古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小屋谷古墳群

津山市福田の谷間で5基からなるようですが2~5号墳は壊滅状態とのこと。
しかしながら1号墳の状態はひじょうに◎です。

小屋谷1号墳...谷頭にある池に向かう道脇南側に位置。駐車スペース隣接
PA020121.jpg
↑クリック 裏側...道路から撮影。墳丘は15m*3mとのこと

南に開口
PA020123.jpg
↑クリック 別画像...中央に開口部ですが露出の加減で(^ ^ゞ

長い石室 d=7.9m w=1.3m h=2.2m
PA020124.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

床には陶棺の破片も転がってる(焼温度が低いのか白っぽい)
PA020131.jpg
↑クリック 最奥側面...見事な切り面

側壁~ 石材は小さめだが凹凸なく仕上げられてます
PA020134.jpg
↑クリック 逆サイド

1枚の奥壁~立派なり
PA020135.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 片方傾いてるが元からっぽい
PA020136.jpg
↑クリック 縦画像...with 素晴らしい天井

■Point_Link by GoogleMap

車でこれ以上入って大丈夫だろうかと不安になる頃あります(笑)
っていうか、スペースがあったのでもうUターンしようと車を回してたら隣にあった次第(^^;

2号墳以降は1号墳東50mくらいの斜面のようですが・・・
いちばん麓の1号だけこんな状態で残ってるのも摩訶不思議。
  1. 2008/10/02(木) 20:55:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<剣戸古墳群=前篇 | ホーム | 正京茶畠古墳>>

コメント

初心者の頃剣戸塚を訪問しようとして地形図を読み間違えて見つけた石室(^^;)
少し慣れた頃ならまずこの谷に入っていくことはなかっただろうな。
2度目の訪問の時にはとてもじゃないがここまで車で入ってはいけないので剣戸塚の所に車を止めて(それでもかなりきつい場所に止めたけど^^;)歩いていきました。
入り口にオイル缶らしきものがまだある(笑)
陶棺の破片があるんですか、気がつかなかったな。
もうさすがに行かないけど。
  1. 2008/10/05(日) 16:42:14 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

現地だと剣戸塚への道は北に向かってる気がしますからね。
確かにココに折れる道のほうがそれっぽい角度(^ ^ゞ

この後の剣戸6号墳でも出てきますが、
陶棺といっても日乾し煉瓦並みの色なので紛らわしいデス。
釜などなく藁とかで燃やした程度かもしれません。

ちなみに、剣戸東塚前はオープンで駐車出来ました(^_^)
  1. 2008/10/05(日) 18:05:04 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/325-94d655d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。