FC2ブログ

古墳奮闘

   古墳絵日記……GoogleMapにピンリンク~続きを読むでプチ感想・情報

西の岡古墳群

津山市高尾西の岡、佐良山駅からほぼ北~皿川の対岸、植林帯の端に位置する3基

西の岡1号墳 13m*3mの墳丘は3基並ぶ真ん中
DSC_6429.jpg
↑クリック 墳丘上...with 転がる陶棺片。奥に羨道

南に開口
DSCN1041.jpg

天井石のある部分は d=3.5m w=1.1m h=1.7m(現状) +破壊部で全長5.5mくらい
DSCN1045.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

奥から側壁
DSCN1047.jpg
↑クリック 逆サイド..共に面は揃ってる

奥壁~ 綺麗に割った鏡石+α
DSCN1050.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井 αが大小2つの三角形から成る

奥から~
DSCN1053.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井


西の岡2号墳 1号墳の東側にさらに大きな16m*4m
DSC_6435.jpg
背後を大きくカットし斜面から切り離された墳丘

南に開口。最近手前がすこし雨で流れたもよう
DSCN1006.jpg

入るには、なんら影響ない
DSCN1008.jpg

羨道は失うも玄室内部は良好。d=7m w=1.7m h=1.7m +羨道跡2mほど
DSCN1013.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井

これまた見事に面の揃った側壁
DSCN1018.jpg
↑クリック 逆サイド..いい仕事するもんだ!

床には当然(?)、陶棺片。亀甲形でしょうな
DSCN1024.jpg
↑クリック 縦画像...床一面!おそらく元は複数の陶棺片。

奥壁~ 変形鏡石を上手く埋め合わせている
DSCN1027.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井。側壁&奥壁最上部、弧を描く

奥から~ 川の西岸も侮れないw
DSCN1036.jpg
↑クリック 縦画像...with 天井


西の岡3号墳 
1号墳の西側やや上に8m*2mほどの墳丘ですが、頂部はやや凹み、石材が転がる
DSC_6433.jpg
抜かれてても天井石だけで、あとはそのまま埋もれてるんだろうけど

■Point_Link by GoogleMap

R53より橋を渡って左。土手あたりに駐車は可能。あとは民家経由で登ったほうが楽です。
最西の果樹園背後にかすかな道があり、その道が途切れたころ下方に2号の墳丘が見える‥ハズ。
  1. 2018/06/27(水) 16:32:25|
  2. 岡山北部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<緑山&稲荷山古墳群~近辺の探訪Map | ホーム | 桑山南古墳群>>

コメント

締めのデザートかと思ったら最後にメインディッシュ(笑)
しかも良好な石室が2基もあるじゃないか+陶棺片。
石棺なら破壊するのも持ち出すのも大変だけど陶棺ならまず破壊されるでしょうね。
桑山南で残ったのも早くに埋まったんだろうな。
石室が埋まるのは造りがそれだけ粗いんだろうけど何が幸いするか分からない。
正直前の3ヶ所は訪問するかどうか微妙だったけどこれは行かなくては。
とは言えこんな上物がなんで今頃出てくるの(^^;)
11月ではさすがに早いし、3,4月の天候次第だろうな。
  1. 2018/07/02(月) 09:33:39 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #VD0bvtlU
  4. [ 編集]

いわゆる"灯台下"ならぬ 嵯峨山下暗し‥‥ってヤツです(^^;

※ちなみに佐良山と嵯峨山、似てるw
 川は皿川だし。地名の当て字感、ハンパない

陶棺片、堆積土砂の上に転がってるので壊されたのはわりと最近
故に桑山南の奥のヤツみたいに脚付きの底面とかはまだその下に残ってるんでしょうね

対岸のメイン地帯外れにも、あと数基残ってるかもなので
来年3月までにはなんとか‥あくまでも野望~こればっか(^^;

  1. 2018/07/02(月) 12:44:31 |
  2. URL |
  3. かまどねこ #YZygDJcY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamadoneco.blog122.fc2.com/tb.php/800-cd45d24f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かまどねこ

Author:かまどねこ
吉備@倭国で古墳巡り
素人にて適当に綴ってます

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

RSSフィード

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク