古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

操山古墳群=5

前記事“金蔵山古墳”の丘陵東側谷に舗装された道路があり周囲には柿畑が広がる

柿の木古墳(操山33号墳)...道路沿いに綺麗に残る墳丘,,,のハズが柿の葉が生い茂って(^^;
P8090078.jpg
↑クリック 接近画像

追記:冬場の綺麗な墳丘
P3042417.jpg
↑クリック 別角度...こうでなくちゃ

ほぼ東向き開口部正面
P8090080.jpg
↑クリック 縦画像

羨道から玄室 真夏の弊害、凄い湿気でミスト状態
P8090082.jpg
↑クリック 内部から狭い羨道...長さ3.3m w=1.2m h=0.8m

玄室到達...d=4.5m w=1.7m h=1.7m
P8090083.jpg
↑クリック 縦画像...with 床

側壁~ 各段、石材の形状が揃えられてる
P8090089.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 右7割は奥壁らしく積まれてるが・・・(^ ^ゞ
P8090090.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

この古墳群は左片袖式が圧倒的に多い
P8090098ss.jpg

奥から~ 
P8090095.jpg
↑クリック 縦画像...with 平行な巨石天井



操山34号墳...33号墳と向かいあって道路を隔てて位置。ただし雑木林の中
P8090122ss.jpg

ほぼ西向き開口部正面
P8090105.jpg
↑クリック 縦画像

羨道から内部 羨道長=3.3m w=1.1m h=0.8m
P8090108.jpg
↑クリック 内部から羨道

かなり埋もれてる玄室 d=4m w=1.7m h=1.3
P8090110.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ やや雑にみえるが上部だけしか見えてないのでなんとも・・・
P8090113.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁も大半は埋没状態
P8090114.jpg
↑クリック 縦画像...with

奥から~ 33号と向かい合って対称なのか、珍しく右片袖式
P8090117.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



沢田大塚古墳(操山40号墳)...34号墳から舗装道路で北に400mほど。
東へカーブ地点に案内板があり直進すると群中最大の石室墳で大きく西に開口
P8090123.jpg
↑クリック 裏jから墳丘...竹林なので判り難いm(__)m

広々&長い羨道から内部
P8090125.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

内部から羨道、、、並みの玄室よりも長大  d=6.4m w=1.7m h=1.7m
P8090129.jpg

そして玄室 d=4.8m w=2.8m h=3.2m・・・敢えて縦画像
P8090130.jpg
↑クリック 横画像

側壁 上段まで巨石で持ち送る
P8090135.jpg
↑クリック 逆サイド

奥から……やはり縦ぢゃないと収まらない。玄門上の天井部はRを描く
P8100163s.jpg
↑クリック 横画像...左片袖部も美しい♪
圧巻の巨石石室。規模の割りに玄室が短いので天井は2枚だけ。



操山43号墳...前30号墳の東約200m、北にカーブする道の内側果樹園に露出
P8090151.jpg
↑クリック 拡大縦画像

横(南側)から~
P8090155ss.jpg

玄室奥部には空間はかなりあります d=3m(+埋没羨道2mほど) w=1.2m h=1.2m
P8090157.jpg
↑クリック 側壁画像

Map_Pointは奥の塚古墳=里山センター 分布図は“続きを読む”に
■Point_Link by GoogleMap

暫定分布図↓
misao.gif
↑クリック 拡大

追記:沢田大塚の東下、42号墳→操山古墳群=20
  1. 2008/08/09(土) 18:28:31|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<操山古墳群=6 | ホーム | 操山古墳群=4>>

コメント

33号は操山の中で一番美しい墳丘というか一番よく墳丘が見えている古墳かな(^^ゞ
でこの暑い中しかも薄靄が立ちこめる石室の中に入ったの(^^;)
沢田裏山はパスしているのに(^^;)
石室を次から次へとみかけるにつれて我慢が出来なくなってきたんでしょうか(笑)
  1. 2008/08/12(火) 08:21:16 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

すっかり『柿の葉古墳』だった33号墳(^^;

何も潜んでないよなぁ~と警戒態勢なれど、何もいないし・・・
入っちゃえば冷んやりしてるので出たくなくなるほど(笑)
もちろん居心地悪くて即行で脱出したのもありますけが(汗、結局石室を前にしては17号以外通常モード。
ただ当て所なく探してみるってのはあまりない(^ ^ゞ
  1. 2008/08/12(火) 12:46:12 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/296-31419fb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。