古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

佐太郎塚古墳群

名前もそうですが、今日の古墳は珍しい...たぶんweb上初披露!?
最上稲荷、旧本堂から奥の院に至る参道の中程、少し外れにあります。

佐太郎塚1号墳...15m*3m程の墳丘ですが、石室を覆ってる形で長細い楕円形。
PC300001z.jpg

ほぼ西向きに開口しています。
300002.jpg
↑クリック 縦画像

羨道長は約4m w=1.2m h=1.7m …………はい、中に何か見えております
PC300003.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

内部から羨道...羨道も完存
PC300004.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄室 約d=4m w=1.8m h=1.9m そ・し・て・・・・石棚があります
PC300005.jpg
↑クリック縦画像...天井も調ってます

側壁~
PC300006.jpg
↑クリック 逆サイド

石棚...幅は玄室内寸きっちり、奥行きは1m~1.5m程
PC300007.jpg
↑クリック やや引き

奥壁~ 側壁材が大きい割りに鏡石無し
PC300008.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から~
PC300009.jpg
↑クリック縦画像...高さのある右片袖式

石室自体の保存状態はいいのですが、どうも後世 居住空間になってた形跡がみられます。
壁の隙間に塗り込んでる土は壁面丹塗とか言われるそうですが、
なんか虫を嫌ってのちに塗ったようにも思われますし(笑)
やや煤けてたり、その他の異物も供養のためのものだけぢゃないようです。


佐太郎塚4号墳
1号墳脇の道を挟んで南側にあります
こぢんまりとした10m程度の墳丘で南向きに開口
PC120071s.jpg

羨道は失われてるようですが、玄室はd=3.7m w=0.8m h=1.5m そしてやはり石棚が!
PC120076.jpg
↑クリック縦画像...手前に転がってる石は側壁が外れたもの

石棚...下に空間がないので石台と言うべきか(^ ^ゞ
PC120081s.jpg

奥から外
PC120084.jpg
↑クリック縦画像...微かに右片袖の名残
ここも“壁面丹塗玄室”




佐太郎塚5号墳...玄室長と同じ4mの羨道跡 先端に閉塞石の名残らしき
P1201021.jpg
↑クリック 2年前の藪画像

片側の側壁は数段、逆は基部のみ
P1201022.jpg
↑クリック 縦画像...正面から

玄門部で開口~ まぐさ石不明
P1201023.jpg
↑クリック 縦画像

玄室~ d=4m w=1.3m h=1.7m
P1201024.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

側壁~ 基本的に持ち送りはないが、この辺りは傾いてる
P1201025.jpg
↑クリック 逆サイド

奥壁~ 2枚合わせ技の鏡石
P1201026.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

玄門は右片袖式
P1201027z.jpg

奥から~
P1201028.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井



追記:2010.Jan

佐太郎塚2号墳...この程度ですが(^^; 径は10mとのこと
P1201031z.jpg

正面から~ w=0.7m 他は不明 箱式石棺やもしれず
P1201032.jpg
↑クリック 縦画像

MapPoint↓は1号墳です
■Point_Link by GoogleMap

ネット上でふと目にとまった“石棚のある石室”...所在地は岡山市高松稲荷 名前は佐太郎塚古墳
わかってたのはこれだけ。どの山かもわかんない(笑)
天気も悪いし下調べ程度の気持ちで出かけたのですが(^_^)
有料駐車場で料金徴収さんにいきなり“さたろーづかこふんってきいたことないですか?”
以後も仲見世付近で片っ端に尋ねてみるも誰もが首を捻るばかり(汗
そんな中、やはりご存じではなかったのですが中程の土産物店のご主人からいろいろ助言を...
佐太郎かどうかわからないけど、石室らしきがある場所を教えて戴きました。
姫屋さん、有り難うございました←ツタンカーメンの石室に入ったこともあるそうな...スゴっ♪)
とりあえず奥の院への坂を登る。途中、古墳が好みそうな斜面をウロウロ。
かなり上まで登ったので、そろそろ諦めようかとしてたときに小さな墳丘&石室を発見。
それはさておき近辺を散策...なんせ石棚付きを見つけなければその小さいのも同古墳群なのか特定できません。
?号墳ならまだしも、さすがに名称未設定ではココにアップできませんから(笑)
次に5号墳らしきを見つけるもそれもさておく。。。で、やや上方にくっきりとした墳丘。
開口部を覗くと石棚が(^o^) 3日ほどの通勤は覚悟しかかってたのにラッキ~♪

5号墳があるってことは、たぶんあと2基以上あるはずなのですが(某リストには1と5しかないけど)天気予報通り雨が...しばらく石室の中で雨宿りすれど雨あしは強くなるいっぽうなので諦めて下山しました。ずぶ濡れ~~~(^^;

PS : 2号墳と3号墳は破壊/埋没とのこと。後日探したが見つからず。

PSII : 4号墳の棚(台)ですが・・・
   この石室、床を掘り下げてる。<おそらく後世の居住者が広げた。
   で、判りにくいですが5号墳には床に敷石があります。
   つまり…4号の棚は床の敷石の可能性あり。棚の上面と側壁の下面が同じ高さですし。

   で、1号墳の石棚も元は敷石だったのでは?...という疑念。
   玄室中程にも敷石らしきが埋もれてるようです。
   再奥部の敷石が大きかったので後世“ゲタ”を履かせて持ち上げた?

   まぁ、石棚の真偽はともかく1号墳は墳丘~石室共に良好にて見応えあります(^_^)

分布図
sataro.gif
  1. 2007/12/12(水) 18:47:19|
  2. 岡山市内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<磯ヶ部古墳 | ホーム | 秦茶臼山古墳>>

コメント

石棚のある石室が2基も!、これも是非行かなくては。
1号の石棚も下に支えがあるのが変わっていますね。今まで見たことのないタイプだな。
石棚と言うより石屋形みたい。

石棚と言えば弥勒堂古墳は行ったことがあるでしょうか。
  1. 2007/12/12(水) 22:37:51 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

ワタクシ、ココにアップしてる古墳以外で入ったことがあるのは
明日香の石舞台くらいなもので...<3年ほど前
かつ今日現在ストックも0ですので、弥勒堂古墳はおろか矢掛の橋本荒神塚も未踏。
だから1号墳が変わってることすら実感ない若輩者デス←若くはないけど(^ ^ゞ

弥勒堂古墳……これまたググっても殆ど出てきませんね。
佐太郎塚でかかったトコと、約2名様の心残り記(^^;
手強そうだしそそられますが苫田だと“通勤”にはちと遠いです。
一度で見つかるとも思えず、見つからないなら見つからないで意地になってしまう自分が怖い(爆)
ちなみに、苫田温泉へ向けて北上せずそのまま東に直進(道はないけど)した辺りの斜面でしょうか?
行こうとしてるのか?ぢぶん(汗 ↑

  1. 2007/12/13(木) 02:04:28 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

えー信じられない(^^;)<ここ以外では石舞台だけ

岡山の古墳は主なところは見尽くしたよな、と思っていたところへこのブログ&額田大玉さんのHP
未訪問の石室がぞろぞろ出てきて嬉しい悲鳴を上げてます(^^ゞ

弥勒堂古墳は苫田温泉街の南にあるため池北側から旅館建物の下を通って(行けば分かると思う^^;)
果樹園に出ます(ここにも石室2基あり)
果樹園南西隅辺りから小さな谷を越えて尾根にあがると内部の埋まった露出した石室があります。
ここまでは誰でも行けるけど本命はこの東側斜面の何処か、谷筋を登っていった辺りだと思うんだけど見つからないんだよね(^^;)

餌を投げておいたので食いつくかどうかはかまどねこさん次第ヾ(^^;)
  1. 2007/12/13(木) 10:39:20 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #-
  4. [ 編集]

ホントにちょービギナーなので、闇雲に散策してるという説もございますが(笑)

私自身も、「どうしてこんなのが人知れず眠ってるの?」ってのがまだまだあることに驚いてたり。

餌は……クンクン...臭いを嗅いで...小首かしげて...(^^;
しかしほんまにロクな遺跡地図ってないですねぇ。
複数揃えてレイヤー重ねるとズレまくり、まったくアテになりませぬ。
苫田温泉付近の手持ちの地図は果樹園南あたりに赤丸が10個<基数の表記で場所を示してるようにないです(汗
まぁ正確だったとしても実際現地に行くと自分が何処にいるのかわかってないんだから大差ないですが(笑)
  1. 2007/12/13(木) 20:33:12 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

餌を少し(2時間ほど)囓ってみましたが、、、敢えなく……(^ ^ゞ
露出石室、その先の小さな石室あたりはまではなんとか。
あえて王道の尾根は外して探したのですが、なんか「古墳の墓場」みたいな感じでかなり荒れてますにゃ。
とても5m以上の石室が眠ってる気がしない(汗
それゆえ、よほど判りにくいトコなのか?
シダの海の中だったりしたらちょっと難しそうなり

地形はなんとなく掴めたので、またチャレンジしてみます(^_^)
  1. 2007/12/14(金) 22:06:45 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

みっけ(^o^)v  餌、ありがとうございました。
  1. 2007/12/15(土) 18:24:26 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/78-2c42a54c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。