古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

穴観音古墳群

総社市奥坂、血吸川の上流、鬼ノ城の東側梺にあります。

穴観音1号墳...説明は読んで戴いた方が早いm(__)m
PC010021s.jpg

そんなこんなで原形を留めていません
PC010009.jpg
↑クリック画像、裏から~
屋根の下は土ですが、それも近年のモノのようです。で、石室は……閉まってて入れません(T_T)

辛うじて隙間から(種子十三仏は市指定)
PC010025.jpg
↑クリック縦画像...奥壁の一部以外殆ど見えません
名物に美味いものナシ?


1号墳の詳細2011.Febへ


いちおうこの群集には9基ほどあるらしいので、切り替えて次を散策
上記お寺から東に回ること50mくらい、雑木林のなかに15m級の墳丘発見。

穴観音3号墳...13m*3mほどの墳丘で南側に開口
P3233731.jpg
↑クリック 横から墳丘

開口部正面
P3233732z.jpg

羨道~ まぐさ石がちょっと下がる
P3233733.jpg
↑クリック 内部から羨道...羨道長=4m w=1.5m h=1.4mくらい。

玄室~ 玄室長=約5m w=1.9m h=2.2m 
P3233734.jpg
↑クリック縦画像...奥壁も一枚で某1つ前のよりはるかに大きいし天井も見事!
片や弄くられまくってるのに、こちらは手つかず。状態はすこぶる良い(^o^)

側壁~
P3233735.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁のシミも地図っぽくてオツです(^_^)
P3233736.jpg
↑クリック縦画像...左上隅に石をはめ込むってのはよく見る気がするが偶然なんだろーか

玄門は整然とした右片袖式
P3233737.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~
P3233738.jpg
↑クリック縦画像...側面がさほどぢゃないぶん、天井が圧巻!天井石は7枚で完存かと



穴観音4号墳...3号の東側に位置するやはり13m*3mほどの墳丘 <2010.Oct 追記>
P3233801z.jpg

羨道の入り口~ 天井石2枚分は崩落&埋没
P3233802z.jpg

羨道3枚目の天井石のところで開いてます
PA054293.jpg
↑クリック 内部...一段下がるまぐさ石

玄室~ d=4.2m w=1.8m h=1.8m(現状) 隣の3号より明らかに古く持ち送りも強い
PA054294.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井石は5枚半

側壁~ この期にしては素晴らしい!
PA054295.jpg
↑クリック 逆サイド...こちらを後から積んだのでしょう。揃った石が残り少なくなった

奥壁~ ほぼ2段。下部は1mほど埋もれています 古めの西側同系列=赤坂山や久米大池よりは後発でしょう
PA054296.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。実は7個で4段

右片袖式の玄門~ 阿弥陀原も含め近辺の中規模石室の袖はスッキリ柱があるのですが…さすがに古い
PA054297.jpg
↑クリック 縦画像...with まぐさ石+玄室天井。柱は無くてもスッキリの片鱗

奥から~ 現状は全長6.2m + 埋没羨道部
PA054298.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

床の堆積土砂を狸でしょうか、穴を掘って70cmほど下まで側壁が覗え、
埋もれてなければ玄室幅・高さ共に2.5m規模だと思われます



穴観音2号墳...3号の西、山道の左脇に低い墳丘 <2010.Oct 追記>
PA150001z.jpg

地蔵尊像の背後に石室が残っており、羨道から~
PA064396z.jpg

玄室~ 奥壁は2段だが総じて新しい雰囲気
PA064398.jpg
↑クリック 側壁側




追記:2009.Mar
穴観音5号墳...4号の20mほど南下方。どうして前回見えなかったんだろ?(^ ^ゞ
P3233821.jpg
↑クリック 羨道側から...天井石露出

南に開口~ でも狭い
P3233822.jpg
↑クリック 天井に隙間...こちらから入れます

玄室奥~
P3233823.jpg
↑クリック 縦画像...d=3.5m(+羨道1m) w=1m h=1.2m

玄門側~ 無袖か右片袖式
P3233824.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井




追記:2009.Aug
穴観音9号墳...1号に向かう山道を南に逸れ20mほどの藪の中。墳丘は10m*1.5m程だけど撮れない
石室は北西に開いてますが玄室最奥の天井石を外されてるので本来は南東向き
P8208380z.jpg
南東側に回ってみましたが石材すら見えず。

石室内部~ おそらく1m以上堆積してます。約d=3.5m w=1.2m h=1.1m(現状)
P8208374.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。入れないことはないです

無袖式の玄門・・・まぐさ部は2段
P8208373.jpg

側壁~ 4号や5号よりは後発のようです
P8208376.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁は落ち葉と苔で殆ど見えず(^^;
P8208381z.jpg



A : 穴観音の西出口脇になにやら・・・
P8228397z.jpg
右の明るい一画は境内

南東向きに開く石室奥部
P8228395z.jpg

天井石は1つで残存=1.4m w=0.8m h=0.7m 奥壁も小さめ
P8228396z.jpg



B : その隣にも1基。トウダイモトクラシってヤツかな(^^;
P8228398z.jpg

逆サイドから。。。微かに開いてますが内部に何も見えません
P8228399z.jpg
これでは何号墳か判別不能



追記:2011.Mar・・・↑のBですが、なんと玄室完存。
P3196394.jpg
↑クリック やや斜め...with 側壁
まだ(?)カメラしか入れませんが、1号墳より大きいかも(^ ^ゞ しかも奥壁1枚

MapLink ↓は、もちろん入れる3号墳の位置です。
■Point_Link by GoogleMap

はい、もう十三仏のことは忘れました(笑)

分布図 add 阿弥陀原古墳群
anakannon.gif
  1. 2007/12/01(土) 18:44:59|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<青谷川古墳群 | ホーム | 西車塚古墳>>

コメント

どへー、すぐ近くにこんな美味しそうな石室がありましたか(^^;)
一応付近を捜索・・・したかな。
あの建物の中へどうやって入ろうか、それも無理だからどうやって石室の写真を撮ろうかとばかり神経がいったような気がする。
OBITOさんは中に入っているみたいだけどどうやって入ったんでしょうね。
  1. 2007/12/01(土) 19:34:38 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

私もかなり足掻いたんですけど(笑)<穴観音。
暗いし、幕は垂れ下がってるし...ガックシ。

地元ツアーとかは入れてるようです。
個人所有ってことなので前もって“予約”してれば入れるのでしょう...お布施とか要りそうですが(^^;

メインディッシュは穴観音を通り過ぎて裏側に回り込んで山頂に向かう右側にありました。
これがなければ今日はフテてる(笑)
  1. 2007/12/01(土) 20:09:35 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

写真を見ただけでも陽射しが強烈そう(たんなる露出オーバーかヾ(^^;))
日向なら藪蚊も出てこなそうな暑さだろうけど日陰では巣窟なんだろうな(^^;)

全9基ということはこれで打ち止めかな。
阿弥陀原3号も見逃しているけどさすがにこれでは再訪しなくてもいいかな。
  1. 2009/08/23(日) 10:14:51 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

左の石室側でフォーカス&AEロックして少し右に振ったので境内側はオーバーしてるぅ~。
日向でも薮蚊はわんさか・・・滅多に来ない“獲物”なので必死扱いてたかられますし
無意味に目の前をチョロチョロするやつも、、、鬱陶しいのよね、アレ。(笑)

箱式石棺墳も紛れてるとのことなのでもう終わりっぽいけど
阿弥陀原も含めて地形を見る限りまだありそうなのよね(^^;
1号が開いてることがあるらしいので通うのも悪くはない。
  1. 2009/08/23(日) 20:44:08 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/03/29(火) 13:23:43 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/66-48554fc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク