古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

和井元上古墳群(仮)=後編

去年の前編では下からアクセスして散々迷子になった名称未設定古墳群
その後大崎古墳群を探索し北からの経路もなんとなく把握してたので再度。
でもやはり一帯に入っちゃうと何処だか判らなくなるのは同じ(笑)

その5...13よりひとつ西の緩やかな尾根筋に15m*3mほどの墳丘<良好ですが撮せない(汗
P3274181.jpg
↑クリック 墳頂...まぁ、こんな雑木林ってことで(^ ^ゞ

南南東に開口... 木が邪魔でビミョ~
P3274182z.jpg

羨道から内部...玄室天井は覗えないので入るしかない
P3274183.jpg
↑クリック 内部から羨道...残存羨道長=3m w=1.1m

玄室~ d=4.2m w=1.5m h=1.7m(最奥)(現状)
P3274184.jpg
↑クリック 縦画像...with 長い天井石は3.3m

側壁~ 横ラインはそこそこの4~5段
P3274185.jpg
↑クリック 逆サイド...こちら面は埋もれ気味

奥壁~ 鏡石の隙間を+αで埋める
P3274186.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門は古いタイプながら両袖式
P3274187.jpg
↑クリック 縦画像...なんか複雑(^ ^ゞ

奥から~ 左側は持ち送りに加え迫り出してる 全長7.3m
P3274188.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は殆ど1枚と云ってもいいほど。<実際は2枚+1



その6...5より30mほど上方で南向き
P3274221z.jpg
墳丘は山寄せながら20m*3m。でも撮せない<大きすぎ

狭いので先ずカメラ挿入...内部は広いし色々ありそうなので入りましょっか(^ ^ゞ
P3274222z.jpg

玄室 d=4.5m(+羨道2.5m) w=1.6m h=1.7m(現状)
P3274223.jpg
↑クリック 縦画像...5と似た石室ですか天井はフツー

側壁~ 石材は不揃いですが丁寧に積んである
P3274224.jpg
↑クリック 逆サイド

側壁に立て掛けてあるのは組合式石棺の蓋ないし横口板。←どうしてそこまで判るかというと・・・
P3274225z.jpg

すぐ横にその石棺があるから(^ ^ゞ 0.8mX1.5m(露出現状)
P3274226.jpg
↑クリック 縦画像...埋もれてるがほぼ原形っぽい

奥壁~ 前のその5と同じパタンでユニークな+α
P3274227.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門~ 左は埋もれてるけど右片袖式かと 袖部は粗い
P3274228.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 露出石棺は追葬の位置かな。奥にもう1基あるかも?<埋もれてるスペース
P3274229.jpg
↑クリック 縦画像...with 揃った天井

↓ポイントは前編のその1
■Point_Link by GoogleMap

大崎経由だと随分楽。
でも去年の13にも行ってみようと試みたのですが迷子になりました(汗
視界が悪いのはさておき、なんか地図と地形が一致しない(^^;

なので今回もやや曖昧なまま↓(5-6)
waimoto2.gif
小さな尾根なので判りづらいのですが、尾根頂を上下すればどれかに当たります(^^;

しかしこれだけの石室達がどうして蚊帳の外で大崎に入れて貰えなかったのか?
大崎については造られた順序とか色々語られてるんですけどね・・・
4以外は状態もそれほど悪くないので調査すれば情報は豊富な気もする。
(大崎の多くは改変受けてるので収穫も少なかったと思われ)
6の石棺内なんて何百年も埋もれたままです、きっと(^^;
↑入るときはまだしも出るときは足が空を斬るので推進力が得られません(冷汗
  1. 2009/03/27(金) 21:30:04|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<黒宮大塚 | ホーム | 妙見古墳群>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/481-a839c9fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク