古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

江崎古墳(再)

苦節3年(^^; やっと入室叶いましたので再び。

備中国分寺の北西、徒歩10分くらいの丘陵端に位置する墳長45m、吉備最後の前方後円墳で後円部に横穴式石室。
51基から成る江崎古墳群5号墳でもある

後円部の墳丘 32m*5.2m
P5025834.jpg
↑クリック 南寄りから

前方部から後円部
P5025836.jpg
↑クリック 後円から前方

パノラマ
P5035910p.jpg
↑クリック 拡大...1024pix

説明板
P3082655z.jpg

西向きの開口部~ 閉塞石が残ってるので羨道天井が開いてそこから階段
P3082656.jpg
↑クリック 縦画像

羨道~ 一段下がってる玄門。羨道長は7m w=1.7m h=2.5m
PA044231s.jpg
↑クリック 内部から羨道...階段の裏に閉塞石が積まれたままですが枯葉で見えず(^ ^ゞ

玄室~ d=6.6m w=2.6m h=2.9m
P3082668.jpg
↑クリック 縦画像...天井は消失でコンクリート

側壁~ 大型石材多用
P5025881.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁も鏡石1枚
PA044233.jpg
↑クリック 縦画像

浪形石の刳抜式家形石棺 平たくなった縄掛突起は6
P5025870.jpg
↑クリック 裏から縦画像...with 破壊穴

石棺内部
PA044235z.jpg

洗練された両袖式玄門
PA044236.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 石室全長は13.8m(現状は11m程度)
PA044237.jpg
↑クリック 縦画像...@照明

■Point_Link by GoogleMap

さすがにこの扉は正統法にて市教委の鍵デス(^^;

やっと入れた~と云っても、ココに入ってなかったのは私くらいなもの@マニア
4年ほど前に閉ざされましたから、いみじくも古墳歴の浅さを露呈(笑)
しかし、以前は扉すら無かったので「開いた扉の画像」はある意味貴重<んなっ!

で、以前から不思議に思ってたのですが・・・
ここの石棺はどうして玄室の端っこにあるの???

↓たぶんこーゆーことかと@私論
PA044223.jpg
そう、おそらく立てて搬入→バタンと倒した……そしてその場でもはや動かすことができなかった(笑)

この石棺の身、幅が羨道~玄門より広いのでフツーでは通過出来ません。
羨道&玄門を作る前に搬入してたという説が専らのようですが
だとすればちゃんとセンターに置いたと思われ・・・。

この前後の波形石棺=金子石塔塚も牟佐大塚も見事にど真ん中ですし。

通路にしても、いまでこそ側壁石材が迫り出て左が狭いけど
中央に置いたところで金子石塔塚程度は両側に確保出来たハズ。
石室が端整なだけに、すごいアンバランスなこの石棺位置(^^;
  1. 2010/10/08(金) 07:15:31|
  2. 追記・補足
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<佐野山古墳 | ホーム | 板畑1号墳(再)>>

コメント

私もまだ入ってません。
教育委員会にお願いしても平日だけと言われそうなのでお願いもしてません。
でもいつか入ってみたいひとつです。
  1. 2010/10/08(金) 19:13:23 |
  2. URL |
  3. oobuta #mQop/nM.
  4. [ 編集]

あらら、そうでしたか(^^;
どうやら額田さんが入られたすぐあとくらいに閉ざされたようですorz

で、市教委ですが……おそらく「危ないから」と門前払いでしょう(汗
確かに石棺の横の石が迫り出てヤバそうに見えますがまだまだ30年やそこら(以下略)
優秀なこうもり塚とかしか見てないであろう人の判断でしょうから(笑)

今回は地元TV局の「総社 遺跡たんけん」ロケにて開けるというので便乗させてもらいました。

長らく天井石が抜かれた状態だったのはもとより
その後に乗っけたコンクリート塊が重すぎる気も。
1枚モノなので、均一に荷重が掛からないとかなりのストレスみたい。
知ってか知らずか、築造当時の人はそのあたりもちゃんとやってたのになぁ<敢えて礫石を挟むことで負荷を分散できる
  1. 2010/10/09(土) 05:23:51 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/11/28(月) 00:48:33 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/648-5211ccf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク