古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

通山古墳群=後編

引き続き通山古墳群ですが、この古墳群~東西1km以上、南北も1km近くあります。
もちろん分布図なんて無く、GISでなんとなく群域がわかるだけで当て所なく探すしか・・・
4~9号墳から谷ではなく丘陵上のパタンであることは窺えますけど
同様の古墳に適した丘陵がそこらじゅう、もう何処に在っても不思議ぢゃない地形。
重ねてそんな場所ですから過去開墾されて果樹園等になった果てに廃業で笹とイバラが密生。
いちおう全域巡ったのですが「この中だったらどうしようもないなぁ」って場所が半分以上m(__)m

通山12号墳...錦海荘から60m東、車道のすぐ上なので墳丘もよく見えます
P1110181.jpg
↑クリック 背後から...10m*2.5m 東隣は畑

南に開口
P1110182.jpg
↑クリック 別角度...手前に外された羨道天井石

玄室の状態はそこそこ(^_^) d=6m w=1.4m h=1.6m やや胴張り
P1110183.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 
P1110184.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ ひとまわり小さい玄室ならば立派に成り得た鏡石
P1110185.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 無袖式
P1110186.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井石は6枚



通山13号墳...連番なれど飛んで山頂&人里離れた藪の中
P1090131.jpg
↑クリック 墳頂...天井石露出で隙間もあり

南に大きく開口
cP1090132.jpg
↑クリック 縦画像...手前に落ち込むは閉塞石か

羨道から内部
P1090133.jpg
↑クリック 内部から羨道...羨道L=3.5m w=1.3m h=1.1m

埋まりつつも玄室完存 d=5m w=1.8m h=1.4m
P1090134.jpg
↑クリック 縦画像...with 見事な天井

側壁~ 天井とは反面不揃いな石材
cP1090135.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 下部は大きな鏡石っぽい&隙間なく積まれた2段目
P1090136.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門~ 群中唯一の右片袖式。天井差は大きいが側壁差は少ない
1090137.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 高所にあるしコレが最大かな
1090138.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



通山14号墳...13号の20mほど東、道ナシ 12m*2.5m墳丘
P1090101z.jpg

羨道やや損壊しつつ綺麗に開口@南向き
P1090102.jpg
↑クリック 縦画像

ただ石室内部は荒れてる(^ ^ゞd=5.3m(玄室3m+羨道2.3m) w=1m h=1.1m
P1090103.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ こちらは綺麗に積まれてるので大丈夫
P1090104.jpg
↑クリック 逆サイド...一部崩れてる

奥壁~ 土砂で見えず
P1090105z.jpg

奥から~ 玄門部はしっかり残る 左片袖式
P1090106.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



通山15号墳...さらに30mほど東、封土流失
P1090091z.jpg

天井石は1枚残すのみ
P1090092z.jpg

内部も荒れ放題 d=5m w=1m h=0.8m
P1090093.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥壁~
P1090094z.jpg



通山19号墳...南に降りて南東の端、ミカン畑の一画に細長い墳丘?
1090091z.jpg

↑この中の右寄りに石室 but天井ナシ d=4m w=1.1m h=0.8m
1090089z.jpg



通山20号墳...19の墳丘(?)左寄りに同様の石室
P1110323.jpg
↑クリック 奥壁側...d=3.5m w=0.8m h=0.9m



通山22号墳...車道から見えないのですが脇に石室のような石垣が見え、、、
騙されて辿り着いたらその隣にありました(笑)粋な計らい?
P1090061.jpg
↑クリック 裏から墳丘...10m*3.8m

広い開口部 羨道天井は幾らか外され手前に転在
P1090063.jpg
↑クリック 縦画像...残存羨道L=2.5m w=1m h=1.2m

玄室は完存 d=4m w=1.8m h=1.9m
P1090064.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~
P1090065.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 5号墳にソックリ
1090066.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 背の高い左片袖式
1090067.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



通山23号墳<谷溝上古墳>...22の15mほど北西、裏のミカン畑から見える墳丘9m*3m
P1110291z.jpg

開口部には羨道から外された天井石が同様に転がる
P1110292.jpg
↑クリック 縦画像...残存羨道痕2.5m程

手前は埋もれ気味だが良好な玄室は胴張り仕様 d=5m w=1.8m h=1.9m
P1110293.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~
P1110294.jpg
↑クリック 逆サイド...他に比べ花崗岩率が極端に低い

奥壁~
P1110295.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 幅広なれど無袖式か
P1110296.jpg
↑クリック 縦画像...with 巨石天井

後日、21号&24号追加通山古墳群=続編

↓ポイントは1号墳
■Point_Link by GoogleMap

分布図 (13~15は再度行けるかどうかの藪の中、地図にある道も殆ど消滅)
tooriyama_L.gif
↑クリック 全域(19-20)...緑のは建物
中央の大きな山頂付近も笹の密生でどうしようもないです(汗

全25基ですがおそらく残存石室は実質22基。
うち15基ですから優秀なほうでしょう(笑)
10-11はまだあの辺り(9の北東丘陵上)にあってもよさそう...
GISで囲ってる形から、その端に何かあるのかと思いきや必ずしもそうでないのはいつものこと(汗
南端の西側丘陵は何かありそうな雰囲気なれど侵入不可な藪状態だからわからないけど。
西北端も気配すら無し。。。適当に囲ってるだけなのよね

ちなみに1号墳手前の半島の車道、桜の季節は通り抜け状態
↓一本松展望園から見ると「なんなの!あそこは?」って道(向こう側、桜が途切れた地点に1号墳)
070411a.jpg
↑クリック 1号墳南100m地点...くぐるとたいしたことないですが(笑)

---------------

21号&24号通山古墳群=続編
  1. 2009/01/11(日) 16:27:16|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<虫名古墳 | ホーム | 通山古墳群=前編>>

コメント

かまどねこさんさへ再訪に自信がないと言うくらいだから老人ホーム周辺だけにとどめて置いた方がよさそう。
と言っても実際に行けば探し回るだろうな(^^;)
多分他のコフニストでもそうだと思われもはや性だな(笑)

車泊情報ありがとうございます。
コンビニが岡山総社のど真ん中辺りで便利そうだけど水とトイレがな~
国分寺も夜暗いのはいいけど他の車がないと夜ちと不安(^^;)
吉備スマートSAだとその点が心配ないけど岡山ICから入るのが遠回りになるし・・・
その時の気分で使い分けることになりそう(^^ゞ
  1. 2009/01/13(火) 12:46:08 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

14号、分布図では13号の東、本文では南となっていますが・・・
  1. 2009/01/13(火) 13:01:38 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

帰宅してからの分析だと21号<通山小山上古墳L5.9 W1.9 H0.6>はやはり22号墳南のそれこそ小さな山の上だと思われます。藪だけど
24号(通山谷溝古墳L4.4 W1.4 H1.4)もその近所で東か西の谷のような。。。とサガをくすぐってみる(^^;
リストは持ち歩いてたのですが現地で照合する余裕もなく、毎度の後悔(汗

コンビニ(ポプラ)の斜め向かいは公園+矢喰神社なので綺麗なトイレがあったと記憶。

↓【引用】これをなんとかして欲しいですよね!
なお、吉備SA内の施設利用のみはできません。
(吉備SAスマートICから入り、同じICから出ることはできません。)


m(__)m時折狂う体内羅針盤(汗) 訂正しました
  1. 2009/01/13(火) 20:25:37 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/407-4ef71c27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。