古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

法明寺古墳

鏡野町香々美、県道343の脇~同392に合流する直前で似つかわしくない場所に位置。
公称“段丘突端”となってますが、現状はどうみても平野。東の丘までも遠い!

県道343から↓ 奥に見えるのが墳丘
PB049621z.jpg

簡素な説明。“横穴式石室をもつ古墳”=「火の釜」なので‘火の釜古墳’というのはダブってます
PB049622.jpg
↑クリック 図解+寸法...正式名は『法明寺古墳』 or 『法明寺火の釜』

一回り小さくはなってるのでしょうが綺麗な形の墳丘 約11m*3.5m
PB049623.jpg
↑クリック 後方から...with 天井

開口部~ 南向きってことは当時から殆ど平地だったのかも
PB049624z.jpg

羨道から内部~ ほぼ完存!
PB049625.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

右片袖式の玄門から羨道~ L=2.6m w=1m h=1.7m
PB049626.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。楣石は地味

素晴らしい玄室~ d=5.9m w=1.9m h=2.5m
PB049627.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

やや持ち送りの側壁~ 石材は大きくはないが安定感があります
PB049628.jpg
↑クリック 逆サイド

奥付近のお茶目な石組・・・・これはお遊びか?
PB049629.jpg
↑クリック 場所はココ

奥壁~ 基本は2段 しかも色んな石(^ ^ゞ
PB049630.jpg
↑クリック 縦画像...with 最奥は平たくない天井

奥から~ 全長は8.5m
PB049631.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

■Point_Link by GoogleMap

玄門のところに転がってる陶棺片らしき@土師質
PB049632z.jpg
こんな場所だし、ちゃんと調査が入ってるようだし、、、
この期に及んでまだこんなのもが転がってるものだろうか???
でもこの不均一さは陶棺だしなぁ・・・

偶然なのでしょうが井上大塚~土居天王山~法明寺とほぼ一直線&等間隔。
この方向と間隔は作山古墳~造山古墳~佐古田堂山に限りなく近い。
大首長さんの“シマ”はこれくらいの広さってことか<真面目に論じてるわけではないです(笑)
  1. 2009/11/04(水) 16:48:00|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<美和山古墳群 | ホーム | 土居天王山古墳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/559-46fa2cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク