古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

奥迫古墳群=後編

ひきつづき奥迫古墳群~

奥迫9号墳...8号墳の上方、林の中にきれいな墳丘 12m*3m
PC290231.jpg
↑クリック 別角度

南に開口...ココの群中では狭いうえ木が邪魔
PC290232.jpg
↑クリック 斜めから

細長い石室 d=7m w=1.6m h=1.4m
PC290233.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 隙間は多い
PC290234.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 手前に石槨の名残
PC290235.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ やや傾いてる
PC290236.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



奥迫10号墳...小さな水路を超えて東側の杉林の端に10m*1.5mの墳丘
PC290211.jpg
↑クリック 開口部上から...倒木が直撃。故意ではないんだろうけど

南向きに開口。倒木撤去不能なので押し分けながら・・・
PC290212.jpg
↑クリック 拡大

まぐさ石も含めて羨道天井消失でいきなり玄室 d=2.8m(+羨道3m) w=1.4m h=1.5m
PC290213.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から側壁~ 羨道まで一直線
PC290214.jpg
↑クリック 逆サイド...こちらは袖アリ

奥壁~ 下段に鏡石、その上は側壁並み
PC290215.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

右片袖式の袖部は2段を積むが左の側壁より低いのでもう一段あったやも?
PC290216z.jpg

奥から~ 規模の割りに高い天井&持ち送り側壁
PC290217.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



奥迫13号墳...13号の北東に隣接で南西に開口
PC290151.jpg
↑クリック 縦画像

石室内部...両袖式ってことなのだが、、、なんか途中でズレてるような
PC290152.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ こちらはフツーに袖
PC290153.jpg
↑クリック 逆サイド...コチラは羨道が広くなる

玄室~ d=4m(+羨道2m) w=1m h=1.4m
PC290154.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥に石槨片? 手前に倒れたのかな?
PC290155.jpg
↑クリック 縦画像

奥壁は鏡石+1で13号と似た構成
PC290156.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から・・・ 曲がってるので妙~
PC290157.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



奥迫14号墳...さらに上、採土場の東の一画に3基並ぶ1つ
低いがよく残る墳丘、近年新たに盛り直された疑いも・・・
PC290131.jpg
↑クリック 別角度...南(左)にもう1つ墳丘があるのですが、、、
開口してないばかりか盗掘坑も皆無。20C製のような気も・・・

南西に開口
PC290132.jpg
↑クリック 別角度...石材が露出してるのはココだけ。

細い石室~ d=5.5m w=0.8m(最奥)~1.2m h=1.1m
PC290133.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 隙間多く粘土頼り
PC290134.jpg
↑クリック 逆サイド...一部外れる

奥壁~ ほぼ1枚、上に高さ合わせ
PC290135.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ やや傾いてるようです
PC290136.jpg
↑クリック 縦画像...with 少し不揃いの天井



奥迫20号墳(仮)..14の北西に隣接。欠番が見当たらないので20号としておきます
PC290181.jpg
↑クリック 墳丘...墳丘も開口部も大きいので見落とすとも思えないのだが

石室内部~ d=6.2m(+羨道痕1.5m) w=1.4m h=1.7m
PC290182.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ この一画では後発のようです
PC290183.jpg
↑クリック 逆サイド

玄室奥~礫石だが、こちらにも石槨があったか?
PC290184.jpg
↑クリック 縦画像...with 奥壁

奥壁~ 同等2段積み
PC290185.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 無袖式?玄門天井は一段低い
PC290186.jpg


追記:2012.May

奥迫5号墳...植林域の隅でひっそりと露出
P5046701z.jpg

墳丘規模はは不明で石室は南向きに小さく開口
P5046702.jpg
↑クリック 縦画像...羨道埋没。これで矢掛町史には片袖式とな?

後方から露出天井石
P5046703z.jpg

天井隙間から玄室内部 d=4.5m w=1.2mとのこと。現状どうみても3mほどしかない
P5046704z.jpg

いちおう側壁上部~ 割石も見られます
P5046705.jpg
↑クリック 逆サイド...なんとも(^^;

↓ポイントは1号墳
■Point_Link by GoogleMap

分布図
okusako.gif

15~17号は別の丘陵。
11,12.18.19は破壊で石材散乱程度ですので開口してる空き番号がありません。
ってことは13の南の墳丘もやはりニセものかぁ?
  1. 2008/12/29(月) 15:39:10|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<池尻古墳群 | ホーム | 奥迫古墳群=前編>>

コメント

明けましておめでとうございます。
ブログ更新で年越しですか。

予想通り奥迫古墳群、訪問してくれないかなと待ってたんですよ(^^ゞ
(他にも矢掛町の古墳群で同様の古墳群が幾つかヾ(^^;))
取りあえず番号はほぼあっていたようで(^。^;)ホッ!
不明1は14号、不明2は20号(仮)と判明、
となると今まで14号としていたのは見あたらないな(^^;)
13号辺りで3基写っているのが名前が混乱しているのかも。
6号辺りの状況もすっかり様変わりしていますね。
古墳のお部屋にアップしているのは90年当時ですっかり裸地だったけど今は林や藪になっているんですね。
6号上でかなり崩壊した石室を見つけているけどこれが5号かな
でも現在の状況だと分からないだろうな(^^;)
10号は見落としているし2,3号辺りは全く探してないからやはりここも再訪だな。
  1. 2009/01/01(木) 14:13:46 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

あけましておめでとうございます。ことよろよろ~
年明けもひたすら更新です(^ ^ゞ

予想ピンポンっ!こりゃ春から縁起が・・・(違っ
おそらくもうひとつのお待ちかねも、、、昨日行きました(大晦日に何やってんだか@自嘲)
何も触れられてないので90年には13号南の墳丘はなかったんでしょうね
杉の植樹に際して結構イジられた感アリ(13号の天井は現在隠れてる)
古墳のお部屋の14号はわかりません...まだあったのかも?20号付近は結構笹が生い茂ってるので低いと見逃すかもですし&番号からもう無いと踏んでました

6号はもう諦めて降りかけたころ発見。もうとんでもないところデス(汗
杉って20年足らずであんなになるなんて・・・温暖化の明日もあかるいかもしれません<んなっ

ちなみに5号墳は露出ながら片袖の石室が残ってるそうな...
GISだと道の東側ですが、他にもまして矢掛はアテにならないから(笑)
  1. 2009/01/01(木) 15:19:20 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

再訪してきました、以前とはすっかり様変わり(^^;)
10号はあっさり見つかったけど依然なんで見逃したんだろうと言う状態でしたね。
14号南の20世紀製の墳丘はどうやら古墳のお部屋の番号不明の墳丘のようでした。
13号_1に写っている右手前のがそれで中央奥のが13号、左奥が14号のようです。
なぜこれだけ土盛りして埋め戻したんでしょうね。
それにしても当時は雰囲気のいい松林だったのに今は杉林とすっかり様変わり。
3,4号は段々になっている辺りをかなり探し回ったけど見つからず。
3,4号がみつからないでは6号はとても無理とパス(^^;)
1号も更に沢山の段ボール箱が入っていました。
  1. 2009/04/14(火) 13:06:51 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

すっかり花粉症拒絶地域と化してたでしょう(笑)
10号はメイン(?)の山道からは外れてるから・・・狙わないと案外行けない場所かもですよね。
13号付近は未だに謎&20号(仮)あたりに植樹されなかったのも謎(^ ^ゞ

3号はともかく4号はその段に至りさえすれば・・・
何段目だったか???もうその上に段は無かったような。
6号は・・・もうパラレルワールド(笑)同じ場所とは思えませんから(^^;
  1. 2009/04/14(火) 19:22:04 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/387-6b900d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク