円墳
P8170347ss.jpg

径110mの後円部中央より南側に副室の竪穴式石室
P8090056s.jpg
北側の主室は、どこだか不明

天井が1枚剥がされ開口 石室は長さ=7.2m w=1.35m h=0.85m
P8090058.jpg
↑クリック +周辺画像

石室内部はレンガ積みの如く~流紋岩板石
P8090062.jpg
↑クリック 縦画像...天井も真っ平ら

側壁~ 
P8090063.jpg
↑クリック 縦画像...すべて同様

開口部より反対側...こちら側のほうが長いのですが通過できない
P8090068.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

※当初の37号墳→35号墳、その13→37号墳に修正 

Map_Pointは奥の塚古墳=里山センター 分布図は“続きを読む”に
■Point_Link by GoogleMap

暫定分布図↓
misao.gif
↑クリック 拡大

金蔵山(かなくらやま)古墳の石室も放置状態って感じで如何にも吉備の國らしい(^^;
  1. 2008/08/09(土) 15:07:04|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<操山古墳群=5 | ホーム | 操山古墳群=3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/295-fc002ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク