古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤坂山古墳群=続篇

前回でどうやらココの大半は後期古墳と判明したので未踏だった東尾根へ。
例によって嶮しい山火事跡をひたすら登る・・・幸い古墳のありそうな緩斜面部は焼けてない!古墳パワー?(笑)
もちろん焼けた区域にもあるのでしょうけど、探すの無理です(T_T) ※番号適当

赤坂山15号墳(仮)...焼け残ってる際に12m*2m墳丘<ほとんど流れてる
P6243501z.jpg

横穴式石室は天井石露出
P6243502.jpg
↑クリック 上から...隙間はあれど内部は埋没



赤坂山16号墳(仮)...18m級墳丘は大きすぎて撮れず。南に開口
P6243511z.jpg

開口部から内部
P6243512z.jpg

内部から羨道  L=3m w=1m
P6243513.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄室~ この山の石室のパタン d=4.5m w=1.7m h=1.7m(現状)
P6243514.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井<やや朱い

側壁~ 横目地揃ってるので麓のよりも後発か?
P6243515.jpg
↑クリック逆サイド...よく揃ってる

奥壁~ やはり乱積み
P6243516.jpg

玄門~ やはり左片袖式でまぐさ石は厚い
P6243517.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 持ち送り強
P6243518.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



赤坂山17号墳(仮)...同様に15m級の大きな墳丘ですが流失 露出羨道
P6243531z.jpg

南に開口
P6243532.jpg
↑クリック 内部から羨道...L=3m w=1m

玄室は最初の天井石のみ残し破壊
P6243533.jpg
↑クリック 縦画像...正面 w=1.7m 16号と同じ規格っぽい

側壁~ これも16号並み
P6243534.jpg
↑クリック 逆サイド

玄門も同様
P6243535.jpg
↑クリック 縦画像...with 分厚いまぐさ石



赤坂山18号墳(仮)...12m*2mとやや小さい墳丘で南に開口
P6243541z.jpg

石室内部 
P6243542z.jpg

玄室~ d=4m (+羨道1m) w=1.1m h=1.2m(現状)
P6243543.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ やや粗い
P6243544.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 珍しく鏡石モドキが・・・ 最奥は狭くw=0.8m
P6243545.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門は無袖式
P6243546z.jpg

奥から~
P6243547.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



赤坂山19号墳(仮)...山火事域に小さく開口
P6243551.jpg
↑クリック 墳丘...(^^;

内部~ 向きから察して先は玄門のハズですが・・・埋もれてます
P6243552z.jpg



赤坂山20号墳(仮)...中腹やや下方に僅かな残存石室 最奥天井石1
P6243561z.jpg

奥壁はココらしくない w=1m h=1.2m(現状)
P6243562.jpg
↑クリック 縦画像...with天井

↓ポイントは24号墳
■Point_Link by GoogleMap

あ、あ、暑いです(^^;

玄門が一段下がる吉備仕様の羨道は緑山よりもこの一帯のほうが明らかに早いようです。

分布図(15,16,17,18,19,20)
akasaka2.gif



赤坂山古墳群=前編 24.25 26
赤坂山古墳群=後編 1.2.8.9

赤坂山古墳群=東谷支群 27~35
赤坂山古墳群=東谷支群2 36

  1. 2010/06/24(木) 17:48:00|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<過去記事=追加・更新案内 | ホーム | 王墓山古墳群=続篇>>

コメント

パスヾ(^^;)いきなりかい
冬場でも難しそうなのにな、道も殆ど描かれてないし。
(点線などで道が描かれていても大半はかまどねこさん的道、実際は道がないことも多いですよ、と体験者談w)
むしろ山火事にあった方が探しやすかったんじゃないの、と不謹慎なことを言ってみる(^^;)。
それにしてもそこそこいいのが残ってますね、そのうち大崎や稲荷山並になるんじゃないの。
なったらなったで大変だろうけど。
  1. 2010/06/26(土) 10:00:01 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

前日、西から降ろうとアクセスすれど目的地には到達できず(汗
結局南、24からまっすぐ登りました。
それでも同じルートを降りるのはつまらないので、別ルートを掻き分けてしまうサガ(笑)ゆえの19-20

東斜面は焼けてないので楽なんでしょうけど
久米古墳群を一掃したうえ、この期に及んで阻むゴルフ場め!(^^;                          

火事といっても何十年も前ですしね……
ただ生態系が復興してないのでその点はなおも御利益。
ぢゃないとさすがにこの時期恐くて入れません。

しかし小規模ならともかく、中の大な同じ規格が点々としてるのも珍しいデス~ほとんどあの蜂の巣のトコと同じ。
  1. 2010/06/27(日) 03:32:12 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/632-12f4a712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。