古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

操山古墳群=17

なおも笠井山支群~ 最初の59号墳近辺に再び。
前回は81号墳の下に駐車したのですが、もう1本東経由で吉備津岡辛木神社まで行けますので
そこの駐車場からなら殆ど登らなくて済む。(西から登ると結構急斜面な笠井山)

操山60号墳...59号の北15mほどの茂みの中。天井消失
P8290237ss.jpg

南向きで、その先に外された天井石が一枚放置
P8290238ss.jpg

奥壁周辺~ w=0.8m h=0.7m 全長は3mほど
P8290238.jpg
↑クリック やや斜めから...with 側壁

当初のその56(S56)は61号墳



操山62号墳...59号と61号の間、5mほど南~茂みの中に天井露出
P8280178.jpg
↑クリック 開口部...藪内なので上からしか撮れませんm(__)m

意外と状態の良い玄室 d=4.8m(+羨道痕3m) w=1.7m h=1.9m(最奥)
P8280164.jpg
↑クリック 縦画像...奥から2枚目天井、落ちる寸前

側壁~ 奥に行くほど小さくなる逆パタン
P8280168.jpg
↑クリック 逆サイド

右片袖式の玄門  羨道幅=1.3m h=1.4m
P8280170.jpg
↑クリック 左側...立柱モドキ側壁石材

奥から~ 持ち送りはほとんど無い
P8280172.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



操山64号墳...59号西側を15mほど南下 最奥部分以外は破壊
P8280184.jpg
↑クリック 逆サイドから

羨道側に崩れ落ちてる石材 全長は6mほど
P8280192ss.jpg

奥壁&側壁 w=0.9m h=1.1m
P8280186.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



操山65号墳...64号の10mほど西、同様に奥部分のみ
P8280197.jpg
↑クリック 別画像

2段らしき奥壁
P8280202.jpg
↑クリック 縦画像...天井は2枚残ってる

Map_Pointは奥の塚古墳(S1)=里山センター
■Point_Link by GoogleMap

分布図
kasaiyama.gif
この一画は割と進んだのでなんとか解析にて号数に変更(2つくらい自信がない(^ ^ゞ)

にしても63号墳が無い。。。。。w=1.8m 左片袖と大きいハズなのに見つかりません。
参考にした3つの分布図ともこの一画には9基しかないので見落としとも思えず

でも埋もれてたけど59号西、道沿いに↓こんなプレート
P8280182xx.jpg
表示通り斜め奥に64号はあるのですが・・・・大半の人はこれを見ると59号を63号と思うだろう。
そもそもこのプレートの基準がサッパリ判りません!
少なくともこの一画で敢えて示すなら62号墳だろうし、“ハイキング”的にも64号は雑木林の中。
59号や62号や67号のほうがよほどアクセスもし易い。
  1. 2008/08/28(木) 20:20:20|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<操山古墳群=18 | ホーム | 操山古墳群=16>>

コメント

地図だけ見ると神社もかなり行きづらそう(^^;)
やはり地道に里山センターからかな。
こうやってみると昨年は西から行って古墳群の直前で左折して笠井山を目指し同じコースを通って帰っているみたい。
見事に古墳を避けてますな(^^;)

号数の分かる石室が出てきたので訂正しておこう。
さすがにS○○号ではね(^^;)
  1. 2008/08/30(土) 09:29:12 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

そういえばココ、山頂から南尾根西斜面にはまったくないですからねぇ。
平坦な尾根ですが、もう尾根には作らなくなった頃だったのか地域的縄張りか?
おそらくココの被葬者は山(島)の東~南側居住者。
北側には平野が開けていたようなので、中央は沢田の谷のみならずその平野一帯の墓地ってとこか。

S60番台は、、、さすがに確認してる数のほうが少ないので特定できませんが、
?付きながらS60→89号、S61→86号、S62→84号ってとこでしょうか。
1@古墳のお部屋は67号です(次回UP予定)

S57からS61に向けて縦断すればゾロゾロ出てきそうですけど、この時期はちょっとハード(^^;
  1. 2008/08/30(土) 14:57:48 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/310-a6b4b1cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク