古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

操山古墳群=7

中央尾根筋に戻ってから34号墳後方(東側)の丘陵頂部を目指す。

石鉄山古墳(操山54号墳)...頂部、古墳の森ふれあい広場の南の隅に整備された墳丘 13m*2m
P8090254ss.jpg
広い一画なのに、どうして端っこに1基だけあるのでしょう? 将来的に何基も並べるつもりだったか??

東向きに開口
P8090255.jpg
↑クリック 別角度...with プレート

羨道から奥...かなり埋まって狭い&長い d=5m w=1.3m h=0.8m(現状)
P8090257.jpg
↑クリック 奥から羨道

やはり埋もれてるが十分広い玄室 d=4.3m w=1.9m h=1.7m
P8090260ss.jpg

側壁~ 面のない丸っこい石材が多い。
P8090261.jpg
↑クリック 逆サイド...手ぶらで登ってもかなりキツイ場所なのだが石は何処から

奥壁あたり~ 結構古そうなので“墓地”になるビジョンもなかったかな(^ ^ゞ
P8090263.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ やはり左片袖式+立派なまぐさ石
P8090266.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。こうしてみると半分以上埋もれてます



操山55号墳...54号開口部前の道を東に100mほど下ると右側に開口
P8100132ss.jpg

正面から~一見、羨道消失の左片袖式ですが実は奥壁側(^ ^ゞ
P8100134ss.jpg

玄室~ d=4m w=2m h=1.8m
P8100135.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥壁~  横の列はよく揃ってる
P8100136.jpg
↑クリック 逆サイド

やはり左片袖式、袖部はやや粗い
P8100138.jpg
↑クリック 埋没羨道...w=1.3m h=1m 長さは不明

奥から玄門~ 中央にあるのは抜かれた奥壁か?
P8100139.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井
 


操山57号墳...尾根筋まで降りて西に戻ると道際に道標、その先に微かに見える
P8100118ss.jpg
どうせならもう少し書くことはないんかいっ!58号墳と勘違いされてることも多いというのに。

指された方に30mほど登ると小型の石室で墳丘は皆無。確かにコレでは標がなければ見逃しそう
P8170283.jpg
↑クリック 縦画像

僅かに残る玄室奥部 d=1.8m w=1.2m h=0.7m(現状)
P8100126.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

---余談、小さく低いですが案内の後方に円墳があります。
P8170288.jpg
↑クリック 頂部<石材も見えてます(画像だと判りにくい(^^;)



操山58号墳...さらに西に戻ると南側斜面に12m*2.5mの墳丘がこんもり
P8090278ss.jpg

道とは逆の南に開口。羨道痕もないし、この面構えは羨門ですな(^_^) でも狭い(T_T)
P8090279ss.jpg

内部から羨道 d=4m w=1.5m h=1.2m
P8090280ss.jpg

辿り着いた玄室は羨道より短い。 d=3.5m w=1.9m h=2m(現状) ココもややミスティ(汗
P8090285s.jpg

側壁~ 大きな石材ながらやはり丸っこい
P8090289.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 幅は目一杯の巨石。埋もれてる部分は1枚っぽいがもう1段あるかも
P8090390s.jpg

奥から~ 珍しく両袖式
P8090293.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。やはり1m以上埋もれてるようなので本来は3m越か

Map_Pointは奥の塚古墳=里山センター 分布図は“続きを読む”に
■Point_Link by GoogleMap

分布図↓
misao.gif
↑クリック 拡大

里山センターにある散策マップだと58号墳は道の北側になってるので
57号墳と思われてる人もおられるようで<そんなブログもアリ

59号以降は東部地域なので、たぶん合ってる……と・・・思う(^^;
79~83号は中央域だが51号墳東側の麓。
  1. 2008/08/09(土) 23:13:29|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<操山古墳群=8 | ホーム | 操山古墳群=6>>

コメント

石鉄山も冬とは全く違った趣。
しかもここといい58号といい、腹這いにならないと入れないと思うけど後が大変だったのでは(^^;)
どうでもいい57号に案内表示があるのに完存の58号には何もないのは何故でしょうね。
58号には入って欲しくないと言う管理者の意志かも(^^;)

それにしても操山は一部例外はあるけどあちらにポツンこちらにポツンと散在状態で探し歩くのが大変だな。
あんな広い場所で密集していても逆に大変だけど(^^;)
  1. 2008/08/13(水) 09:04:14 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

石材はたぶん20℃もなくて結露で濡れてるうえ僅かながら流入する空気も冷やされて霧発生
・・・それゆえカラっと写ってくれません(汗

54号も58号もつま先立てて肘で歩けたような、、、あまり汚れた記憶はないです。
でも58号はある程度通過したところでもう大丈夫かなと膝をついたら
腰が天井につっかえて見事にハマってしまった。
もう笑いが出るほどまったく動けずしばらく藻掻くという醜態(笑)

んなこととか色々危ない(入らない人からはもっと危ないように思われてるようですし)ですから
管理者側としてはあまり入って欲しくないんでしょうね。
少なくともマムシに関しては57号のほうが居そうな雰囲気でしたが(^ ^ゞ

ポツンポツンも適度ならいいですが、確かにちょっと離れすぎ、
それに高低差が加わるのでかなりキツイです。
2日目までは順番に巡ってたからまだいいですが、3日目は「次は1km先かぁ~」なんてことに。
この先続けるにしても、入山ポイントを色々変え車で移動しようかと、、、
それはそれで高低差は余計に増えるか(^^;
  1. 2008/08/13(水) 12:01:30 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/298-120d7ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク