古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

大谷1号墳

真庭市(旧北房町)にある、その筋では有名な要塞古墳ですけど・・・あまり知られてないことが、、、
PA080001.jpg
↑クリック 拡大

・・・実は、国史跡です。今年の春から!よって説明板も新調~♪
PA080002.jpg
↑クリック 大谷拡大...単独ではなく定古墳群とひっくるめて指定
調査時の画像から察するに、現在の姿はあまり真に受けないほうがいいかもしれませんが
終末期のそれも最終ってことで、ちょっと異様な造りをしています。

後方から~ 22.7m×12.9m 高7.3mとされる方墳
PA080003.jpg
↑クリック 横から

三段目石垣南辺中央に開口
PA080012.jpg
↑クリック 縦画像...施錠されてますが……以下略(^ ^ゞそういう仕様

羨道から内部
PA080013.jpg
↑クリック 内部から玄門・羨道

切石オンリーで石棺かと思わせるほどの玄室。d=3.2m w=2m h=1.7m
PA080015.jpg
↑クリック 縦画像...with ほぼ1枚の玄室天井

側壁~ なんと1枚デス
PA080017.jpg
↑クリック 逆サイド...こちらは5枚+1

床には平石を敷き詰め、完全に箱状態
PA080018.jpg
↑クリック 角礫岩拡大...この近辺の石室は殆どコレ

奥から~両袖式 すべて整ってるわりに袖石は不揃い
PA080019.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

出土した陶棺 須恵器のごとくグレー(@ふれあいセンター展示)
PA080020.jpg
↑クリック 金銅環頭大刀...(@ふれあいセンター展示)

ちなみに“おおたに”ぢゃなく「おおや
■Point_Link by GoogleMap

古墳時代がもう少し続いていれば、こんなのが続々造られたのでしょうね。
陶棺もかなりの高温で焼かれてるようですし7Cの進歩が窺えます。

角礫岩も簡単に切れるんだろか。。。
さざれ石みたいにカルシウムでくっついてるにしても、石の部分は硬いだろうに。
叩けば砕けて削れるのかな???

ふれあいセンターにA4カラーで綺麗なパンフというか資料(8P)があります(これも新調で2008年版・無料)
真庭市も気合い入ってたようです!<過去形か?(^^;

sada.gif

  1. 2008/10/08(水) 08:20:35|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<定古墳群=前篇 | ホーム | 中宮古墳群>>

コメント

あの古墳専用道路は国史跡指定への布石だったのかヾ(^^;)違うぞ
前回訪問の時他に2台の車がやってきたけど看板と墳丘だけ見てさっさと帰っていった。
国道の案内表示だけ見て来たんですかね、一応効果はあったわけだ(笑)
確かに観光客向けの復元、私らセミアマ(^^;)にはやりすぎな感じ。
ところで国道入り口辺りに石室っぽいのがあったけどあれはなんでしょう。
かまどねこさんが取り上げていないと言うことは石室でないのかな。
  1. 2008/10/09(木) 08:19:59 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

国指定、地元ではいちおうニュースになってて(3月)、
“おぉっ”と思ったのですがその後すっかり忘れてました(^ ^ゞ
他に何もないところですから、R313の看板の威力は大かも。。。

整備・・・もう、やりすぎやりすぎ!
20Cの周渠まで石を敷き詰めて、一歩目で予兆もなくスッテンっ
尻ポッケ内、携帯の液晶ペカっ<真っ黒(T_T)

そのうち出てきますが<どこで出すか悩みちう(^ ^ゞ
入り口の北向き石室は大谷3号墳と思われます。
ただ、入ってもみましたが内部の草の生え方からして移築っぽい。
3号は本来東向きで、消滅扱い。
正式な監修もなく勝手に移築しちゃったから蚊帳の外になったんぢゃなかろうか?
元位置は国道上かやや西。
石の積み方はなかなかいいんですけど、縮小されてる感もあり(^^;
  1. 2008/10/09(木) 18:06:18 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/330-99cf1ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク