古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

矢部古墳群=前編

前々記事:矢部大山谷古墳群の東~南に広がる大古墳群。
全81基から成ってましたが開墾や山陽自動車道で半数以上は消滅してるようです。
最大は17号墳の矢部大ぐろ古墳(前方後円墳:竪穴埋め戻し)で、同様の前期古墳のほうが多く
後期横穴式石室は残っていても一桁だと思われます。

その1(7号墳)...近年開墾され道となった中央にポツン・・・突如こーゆーのに出会すと狂喜モノ~(笑)
でも、、、斜面を削って道を付けてるのでこれ自体が本来の墳丘の形ではなく~
P3092756.jpg
↑クリック やや離れて...石室があるのでココだけ削らず残されたもよう

小さな開口部は奥壁隅
PB140297z.jpg

羨道は埋没というか、一度も開かれてない?
PB140298.jpg
↑クリック 閉塞石?...奥に大きめの石材が詰まってる

玄室長=5m(+羨道約3m)~長い石室。 w=1.4m h=1.6m
PB140299.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。よくぞ残してくれました(^o^)

側壁~ 基部は角、上段は丸を一貫
PB140300.jpg
↑クリック 逆サイド

半分以上埋もれてますが一枚っぽい奥壁
PB140301.jpg
↑クリック 縦画像...with なぜか一段低い天井

玄門部~ 無袖式で羨道にかけて徐々に狭くなる
PB140302z.jpg

奥から~ 床面は粘土質でひび割れてるので水没歴アリみたい
PB140303.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。タネ明かししなければどこから入ったか解らない(笑)



その2(27号墳)...1のすぐ上。
P3092773z.jpg

雑木林の中で天井石露出。南西に開口・・・・
PB140339.jpg
↑クリック 奥壁側天井...トンネル状態
ここの2基は谷奥向きに造られてるのでどちらも奥壁側を掘られてしまったようです。
どうみても反対(斜面に対して上向きに近い羨道側)

玄室~ d=4m w=1.3m h=1.6m
PB140341.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。 ほとんど埋もれてたのを掘り起こした感じ



その3(4号墳)...高速道西側奥まった畑より20mほど西に登ると荒れた竹藪の中に半壊石室
PB140254.jpg
↑クリック 上から...天井落ちまくり

でも玄室奥、天井2枚分は残ってます
PB140253.jpg

石室~ d=2m(+崩落部約4m) w=1.3m h=1.3m(現状)
PB140256.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 雑ですが面はきっちり出てる
PB140257.jpg
↑クリック 逆サイド...ここも埋もれてたのを掘り起こした感じ

奥壁~ おそらく1枚
PB140258.jpg
↑クリック 縦画像...with 平坦な天井

奥から・・・短いので(^ ^ゞ
PB140259z.jpg



その4(6号墳)...3の西上の尾根上に位置し南東向き
PB140279.jpg
↑クリック 縦画像...羨道は埋没

石室長8m w=1.5m 側壁はほぼ残るが天井は2枚のみ
PB140282z.jpg

玄室奥辺り...正面は奥壁ではなく左側壁。右側に残存天井
PB140285.jpg
↑クリック 側壁拡大...奥壁は残ってない

奥側から~
PB140288z.jpg
お掃除するほどでもないのでm(__)m



追記
その5(20号墳)...高速道の東、僅かに残された尾根の突端に位置
PB160366.jpg
↑クリック 背後から墳頂...若干石材露出

南東に開口、羨道は不明
PB160367.jpg
↑クリック 正面から

石室内部...1m以上埋もれてるようだが良く残ってます
PB160368.jpg
↑クリック 縦画像...with 揃った天井

側壁~ 上部しか見えないが大きめ
PB160369.jpg
↑クリック 逆サイド

玄室奥~ 奥壁は見事な1枚…と思われる d=5.8m w=1.7m h=0.8m(現状)
PB160370.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。この地の低いところに在るのはおそらく7世紀

奥から~ 低いが這うほどではありません
PB160371.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

後日9基確認→矢部古墳群=後編

↓Pointはその1 続きに分布図
■Point_Link by GoogleMap

分布図(1~5)
yabee.gif
は前期墳墓。

こうして見てもが南西向きなのは解せませんが、、、かなり後期なのか?
ちゃんと窺えるのはだけですが、吉備路側より王墓山な雰囲気~

後日9基確認→矢部古墳群=後編
  1. 2008/11/16(日) 23:23:23|
  2. 倉敷市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<平山古墳群 | ホーム | 甫崎古墳>>

コメント

かまどねこさん、あの石室はどうなったんでしょうね、と某小説風(笑)

矢部大ぐろ古墳は竪穴石室ですか。
古墳のお部屋に載せているのは違うとは思っていたけどね(^^;)
位置も大分違うし。
あの位置もごく初心者の頃見つけたから多少違うかも知れない。
後日再訪問しようとしたら北側に産廃業者の施設が出来ていて通れなかった。
カシミールの位置情報ではNo.4の少し北側のようにしてるけど
今地図を見てみると北側の二つの池の西側にそれらしき業者の施設があるようだからその南側かな。
昨日の二カ所はパスしてもいいけどここは微妙だな(^^;)
  1. 2008/11/15(土) 14:02:41 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

Mama,do you remember~♪

大ぐろサン、どこぞの発掘資料を読み漁って竪穴→埋め戻しってのは目にとまったのですが・・・どこの資料だったかforget~♪
(内部主体)位置:後円部中央、槨:竪穴式石槨 長4.3m以上・高1.0m以上・幅1.0m以上、主軸と斜交
勝負ヶ谷のときにいちおう寄ってみたので藪の画像なら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/blog-entry-197.html
にありますけど、これとて定かぢゃないかも(^^;

88年だと高速道前の調査頃でしょうから、いろんなところで掘られていたと思いますが
4の北~西は空白地帯ですので、現高速道の東側ではないでしょうか?
1の東の池付近も産廃施設で厭なムード<このあたりが『大ぐろ遺跡跡』となってるようですし円墳印1つあり+その南の高台を87年頃調査で掘ってたみたい。
もともと複雑なところへ高速道とそれに伴う管理道ができたのでもう何がなんだか???
例によって一番オイシイ地帯をぶち抜いてるし(T_T)
  1. 2008/11/15(土) 15:18:31 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

↑と書いちゃったので円墳印1つを確認に行くと別物(20号)でした。
その南側の調査地域のモノはもう消滅しちゃってます。
残ってる斜面は100年以上の雑木林ばかり~
  1. 2008/11/16(日) 19:27:39 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/351-e400bad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。