古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

操山古墳群=21

先日、操山マイスターなお方にお会いしましたら
『簡単なところにまだ1基いいのがあるのに…』と伝授頂いた。感謝感謝♪
やはり、、、ときおり猫は木から落ちてるらしい(^^;・・・それはよじ登らねばっ

里山センター経由で順当に登る。目的の地はまだ先なのだが、何故か道の脇に1基。

号外(S3)...あれぇ~?この石室いつの間に出来たんでしょ?(笑)
登り切る直前、丸見え!夏場は見えないのかな? ↓道はメインルート(上の道からも見える!)
PC020061.jpg
↑クリック 縦画像...道から
そもそもどの分布図にもこの地点に古墳マークは無い。
(やや下方にて確認し119号墳としてた古墳もマークないので号外(S2)に改めましたm(__)m
 ~このあと119号墳出てきます<汗)


羨道天井は外れ玄門まで埋没
PC020062z.jpg

玄室奥は開いてます d=3m w=2m h=2m 羨道含む全長は7m以上ありそう
PC020063z.jpg

側壁~ 規模のわりに石材は小さめ(埋もれて見えない下部は不明ですけど)
PC020064.jpg
↑クリック 逆サイド...やや大きい

奥壁~ 段積みが2列 鏡石は無さそうです
PC020065.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 幅広なので・・・・
PC020066.jpg
↑クリック 縦画像...天井しか写りません

後方から露出天井石
PC020067s.jpg

棚ボタ~と思いきや、目的地でお目当ての石室が見つからない…あれぇ? 猫、木に登れず(^^;



序でだからその先の去年夏苦闘~敗退した小さな丘陵に登ってみる

操山118号墳...冬場でも相変わらず細いツツジ系がクネクネしてる中に小さな6m*1mほどの墳丘
PC020071z.jpg
ほとんどわかりませんけど(汗

天井石が2枚露出した小型石室
PC020072z.jpg

辛うじて隙間アリ。
PC020073z.jpg

内部~ すぐ奥壁  w=0.5m h=0.6m d=2m
PC020074z.jpg
超小型ですけど、これでも当時は悲しみに暮れながら造ったんでしょうねぇ。



操山119号墳...118の南西20mほどに10m*2.5mほどの墳丘。撮影不能@藪orz
半分露出した石室は南向きに大きく開口 これ以上離れて撮れません
PC020081.jpg
↑クリック 斜めから
羨道消失、まぐさ石も無いけど両袖の柱は残る 羨道幅は1.3mか

石室内部 前の118号とは大違い(^^;
PC020082z.jpg

側壁~ 規模相応 持ち送りナシ
PC020083.jpg
↑クリック 逆サイド...こちらの方が大きめ

玄室~ d=4.2m w=2m w=1.5m
PC020084.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は3枚

奥壁~ 鏡石で一枚(最奥は幅1.8m)
PC020085.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 袖石が高いので羨道との天井高はあまり違わなかったようです
PC020086.jpg
↑クリック 縦画像...<やはり幅が広いので殆ど天井のみ

この丘にはもう1基、117号があるはずなのですが・・・なかなかシブい(^ ^ゞ視界悪すぎ




ところ変わり操山の東の端、今谷~中川地区。

操山98号墳...真新しい墓地の西側斜面、竹藪の中に天井石0の石室。墳丘はほとんど無し
PC020141z.jpg
こんなのはひたすら歩き回り当たるのを待つしかないデス(3m手前でやっと気付く)

石室~ d=4m以上 w=0.9m h=1m(現状)
PC020142z.jpg

天井石が無いだけで側壁はよく残ってます 無袖式っぽい
PC020143z.jpg

奥壁は1枚
PC020144z.jpg



操山101号墳...同じ山の南側。住宅地裏の果樹園の端に露出石室
PC020121.jpg
↑クリック 逆サイドから...完全露出

南に開口~ 羨道は消失というか地山がなく絶壁に近い
PC020122z.jpg

正面から~ 残存は短いですけど何気に巨大です。d=4.5m w=2.6m(奥は2.3m) h=1.8m(現状)
PC020123.jpg
↑クリック 縦画像...with 無駄に分厚い天井石

側壁は並みかも
PC020125.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 埋もれてる鏡石は巨大かと
PC020126.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井は2枚

奥から~ 先には何もない
PC020127.jpg
↑クリック 縦画像...これも天井のみ(^ ^ゞ

頂部の2基はやはり見つからずorz

Map_Pointは奥の塚古墳(S1)=里山センター
■Point_Link by GoogleMap

分布図(S3、118、119、 98、101)
misao_LL.gif
↑クリック 全域拡大

まだサクっと5基出てくる操山、奥は深い(制覇は遠いとも云ふ)
しかし確認されてるはずなのにS2,S3はどうして無視されてるのでしょう。
こーゆーのがあると怪しげな場所は片っ端から探したくなるぢゃないっ(笑)
※操山古墳群は基本的に小さな前~中期墳墓はカウントされていません。無いことはないんです・・・結構在ります。
 ココに限らず岡山市はあまりカウントしてないような(龍ノ口然り)、総社市は前後期お構いなく。


そいえば通算1400基突破。せめてあと100基・・・あるのかなぁ(^ ^ゞ
  1. 2009/12/02(水) 17:44:32|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<大崎古墳群=続編2 | ホーム | 船山古墳群=追記>>

コメント

操山マイスターなんているんだ。
かまどねこさんだって十分吉備マイスターだけど更に特化しているのか。
操山全域を探査していたら1年は十分過ごせるんじゃない(笑)

S3の位置は里山センターからのメインルートだよね。
あんなとこに石材あったっけか、冬場に行っても気がついてないぞ(^^;)
S2は気がついていたけど同行者がいたから入らなかったもんな。

後100基で1500ですか。
八束町とか大原町とか井原市某所とか、まだまだありそうで100基なんて軽いんじゃない、と軽く言ってみたりするヾ(^^;)
  1. 2009/12/03(木) 14:08:23 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

私なんて未だにメイン道以外の分岐路になると地図を広げて悩んでますから(^ ^ゞ
S2の時の同行者さんもそうでしょうが、少年時代から駆け回ってた方には敵いません。
ましてその頃から古墳好きときては(^_^)

S3はやはり今年できたのかな(>_<)\ BAKI
長い上り坂の果て頂部が見え始めるところなので
「やっと着いた~」と上しか見ない地点かも。
おまけに階段が始まるのでキョロキョロできない。<下るときはとくに!
でも、その上にあるベンチに座っていても見えてるんですけどね(笑)
さすがに中に入ってアレコレしてるとハイカーさん視線は感じましたデス。

・・・とか・・・とか・・・とか 遠いなぁ(^^;
どうせ遠いならベールに包まれた加茂町(津山市)狙いでしょうか(^^;
  1. 2009/12/03(木) 22:29:16 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/567-98fe338c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。