古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

竜王古墳群=後編

前編は箱式石棺墳墓1基でしたが、ネタもなくなったというか・・・
実は、某倉敷考古館ってところに陶棺が2つ展示されています。
山手村の宿ササラ谷古墳出土ということになってるが、そんな古墳は記録に一切無い(^^;
で、昨日は雨だったので訪館して尋ねてみたのですが・・・採土で消滅寸前石室から取り出したのかと思いきや
今でも石室は残ってるとのこと。そんなところからお持ち帰り出来るご時世だったのね<今ではあり得ない(^ ^ゞ
場所を訊いても50年前のことなので要領を得ないが、該当区域で未踏なのは竜王古墳群の5号墳以降のみ。
かなりの高所・藪の中とのことでしたが・・・・行ってみるとそれほどでもなひ。。。

竜王8号墳...ササラ谷古墳?。10m*2mほどの墳丘
PB250003.jpg
↑クリック 上から...この一画だけ平たい

北斜面なので西北西に開口
PB250004.jpg
↑クリック 縦画像...消失羨道痕2mほど~その先にも石材散乱

開口部正面
PB250005.jpg
↑クリック 縦画像...開口部から内部

玄室~ d=4m w=1.5m h=1.6m
PB250006.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 材は小さく粗いが割られたものが多い
PB250007.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 切石2枚を横に並べ+α この辺りでは希なパタン
PB250008.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。奥壁は切って開いたようだ

床に点在する台らしき石材
PB250009.jpg
↑クリック 縦画像...のんストロボ

奥から~ 7C初頭くらいか この手の石材は明るく写る
PB250010.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は5枚

後記:後日確認をとると陶棺出土石室ではないもようorz



竜王10号墳...8号のすぐ上に7m墳丘
PB250047z.jpg

墳頂より後方に開口<西向き 
PB250049.jpg
↑クリック 逆から...木の下が石室。右に石室痕が延びる

極狭開口部
PB250050.jpg
↑クリック 縦画像

石室内部 d=1mほどしかなのでいきなり奥壁。 w=1m h=0.7m
PB250051z.jpg

側壁~
PB250052.jpg
↑クリック 縦画像



竜王15号墳...頂上尾根にも1基あるみたいなので登ってみる
PB250063z.jpg
登り切ったところへ偶然ビンゴ。冴えてるときはこんなもの(^_^) 8mほどの墳丘

東向きに開口
PB250064.jpg
↑クリック 縦画像

石室内部~ d=3.5m w=1.2m h=1.1m
PB250065.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ わりと揃ってる…ほうかな
PB250066.jpg
↑クリック 逆サイド

玄室奥~ 天井は切ってるので古くはないんだろうけど粗い
PB250067.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

大きな平石が転がる床
PB250068.jpg
↑クリック 縦画像...with 奥壁

奥から~ 
PB250069.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

追記
前編に箱式石棺墳3基追加

↓ポイントは前編の1号墳 (続きに分布図)
■Point_Link by GoogleMap

考古館で場所を尋ねると『行って見るほどの石室ぢゃない』と云われてしまいました(^^;
あの棺2つが収まるってだけで、じゅうぶんな価値があるんですけどね<イマのワタクシには!
もっと詳しく訊きたかったのですが、そー云われてしまうと・・・・。

分布図は見つからなかったけどGISで領域だけはゲット。
地図上でココだなと推測したポイントもピッタンコ(^o^)
まぁ↓ココしかないよなって場所ではあるけど
ryuoh.gif

この地から陶棺、しかも須恵質ってのは希なサンプルなんですけど(こうもり塚のは土師だし)。
混沌としてた時代のせいか記録がまったく残ってない(^ ^ゞ
竜王8号墳のデータもそのことには全く触れられてないし、石室自体調査された痕跡もない。。。

追記:後日写真を確認してもらうと“違うような・・・”と
   出土時の調査書を出されまして...(^ ^ゞ<あるのなら最初に見せてよ!

   どうやらもう一つ東側の山の尾根のようです。天井石は1枚しか残ってない
  1. 2008/11/25(火) 17:02:35|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<久代大塚古墳=本編 | ホーム | 原古墳群=後編>>

コメント

十分見学に値する石室だよね。
はっきり言ってどんな素晴らしい遺物が出ても資料館などで見るよりは現地で石室を見学した方がいいでし(^^ゞ
地元の方に尋ねて行くと何にも出ないよ~なんて言われることもあるけど(^^;)
中身より入れ物の方がいいんだってばさ>地元の方

ここはちょっと難しそうだけど挑戦しがいがありそう。
  1. 2008/11/25(火) 21:41:00 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

便があれば確認してもらおうと石室画像をプリントしましたが
お見せしたところで返ってくる答えはおそらく・・・・・(^^;
石室なんてほとんど見てないんだろうし。

アジの開き奥壁はちょっと感激モノなんですけどねぇ

そいえば件の陶棺は入館しなくても見られる場所にあるのでよく見てません(笑)
展示品は王墓山と金蔵山(操山)が豊富。
これらも早い者勝ちだったか?(^ ^ゞ

すぐ麓に駐車できますし、8号は尾根(地図で見るよりハッキリしてる)さえ外さなければ確実に当たります。
  1. 2008/11/25(火) 22:48:04 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/356-4ef5ee91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。