古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

千畳田古墳群

和気郡和気町日笠下、橋の東にある千畳田集落の後方を中心に全7基

千畳田4号墳...まずは県下唯一といふ中高式天井の石室 墳丘は18m*4mと大きい
P2070271z.jpg

南西に開口
P2070272z.jpg

無袖式らしき玄室 d=6.4m w=1.7m h=2.1m(+中高部0.5m)
P2070273.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 不揃いの石材を器用に積みあげる
P2070274.jpg
↑クリック 逆サイド

珍しく縦2列の奥壁、しかも微妙に斜め
P2070275.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

中高式天井部・・・単に合致する石材が無かっただけでは?(笑)...この程度なら他でも見たような気も
P2070276.jpg
↑クリック 縦画像...正面から
で何の意味があるの? 天井石の厚みを見せるため?(笑)

奥から~
P2070277.jpg
↑クリック 縦画像...with 巨石天井



千畳田5号墳...集落の東端民家の裏に位置 墳丘10m*3m
P2070321.jpg
↑クリック 墳頂

南南西に開口 羨道部は消失<石材も無く‘溝’が2mほど
P2070322.jpg
↑クリック 縦画像...with 墳頂

玄室~ 極度の省エネ工法。 d=5.2m w=1.2m h=1.6m
P2070323.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 細々と積みあげてます
P2070324.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 天井はさておき、ひとりでも出来そうな(笑)
P2070325.jpg
↑クリック 縦画像...もうほとんどモザイク細工

奥から~ 若干歪み・・・石材に自重がないから弱いのかも
P2070326.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は5枚



千畳田1号墳...5号から北の小さな尾根に登ると頂部に位置 墳丘12m*1.5m低い
P2070341.jpg
↑クリック 縦画像...正面から。石室前半は破壊

360度開けた平坦な場所なのに西向きに開口
P2070342z.jpg

残存石室~ 5号ほどではないがこれまた細かい d=3m(+破壊2.5m) w=1.4m h=1.8m
P2070343.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~奥壁 向かって左側は側壁と奥壁が繋がってます。↓画像中央が境界
P2070344.jpg
↑クリック 奥壁中心...右側は角がある

奥から~
P2070345.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



千畳田3号墳...4号と5号の中間やや上に13m*1.5mの墳丘なれど石材抜取
P2070360.jpg
↑クリック 石室痕



千畳田7号墳...4号後方から北へ登ること50mほど。墳丘は藪の中で南西に開口
P2070311.jpg
↑クリック 羨道破壊痕...お掃除前デス

玄室は割とよく残っていて d=3.3m(+羨道痕2.2m) w=1.1m h=1.7m
P2070312.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 隙間なく丁寧
P2070313s.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 鏡石1枚!
P2070314.jpg
↑クリック 縦画像...with 割石天井

奥から~
P2070315.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



千畳田6号墳...離れてるので車で次の橋を渡り墓地にP。墓地の西斜面に位置
P2070361z.jpg
↑墳丘(^^; 一帯は笹藪でもはや道からは見えません。この距離でやっと気付く

南に開口
P2070362z.jpg

4号墳よりもやや大きな玄室 d=5.5m(+痕3mほど) w=1.9m h=2.3m
P2070363.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 整った石材で端整
P2070364.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 3ピース+α
P2070365.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~
P2070366.jpg

↓ポイントは4号墳
■Point_Link by GoogleMap

2号墳は残ってるようですが民家の庭内で古墳犬が完全支配(汗
5号墳も静かに訪問しないとキャンキャン吠えはじめます。
(石室内に入ってしまえば音が出ないので収まる)

分布図
senjoda.gif

7号墳で戻ってくるのは最後に確認されたから仕方ないにしても(古い文献に7号墳は無い)
2号と5号なんて隣接扱いなのになんで飛ぶかなぁ?
  1. 2009/02/07(土) 12:02:38|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<稲坪古墳群 | ホーム | とんぎり山古墳>>

コメント

やはりまだまだ残ってますな~。
しかも状態のいいのばかりじゃん(^^;)
ここは吉備考古ライブラリー「吉備の古墳」を見ていったけど
今見たら分布図も載ってるじゃないか(^^;)
かなり粗いから当時探しても見つけられたかどうかだけどね。
まー6号を見つけられただけでもよしとするか。
当然再訪決定と☆ミ凸ヽ(^-^) ポン
  1. 2009/02/08(日) 20:51:18 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

5よりも2のほうが少し大きいみたいなのですが・・・
犬はおれど人間がいないので致し方ない(^^;

私も吉備探訪とかいうローカル書物で分布図見たけど
例によって古墳マークが大きすぎてぐしゃっ。
辛うじて相互方角だけはわかるかなって程度。
1号と6号は離れてるのでまだいいけど・・・って、一番手間取ったのは6号なんですけど(笑)
確実に在るとわかってなければ退散してます。
なんせオーラもなければ在りそうな雰囲気すらまったくない草原と化してます(^^;
  1. 2009/02/09(月) 00:23:53 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/429-78e0757f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク