古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

赤坂山古墳群=東谷支群(仮)

赤坂山の東側、今回の領域の大半は赤坂山古墳群@GISの圏外です。
もちろん遺跡地図でも空白地帯ですが、フツーに考えると一番ありそうな場所(^ ^ゞ
むしろ15~18なんて場所にあるほうがどうかしてる!1~2は論外(笑)

赤坂山33号墳(仮)...谷の西側やや高台に12m*4m墳丘
P3306611z.jpg

石室はほとんど破壊され・・・石材の大半は持ち去られてるが玄室奥だけ残る
P3306612.jpg
↑クリック 縦画像...石室痕。本来は5m以上で南向き

なんとまぁ、最古ティックな奥壁(^^;
P3306613z.jpg

側壁+天井石<これも古風な細いもの
P3306614.jpg
↑クリック 逆サイド...僅かな側壁



赤坂山34号墳(仮)...谷を東側に渡りゴルフ場の端が見え始める頃に12m*2.5m墳丘
P3306661z.jpg

天井石が5枚露出
P3306662.jpg
↑クリック 縦画像...でも隙間ナシorz

墳丘を巡る石列に向けて広がる羨門付近 石室は南向き
P3306663z.jpg
石室自体の状態は良いのでしょうけど・・・(羨門天井が落ちてるだけのような)



赤坂山35号墳(仮)...34の斜め上方に隣接する13m*3m墳丘
P3306651z.jpg

南に開口~ 羨道は天井石が1枚だけ外されてる
P3306652z.jpg

内部から羨道 羨道長=2m w=1m h=1m(現状)
P3306653.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井はまぐさ石+1枚

玄室~ d=3.7m w=1.4m h=1.6m(現状)
P3306654.jpg
↑クリック 縦画像...with 玄室天井は3枚

側壁~ 若干持ち送りはあるものの落ち着いた造り
P3306655.jpg
↑クリック 逆サイド...片やアバウト。しかも奥に行くにつれ小ぶりになる

奥壁~ 鏡石+左寄せ+右寄せ+2等分と洒落っ気あり
P3306656.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門は・・・両袖式に見えるかもしれませんがおそらく左片袖式のつもりかと
P3306657.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~ 割石も多用してるが古いのは否めない
P3306658.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

↓ポイントは24号墳
■Point_Link by GoogleMap

27~32は人里近いせいか惨憺たる状態
もう画像お見せするのが辛いほど(汗
それでも見たい方はクリックしてください。

27...墳丘の上に倉庫が建ってました→こちら
     過去形なのは倒れてるから

28...石材抜き取りで、その後の凹みはごみ捨て場→こちら
     墳丘規模は15m*3m→こちら

29...28の隣で同様に石材抜き取り→こちら

30...もう躊躇無く抜き取って1/4は墳丘の土さえ持ち去ってる始末→こちら

どれも中規模以上の力作だったハズなのですが(T_T)

また書き換える羽目になった分布図(ちなみに赤坂山古墳群は全25基となってます)
akasaka2.gif

そいえばここんところ・・・
山根古墳群の9以降、周知古墳って久米大池1号墳だけ(^^;
オイシイものは少ないけど~




赤坂山古墳群=前編 24.25 26
赤坂山古墳群=後編 1.2.8.9
赤坂山古墳群=続編 15.16.17.18.19.20

赤坂山古墳群=東谷支群2 36
  1. 2011/03/30(水) 14:37:00|
  2. 総社市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<赤坂山古墳群=東谷支群(仮)2 | ホーム | 久米大池古墳群=追記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/692-34a62794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク