古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

大崎古墳群=続編1

最後の1基と云いたいところですがココはそもそも何基残ってるのか不明。
石仏を祀った小型も含めるともう何がなんだか・・・・。
ただ未踏の気になる尾根がまだあったので三たび?、四たび?五たび・・・それすらも(^^;
で、結果から申しますと狙った尾根上はやはりすべて墳墓orz
ただそうやって未踏地帯に向かうと道中新たな石室にも出会す。底はまだ深いのか?!

その31...前回の西部谷から東に折れる小さな谷の入り口に位置。道あり
P1160001z.jpg
10mほどの墳丘はキレイに残ってるのですが・・・
西向きの開口部は石材崩落で塞がってしまってる
P1160002z.jpg



その32...31に隣接、同規模墳丘 約10m*2.5m
P1160002.jpg
↑クリック 横から墳丘

西向きの開口部 羨道は一部消失
P1160003z.jpg

石室内部 メインルート外にしては状態が良い d=4.5m w=1.4m h=1.2m(現状)
P1160004.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 乱積みにしては土砂流入が少ない
P1160005.jpg
↑クリック 逆サイド...谷に立地だが古そうです

奥壁~ 埋もれてる下部は大きそうだが鏡石といえる程ではない
P1160006.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井隅はR

無袖式の玄門~まぐさ石。袖無しで狭くなる古いタイプ
P1160007.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 一見粗いけど良好に残ってるのは造りがいい証拠
P1160008.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



その33...下の池、西の端から尾根の麓を廻る道の下方に位置。↓上方(道)から 約15m*3m墳丘
P1160041.jpg
↑クリック 西から

南向きの石室は最前部と最奥部のみに天井を残すだけ その間埋没 推定全長8m
P1160042.jpg
↑クリック 最前部...位置的に羨門か?

最奥部~ w=1.4mほど
P1160043.jpg
↑クリック 斜めから...with 玄室痕

内部・・・を見ようと不用意に覗き込むと目が合ってしまった(^ ^ゞ
P1160044.jpg
↑クリック 別角度...子育て中の狸夫婦

遠慮しがちに奥壁
P1160045.jpg
↑クリック 狸(^^;

2009.Decへ続く→続篇2

Map_Pointは駐車スペース。続きを読むに分布図
■Point_Link by GoogleMap

いちおう分布図(31-33)・・・ =墳墓
osaki8.gif
↑クリック +探索域

知足院古墳のある中央尾根の西側は少し期待してたのですがorz
でもそのおかげで32に至ったからヨシとしよう。
アバウトながら4種ほどの分布図はあるのですが
31-32の場所はどれも空白。如何にアテにならないか!
そもそも密集しすぎて場所より数優先なのが多い

池の西尾根頂はかなり嶮しく・・・なのにこれも墳墓でガックシ。
基本的に同じルートで降りないので南に降りてみたら開けた裾野が・・・
その中央に33がポツンとありました。

狸は・・・旦那のほうはさっさと逃げましたが授乳中の母はそうもいかず。
2次利用ならぬ産時利用(^^;
ただ親がカイセン虫にやられてボロボロなので子狸も長くはないでしょう。可愛そだけど
  1. 2009/01/16(金) 14:00:00|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<長坂古墳群=後編 | ホーム | 亥子田古墳群=後編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/411-04383acd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク