古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

砂子山古墳群=後編

前回1号墳のみでしたが、新しく13号墳が出来た……出てきたそうなので再び

砂子山13号墳...頂部かと思いきや限りなく麓、しかも墳長45mほどの前方後円墳 
後円部↓は20m*4mくらいでしょうか、、、斜面に沿ってあるのでよく判らず。下からだと8mほどある(笑)
P6083321.jpg
↑クリック 前方部...画像だとハッキリ判りませんが高めの前方部頂

南南東にちょこんと開口。墳丘の軸は北北西<前方部
P6083322.jpg
↑クリック 拡大...入れないことはない(^^;

“横穴式石室”の玄室 d=4m w=1.5m h=0.7m(現状)
P6083323.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 上部しか見えないが古めかな
P6083324.jpg
↑クリック 逆サイド...埋もれてる手前、面白い。

奥壁~ 竪穴風
P6083325z.jpg

奥から~玄門はおそらく左片袖式。まぐさ石が側壁まで届いてません
P6083326z.jpg
そのまぐさ石の左端が開口部。よって石室はほぼ南向き



砂子山10号墳...13号から西へ100mほど登ると15m*3mほどの墳丘あり
P6103331z.jpg
形状からして直葬か竪穴式か?開口無し



砂子山11号墳(山田大塚古墳)...10号の尾根線上30mほど西に18m*5m以上の後円部
P6083341.jpg
↑クリック 前方部の端から後円方向...前方部13号よりはフラット&短く15mほど

開口は後円頂部で天井
P6083342.jpg
↑クリック 拡大...直下で深い(汗

高所前方後円墳に似つかない巨石玄室 d=4.3m w=1.8m h=1.5m(現状)
P6083343.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥壁~ 幅いっぱいの鏡石ですが果たしてコレのみか?下部は??
P6083345.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ えっ?(^^; 現状は巨石仕様の竪穴式石室状態
P6083346.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から側壁~ 最上段ですら大きい
P6083347.jpg
↑クリック 逆サイド

玄門まぐさ石…のハズ 袖はバランスからおそらく左片袖式
P6083348.jpg
↑クリック 下部...枯葉を除けると辛うじて切れてます
しばらくどちらが奥壁なのか悩みました。
主軸は西向きで40度くらいの石室~反対向きだと北西方向に開口ってなるし。
しかしこれ、埋もれてなければ玄室高3mほどあるんでしょうね

↓ポイントは前編の1号墳
■Point_Link by GoogleMap

11号も13号も入るのは楽です!(^^;

二反峠10号墳もそうですが、砂子山3号墳も4号墳も3~40mほどの前方後円墳。
しかも向きバラバラ!
その地へ行けばなるほどこの向きだなぁと思えるけど・・・
11-13は後期ですので主流はすでに円墳。
スペースがあるので付けてみました的造り出しの感が否めない。

sagoyama.gif

去年の八紘古墳群発掘調査に伴いこの近辺を再調査したようで
全11基だった砂子山古墳群も16号墳までカウントされてます。
12号墳も前方後円墳で13号の東で社(後円部上)が建ってるところ(未開口確認)。
中組古墳群の折、福砂古墳(?)としていたオマケが15号墳となってます。
  ↑で、これ、、、結局~八紘古墳群の東支群として一緒にされたようで八紘古墳群はなんと全34基。

二反峠古墳群も何号墳か判明してます>某×2名様
  1. 2010/06/08(火) 15:00:00|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<王墓山古墳群=続篇 | ホーム | 宇山古墳群>>

コメント

花の方が忙しくてコメントが遅れてしまった(^^;)<某2名様・・・だろうな。

砂子山って前期だけじゃなかったのね(^^;)
しかもかなり離れて前方後円墳が幾つもあるし。
確かに13号は奥壁だけ見ると竪穴見たいに見えるな。
11号も両奥壁(笑)、初めて入ったら迷うだろうな。
入るのは楽です、とわざわざ下線付きで書いているところを見ると行くのが困難なんだろうな。
地形図を見てもそんな感じがする。でもここは行かなくちゃな。
  1. 2010/06/10(木) 16:50:10 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

忙しいのにアク析は突然止まって広告出るし
移行したらこれまた難解&駄作(汗

行くのも1号よりは全然楽かも(^_^)v
(やはり1号は6号と隣合せの円墳とのこと)
13号は下の墓地から見えてるし
そこから谷沿いに登れば10-11も確実
(運が良ければ道にも出会わす)

入るのは重力のお陰で楽なのです(笑)
11号に辿り着いたときはロープを持参しなかったことを後悔
天井石も厚いので、深さは2m以上あります。
まぁ、左肩が壊れたままの私でも出られたので大丈夫でしょう
13号は仰向け脱出だしぃ…(^_^;
  1. 2010/06/10(木) 22:09:30 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/630-8da56a15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク