古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

若林古墳群=追記

矢掛月間もそろそろ終わり?……にて、取りこぼしを~
4基から成る若林古墳群の1号墳、やっと到達(^^; 位置は分布図参照

若林1号墳...封土を失うも13m*2.5m墳丘 ↓東側から撮影
P4296551z.jpg

西側から
P4296552.jpg
↑クリック 開口部拡大...羨道は不明なれどスペースあっても3m

石室は南西向きで現状 d=6.5m
P4296553z.jpg

内部~ “乗ってる”天井石は1枚のみ
P4296554z.jpg
まぁ、それでも2号や3号よりは状態はいい

玄室奥部~ w=2.3m h=1.6m(現状) 元はかなりの大物デス
P4296555.jpg
↑クリック 天井石の上から・・・3枚ほど崩落

側壁~ 天井石を失うも持ち送りが堪えてる!!!
P4296556.jpg
↑クリック 奥から逆サイド

奥壁~ 幅は目一杯届いてます 奥w=1.9m 何枚かは不明
P4296557.jpg
手前の崩落天井石は破断して落下

奥から~ 向かって左の持ち送りは微少なのでやはり右は……時間の問題か(汗
P4296558.jpg
↑クリック 上段から...オリジナルは奥迫を含めて最大級かも

↓ポイントは4号墳
■Point_Link by GoogleMap

これぢゃ見つからないハズだ!……ってくらい高所です(汗
町史の地図だと果樹園横断道がまだないのでなんとも言えませんが
GISからだと北に70mほどズレてます。
ちなみに2号墳の南北は正解で西に30mのズレ。
よって1号も同様なのだろうと東にのみシフトして探してたのですが<つまり道路からあまり奥まらない

実際は果樹園の奥を延々登ります。
画像の如く現状は植林地帯ですが木はまだ若い。

分布図
wakabayashi.gif
  1. 2012/04/29(日) 10:15:00|
  2. 岡山西部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<仏田1号墳 | ホーム | 僧都奥古墳群(仮)>>

コメント

エッ嘘ヾ(^^;)
こんな場所なら矢掛町史に上池の北方なんて書かれているが殆ど意味ないじゃん(^^;)
(そもそも地図を見ても上池とか下池とか書かれてないもんな)
となると私が見た1号はなんだったんだろ(^^;)
でもあれはどう見ても石室だよね。
あらためて町史を見てみると1号石室の写真も載っているし
数字とかも記載されているから違うのは分かるんだろうけど
一度思いこむと訂正がきかないかたい頭(ーー;)
矢掛は多少取りこぼしがあるけどもう暫くいいかなと思ったけど来年また行かなくちゃ。

みさごさんのコメントの中で見たけど岡山県の石棚は5基だけなんですか。
荒神に磯ヶ部にキリギリスに弥勒堂に惣田奥12号でいいのかな。
ならば石棚全部征服\(^o^)/ワーイ
佐太郎塚は偽物なんですか、どこでそれが分かったんだろ。
  1. 2012/04/30(月) 09:59:05 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

果樹園奥から雑木林に入ったところに小さな破壊石室らしきがあるのですけど、
照合しましたがそれも写真とは違うようでした。他にもいくつかあるようです。
そもそも怪しい古墳モドキが連なってるので釣られてどんどん登ってしまった次第。
もうこのラインしか未踏地は残ってなかったし(笑)
上池ってのは三叉路東の可能性も……ってことで、あっちのほうでも徒労の旅(T_T)
植林の様をみると奥迫(6号辺り)よりはのちでしょうから、
平家蟹さんが以前訪れられた頃、この地がどんな状態だったかは測り知れません(^^;

佐太郎塚は私の見解で、、、もはや確定事項です。
見つけた頃は私もまだ若かったですから(爆)
県や市にも進言してるのですが、見直す気など毛頭無いようで。。。

まぁ、そもそもあんな石棚ありませんよね。なおかつ用途は判ってます。
麓の稲荷霊園古墳群の2基に土の台もありますし・・・
あの上で修行僧がお香とか焚いて拝んでいたようです。
だから奥に“一段高い場所”が欲しかった(^ ^ゞ
で、佐太郎塚1号墳には偶然立派な敷石があったとさ。5号にも敷石アリ
その敷石にゲタを履かせて一段上げたら格好の台の出来上がり。
ですから敷石を失った床は少し凹み、ゲタは殆ど埋もれず!!

目地を埋めてる“丹塗側壁”なんてのも、この時期の仕業。
近辺の“人が住める大きさ”の石室はことごとく塗り詰めてます。
はい、石室の築造時期などまったく関係なく丹塗りなんて無かった古いのも……
大崎の知足院古墳とて塗られてます。

佐太郎塚だけ見ると、石棚で丹塗りでしょうけど
近辺のも合わせ見ると、確実!ニセモノに他なりません。

ちなみに昭和12年刊の吉備郡史では、
すでに現在と同じ状態に施されてはいます(イラスト付き)が
石棚ではなく石棺扱いされています(^ ^ゞ
しかも羨道入り口に木製の扉まで(笑)
その昔!明らかに佐太郎さんが住んでいた~♪

  1. 2012/04/30(月) 12:03:18 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/738-b968d0ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。