古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

新林古墳

和気町加三方、去年訪れた藤山古墳裏の道を南西に延々1kmほど山の中へ。。。
でもそこまでしても訪れる価値のある古墳かも・・・珍しい逸品

南斜面に10m*2mほどの墳丘~きわめてフツー
P2100851z.jpg

石室は南向き、羨道部天井は1枚ズラされてる
P2100852.jpg
↑クリック 上部開口...通過するには十分

石室内部・・・異様な絵図(^ ^ゞ 両袖+まぐさ石ではありません
P2100853.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井
内部に組合式石棺が横向きに入ってます・・・というか石棺に羨道を付けたと云うべきか

分厚い1枚モノの蓋もありその上に天井もあり ただ側壁は石棺まで<石棺より石室の方が狭い
P2100854.jpg
↑クリック 中央...石棺の手前側は分割で中央開口(幅40cm)つまり横口式

石棺奥板~ 高さは少し足してるけど幅は目一杯<2m
P2100855.jpg
↑クリック 石棺内部から

左側も1枚板 幅(奥行き)1.2m  高さ1.1m(現状=埋もれてるからもう少しあるかも)
P2100856.jpg
↑クリック 逆サイド...同サイズでやはり1枚

内部から左側&手前分割板
P2100857.jpg
↑クリック 逆サイド

石棺奥から外~
P2100858.jpg
↑クリック 石棺手前から...羨道(?)幅は1.4m L=4m h=1.2m(現状)
石室全長は6m+?(石棺より奥は不明~石室天井は浮いてるので何かあるハズ)

開いてる石棺手前は閉じられてたのだろうか?ってかこの発想はどこから??
石棺の手前に追葬するって構想なのかな。

■Point_Link by GoogleMap

これこそ県下唯一でしょうに!石棺に入れるし!! 某・中高式天井の比ぢゃない
こんな珍しいものでも放置状態(^^; どおして???

地図上ではとんでもない山の中だし道は途中で消えてますが
実際ずっと道はありますので藪を掻き分けるのは最後の20m程度<それも嶮しくはない
古墳の南側の道から近いけど絶壁に近い(降りられるけど登れない)ので丘陵上から降ったほうが楽

地図にある道は最後まで車で行けます(Uターンも可),..but若干ぬかるんでるかも@雨上がり
藤山古墳の裏に駐車スペースがあるのでそこで停めた方が無難
 ↑去年は下の池経由でしたが上からだとすぐだった(^ ^ゞ<この時期だと墳丘見えてるので徒歩30秒

アクセス図
Shinbayashi.gif
↑クリック 拡大
  1. 2009/02/09(月) 14:32:37|
  2. 岡山東部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<三宅開坂古墳 | ホーム | 矢田部稲荷山古墳群>>

コメント

吉備は大型石室が放置状態だけじゃなくこういう特A級、超レア物だって放置状態だったのね(^^;)
たぶん本とかで紹介されたこともないんだろうな。
行くのも特A級の難しさみたいなような、
でもここの逃しちゃコフニストの名が廃るな(^^ゞ

(と言いつつもここんとこ記録するばかりでなかなか出かける気になれないA^^;)
  1. 2009/02/11(水) 15:03:35 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

超レアを通り越して異端児・・・出る杭は抜かれたような扱い(笑)
頂上から南に外してるし石室も端整なのでもうフツーの横穴式が確立されたのちだとは思うのですが。
なんでこんなモノを造ったんでしょ?
単なるウケ狙いならちゃんとウケてやらないと気の毒(^^;

道は頂上まで夏場でも行けるんぢゃないかと思えるほど広々&辺りを見渡せるので現在地も見失いません。
最後の雑木林も鋭角に挟まれた狭い三角地帯なのできっと当たります(下寄り)
ただ・・・遠いだけ~(^ ^ゞ
  1. 2009/02/11(水) 18:01:59 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/434-70691c61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク