古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

剣戸古墳群=後篇

引き続き~  尾根の南東麓に13号墳と14号墳が並んであります。

剣戸西塚古墳(剣戸13号墳)...17m*4mの墳丘で南東方向に開口
PA020178.jpg
↑クリック 後方から...状態の良い墳丘

開口部...若干破損か
PA020179z.jpg

長い玄室 d=9.7m w=1.6m h=1.9m
PA020180.jpg
↑クリック 縦画像...with 平坦な天井

側壁~ やや大きめな石材で面も揃ってる
PA020182.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ ほぼ均等な2枚を左右に
PA020183.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 持ち送りナシで無袖式
PA020184.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



剣戸東塚古墳(剣戸14号墳)...19m*4mの墳丘で南東方向に開口
PA020153.jpg
↑クリック 後方から...状態の良い墳丘

前広場にある説明板...片や1400年保ってるのに、僅か5年で朽ち果ててます(^^;
PA020154.jpg
↑クリック 拡大...したところで、殆ど読めないので転記↓

剣戸古墳群と東塚・西塚
 この一帯には、6世紀から7世紀にかけてつくられた多数の古墳があり佐良山古墳群中の剣戸古墳群とよばれています。 その支群には、丸山古墳群(消滅)中宮古墳群(9基)高野山根古墳群(3基)剣戸古墳群(12基)などがあります。前方後円墳の高野山根1・2号墳以外のほとんどは円墳です。横穴式石室をもち、中に陶棺を納める例の多いのが特徴です。
 この剣戸東塚(14号墳)も円墳で、横穴式石室をもつ古墳の一つです。古墳は直径約19m、高さ約4mあります。石室の規模は、奥行き9.5m、幅約1.8m、高さは約2mで寛文九年(1669)、日蓮宗不受不施派の青年僧日勢とうら若い四人の女性信者が備前藩の宗教弾圧に抵抗し、この石室内で、題目一途に数十日の断食生活を送り、命を絶ちました。そのことから、法華塚あるいは比丘尼塚ともよばれています。
 この古墳西側にも、ほぼ同形同大の横穴式石室墳があり、剣戸西塚(13号墳)とよばれています。かつて、陶棺が発見されたと伝わっています。ともに、6世紀の終わりころつくられた古墳とみられます。
                   平成15年8月 - 津山市教育委員会


開口部...門扉付きですが施錠はされてません
PA020156z.jpg

綺麗に整備されてる玄室 d=9.8m w=1.7m h=2.2m
PA020158.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ かなり後期を覗わせる造り
PA020159.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁周辺~ 1枚の巨大鏡石には経が刻られてる
PA020163.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 南部の7Cものと比べても遜色ない
PA020165.jpg
↑クリック 縦画像...with 見事な天井

↓14号墳の位置です
■Point_Link by GoogleMap

東塚だけなんか別格。
こんな石室内でなら断食しても苦にならない<んなっ(笑)

分布図↓
kendo.gif
  1. 2008/10/02(木) 21:25:50|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<高野山根古墳群 | ホーム | 剣戸古墳群=前篇>>

コメント

この前の駐車場が使えたんでしょうか。
私の時はロープでとうせんぼされてたな(^^;)
おかげで車を止めるのに苦労した。
一番最初の訪問は1989年、その時は説明板は影も形もなかったな。
その時あったら無駄足踏まなくても寸だのにな。
でもデジカメの時代になってからだからその方がよかったかも(^^ゞ
  1. 2008/10/06(月) 17:22:12 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

東塚の最初の画像、右下にボンネットが写っちゃってます(^^;
停められたのはいいけど、それゆえ引き画像と2基ならんだ画像がボツ(笑)
ココに置いたまま中宮古墳群まで歩いて行きました。

説明板はH15ですから2003年か。
もうボロボロ(^^;


  1. 2008/10/06(月) 17:50:45 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/327-7ed1b6d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。