古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

黒尾古墳群

総社市黒尾、砂川公園の北側~赤坂山に分布する古墳群で全16基(実際はもっとアリ)
以前一度探索すれど殆ど壊滅状態で取りあげてなかったのですが、再トライ。
辛うじて現在も“石室”として残ってる1基を‘確保’

その1(黒尾8号墳?)...メイン尾根とは筋違いの西側尾根の先端付近に10m位の墳丘
PC060291z.jpg

南西向きに開口
PC060292z.jpg

羨道から内部...内部が明るい。通過できるかどうかの開口部だったのでそれはそれで(^ ^ゞ
PC060293.jpg
↑クリック 内から羨道...羨道長=1.6m w=1.3m h=0.7m(現状)

玄門は右片袖式。まぐさ石は巨大!片や袖は小さい
PC060294.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄室~ 最奥の天井石のみ欠損。 d=4m w=1.7m(極度の胴張り) h=1.4m(現状)
PC060295.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井<かなりの巨石、しかも分厚い(後述)

奥から側壁~ 胴張りで湾曲。おそらくもう一段下に埋もれてる
PC060296.jpg
↑クリック 逆サイド...こちら側は真っ直ぐ

奥壁~ 中央に鏡石。最奥はなんとw=1mしかない
PC060297.jpg
↑クリック 上から...いかに奥壁が小さいか(^ ^ゞ

奥から~ 残存全長は6.6m
PC060298.jpg
↑クリック 縦画像...with 巨石天井

奥の開口部
PC060299.jpg
↑クリック 墳頂露出天井石...さすがにコレでは破壊、持ち去りを断念したか



その2...60mほど上に登ると笹の中に露出天井石が(2011.Apr Up Date)
P3236491.jpg
↑クリック 縦画像...いちばん手前は後世のモノかと

説明板・・・をぃをぃっ(^^; しかも読めない
P3236492z.jpg

石室内部 ↓玄室奥(左側が奥壁デス)
P3236495.jpg
↑クリック 縦画像...奥から羨道側 with 天井





東側尾根はそこら中墳丘だらけ<7Cの谷の如く、これほど群れてる尾根も珍しいのですが

A:10m*2.5m級墳丘
PC060251.jpg
↑クリック 墳頂...石材抜取

B:綺麗に残っていてもやはり石材抜取
PC060252z.jpg

C:これは玄室が半分くらい残ってそうですが埋まってます。見えてるのは天井石の断面
PC060254z.jpg

D:天井石5が露出しつつも残存。でも内部埋没
PC060255z.jpg

以上、ほんの一部。こんな状態で倍以上あります。
いつの時代か、競って石材を抜いたような(^ ^ゞ





追記:2010.Nov
黒尾16号墳(砂川公園1号墳)...柿園の約150m西方に山寄せ気味に墳丘 14m*4m
PC060254z.jpg

無袖式がほぼ完存みたいだが土嚢で封鎖
PC060254z.jpg

石室内部 d=7.5m w=1.3mとのこと
PC060254z.jpg

の位置デス。
■Point_Link by GoogleMap

とりあえず1基、それらしく残っていたのでホっ。
抜取石材は溜池の堰にでも転用されたのかな<南に転がしてもあとが大変だし。

分布図(溜池からBに向かう道は消えてます)
kuroo.gif
16は旧:砂川公園1号墳(黒尾16号墳)<封鎖
  1. 2009/12/06(日) 23:08:30|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<操山古墳群=22 | ホーム | 大崎古墳群=続編2>>

コメント

ついにアップに耐えるようなのを見つけましたか、執念だな。
でもって序でに今までの苦労もアップとヾ(^^;)
他の密集部分と少し離れているけど番号がついていると言うことは一応役所も認識しているのかな。
それにしてもほんと奥壁がちっちぇ~(^^;)
多分他の部分も残っていて内部から見たらそれ程感じなかったかもしれないけど天井石が大きいからな。
でも外されている天井石も相当巨石みたいだから奥壁を動かすのも楽勝かと思うのにな、と言う問題ではないか(^^;)

石室内部に宗教関連の文字を掘りこんでいるのは見かけたことあるが外部に掘りこんでいるのは初めて見たな。
それも当地と読めるくらいだから比較的最近なんだろうな(^^;)
誰がこんなことしたんだろ、記念に落書きというのはあるがこれはそんなレベルじゃないしな。
  1. 2009/12/07(月) 20:19:50 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

遺跡地図だと密集地に5つの点しかないのでお役所の基準はわかりませんわ。
場所は南東に延びる尾根上とだけ記されてるし<どちらの尾根も南東。

‘奥壁は1枚’に拘ったゆえでしょうか。しかし羨道より狭いんですよ(^^;
必要以上に天井石も分厚いので、あまり石材が豊富ぢゃない場所だったのかもしれません。

当地~、なんか解説してるんだろうなぁ…は読み取れるのですが(笑)
何か出土して地主さんが誇らしげに彫らせたかなって感じ。
でも誰か訪れるような場所でもない!
---訪れたヤツはおるけど(^ ^ゞ
  1. 2009/12/07(月) 21:31:11 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/569-23f0e5fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

総社市(岡山県)の自然環境情報:面積,可住地,公園etc

このページでは岡山県総社市[そうじゃし]の自然環境に関するデータを示す。総社市は総面積において、212.00[k?](全国RANKING:583位, 岡山県内RANKING: 13位)、可住地面積においては、77.55[k?](全国RANKING:499位, 岡山県内RANKING: 11位)となっている。その他の自然
  1. 2009/12/08(火) 20:31:23 |
  2. patmap都市情報

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク