古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

定古墳群=後篇

ひきつづき定古墳群、定東塚脇から山道を案内に従って700mくらい登ると

定北古墳...なぜか“塚”はつかず。その昔『下定古墳』、暗黙の了解で「定3号墳」
PA080130.jpg
↑クリック 背後から墳丘...21mX25mの方墳だがもはや円墳にしか見えない

東塚前にある説明板
PA080132.jpg
↑クリック 拡大縦画像

南に開口
PA080131.jpg
↑クリック 縦画像...with 平坦な前庭の名残

羨道から内部~ 定西塚よりもさらに後で7C中頃
PA080133.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井・床

内部から羨道~ 羨道長6.3m w=1.5m h=1.6m
PA080134.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

いかにも終末期な玄室~ d=4m w=2.1m h=2m
PA080135.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。直線だらけ

側壁~ 奥壁並みの石材が並ぶ
PA080136.jpg
↑クリック 逆サイド...こちらは均等な2段ベース

奥壁~ 大きな目のある鏡石。少し幅が足らなかったがこの石はココに使うしかない(笑)
PA080137.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井も柄の良い角礫岩

奥から~ 天井まで延びる両袖式、羨道天井も殆ど玄室と同じのままで大谷1号墳風。
調査時写真では床も大谷1号同様平石が敷き詰められてるが、もう埋もれたか埋めたか?
PA080138.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。

出土した陶棺@ふるさとセンター展示
PA080214.jpg
↑クリック 逆サイド...ローカルですが圧巻です、ココは!



定4号墳...定北より100mほど上、山道よりやや右に逸れた斜面に位置
PA080161z.jpg
4.8mX6mほどの方墳とのことですが、現状ではほとんど判別不能

南向きの石室 d=1.6m w=0.6m 横穴式石室ですが石棺にしか見えない(^ ^ゞ
PA080162.jpg
↑クリック 縦画像...南から

奥から~ いちおうこれも国指定史跡です
PA080163.jpg
↑クリック 別画像...やはり角礫岩



定5号墳...定4号よりさらに150mほど、西方向に登る。一辺10mほどの方墳で天井石露出
PA080167.jpg
↑クリック 東から墳丘

南向きに開口なれど、天井は1枚を残すのみ
PA080168.jpg
↑クリック 縦画像

玄室内部~ d=2.2m(+羨道1.7m) w=0.9m h=0.9m
PA080169.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥壁~ 定北より後らしいが、そんな風に見えません。密かに築造したか?
PA080174.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 羨道幅は0.7mとのことなので、若干の左片袖式だったか?
PA080175.jpg
↑クリック 縦画像...with 加工された角礫岩の天井

後方から~ 上面も加工された風の天井。方墳なので元々露出してたのかもしれません
PA080184.jpg
↑クリック 横から...石室はともかくこの天井は必見の国史跡(^_^)

↓ポイントは定東塚古墳。分布図は後記
■Point_Link by GoogleMap

定北古墳、出土状況の解説@ふるさとセンター
PA080218x.jpgクリック 拡大...木棺もあり。所狭しで玄室に収まりきらず羨道に置かれてる
玄室幅が2m以上あれば横向きに奥に詰めれそうだけど、横向きに置かれた棺って記憶にない

分布図
sada.gif
山道中も定北古墳までは道標がありますが、その上は一切無し。
まぁ一般向けなら導いてもガッカリスポットかもしれない(^^;
  1. 2008/10/08(水) 10:29:08|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<下村古墳 | ホーム | 定古墳群=前篇>>

コメント

あの目玉石を見つけたときの石工さんの感想を是非聞きたい(笑)
陶棺の一部が玄室から羨道にはみ出てる。
石室自体は計画性があっても陶棺と石室の計画性はなかったのかな。
どちらか一方のサイズを変更するとすっきり収まるのね。

案内板があっても一般の人はまず東と西を見るだけ、北まで行く人はいないだろうな。
一般でないアマはなくても4,5号まで行くだろうし(^^;)
4号の石室は単独では町の史跡程度かな。
これが国の史跡になったのは親じゃなく兄弟の七光り(笑)
  1. 2008/10/11(土) 16:15:00 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

外国なら奥壁の目を回すと側壁の一部が開いたりするんだろうけど<ないない(^^;
石工さん、さぞ自慢げに持ち込んだことでしょう。

定西でも玄室に収まりきれず羨道に陶棺があったので懲りてないというか・・・
追葬であふれたのでしょうけど、玄室内に隙間はあるし(^ ^ゞ
石棺よりは軽いけど2分割だから、後からは移動できないってか。
近所の6C後期の陶棺も同じサイズだから、あまり計算はされてないようですにゃ(^^;

4号はおそらく県下最新ってことでは価値あるんだろうけど・・・あの規模、あの現状ではねぇ。
案内にこの先700mって記されてるのも一般の人を遠ざけてるかも(笑)
  1. 2008/10/11(土) 21:59:46 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/332-94d3161f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク