古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原古墳群=前編

もう近場には残ってないとボヤきつつも、なぜか吉備路に舞い戻る(^^;
総社市原、こうもり塚古墳の東南東ほんの1km弱(千足古墳からも同じ距離)
ただし山陽道(県道270)より南側で大山古墳群(岡山市)と同じ山の裏側です

原12号墳...道沿いなので車から運転しつつ見えた(^ ^ゞ  墳丘10m*2mほど
P9120161.jpg
↑クリック 正面から...しかも開口部まで車から見える始末(一旦通り越して先の果樹園でUターン)

西向きに開口...狭い(汗
P9120165.jpg
↑クリック 別角度...まぁ、これくらいなら(笑)

石室内~ 幅は狭いが良く残ってます d=4m w=0.8m h=1.5m
P9120166.jpg
↑クリック 縦画像...こんな幅でも高さがあるから大きな墳丘になってもーたか?
覗いた時点では左片袖の羨道に見えたのですが、そのまんま奥までズドン(^ ^ゞ

側壁~ かなり古そう<近場で云えば松井古墳群レベル
P9120167.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 最下段は埋もれてるが鏡石なんて概念皆無な頃
P9120171.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 玄門はきっちり残る無袖式。開口部がアレなので外は見えません。
P9120179.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。左側壁やや膨らむ



原13号墳...12号墳の後方20mに一回り大きな墳丘 12m*2.5mほど
P9120243z.jpg

やはり西向きに開口。もっと狭い(^^;
P9120191.jpg
↑クリック ややお掃除...まぁ、これくらいなら、too!

羨道から~ ほとんど写らず(^ ^ゞ
P9120192.jpg
↑クリック 内部から羨道...L=2m w=1m h=1m(現状40cm)

想定外な玄室到達(^_^) d=4m w=1.6m h=1.8m
P9120201.jpg
↑クリック 縦画像...最奥天井は1段低い

側壁~ わりと揃ってるし面も出てる
P9120205.jpg
↑クリック 逆サイド...立派なモンです。

奥壁~ しかしやはり鏡石はナシ。
P9120208.jpg
↑クリック 縦画像...with 一段低い天井

奥から~ いかにも古いタイプの右片袖式。それよりも・・・
P9120211.jpg
↑クリック 縦画像...with 段差天井
最奥のみならずまぐさ石から順に4段で徐々に高くなる天井。珍しい!

コンビニの東側を南へ入る。↓12号墳ですが、ほぼ同じところにあります
■Point_Link by GoogleMap

いまさらお膝元にこんなのが残ってるなんて、我ながら詰めがまだまだ甘い(^ ^ゞ
古墳さんも『どうしてウチには来ないんだ?!』とお怒りだったハズ(爆)
それほど容易な場所にあります(反面、入るのは容易ではないケド)

12,13号墳って資料では石材未確認(^^; 
開いたのは最近か? or 調査のひとが入るの厭で無かったことにされたか・・・
13号の羨道はギリギリ匍匐前進、玄室に至った途端落ち込んでるので頭から落ちます(笑)

12号墳手前に駐車スペースあるので徒歩数秒!!!<ココでUターンも可
あと6基ほど石室があるかもしれませんが、雨が降り出したので撤収<2基でじゅうぶん疲れたし(汗
  ↑おそらく13号より上ですが、林道は草茫々

追記:残り6基→中編後編

分布図
hara.gif
=消失・埋没にて未確認(場所は推定の域)
  1. 2008/09/12(金) 20:52:18|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宿古墳群 | ホーム | 松尾大池北西古墳群=後篇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/315-4ea9fad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。