古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

続報…(^^;

その後~
周濠にも水を湛え、陪塚も3基。
PB__1.jpg

前方部方向から
PB__2.jpg

陪塚3基
PB__3.jpg

西から作山ちっくな横顔
PC065518s.jpg

100余年の時を経て ↓ つづく・・・

陪塚ではなく・・・築造中の後期古墳
PB__4.jpg
↑クリック 拡大

内部(^ ^ゞ
PB__5z.jpg
↑クリック 側壁...without天井

一旦埋めますが、すぐに盗掘を受け開口します(^^;
---------------------------------------------

開口~♪
PC065519s.jpg

  1. 2011/11/14(月) 15:33:10|
  2. よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<一丁ぐろ古墳群=調査2 | ホーム | お遊び~報告>>

コメント

オー更なる発展が(^^)、初めからの予定だったんでしょうか。
帆立貝有り方墳有り円墳有りとバラエティ豊か。
周濠にも水がたまって本格的、雨のおかげだけどヾ(^^;)
僅かに傾斜しているようで向こう側の方が水が多くたまっていますね。
やはりこの程度の墳丘でも水平を出すのは難しいようで。

隠し玉ってなんだろo(^-^)oワクワク
これはやはり見に行かなくちゃ。
  1. 2011/11/14(月) 09:25:22 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

今年は暖かく、ヘビが眠りについてくれそうにないので・・・
なかなか古墳探しシーズンに入れません(^ ^ゞ
遠出もできないし・・・新たなる古墳あそびってことで。。。

もと水田だったところなので、そこそこ水平だろうと
適当にやったら墳丘自体もかなり歪みました。
300m級のレベルをどうやって出したのか?新たなる謎です。

隠し玉、ちょっと公開。
…って、この後埋めちゃうのですが(T_T)

斜面にて、最後に背面カットします♪
  1. 2011/11/14(月) 16:59:44 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

隠し玉は横穴石室でしたか(^^)
それにしてもよく出来てるな~、
持ち送りが全くなく奥壁は巨石1枚石の7C仕様じゃありませんか(笑)。
石材も加工しているわけじゃなく自然石のままのようで
よくこんな石材があったな。
側の物置もどきの大きさから推定して長さ50cmくらいかな。
もうこうなれば石棺も設置すれば。
さすがに家形石棺は無理でも箱式石棺ならなんとか、と無責任に言ってみるヾ(^^;)

1枚目の写真、最初アップしたのとは違っているようで変更しましたか。
雨が大分降ったようだけど墳丘が全く崩れていないところを見ると
いい仕事をしてますね~。
  1. 2011/11/15(火) 23:01:00 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

まぁ、ワタクシ的にはやはり横穴(笑)
コレ!!例の緑山8号が県下5位なら4位はいったい何?…の正体
稲荷山と鳶尾塚の間にあった“まぼろしの亀山塚古墳”を再現しました。
キレイに作りすぎたかもf(^_^;
奥壁は1枚ですが、なぜか袖に柱が無く2段積み(右片袖)、
こうもり塚よりも古い気配がします<緑山よりは後発は確か!!
古文書に図面が描き残されてたので、どうにか…ですが
その図面がどこまで正確なのかも???
まぐさ石、下がってなかったりしますし(^^;

で、石材は紙粘土(笑)で30cm程度しかないです。
記録だと玄室より長い羨道があり全長は19m近くあったそうですが、如何せん採図されてない(TT)

画像、入れ替えました。
周濠ですけど、実は注水できます(^^)v
ついでに墳丘を洗ったりも!
表面が“磨耗”程度はしますが、崩れるほど自重が無い(^^;
  1. 2011/11/16(水) 00:09:13 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/710-559c53e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク